ここから本文です

書庫大学 ラグビー

日本代表・学生・社会人・トップリーグ・高校のホットな情報!

記事検索
検索

【ラグビーコラム】

関東大学春季大会からボーナスポイントを考える

   
サンケイスポーツ
 【ノーサイドの精神】関東大学春季大会は、最上位のA組で帝京大が2年ぶりの優勝を遂げ終了した。

 この大会は勝ち点制で行われる。勝ち=5、引き分け=2、負け=0。加えて勝敗にかかわらず4トライ以上取れば1、負けても7点差以内なら1という、ラグビーではおなじみのボーナスポイント(BP)も与えられる。

 帝京大は4勝1敗の勝ち点26、東海大も4勝1分け1敗の勝ち点26で並んだが、その場合の順位規定で最優先される「全試合の得失点差の多いチーム」が適用され、プラス138の帝京大がプラス25の東海大を上回った。東海大は負けなし、しかも帝京大に31−26と春季大会で初めて勝っている。それでも2位となってしまったのは、勝ち点制のマジックといえるだろう。

 順位規定に「当該対戦勝者」の項目が入っていれば、東海大が初優勝していたわけだが、これは大会のレギュレーションなので今さら言っても仕方ない話だ。Jリーグでも勝ち点が並んだ場合の順位決定方法は「総得失点差」「総得点」に続いて3番目に「当該対戦」が出てくる。

 「たら」「れば」の話が続くが、東海大は流通経大に引き分けなければ、引き分けでも4トライ以上取っていれば、帝京大に8点差以上つけて勝っていれば、帝京大を上回ることができた。帝京大からみれば、東海大戦で4トライを奪い、5点差で終えたことでBP2を加えられたことが大きい。

 つまり、勝つなら圧倒せよ、負けても徹底的にしがみつけ、というのが勝ち点制での必須条件ということになる。これは9月開幕のW杯でも言えることだろう。

 2015年の前回W杯で日本は、南アフリカを破る大金星を含めて3勝を挙げながら、1次リーグで敗退した。3勝1敗で南アフリカ、スコットランドと並びながら、勝ち点は12にとどまり、16の南アフリカ、14のスコットランドの後塵(こうじん)を拝した。日本は4試合ともBPを取れず、BP4の南アフリカ、同2のスコットランドとの差が順位に反映された。

 BPの条件も近年、世界的には「4トライ以上」から「相手より3トライ以上上回る」に変わり、ただ攻めるだけではもらいにくくなったし、負けても2ポイントを加えることは難しくなった。されどBP。今度こそのW杯8強へ、日本もBPにこだわる試合をしないといけない。

他校記事ですが…

同大に新戦力 2年生WTB山口光った、好タックルに独走トライ

   
スポニチアネックス
 

◇ラグビー 大学交流戦 同大35―36京産大(2019年5月26日 京都市・西京極陸上競技場)

 春の楽しみは新戦力に尽きる。同大にイキのいい選手が現れた。WTB山口楓斗(2年)は前半、京産大に深く攻め込まれた場面で2本、好タックルを決めた。いずれもその後、味方がボールを奪い返し、最終的にトライにつながった。

 28―33の後半28分には相手のパスが乱れたところを素早く詰めて奪い、50メートル独走トライ。GKも決まって一時は逆転をした。ロスタイムの反則でPGを決められ、35―36とひっくり返されなければ、ヒーローになっていた。

 「ディフェンスの持ち味は出せたと思う」

 はきはきとした声で炎天下の一戦を振り返った。京産大にボールを持たれディフェンスの時間が長かった。セットプレーをのぞけば、チーム全体でよく守った試合。その中でも、1メートル66、72キロの激しいタックルはよく目立った。

 上背はないが、光るものがある。佐藤貴志ヘッドコーチは「気が強い。ブレークダウンもタックルも、体は小さいが、体を張ってくれる。ステップがとてもいい。彼を軸にアタックを考えられるくらい」と賛辞を惜しまなかった。

 東海大福岡から入学した昨年、不運に襲われた。9月にあごを骨折。半年間、棒に振った。今季が実質ルーキーイヤーで、秋のリーグ戦での活躍に期待がかかる。「チーム全体が日本一という覚悟を持っている。1試合、1試合、その気持ちを出せば、日本一は夢じゃないと思っています」。パワフルな小兵は高い目標を掲げる。

 山口のほかにも2年生は好素材が揃う。ロックの小菅由一郎、南光希、フランカー木原音弥、木下龍、SH田村魁世、CTTB和田悠一郎、FB稲吉渓太ら花園を盛り上げた面々がいる。

 この日、京産大に押し込まれたスクラム、モールの改善は急務だが、その一方で4年生FWの粘っこい守備がターンオーバーに何度かつながり、攻撃重視の従来のチームカラーとは違った新味も見せた。最上級生と若手が融合すれば…。魅力あるチームになる雰囲気が漂っている。

