ここから本文です
でぃっくは語る
鉄道写真撮影のド素人初心者がお贈りする、主に撮り鉄のブログです。
イメージ 1
犬山検査場におけるご来光 2015.4.12

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします

2016.1.2←(^^;)



全然更新しなくなって久しい当ブログですが、当初の開設目的の一つであった、

”知らない方々との交流を深める”

という観点からは、確実にある程度の効果を達成しつつあります。
ゆえに閉鎖もせずおいてあるのですが、せめて撮影のお世話になった方々に、報告をできるくらいの記事は書かないとなあ...と反省しております(汗)

さて昨年2015年は、私が幼年時代より慣れ親しみ愛すべき存在だった名鉄デキのうち、最大で存在感もあったデキ600が、4両全車廃車されてしまうという実に悲しい出来事が起こりました。

最期は事情の二転三転の運命のいたずらにより、まさかの4重連単機で築港線を自力回送されるという華々しい雄姿を見せてくれました。

年頭の画像は、そのデキ600の中で、長きにわたり犬山に常駐し続けた、デキ602の工臨編成を金色に照らすご来光です。
この日は広見線のバラスト散布を終え、犬山検査場に帰還してしばらく経つと、ちょうどデキの上空辺りに日が昇り始めました。それを見て、夢中で撮影した覚えがあります。

この年頭の記事が、今年唯一の更新となった...ということにはならないように...したいところですが(苦笑)


\¤\᡼\¸ 10

\¤\᡼\¸ 11

この記事に

開くトラックバック(0)

裏画像を探せ!

ひさびさの裏画像

イメージ 1


県民でありながら、初めてモレラ岐阜に入りました\(^o^)/

大明神あざ〜す!

この記事に

先週金曜日(2015年9月25日)にひたちなか鉄道へ譲渡のため、東海交通事業の城北線で働いていたキハ11 201が、稲沢から陸送されました。昨日無事、現地に到着したそうです。

元来「国鉄瀬戸線」としての開業を期されていた城北線。鉄道貨物輸送の凋落により特定地方交通線に指定されるような状態で半完成、そして気動車の単行のみが線内を行き来する形態で、別事業者として開業したその経緯には、建設が計画されていた時代から存在を知るものとしては、感慨深いものがあります。


話を戻します。
前回の輸送はちょうど、東京ドームへポールマッカートニー大先生様を観に行った帰り途上で陸送中を迎え撃てる幸運にあいましたが、今回はできたら稲沢から出発していくところを見たいなあ...と思っていたのです。

夜に稲沢へ行くと、トレーラーのエンジンを起動して待機中でした。
イメージ 1
稲沢のシンボル、下津の陸橋とエレベーター実験塔と機関区のカンバンと。

イメージ 2
城北線での最後の週はさよならHMがついていたのですが、撮影に行けずに終了。なのでここで正面側に回って望遠でアップで撮ろうともくろんだら...あらら、ベロが上がったまんまでした。残念。

上からも。
イメージ 3
イメージ 4
リーフウォークの灯や機関車たち。時折列車も傍らを過ぎていきます。

深夜になり開門。
イメージ 5
青いパトランプの先導車はおなじみです。
イメージ 6
トレーラー運転手さんの匠の技、ジャックナイフで切り返しつつ門を出る。

イメージ 7
出発前には停車して、入念な点検です。


日が替わって先回りして、近くの交差点で走行シーンを。一宮市内にて
イメージ 8
この信号で停まると思ったら、意外なダッシュを見せたので、シャッタースピード不足で盛大に撃沈しました(涙)

リベンジしたくなり追いかけようかと思いましたが、この日は深追いしないと決めていたので、ここで撤収です。

ひたちなか鉄道の旧型車が置き換わるであろうことは旧型ファンとしてやや複雑ですが、かの地でもご活躍を祈念しています。


\¤\᡼\¸ 11

この記事に

開くトラックバック(0)

1384Fの廃回

本日(2015年9月14日)、名鉄の異端編成1384Fの、大江〜東名古屋港の廃回がありました。
前夜〜日が変わって本日未明より前に、舞木検査場より大江に回着していたそうです。

