セミナーレポート

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1

2008年5月24日[土]
第88回 関西電塾レポート

あじさいの季節になった5月中旬、富士フイルムグラフィックシステムズ株式会社さんのご協力のもと、
第88回関西電塾が開催されました。

第88回関西電塾レポートの担当は西田です。
拙い文章ですが、おつきあい宜しくお願いします。

今回の電塾は『今さら聞けない印刷の話』というテーマで開催されました。
デジタルになり、全てがボーダレスになってきている今、デザイナー、カメラマンも
印刷の知識が必要です。

でも今さら聞けない…

そんな方のため!!
そんなリクエストにお応えしました。

内容は…
印刷に必要なもの 水・刷版・インキ・紙について
網点の基礎知識
印刷における調子再現とドットゲイン
スキャナセットアップとプロファイル変換の違いとプロファイル運用
などなど

電塾は
いつものように自己紹介からスタート。

まず[今さら聞けない印刷の話]というテーマで
富士フイルムグラフィックシステムズ株式会社
槇 秀孝氏[大阪支社 技術部]に講演していただきました。

普段なかなか見ることの出来ない印刷に使われる道具であったり、技術であったり、
丁寧に分かりやすく解説いただきながら話して頂きました。

次に
・結局、adobeとsRGBでどう違うの?
・いろいろあるシャープはどうかければいいの?
・データをカクダイする方法は?
というテーマで[検証会1]が行われました。

カメラマン側からの意見だったり、デザイナー側からの意見だったり、製版側からの意見だったり。
皆さん考え方が違ったり、やり方が違ったり。
会場におこしの方から様々な意見がでて、盛り上がりました。

それから[デジタルで写真集を作ろう]というテーマで
株式会社大伸社
小林章夫氏に講演していただきました。

自分だけのオリジナル写真集を作りたいと思っている方が知ったらお得!!
な、オンデマンド印刷手法でのデータ作成から手配の仕方まで。
見本をあわせて分かりやすく説明していただきました。

オンデマンド印刷はリーズナブルな価格で出来ますが、やり方を知らないからなかなか手をつけづらい。
そんな悩みが吹っ飛ぶ内容でした。

最後に、
富士フイルムグラフィックシステムズ株式会社様のご協力で、DDCPを贅沢に出力して[検証会2]を
その場で行いました。
実際にフォトショップで使用する機能の精度であったり、差であったり、、、実際に比較出来るのは
とても分かりやすかったです。
ここでも印刷物を囲んで会場は大変盛り上がりました。

[今さら聞けない印刷の話]をテーマに開催された88回関西電塾は大成功で終わりました。

次会の電塾もご期待下さい!!!

イメージ 1

2008年04月26日第87回関西電塾セミナーレポート

04月、春です。
今回の電塾は、塾生、講師、スタッフ含め約40名ほど集まり勉強会が行われました。

今回のレポート担当は、西です。
難しいことは、抜きにして楽しくレポートして行きたいと思います!
宜しくお願いします。

今回の関西電塾は、今月から新しく運営委員になって頂いた「株式会社トーン・アップ 菅 学 氏」に、お披露目を兼ねて全てお任せ!!
気になる内容は・・・「画像制作とレタッチ技術」!!
って言うと、何か難しく捉われがちですが簡単に言うと、実際に会場にモデルを呼び撮影から
合成を生中継LIVEでやってしまおう!と言うことです。
撮影したものは・・・。電塾オリジナル「ゾンビラーメン」と言う宣伝ポスター。
塾生&スタッフが注目の中、迅速且つ的確に撮影を終えたのは、
「株式会社2055 代表取締役 村田 成仁 氏」
まさに撮影マジック!塾生から歓喜の声と拍手が送られた。

そして静かに菅 氏の「画像制作ディレクションとレタッチのコツ」がスタート。
菅氏のキーワードは、【 カメラマンとレタッチャーの関係】
カメラマンもレタッチャーも、モノ作りに関しては同じ。
撮るだけがカメラマンではないし、レタッチだけがレタッチャーではない。全ては、作り手によります。モノ作りに一生懸命になり色々な議論や、ぶつかり合いがあってこそ良いモノが作れる。
菅氏の話からそんなことを感じました。