帝京3連勝、慶應義塾も手応えを掴む敗戦。

   
J SPORTS

4月末から始まった関東大学春季大会は4週目を迎え、5月19日(日)にAグループ2試合、Bグループ1試合、Cグループ3試合の6試合が行われた。

Aグループに所属する昨年度の対抗戦王者・帝京大学は、この日はホームグラウンドに昨年度3位の慶應義塾大学を迎えた。

帝京大有利かと予想された試合だが、慶應義塾大が前半早々、FW(フォワード)とBK(バックス)が一体となって攻め込み、前半7分までFB(フルバック)高木一成(3年)、FL(フランカー)山本凱(2年)のトライで、10-0とリードする展開となった。
ただ、試合は徐々に接点で上回る帝京大のペースになり、22分にFB奥村翔(3年)、32分にルーキーのFL山添圭祐がトライを挙げて、14-10と逆転に成功。

しかし、慶應義塾大もモールやゴール前のディフェンスで粘りを見せて試合はそのまま前半を折り返した。
後半は3分に帝京大のFL安田司(3年)が、7分に慶應義塾大ルーキーのFL今野勇久がトライを挙げて21-5となり、しばらく膠着状態が続く。だが、地力に勝る帝京大が24分以降に3トライを重ね、42-15として勝負を決めた。
42分に慶應義塾大のPR(プロップ)原田衛(2年)がトライを返したが、試合は42-20でノーサイド。帝京大が開幕から無傷の3連勝を達成した。
帝京大はこの試合はSH(スクラムハーフ)末拓実(4年)に替わって、3年生のSO(スタンドオフ)北村将大がゲームキャプテンを務めた。
北村は「後半は自分たちの強みのFWを前に出すことができたが、前半の入りで受けてしまった」と課題を口にした。

一方、敗戦したものの帝京から4トライを挙げた慶應義塾大のゲームキャプテンFL川合秀和(4年)は、「先週の試合(●12-38 流経大)の反省を活かし、アタック、ディフェンスでフォーカスしたことができた」と自信をつかんだ試合となった。
Aグループのもう1試合は、早稲田大学が両翼のWTB梅津友喜、桑山淳生(ともに4年)が2トライずつを挙げる活躍を見せて、51-24で流通経済大学を下した。

【5月19日(日)関東大学春季大会試合結果】

◆Aグループ
帝京大学 42-20 慶應義塾大学(帝京大G)
早稲田大学 51-24 流通経済大学(早稲田大G)

◆Bグループ
筑波大学 85-7 青山学院大学(筑波大G)

◆Cグループ
日本体育大学 0-90 専修大学(日本体育大G)
中央大学 28-33 立教大学(中央大G)
関東学院大学 93-14 成蹊大学(関東学院大Gギオンパーク)

◆招待試合
明治大学 40-24 東海大学(静岡・草薙)

リーグ戦優勝の東海が対抗戦優勝の早稲田に勝利。

   
J SPORTS


リーグ戦優勝の東海が対抗戦優勝の早稲田に勝利。ラグビー関東大学春季大会
東海大学 vs. 早稲田大学    

4月末から始まったラグビー関東大学春季大会。5月11・12日は対抗戦とリーグ戦の上位校が参加するAグループが3試合、中位校のBグループが3試合行われた。

なんと言っても注目されたのは、リーグ戦優勝の東海大学と昨年の対抗戦優勝の早稲田大学の激突だった。

試合は序盤から取って取られてのシーソーゲームとなった。この試合が春季大会で最初のゲームとなった早稲田大が、WTB(ウィング)加藤皓己(4年)のトライで先制。

対する東海大も、WTB福田一輝(4年)が2トライを挙げて、21-17と東海大がリードして折り返した。

後半、早稲田大はアタックが冴えてSO(スタンドオフ)岸岡智樹(4年)が2トライ、突破力が武器のCTB(センター)中野将伍(4年)もトライを挙げて、22分までに36-28と逆転に成功する。

しかし、東海大も意地を見せる。26分にはゴール前でモールを押し込み、途中交代のPR(プロップ)前本健太(4年)がトライを挙げて、ゴールも決まり、35-36と1点差に追い上げる。

そして後半のラストプレーで、東海大はスクラムを押し込み、最後は昨年の秋からCTBからNO8(ナンバーエイト)に転向した吉田大亮(3年)がこの日2本目のトライを挙げて、40-36で逆転勝利を収めた。


腰痛のため前半で交代した早稲田大のSH(スクラムハーフ)齋藤直人キャプテンは「アタックではチャレンジできていたが、自分たちのミスで、東海大さんの強みであるセットプレーでやられてしまった」と肩を落とした。