正直すごく愛着があるわけでもなかったのですが、地元には運用上よく回ってきましたし、駅や沿線で見かけると、何か得をしたような気にさせる編成でした。
こんな思い出があります。
数年前、まだ幼くて、当時は鉄道に激しい興味を持っていた(笑)甥っ子が犬山駅で一緒に乗り鉄していた時に
『あれ!赤いパノラマスーパーじゃん!?』
と叫びました。
そっちを見ていなかった私が
「パノラマスーパーは赤くないよ、白だよ」
と言いかけて指さすほうを見ると、そこにいたのはこの1384Fでした(^^;)このとき私は「この子、天才じゃないか?」と思ったのでした。”親ばか”ならぬ”伯父ばか”ですね(汗)

さて本日、私はいつもの築港線で。
EL121は、高らかにMHを鳴らして通過していきました。
イメージ 1
7月のデキ600の廃回の時は奇跡のように曇りましたが、本日は見事すぎる秋晴れでした。

東名古屋港からは、”小さな巨人”ロコトラックに牽かれてデルタ線へ。
イメージ 2

イメージ 3
しんがりは、その編成名の由来となった1384号です。

イメージ 4
デルタ線を名電築港へすすむ。手前は築港線のレール、奥にはつり上げのため待機するラフタークレーン。


今回は編成切り分けもなく、速いテンポで吊り上げまで進行しました。
イメージ 5
レールオフ寸前の1シーン。

イメージ 6
大勢のギャラリーと名鉄職員さんに見守られ、1384が宙を舞います。

そのころ、東名古屋港では仕事を終えたEL121が待機。貨物華やかな昔はデキがゴロゴロしていたこの駅でも、真新しいELがいる風景はまだ新鮮です。
イメージ 7
吊り上げ作業が一息するころ、EL121は足早に大江へ帰ってゆきました。


イメージ 8
クレーン屋さんの匠の二丁吊りにより、あっという間に名電築港でダルマに…


イメージ 9
台車は、名鉄ロゴ入りトラックでどこかへ。どちらに向かったんでしょう?

あの大事故から数奇な運命をたどった1384F、復活の改造をされたのが新製よりずっと近年だったこともあり、「もう廃車?」という感想です。リンク先のおざようさんが、舞木で真っ赤に塗られた1134Fの残存車と新設キャブをスクープしていたのも忘れられません。

しかし7月に先陣を切って旅立ったのは兄弟の1133F、7500系の形見の足回りを纏う1030系も、ついに命運尽きる時が来たのですね。

\¤\᡼\¸ 10

\¤\᡼\¸ 11


この記事に

名鉄の新型電気機関車の呼称は、どうやら「EL120形」に決まったようです。
日付が変わる前の昨2月15日には、舞木検査場で報道向け内覧会があったようで、先ほどTwitterで中日新聞の動画を知り、観たところです。
今まで私含めファンの間では「新型デキ」「新デキ」やら適当に呼んでいましたが、『デキ120』にならなかったのは惜しまれます、個人的には。

古来より日本の現業では機関車のことを略して”キ”と記すことがあるようで、今まで電気機関車を”デキ”と呼び続けてきたのも、創業120年を超える名鉄の伝統を感じさせる、ひとつのアイテムでした。

もっとも、今までの旧型デキがあまりにも骨董品であったために似合っていた”デキ”の呼び名も、いかにも近代的な今回の120形には似つかわしくないのかもしれません。

昨日の報道向け内覧会を待たず、建国記念日2/11より、名古屋本線でEL120の試運転が開始されています。私も見物に行ってきましたが、偶然なのか意図的なのか、祝日に本線にお目見えしたのは、粋な計らいといったところでしょうか。

さらに本線試運転開始からさかのぼる、舞木搬入間もない今月初めのある日、舞木に行ってみると
イメージ 1
”おっさま”(美濃弁?)が登場され、
イメージ 2
お祓いが執り行われていました。
名鉄といえば車内にも成田山のお守り。こちらのおっさまも犬山の成田山名古屋別院から、はるばる出張されてきたのでしょうか。
EL120形は、パン上げのみならずヘッドライトも点灯していたのが印象的でした。

動きはないか、この後期待して待っていると、我々見物人のいる手前側まで、大きく前進してきました。
イメージ 3
甲種輸送の大江到着後、豊明で舞木回送前の荷姿をホームで間近に見ることはできたのですが、マスキングの取れたピッカピカの動く車体は、迫力満点でした。