次に少し難しいテーマで【CMSの捉え方】を「株式会社トーン・アップ 田中 英貴 氏」による
講義が始まりました。
CMSはカラーマネジメントシステムの略です。僕には、少し難しいテーマと解説だったので、自分なりに分かりやすくまとめてみました。

人の目は、瞬時に絞りを変えることができる。
例えば、オレンジ色の電気と青色の電気が入り交じった混合光の元で撮影するとオレンジと青が混ざりあって適切な色味が出ない。
個別に撮って合成すると言う選択肢を選べば、別だが・・・。
だが、人間の目は、瞬時に識別しオレンジと青が混ざり合った場所でも右側がオレンジ、左が青などと同空間の中で適切な色判別ができてしまう。

何が言いたいかと言うと、人間の目はすごい!ぶっちゃげた話、自分の目にシャッターを付けて脳にコンパクトフラッシュを挿入できるようにしてしまえば、全て解決!と言う結果に至りました(笑)


午後からは、あのタブレットと言えば!の「株式会社ワコム 営業本部 流通営業部流通マーケティングGrマネージャー 矢野 幸治 氏」から【正しいタブレットの使い方】を教えてもらいました。
タブレットを購入して1週間も経たない内に多数の方が、オークションに出品する現状を止める為に!!
タブレットは、便利です。ぼくは、持ってないのですが、欲しくなりました。
ペン型のマウスで指圧で太字、細字と様々に使い分けられ、絵を描くのが好きな人には、オススメ☆
使い方に少し癖があり、普段使ってるマウスとは、少し違う。台の上でしか反応しないと言うことと、台の上では、真ん中は、真ん中!
言い方が難しい・・・。例えば、画面の真ん中から右上にポインタを持って行きたい時、マウスだったら真ん中から右上にスライドさせます。
が、しかし!!タブレットは、真ん中から右上にスライドさせても右上に一生辿り着けません(笑)
「じゃどうやって右上へ行くの?」そんなお悩みのあなたを助ける為に!
行きたい場所へ移動させるだけです。右上に行きたければ、右上をタッチ。
左下に行きたければ、左下にタッチ。これだけなんです。
スライドじゃないんです!行きたい場所にタッチするだけ!(もちろんタブレット台の枠内での話し)

タブレットを購入してみたものの、真ん中で止まってるあなた!出品には、まだ早いですよ!
コツをつかめば、マウスより簡単^^

詳しくは、ワコムさんのペンタブHPへGO!http://tablet.wacom.co.jp/

大分長々と書き綴ってきましたが、いよいよ大詰めです。

午前中に撮影した写真を実際にその場で合成してやろうじゃないか!が、実践される時がやってきました。
「そ、そんな短時間でできるの?!」って思いがちな人も、安心して下さい。電塾とは、楽しく愉快な仲間達が集うところです。
そんな活気に満ちあふれた場で不可能なことは、なぁ〜い!

「株式会社トーン・アップ 田路 直哉 氏」にかかれば、駆け抜ける稲妻の如き!その早さ、正確さは、天性のモノ。
塾生、スタッフが見守る中、パソコンに向かう田路 氏。本気モード突入!
恐らく常人には、見えぬであろうその敏捷さに驚愕させられながら、1時間あまりで出来上がた・・・。

仕上がりは、言うまでもなく完璧!!
塾生、スタッフ共々驚きを隠くせなかった。

今後カメラマンは、撮るだけでは終わらない時代もそう遠くない。
そう感じました。

以上、第87回関西電塾レポートを終了致します。

イメージ 1

1月27日第75回関西電塾セミナーレポート

1月、睦月(むつき)です。
今回は塾生、講師、スタッフを含め約40人ほど集まり勉強会が行われました。

今回のレポート担当は喜多です。
よろしくお願いします。
そしてレポートが大変遅くなった事をお詫び申しあげます。

毎年恒例となりましたが、2007年も幕開けには早川塾長の登場です。
内容は『早川塾長デジタル展望、2007年新製品続々登場』です。

自己紹介があり、その中での塾生の切実な質問の答えから始まりました。
『プロの写真家とは被写体のプロだと言うこと!』
『被写体の専門家だと言うこと!』
と強く熱く断言された早川塾長。