決勝トライを挙げた東海大NO8吉田は「スクラムにこだわって練習してきたのでその成果が出すことができました」と破顔した。

Aグループで2連勝となった東海大のCTB真野泰地キャプテンは「来週の(練習試合の)明治、その次の(春季大会の)帝京と勝ちます。勝ちにこだわっていきたい」と意気込んだ。


◆Aグループ試合結果
・帝京大学 60-7  大東文化大学(帝京大G)
・東海大学 40-36 早稲田大学(東海大G)
流通経済大学 38-12 慶應義塾大学(流通経済大G)

◆Bグループ試合結果
青山学院大学 14-64 日本大学(青山学院大G)
・拓殖大学 47-33 法政大学(拓殖大G)
明治大学 68-19 筑波大学(明治大G)

天理、帝京の連覇を止めた関西の雄は今季も強力。   

J SPORTS




4月末に関東では大学ラグビーの春季大会が開幕したが、4月21日から関西でも大学春季トーナメントが始まっている。春季トーナメントは、2016年度から関西の大学のレベルアップを目的に開催されている大会だ。

この春のトーナメントの順位により、秋の関西大学Aリーグの対戦表が決定する大事な戦いにもなっている。2016年は天理大学と京都産業大学が引き分け、同時優勝を果たし、2017年は京都産業大、2018年は天理大がそれぞれ優勝している。

昨年度関西王者の天理大は帝京大学のV10を阻んだが、大学選手権準優勝に終わった。1回戦は5月12日(日)、昨年度のBリーグ王者で、入れ替え戦で関西大学を下して、Aリーグに復帰した摂南大学と摂南大グラウンドで対戦する。
天理大は1995年から指揮を執る小松節夫監督はもちろん変わらない。新キャプテンに就任したのは、石見智翠館やU20日本代表でも主将としてチームを引っ張った経験を持つ小兵タックラーのFL(フランカー)岡山仙治(4年)。

副キャプテンにはSO(スタンドオフ)林田拓朗(4年)が就いた。「去年のチームの悔しさを忘れずに、今年も日本一を目指して頑張ります」(岡山)。

すでに天理大は春季の練習試合を重ねており、4月20日に京都産業大に33-26、27日に日本大学に42-17、5月5日に関西学院大学に52-7と連勝中であり、新年度になっても関西では頭ひとつ抜けた存在である。

FL岡山キャプテン、SO林田副キャプテン以外にも、3月のジュニア・ジャパンでも活躍していたSH(スクラムハーフ)藤原忍、CTB(センター)シオサイア・フィフィタ(ともに3年)。

昨年度もチームを引っ張っていたPR(プロップ)小鍛治悠太(3年)、山川力優(4年)、LO(ロック)アリペリ・モアラ(2年)、SO松永拓朗(3年)、FB(フルバック)立見聡明(4年)らが健在で、総合力は高い。

新年度になってAチームで試合に出場を果たしているHO(フッカー)高橋虎太郎、LO上田圭佑、NO8(ナンバーエイト)亀沖泰輝、WTB(ウィング)内村祐介、江本洸志といった新しい力である2年生選手にも注目したい。


一方、元日本代表のNO8河瀬泰治監督率いる摂南大学も、今シーズンの目標を大学選手権出場に掲げて、4月からオープン戦を戦ってきた。4月14日には中京大学に28-24で勝利してHO瀬戸伊織(4年)キャプテンの初陣を飾った。

続く21日に、同じ関西Aリーグのライバルである近畿大学に45-24で勝利し、30日には関東リーグ戦の専修大学に45-31と3連勝を果たした。ただ、5月2日には昨年度の対抗戦優勝の早稲田大学に0-72で敗れている。

摂南大学で注目したいのはトンガやフィジーからの留学生の選手たちである。4年生になったバックローのタンギパ・タリフォロフォラ、マタエナ・イエレミアはFWの核となっている。

そしてジュニア・ジャパンでも試合に出場していた日本代表の父を持つSO/WTBヴィリアミ・ツイドラキ、7人制日本代表合宿の練習生としても招集されたCTBテビタ・タイ(ともに2年)は昨年度、1年生からチームの中核として活躍していた。

摂南大としては、日本人選手が留学生たちにいい形でボールを渡してトライを狙いたいところだ。また、相手にも突破力のある選手も多く、ディフェンスで粘ること、さらにセットプレーでどこまで戦うことができるか大きな焦点になろう。
昨年度の関西王者である黒衣の軍団の優位は動かない。天理大としては、新しいコンビネーションを試しつつ、徐々に調子を上げていきたいところだ。

Aリーグに復帰した摂南大としては、チャレンジャーの姿勢を貫き、少しでも接戦に持ち込むことができるだろうか。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事