ここから本文です

書庫大学 ラグビー

日本代表・学生・社会人・トップリーグ・高校のホットな情報!

記事検索
検索

全国大学選手権


ラグビー帝京大、天理大など4強


イメージ 1













 帝京大―流通経大 後半、自身2本目のトライを決める帝京大・奥村=秩父宮



ラグビーの全国大学選手権は22日、東京・秩父宮ラグビー場などで準々決勝4試合が行われ、10連覇を目指す帝京大(関東対抗戦1位)と早大(同1位、2位枠)、明大(同3位、4位枠)と天理大(関西1位)が来年1月2日の準決勝(秩父宮)に進んだ。

 帝京大は12―0で折り返し、後半に5トライを集めて流通経大(関東リーグ戦3位)を45―0で下した。天理大は大東大(関東リーグ戦2位)を30―17で退けた。早大は慶大(関東対抗戦3位)に20―19で逆転勝ち。明大は東海大(関東リーグ戦1位)に18―15で競り勝った。
 準決勝は帝京大―天理大、早大―明大の組み合わせ。

 全国大学選手権準々決勝

   
スポニチアネックス

 

◇ラグビー 第55回全国大学選手権準々決勝(2018年12月22日 大阪・金鳥スタジアムなど)

 関西リーグ戦3連覇の天理大が30―17で大東大(関東リーグ戦2位)を破り、2016年以来2年ぶりの4強入りを決めた。

 天理大は前半4分、左ラインアウトからFW陣がモールで基点をつくり、ロックのアシペリ・モアラ(1年)が抜け出して先制トライを奪った。同8分にはキックの応酬からバックス陣が左に大きく展開し、WTB久保直人(4年)がゴール右隅に飛び込んで12―0とするなど序盤から試合を優位に進めた。

 後半、粘る大東大に2トライを許し、一時、5点差まで詰め寄られたが、後半29分、敵陣ゴール前で相手ボールのスクラムを押て反則を誘い、PGによる3点で再び突き放した。同38分には左ラインアウトからモールで押し込んでダメ押しのトライを決めた。

ロスタイム劇的トライ

 

早大4強、ロスタイム劇的トライで慶大に逆転勝ち

   
日刊スポーツ



<ラグビー:全国大学選手権・早大20−19慶大>◇準々決勝◇22日◇東京・秩父宮ラグビー場

【写真】後半終了間際、決勝トライを決める早大WTB佐々木

8年ぶりに帝京大と並んで関東対抗戦を制した早大が慶大(同対抗戦3位)を下し、4強入りを決めた。

前半2分にWTB佐々木(4年)が先制トライを奪うと、その後は両校とも防御の時間が続いた。同36分にSH斎藤(3年)からパスを受けたプロップ小林(1年)が左中間に豪快なトライを決め、前半を12−7で折り返した。

後半の立ち上がりも互いに防御が光り、互角の展開。同23分に1度、逆転されたが、試合終了間際に佐々木が逆転トライを決め、勝負を決めた。

 東海大は5大会ぶりに4強入り逃す

   
スポニチアネックス 



◇第55回全国大学選手権準々決勝 明大18―15東海大(2018年12月22日 大阪・金鳥スタジアム)

 ラグビーの第55回全国大学選手権は22日、準々決勝4試合が行われ、昨季準優勝の明大(関東大学対抗戦グループ4位)は大阪・金鳥スタジアムで東海大(関東大学リーグ戦グループ優勝)を18―15で破り、2大会連続で準決勝へ進出した。東海大は5大会ぶりに4強入りを逃した。

 明大は右脚のケガで欠場していたFB山沢京平(2年)やロック箸本龍雅(同)らが先発復帰。前半は自慢のスクラムで逆に東海大にプレッシャーをかけられる展開となり、11分には相手ボールスクラムで押されてからのディフェンスで反則。東海大WTB杉山祐太(2年)にPGを決められて先制された。しかし、東海大もノックオンやダイレクトタッチなどミスを連発。明大は20分、敵陣左ラインアウトからゴール前でラックを連取し、最後はプロップ安昌豪(3年)が右ポストへトライを決めて7―3と逆転した。

 勢いづいた明大は密集でのターンオーバーや東海大が得意とするモール攻撃を止めるなどディフェンスでペースを掌握。33分、PG失敗のボールを東海大が深く蹴り返したところを、山沢が自陣からカウンター。ステップで鮮やかに3人を抜き去り、パスを受けたWTB山崎洋之(3年)へ左中間へ飛び込み、12―3とリードを広げて折り返した。

 後半、明大は山崎の突破から敵陣で相手反則を誘い、9分に山沢がPGを決めて15―3。東海大は10分過ぎからラインアウトを起点に何度もゴール前へ攻め込み、24分にゴール前ラックの連取からようやくNo・8テビタ・タタフ(4年)がポスト右へトライ(15―10)。30分には左ゴール前ラインアウトからお家芸のモールでフッカー加藤竜聖(4年)が左隅にトライを挙げて15―15の同点に追いついた。

 だが、明大は右ラインアウトからゴール前で粘り強くフェーズを重ね、東海大の反則を誘うと、39分30秒に山沢がPGを決めて18―15と勝ち越し。直後の東海大のキックオフがノット10メートルとなり、中央スクラムのボールを蹴り出して逃げ切った。

天理大のトライゲッター久保が7戦ぶり先発へ 

   
スポーツ報知
 
ラグビーの全国大学選手権は22日、大阪・キンチョウスタジアムなどで準々決勝4試合が行われる。8チームのスタメンが20日、発表され、シードで初戦を迎える天理大(関西1位)は1年時からレギュラーのウィング久保直人(4年)=天理高=が左中手骨の骨折から公式戦7試合ぶりに先発復帰。50メートル5秒9とチーム一の俊足は、大東大(関東リーグ2位)戦でのトライゲットと初の大学日本一を誓った。

 頼れる男の先発復帰が決まった。久保は「最初から出られることに感謝したい。泥臭くてもいい。まずは(今季全国)1本目のトライを目指す」。関西リーグ開幕節の関大戦(9月24日)で4トライを挙げたが、翌週の実戦練習で骨折。5試合を棒に振ったが、最終節の京産大戦(11月24日)で後半20分から出場して2トライを決めた。小松節夫監督(55)も「一番速い選手が戻ってきた」と全国の舞台でのトライ量産を期待した。

 天理大も大東大もロック、NO8、センターに巨漢の留学生選手を置く先発布陣。スクラムなどFW戦が互角なら、バックスの決定力がカギを握る。天理市内で行われた実戦練習でキレのある走りを見せた久保は「スピード勝負に自信はある。メンバーを外れている間も走り込んできた。今季こそ関東勢に勝つ」ときっぱり。

 久保は15年度の全国大学選手権では3戦2トライ、16年度は2戦1トライ、昨季17年度はノートライでチームも初戦敗退した。11年度に準優勝した天理大は翌年以降、16年度のベスト4が最高。久保が帝京大や東海大に敗れて流した悔し涙を、今季は歓喜の涙に変える。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事