いきなり、心をつかまれた気がしました。

『被写体を熟知している事、被写体の専門家だということ。』
●現物を知らない人が見たときに、情報量の入った写真をとれるかとれないか
●どうしたら魅力的なポイントを捕まえられるのかを知っているか

それらを知っているからカメラマンに撮影をお願いをする。

塾長の話を聞きながら想像してしまいました。
「もしも」
職人が熱い思いを持ち、長年試行錯誤しながら完成された製品を思いのままに写真に出来たとすれば…。
「もしも」
デザイナーの作りたい絵を本人の感性で写真にする事ができれば…。
「もしかすると」
カメラマン廃業かもしれません。
そんな身近に迫っている現状を頭によぎりながら聞いていました。

そして
プロも素人もシャッターを押せばキレイに写り、操作も簡単なデジタルカメラが
安価で手にする事ができる。
そして実際にデザイナーが写真を撮り広告になる。
それが成立しているのが現状です。

「カメラマンにしか写せない写真。」
「それらを知っているからカメラマンに撮影をお願いする。」
塾長のこの言葉が深くこころに残りました。


そしてここからが本題です。
いきなり映し出された【二つの「き」を意識する。】と書かれた文字。

「き」?

一つ目は「機が熟すの機、物事をするのにちょうど良い状態になること」
二つ目は「気を込めるの気、万物には気が存在し、そのものたらしめている根源」だそうです。

「機が熟してない人(聞く耳のない人)にはいくら問いかけ教えても相手には何も残らない事が
ありますが、それは相手が機が熟してないから。
また、全ての物事がうまくいく時は機が熟している時。」見逃さす受け止めてほしいと
おっしゃていました。

「気を込める」
アートの世界や武道、日本の伝統的なものには必ず気が存在するそうですが

「シャッターを押す時に気をこめて、気持ちをこめて気を閉じこめているか?」
「気を込めるのと込めないとでは大きな差がある。」

気を込めながら話をされていた塾長。それに答えるかのように頷く塾生の姿がありました。


ここまでが塾長精神論です。
私、喜多はカメラマンアシスタントを約4年しておりますが。
個人的に、この後に続く「デジタル展望」よりも深く心に残りました。
この業界を熟知し、一流の人達と仕事をし、技術を習慣のようにこなす早川塾長だからこそ
見えてくる世界があるように思えました。
情報と、時間に追われ、共有できる仲間も対コンピューターの中であったりと、
生身の人間には不信感がつのる事も多々あります。
そんな鬱屈した状況に対してシンプルに今、人として必要なもの、
欠落しているものに対し気づかせて頂き「活!」をいれるかのようでした。
少し大げさな感想になりましたが早川塾長の精神論は熱さを取り戻し、元気を頂く事ができました。
本当にありがとうございました。


そしてここからがデジタル展望です。

塾長監修のFinePix S5pro(ハンドブックコマーシャル・フォト2007年3月号付録)を抜粋しての解説。
Bodyの特徴から始まり、機能も解説して頂きました。
上げられた点としては、
顔検出機能、ライブプレビューがカラーになり見やすくなった点、
フィルムシュミレーション機能、RAW+JPEGの同時記録、高感度ISO3200、
ダイナミックレンジについて...

【Photoshop CS3登場!】
大きな機能としては以下の10項目です。

1.Mactel対応(インテルマック)

2.インタフェースの改良
 パレットがたくさん増えた事などがあげられました。

3.スマートフィルター機能
 調整フィルターが調整レイヤーと同じようなかたちで残せること。
 魅力なのがシャープネスが残せる事。ただデータをスマートオブジェクト化しなければいけない。
 スマートフィルターをかける為には、一度ビットマップデータをドローデータにするための
スマートオブジェクト化する。それに対してスマートフィルターをかけないといけないのが難点ですが、試す価値はありそうです。

  ●電塾関係の方には今更…といわれそうですが、少し寄り道です。
  1.ビットマップデータとはドット(ピクセル)の点であつまり出来た写真などの画像です。
  ※特徴として一つ一つの点で階調や色を表現できるので繊細な表現ができる。
  2.ドローデータ(ベクトルデータ)とは点の数を決めずコンピューターにて計算する方法です。
  ※その都度計算されるので縮小や拡大による画像のあれがなく輪郭にジャギがない。
  さわりだけの説明ですが、ビットマップデータとドローデータとは大きく異なるデータなのです。
 
