ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

豪代表より迷わず日本CTBトゥポウ「楽しく充実」

   
日刊スポーツ


<外国出身選手の物語(2)ウィリアム・トゥポウ>

日本代表の外国出身選手を特集する第2回は、CTBウィリアム・トゥポウ(29=コカ・コーラ)。身長188センチの長身を生かし、FBでも存在感を発揮している。ニュージーランド生まれ、オーストラリア育ちの男は、ワールドカップ(W杯)日本大会で両親に恩返しする。

【写真】日本代表宮崎合宿の午前練習後に思いを語ったCTBウィリアム・トゥポウ

日本から南へ約7000キロ。オーストラリア・ブリスベーンに住む両親を、トゥポウは片時も忘れたことがない。両腕には父カプネティさん、母ソシアナさんのタトゥー。プロになった18歳で刻むと、すぐに両親から「体を傷つけやがって」と怒られた。それでも4人きょうだいの長男は「両親が僕に投資をしてくれた。『いい選手になれるように』という愛情を感じていた」と常に感謝を口にする。

ニュージーランドのオークランドで生まれ、2歳からはブリスベーン。父はトンガ出身で、2度の移住を経験している。カプネティさんはオークランドの州代表だったが、用具にかかる経費をまかなえず、22歳でプロの夢を諦めた。幼少期、トゥポウは父の友人から「すごいハードタックラーで、いい選手だった」と聞いたことがある。オーストラリアの菓子「ティムタム」を製造する会社の倉庫で、フォークリフトの指導員をする父の思いを背負い、10歳からラグビーを始めた。

楕円(だえん)球を追い、友達ができると自然にのめり込んだ。高校卒業から4年間は13人制のラグビーリーグでプレー。体をぶつけ合う際の技術や、タックルされながらのパスを磨いた。12年からは当時スーパーラグビーの「フォース」で活躍。日野自動車(現日野)からの誘いを受けると「いろいろな世界を見てみたい」と決断し、14年に初めて日本の地を踏んだ。

来日当初は代表への意識はなかった。日野は首脳陣からの縛りが少なく「解放感にやりがいを感じていた」。16年には福岡が本拠地のコカ・コーラへ移り、すしと相撲の印象だった日本がどんどん好きになった。

来日から3年。代表資格を取得し、17年に日本代表から声がかかった。一方でフォースに在籍した13年には、強豪オーストラリア代表に招集された過去があった。その際は合宿2週間前のケガで断念。オーストラリア代表を目指す道もあったが、その可能性を絶ち、迷わず日本代表を選んだ。

「すごく興奮し、光栄だった。もし(両国代表を)選べる立場だったとしても、日本でやっているラグビーが楽しく、充実しているので、日本を選ぶと思う」

19歳でオーストラリア人のジャズミンさんと結婚し、今は2人の息子と日本で暮らす。代表活動中は朝、昼、晩と3度の連絡を欠かさず「自分を常にポジティブにさせるために、彼女が必要」と妻への感謝も尽きない。プロ入りした18歳から4年間の貯金で、ブリスベーンに住む両親には家を贈った。大切な父が「すごいチャンス」と期待を寄せる舞台まで、残すは1カ月。

「W杯に出られたら、ぜひ見にきてほしい。『これだけ日本代表が強くなったんだ』ということを、世界に知らせたいと思う」。家族、そして日本中を喜ばせたい。周囲の情熱が原動力に変わる。【松本航】

◆ウィリアム・トゥポウ 1990年7月20日、ニュージーランド・オークランド生まれ。2歳でオーストラリアに移住し、10歳でラグビーを始める。ブリスベーンステート高を卒業し、13人制のカウボーイズに4年間在籍。15人制のフォースを経て、14年から日野。16年にコカ・コーラへ移籍し、17年6月のアイルランド戦で日本代表デビュー。家族は夫人と2男。188センチ、101キロ。

早大が逆転勝ち

昨季4強ワセダ、準V天理を倒す
   
ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 
昨季の大学選手権で4強だった早大が、8月15日、同準優勝の天理大との練習試合で33−14と勝利(長野・菅平早大セミナーハウス)。序盤劣勢だったスクラムで徐々に形勢逆転し、終盤の連続加点で快勝した。
 
 先制点は天理大。自軍キックオフの確保から敵陣深い位置に滞留した前半3分頃、マイボールスクラムを8人一体で押し込みその脇をNO8のアシベリ・モアラ、SHの藤原忍が順に突破。インゴールを割り7−0とした(G成功)。

 対する早大は以後もスクラムに苦しみ、敵陣22メートルエリアでの攻撃も相手のジャッカルで寸断される。しかしハーフタイム直前、難儀していたはずのスクラムで得点を生む。

 敵陣ゴール前右中間で組み合うと、懸命に足をかいて前に出る。勢いに押された天理大は、FLがスクラムから頭をぬくなどして塊を崩す。そのまま早大がトライラインを割り、7−7の同点で後半を迎えた。

 以後のスクラム勝負は一進一退。押したり、押されたりのつばぜり合いが続いたが、要所で笑ったのは早大FWだった。

 7−14と天理大がリードしていた後半19分、早大は敵陣22メートルエリア右のスクラムをぐいと押し込む。

 左で球を受け取ったSOの岸岡智樹が、複数あったパス方向のうちやや手前側へ放る。そちらへ駆け込んだCTBの長田智希は球をもらう瞬間のフットワークで相手タックラーを置き去りにし、直後のゴールと相まって14−14と追いついた。

 続く23分には連続攻撃からHOの森島大智が大きく抜け出し、敵陣ゴール前での肉弾戦からLOの三浦駿平が抜け出す。26−14。続く34分には自陣右の深い位置でスクラムを押し、最後尾から飛び出したNO8の丸尾崇真が敵陣ゴールエリアまで駆け抜けた。ゴール成功で33−14。
 
 早大は春シーズン終了後、それまで課題とされてきたスクラムの強化に注力。8人が塊となって押せるよう訓練してきた。この日は後半8分から左PRに久保優が入ったことで、成果を発揮しやすくなった。
 
 勝った相良南海夫監督は「相手が変わると(どうなるかわからない)ということもありますが、成果は少し出た」と振り返った。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事