全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

8月26日第71回関西電塾が、富士フィルムグラフィックシステムズで行われました。

第1部【新・やさしい電塾】
 レポート 鈴木 大輔

今回は撮影側(カメラマン)と印刷側に分かれての話し合いとなりました。
簡単な自己紹介のあと、各自の仕事スタイルを話し合い、勉強するという新しいスタイルで
行われました。

話し合いの内容は以下の通りです。

・撮影側
1.納品後のデータ管理は?
2.撮影上、RAWデータはどこまでつめますか?
3.現像用のキャプチャーは?
4.その時点(キャプチャー上)どこまで触りますか?
5.使っているカメラは?
6.撮影現場でのスタイルは?
7.メーカー、クライアントとの接し方
8.デジタルになって撮影効率は?
9.フィルムカメラのその後
10.最近のデジカメ事情など

・印刷側
1.納品された画像の解像度
2.編集データを頂くときにはRGB? CMYK?
3.納品データの受け取りは8bit? 16bit?
4.納品されて来たデータはその時点で修正を入れますか?
5.変換テーブルは?
6.印刷データのその後
7.RGB? CMYK?修正を入れるならどちらで?
8.いま現在での入稿率は、デジタルとフィルムどちらが多いですか?
などそれぞれが、意見を交していました。

また、勉強になった第1部でした。



第2部【RGB画像最適化の限界検証会】 
 レポート 廣瀬 務

今回は各製版印刷会社様に協力していただき、RGB画像を最適化、画像処理していただきました。
(ご協力いただいたのは、富士精版様、大伸社様、ツクヰプロセス株式会社様、寿精版様、
株式会社イワモト様です。)

元画像となるサンプルデータと各製版印刷会社様による処理例は以下のようなものでした。

「サンプル画像1」ハイライト部分が明るすぎる、とんでいる。
「処理方法例」選択範囲をつくり、トーンカーブとレベル補正、またシャドウハイライトで調整。
とんでしまっている部分は、スタンプ等で描く。

「サンプル画像2」シャドウ部分が暗すぎる。つぶれている。
「処理方法例」同じく、選択範囲をつくり、トーンカーブとレベル補正、シャドウハイライト等で調整。
完全につぶれてしまっている部分は、無理矢理もちあげても荒れた画像なので、やはりスタンプ等で
描いていました。

個人的には、ハイライトやシャドウ部分の調整はトーンカーブよりもシャドウハイライトを
使っている方が多いのが印象にのこりました。

「サンプル画像3」色かぶり
「処理方法例」色相彩度や、トーンカーブの色チャンネルのカーブで調整。

「サンプル画像4」モアレ
ダスト&スクラッチを明るさの中間値にかける。ぼかしツール、スタンプ等でけす。彩度をおさえる。

「サンプル画像5」小データの拡大
ピクセルスマート、またはフォトショップの画像解像度で拡大。ほとんどはピクセルスマートを
使っているそうです。

「サンプル画像6」偽色
選択範囲を作成。彩度をさげる。Labモードのaチャンネルとbチャンネルで調整。

まとめとして、ほとんどのデータは画像処理で救済できますが、お手上げなのはやはり階調のない写真
だということです。
白とび、黒つぶれなど、フィルム撮影でも当たり前だったのですが、デジタルだと顕著に
ハイライトやシャドウ部から階調がなくなってしまうので注意しなくてはなりませんという事でした。



第3部【印刷用データへの最適変換の考え方】 株式会社恒陽社 石塚 晃氏
 レポート 鈴木 大輔

第3部は、最近の環境変化(デジタル化)についてのお話でした。
日本と韓国、それに中国の写真の考え方の違いや、日本は世界にとっていま現在どれだけの
メディア価値持っているのか?......を熱く語っていただきました。
確かに、現在の状況としては、デジカメが増えた事によりプリントせずモニタの中での写真(データ)
というのが増えています。
また、文字を書く事がなくなり、パソコンや携帯を使うことで、文字に触れる機会が少なくなった
のもあります。
そのため、アメリカでは若い人たちが新聞を読まなくなったので、イラスト中心のビジュアルになりつつあるそうです。
文字の視覚的バランスがおかしくなったりもします。
色もモニタによって異なるため様々の問題が起きています。
確かに、デジタル化が進む事により便利になっていくのですが、それと同じくらいトラブルも起こり
やすいことがわかりました。
ありがとうございました。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事