 という利点を組み合わせると、スマートオブジェクトとは、配置された画像を、画質を保持したまま
拡大・縮小等の処理ができる機能なのです。

4.クィックセレクションツール
 エレメンツ5.0、抽出ルールとしてあったものがクィックセレクションツールとして登場します。
 ある程度ハッキリしている画像なら、境界線をどう選択するかの設定とを組み合わせれば、
自動選択よりも高度な切り抜きがクィックセレクションツールにて可能なようです。

5.環境設定の改良
 メモリ管理ができるようになった事。

6.プリントダイアログの改良
 プリント(用紙を設定するところ)とプリントプレビュー(パラメータを設定する所)が
一つになった。

7.新化したAdobe Bridge
 Lightroomみたいになった。

8.CameraRawの機能向上
 Lightroomの機能が反映されているそうです。ハイエンドカメラも含めほとんどのカメラにCameraRawが対応。

9.Black&White機能
 白黒モードがつきました。調整レイヤーできる。

10.動画画像処理
 500カットまでの動画をとりこんで連続したかたちの修正ができる。
 ビデオ関連の人達に望まれた機能だそうです。
 
 
【Adobe Photoshop Lightroom1.0登場について】
デジタルカメラを使用している方には必携のソフトです。
デジタルカメラをハンドリングする方タッチする製版会社、クライアント
すべて一本は持たないといけないだろう。と言う事でした。

なぜなら
非破壊編集のRAWデータワークフローがこのLightroomが一本あることで完結するのだそう。
今までとまったく違うソフトウェアだそうです。

大きな特徴は
RAWデータがRAWデータのまま流通出来る。

途中で可変せず、最後にCMYKデータやRGBになるだけ。
どんなデバイスで出力しても常に綺麗な状態から使われる。
元のデータはいらわない。

撮りっぱなしでデータを流すわけでなく
オリジナルの綺麗なデータから最適な加工をし目的に会わせた出力ができる。
それを通せるのがこのLightroomだそうです。

最近のデジタルカメラRAWを扱うハンドリングソフトも同じですが
非破壊編集を考えられつくられています。

この塾長の「非破壊編集」という言葉はこれからも追求し続けるテーマとなりそうです。

■レパード0Sについて■
タイムマシン機能がついている。
バックアップなど常に二重で取ってくれる。捨ててしまったファイルも検索すれば
出てくるのだそうです。

そしてApertureには自動的にデータベース化される機能がありますが
それとタイムマシン機能のついたレパードとの組み合わせは革新となりそうです。

■Aperture1.5■
Lightroomと同じく非破壊編集を考えられたRAWデータソフトです。
アップルならではのOSと密接して動くアップルしかできない、アップルらしいソフトだそうです。
今後ジョブスの方向性が再現されれば期待がもてそうですが、あまり普及がされていないのが
現状のようです。

■Apolloについて■
今年の秋に登場するApollo。
アドビがマクロメディアを買収して、その結果できた必然のソフト。
マクロメディアのフラッシュベースがWEB上ではスタンダードになりましたが、
この技術とアドビのPDFの技術。
この二つの技術を融合させたエンゲージメントプラットフォームが実現する。

WEB上でのクロスOS(Windows、 Mac、 Linux)この3つをマックテルの中では動かす事は
可能ですがこの3つの中で自由自在にクロスしてOSのプラットフォームは関係なく
制作者の意図とした事が動かせる。

このクロスプラットフォーム。プラットフォームを問わずに同じ事ができる。
証券の株の取引や銀行の取引、物品の購入などのさまざまな事がブラウザに依存する事なくできる。
それがこのApolloです。

大きな特徴としては開発環境は従来のままだそうです。
そして開発者が新しくツールを覚える必要もないそうです。
ただすべての環境にこのApolloがインストールされている事が条件ですが、
Apolloの中で開発したものが動くようになり、WEBブラウザに束縛されず、
脱ブラウザーができるそうです。

WEB制作者、開発関係の方には必需となりそうです。

■塾長の持論■
写真は階調技術である。
「写真は階調表現技術である!」これを拘ってほしい。
いかに光が作り出す無限の階調を被写体の中に再現されている無限の階調のままにとりこんで
それを再現していくか!
この事が写真を表現する技術である。それを忘れてしまうと絵になってしまう。