ステキすぎる並びも実現。
イメージ 5


この後は奥のほうの試運転線で行ったり来たりを繰り返したものの、なかなか近くまで来てくれないので諦めて、国道1号線側の検査場下へ移動しました。
イメージ 4
スカーレット、スカーレット、そしてスカーレット。

事前に「新型デキはどうやらスカーレットの1色塗りらしい」という噂を聞いた時には、”メイテツブルー”もうやめるんだ…と正直がっかりしていた私でしたが、これはこれでアリかも、と思うようになっていったこの日でした。


\¤\᡼\¸ 10

\¤\᡼\¸ 11

この記事に

開くトラックバック(0)

端末の全面ガラスが割れ、操作不能となった今月初め。微妙な補償プランに入っていたので、ポイントも併用で3000円以下で新品の端末(機種は同じ)に換えてもらうことはできました。

LINEのトーク履歴が簡単には復活できないことにより、LINEのみ使用を停止していたのですが、主要な履歴はとりあえず裏技使用によりバックアップして新端末に取り込めましたので、使用を開始しました。
私と長電話されたい方、もしくは、長電話はやだけどこいつに電話するのにお金は1円たりとも使いたくないという方(知り合い限定←笑)は、個人的に連絡をください。アカウントお知らせします。

さてその「裏技」ご存知の方はおられるかと思いますが、タッチ操作ができなくなった端末のmicroUSB差し口にマウスを接続し、クリックやドラッグ操作でアプリなど操作する、というものです。

”ホスト機能”というのがあれば、という前提ですが、USB接続のマウスを持っていれば、変換アダプタ(価格1000円以下)の入手でこの技が使えます。


そもそもイマドキの多機能なデジタル端末においては、データのバックアップの重要性はいうまでもありません。この私もいろいろなクラウドストレージで、スマホで取ったデータは常時バックアップしています。それゆえ実被害はそんなにはないのですが、LINEのトーク履歴までは、こまめにバックアップをしている方は少ないのではないでしょうか。

UIのお手軽さから、私のようなそれなりの年台の者でもLINEは使いやすい面があるので、いつのまにか結構有用な会話履歴やら画像や表の交換を重ねていたのでした。
要注意なのは、LINEはメアド連携でアカウント登録していても、新しい端末にアプリをインストールしてログインしたところで、トーク履歴は自動では引き継がれないことです。

交換前の端末で、一度履歴をどこかに保存しておかないといけないのです。したがって私のようにタッチ画面が割れるような破損で端末が使えなくなると、はっきり言ってお手上げに近いです。
キャリアのショップにもっていって「修理で」とお願いしても、「内部ストレージは初期化します」と言われてしまいます。

LINEを使用している方、履歴がたわいもない内容がすべてならば消えちゃっても問題はありませんが、データとしてキープしておきたい私のような人は、くれぐれもお気を付けくださいm(__)m

しかし、アカウントでログインしても自動では履歴が生き返らないというのは、何としても不便です。NAVERさんには何とか改善を望みたいところです。






この記事に

さる2月1日午後よりMyスマホはマシンダウン中でしたが、現在新台に交換され、ほぼ復旧しております。

ただし、LINEにつきましては、トーク履歴を旧端末よりサルベージするのをトライ中で、いまだ使えません。
引き続きLINEで最近私宛ご連絡された方は、念のためEメールいただければ幸いです。お手数をおかけします。
LINEの件はまたお知らせしますm(__)m

画像なしではなんか寂しいので、最近の1枚を。
イメージ 1
デキはいいよな♪←志村けんのコントふうに(笑)

※今年2月に撮影

この記事に

主題の通り、かねてより公式に発表されていた新型デキ、デキ120形が2両、JR貨物における甲種輸送を経て、昨日2015年1月30日、大江に搬入されました。

イメージ 1
待望のようなそうでないような…(^_^;)いや立派な機関車ですね。

名鉄さん、120周年おめでとうございます(ってアレ?120周年って去年だったような?まあ年度ベースということで関係ありませんか(^^;;;

できれば明日というか今日、もう少し詳しくレポートできればなあ…と考え中←

お会いした皆さま、お疲れ様でした。

\¤\᡼\¸ 10

\¤\᡼\¸ 11

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事