センター試験高得点マニュアルでの結果 Tomo日記

今の入試にマッチした指導が受けられる受験マニュアル
これは、今の入試にマッチした指導が受けられる受験マニュアルです。

医学部生、東大卒業生のメールサポートが受けられるのだそう。

このマニュアルに取り組んでみたいと思います。

まずは、 ここから







.

この記事に

どのようにして短期間で成績を上げ、目標の大学や学部に合格していったのでしょうか。その秘































































密を、あなただけに特別に教えたいと思います

間違った勉強方法とは何か、逆に効率の良い正しい勉強法とは何かということを知ってもらい、成績を上げ、憧れの志望校に合格してほしいと思っています

大学受験において、「実際に」センター9割や偏差値70を取るためには、試験時間の使い方から、マークの塗り方、答案用紙の使い方など細かいテクニックも必要です。それらのテクニックまで教えることで、「わかった」状態ではなく、実際に「答案を書ける」「できる」という状態にします

「答案や答えを自分自身で書ける」という状態こそが、本当にあなたの努力が成績に結びついた瞬間なのです。「わかった」状態のままで終わってしまっている受験生がほとんどの中で、あなたは、この勉強法を知り、「自分自身でできる」という状態になるように、効率よく勉強を進めてください。

問題の解き方や参考書の使い方について、具体的に説明することで、ある秘訣を普段の学習に活かすことができます。

かなり具体的な方法を教えています。 それらを使えば、理論分野での細かな失点を減らすことができます。苦手としている人が多い分野ですが、ここでも正しい方法を実践すれば、成績は伸びていきます。

大学受験マニュアルと合わせて、国公立大学を目指す人のために、最初の難関であり、最難関ともいえる大学入試センター試験の高得点マニュアルも執筆しました

具体的に短期間でセンターの点数を伸ばすにはどうすればよいか、その方法を教えています。この点を意識するかしないかでは、勉強の効率が大きく違ってきます。 この方法を知って、短期間で成績を伸ばしてください

4日〜5日に1回は大平がすでに書き上げたメールマガジンを送ります。原稿の管理や送信作業は すべて運営会社が行っているので、確実にお届けできます。もちろん、あなたから質問をしていただいても構いません。これでやる気を維持しながらこの勉強法に取り組んでください。メールの返信は、このマニュアルを使って実際に合格した大学生達(センター9割、記述模試偏差値70レベル)を含めたサポートメンバーが行います。

2013年1月に行われたセンター試験本試験を題材に、傾向だけでなく学習方法についても、音声とテキスト(PDF)でお伝えします。解説者は、東京大学経済学部経済学科卒業で、難関の公認会計士試験にも合格した人物です。日本最高峰の大学に合格したトップレベルの実力者です









.

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事