階調を豊かに撮り
階調を損なわず処理。

写真は階調技術です。
画像処理を行う上で絶対的に念頭に置いてほしい。

塾長の言葉は塾生の心を最後まで離さない様子でした。


関西電塾を今年もよろしくお願いします。
電塾も東北電塾が立ち上がり8つとなり、全国規模となりました。
今後も業界間のコミニュケーションの場になっていくことは間違い無いようです。
今年もご期待ください。


喜多恵美

イメージ 1

■第72回関西電塾セミナーレポート    9/21     13:00〜17:00
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回の関西電塾はクリエーター集団『WA』とのコラボレーション企画。
会場となった電通関西支社、大ホールは
295人、立ち見がでるほどの盛況ぶりとなった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「制作現場のワークフローカラーマネジメントの実践ルール」
制作現場の役割と作業範囲を明確化の実現にむけて  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■なぜ役割と作業範囲を明確化にする事が必要か?
デジタル化に伴い、制作現場ではCMSはもちろんの事
役割範囲の明確化も必要と成ってきたのではないでしょうか。
スキルのある人は仕事をはみ出し、許容範囲をこえて仕事を広げる人も多くなっているのが
実情のようです。
そんな曖昧なグレーゾーンに視点を向け、電塾が最適とするワークフローを紹介した。

【フォトグラファー/撮影】→【デザイナー/レイアウト】→【プリプレス/画像補整】→完成!
までを各プレイヤーにて実演した。

講師には
有限会社MD研究会 会長「マスター郡司」氏
各プレイヤーは
カメラマンは、関西電塾運営委員「BOCO 塚本」氏、
デザイナーは、有限会社ガーデンデザインオフィス代表取締役「重久 毅」氏、
プリプレスは、電通テック クリエイティブ本部「鎚屋 匡人」氏
そして司会進行役は、関西電塾運営委員「村田 成仁」氏です。

【フォトグラファー/BOCO塚本氏】

「RAWdataは撮影者が責任を持って現像する」と塚本氏。
モデル撮影〜後処理まで実演。
カラースペースはAdobeRGB、RAWにて撮影。
撮影dataをキャプチャーにて現像。
現像されたdataは納品用に補整、調整を行い
RGBdataをデザイナー重久氏に納品された。

【デザイナー/重久 毅氏】

まずはモニターキャリブレーション。環境を整え
レイアウト
画像変換
補正
CMYKdataを鎚屋氏へ納品

【プリプレス/鎚屋氏】

入校dataのチェック
面付け
〜電通内に設置された常設コーナーにてプリントされ、完成!〜

実演の合間には快適なBGMが流れ
『ちょっと豆知識』
『詳しく説明』
『ココがポイント』3枚のパネルが登場し
司会進行の村田成仁氏による説明!
さらに深く講師役の郡司氏による解説がされた。

各プレーヤーによる実演もさることながら郡司氏による荒技話
「あとひとふりしたら食えないよ」のアンシャープマスクをかける数値話や必要解像度、
カラー設定などなど再確認できたのではないでしょうか?

なかでもフルデジタル、ネットワーク化に伴い、今後変化するであろうと
郡司氏による展望には夢があり、仕事の幅に広がりをもてたのではないでしょうか?

現場にいて日々感じることは
デジタル業界は第二の過渡期のように思えております。
カメラ技術も充実し、環境を整えることも正しい情報にあふれ、CMSも確立しつつあります。
次世代に求められる事は原点にもどり、一個人の確立の用に感じております。

その為には他業種とのコミにケーションが必要条件として
今回のような広告業界同士、他業種仕事を知り役割範囲を明確することは重要となり、
より効率の良い制作を行える事が出来るのではないでしょうか?

