ここから本文です

書庫全体表示

ユニバーシアード2019ラグビー競技 

   
ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 イタリアのナポリで開催されている「第30回 ユニバーシアード夏季競技大会 2019」のラグビー競技(7人制)は、現地時間7月7日に決勝トーナメントがおこなわれ、日本が男子・女子そろって金メダルを獲得した。

 ユニバーシアードは学生を対象にした国際総合競技大会で2年ごとに開催され、ラグビーが実施されたのは2013年のカザン(ロシア)大会以来2度目で、日本がメダルを獲得したのは初めて。前回は、男子が6位、女子が9位だった。

 今回のナポリ大会には、男女とも8チームが参加。
 男子日本代表は、プール戦初日にイタリアとカナダを下し、2日目にフランスに敗れたものの、得失点差でプールBを1位通過。そして、ロシアとの準決勝を14−0で制し、決勝では南アフリカに15−12で競り勝って優勝した。
 女子日本代表はプール戦でフランス、カナダ、イタリア相手に3連勝し、準決勝ではロシアを31−12と圧倒。決勝はフランスに33−7で快勝し、金メダルに輝いた。

※ 選手の出場資格は、大会が開催される年の1月1日現在で18歳以上25歳未満。かつ、大学または大学院に在学中、もしくは大会の前年に大学または大学院を卒業した人、となっている。

<ユニバーシアード2019 ラグビー男子日本代表>

川崎清純(関東学院大学)、桑山聖生(東芝ブレイブルーパス)、齊藤大朗(明治大学)、津岡翔太郎(コカ・コーラレッドスパークス)、中野将宏(中国電力レッドレグリオンズ)、仁熊秀斗(共同主将/筑波大学)、野口宜裕(専修大学)、濱田将暉(東芝ブレイブルーパス)、藤井健太郎(立命館大学)、松永貫汰(筑波大学)、松本純弥(明治大学)、南昂伸(共同主将/大東文化大学)

〔バックアップ〕
中川和真(キヤノンイーグルス)

■ヘッドコーチ:鈴木貴士(日本ラグビーフットボール協会)

<ユニバーシアード2019 ラグビー女子日本代表>

岡田はるな(東京山九フェニックス)、黒木理帆(立正大学/ARUKAS QUEEN KUMAGAYA)、白子未祐(日本ラグビーフットボール協会)、新崎麻未(追手門学院大学)、堤ほの花(日本体育大学)、長田いろは(立正大学/ARUKAS QUEEN KUMAGAYA)、永田花菜(日本体育大学)、原わか花(東京山九フェニックス)、バティヴァカロロ ライチェル海遥(立正大学/ARUKAS QUEEN KUMAGAYA)、平野優芽(主将/日本体育大学)、室越香南(追手門学院大学)、藪内あゆみ(ながとブルーエンジェルス)

〔バックアップ〕
山下果林(ARUKAS QUEEN KUMAGAYA)

■ヘッドコーチ:稲田仁(日本ラグビーフットボール協会)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事