予定時刻も大幅に過ぎ電塾は大盛況に終わりました。
電通関西支社、大ホールには数名残り
仕上がったプリントを眺め、意見や感想が飛びかっていました。

次回の電塾は10月28日です。
今後の時代を見据えて、問題を解決し、デジタルの可能性を示唆しつづけてゆくことだと思います。
次回もご期待下さい。


スタジオ2055  喜多 恵美

イメージ 1

8月26日第71回関西電塾が、富士フィルムグラフィックシステムズで行われました。

第1部【新・やさしい電塾】
 レポート 鈴木 大輔

今回は撮影側(カメラマン)と印刷側に分かれての話し合いとなりました。
簡単な自己紹介のあと、各自の仕事スタイルを話し合い、勉強するという新しいスタイルで
行われました。

話し合いの内容は以下の通りです。

・撮影側
1.納品後のデータ管理は?
2.撮影上、RAWデータはどこまでつめますか?
3.現像用のキャプチャーは?
4.その時点(キャプチャー上)どこまで触りますか?
5.使っているカメラは?
6.撮影現場でのスタイルは?
7.メーカー、クライアントとの接し方
8.デジタルになって撮影効率は?
9.フィルムカメラのその後
10.最近のデジカメ事情など

・印刷側
1.納品された画像の解像度
2.編集データを頂くときにはRGB? CMYK?
3.納品データの受け取りは8bit? 16bit?
4.納品されて来たデータはその時点で修正を入れますか?
5.変換テーブルは?
6.印刷データのその後
7.RGB? CMYK?修正を入れるならどちらで?
8.いま現在での入稿率は、デジタルとフィルムどちらが多いですか?
などそれぞれが、意見を交していました。

また、勉強になった第1部でした。



第2部【RGB画像最適化の限界検証会】 
 レポート 廣瀬 務

今回は各製版印刷会社様に協力していただき、RGB画像を最適化、画像処理していただきました。
(ご協力いただいたのは、富士精版様、大伸社様、ツクヰプロセス株式会社様、寿精版様、
株式会社イワモト様です。)

元画像となるサンプルデータと各製版印刷会社様による処理例は以下のようなものでした。

「サンプル画像1」ハイライト部分が明るすぎる、とんでいる。
「処理方法例」選択範囲をつくり、トーンカーブとレベル補正、またシャドウハイライトで調整。
とんでしまっている部分は、スタンプ等で描く。

「サンプル画像2」シャドウ部分が暗すぎる。つぶれている。
「処理方法例」同じく、選択範囲をつくり、トーンカーブとレベル補正、シャドウハイライト等で調整。
完全につぶれてしまっている部分は、無理矢理もちあげても荒れた画像なので、やはりスタンプ等で
描いていました。

個人的には、ハイライトやシャドウ部分の調整はトーンカーブよりもシャドウハイライトを
使っている方が多いのが印象にのこりました。

「サンプル画像3」色かぶり
「処理方法例」色相彩度や、トーンカーブの色チャンネルのカーブで調整。

「サンプル画像4」モアレ
ダスト&スクラッチを明るさの中間値にかける。ぼかしツール、スタンプ等でけす。彩度をおさえる。

「サンプル画像5」小データの拡大
ピクセルスマート、またはフォトショップの画像解像度で拡大。ほとんどはピクセルスマートを
使っているそうです。

「サンプル画像6」偽色
選択範囲を作成。彩度をさげる。Labモードのaチャンネルとbチャンネルで調整。

まとめとして、ほとんどのデータは画像処理で救済できますが、お手上げなのはやはり階調のない写真
だということです。
白とび、黒つぶれなど、フィルム撮影でも当たり前だったのですが、デジタルだと顕著に
ハイライトやシャドウ部から階調がなくなってしまうので注意しなくてはなりませんという事でした。



第3部【印刷用データへの最適変換の考え方】 株式会社恒陽社 石塚 晃氏
 レポート 鈴木 大輔

第3部は、最近の環境変化(デジタル化)についてのお話でした。
日本と韓国、それに中国の写真の考え方の違いや、日本は世界にとっていま現在どれだけの
メディア価値持っているのか?......を熱く語っていただきました。
確かに、現在の状況としては、デジカメが増えた事によりプリントせずモニタの中での写真(データ)
というのが増えています。
また、文字を書く事がなくなり、パソコンや携帯を使うことで、文字に触れる機会が少なくなった
のもあります。
そのため、アメリカでは若い人たちが新聞を読まなくなったので、イラスト中心のビジュアルになりつつあるそうです。
文字の視覚的バランスがおかしくなったりもします。
色もモニタによって異なるため様々の問題が起きています。
確かに、デジタル化が進む事により便利になっていくのですが、それと同じくらいトラブルも起こり
やすいことがわかりました。
ありがとうございました。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事