ここから本文です
2013年2月9日発足しました。Twitterは@kodomohokusin
2018年の「第6回  ふくしまの子どもたち のびのび信州サマーキ
ャンプ」は、例年と日程を変え8月16日から21日までの5泊6日
で行われました。さらに日程の変更だけではなく、今年は初めて参
加費を無料としたこともあり、募集開始直後に定員に達し、多くの
キャンセル待ちが出る程の応募がありました。参加者は子ども19名、
保護者7名の合計26名でした。

猛暑が続いた今夏ですが、キャンプ中は概ね天気にも恵まれ、予定の
プログラムも無事進行し充実したキャンプとなりました。また今回は
初めて6名の大学生ボランティアにもスタッフとして参加してもらい、
子どもたちともすぐ仲良くなり自然の中で思い切り遊ぶことができま
した。
今回のキャンプに協力していただいた全ての皆様に感謝申し上げます
。私たちも高齢化が進んできていますが、若い方々の力を借りてこれ
からも可能な限り活動を続けていきたいと思います。今後ともご支援
・ご協力をよろしくお願いいたします。
以下キャンプ期間中の報告です。

8月16日(木) 雨のち曇り
 いよいよ「のびのび信州サマーキャンプ」のスタートです。今年は記
録的な猛暑で晴天が期待されるところですが、今日の長野は大雨注意
報で気温も低い予報。
集合場所の郡山駅前は晴れ。ここで13名が乗車。お父さんお母さんに
見送られ、9時30分に出発。ここから長野まで6時間の旅です。途中、
阿武隈インターで7名乗車して合計20名。

長野に入ると大雨。でも、15時45分に長野市小田切の青少年錬成セン
ターに到着したころは、曇りながら雨が上がり一安心。スタッフに出
迎えられ、自己紹介をして、センターの方から歓迎の言葉をいただき、
説明を受けました。

部屋の確認、荷物の整理をすますと、子どもたちは、すぐに屋外へ。
センターの周りには、緑いっぱいの芝生のスロープが広がっています。
地面や草木は濡れていましたが、アスレチックで遊んだり、補虫網を
持って虫取に駆け回りました。
イメージ 1
5時半に一組の家族6名(両親子
ども4人)が到着して26名全員集
合。
入浴、食事の後も、大学生のお兄
さん、お姉さんと遊んだりスタッ
のおじさんと腕相撲をしたり。
9時半の消灯で皆、すぐに眠りに
つきました。

8月17日(金) 曇りのち晴れ
朝は6時半のラジオ体操でスタート。
今日は戸隠高原へ。今年は全員で戸隠神社奥社への参道を30分ほど
いて隋神門まで行きました。ちっちゃい子たちは30分かけて坂道を登
りよく頑張りました。樹齢300年の美しい杉並木で写真を撮って一休
み。皆で一口ゼリーと塩あめで元気をリチャージ。小さな子どもたち
は引き返して牧場へ。他の面々は段々急になる杉並木の坂道をハアハ
ア言いながら奥社に到着。残念ながらギザギザしたゴジラの背のよう
な戸隠山は雲の中。でも登った達成感がすがすがしい。皆いい顔をし
ていました。帰りは転がるように坂道を下る子どもたちにハラハラし
ながら下山してキャンプ場の河原で牧場組と合流してお昼。連日の猛
暑が嘘の様に気温が下がって、大人たちがブルブル震える中、子ども
たちは唇が青くなっても川遊びを楽しみました。
イメージ 2
センターに戻って、信濃町「ミ
ツバチ会」の方々から頂いたた
くさんの野菜を運んだり仕分け
して、お母さんたちが宅配便で
送る野菜を皆でワイワイ言いな
がら箱詰めしたりしました。夕
食後は毎年松本市から駆けつけ
てくれる「がらくた座」の人形
劇。木島知草さんのエネルギッシュな笑顔に皆引き込まれ、素晴らしい
時を共有しました。
イメージ 3

(交流会)
人形劇終了後、お母さんたちからの要望もあり、短時間の交流会を開
きました。お母さんたちから出てきたのは、保養キャンプを実施して
くれることへの感謝の言葉でした。参加者の大半が放射能問題に対す
るとらえ方では地域の中において孤立していて、唯一保養キャンプに
参加して同じ思いの親たちやスタッフと交流することで、何とか福島
での生活を維持していけるというつらい思いを口々に語りました。ま
た今回のサマーキャンプの参加費用を無料にしたことへも、「大変あ
りがたい」という声が相次ぎました。今回の参加者も夏休み前半で他
の保養キャンプに参加された方も多く、無料だとしても長い間移動す
るのは大変だと思います。それでも「子どもたちを守りたい」という
強い思いが伝わってきました。

「復興」を強くアピールしている福島では、保養への参加すらも隠さ
ざるをえないという困難な環境にあります。とは言っても周りの一見
何も気にしていないという親たちも、無料で配布されるミネラルウォ
ーターには大きな関心を示しているように、本心を隠しているのでは
ということでした。保養キャンプへの大きな期待が寄せられた交流会
となりました。

8月18日(土) 晴れ
今日は、錬成センターの野外炊事場でディキャンプです。恒例のカレ
ーライスづくり。薪に火をつける人、飯ごうにお米を計ってとぐ人、
ジャガイモや玉ねぎ、ニンジンを包丁で切る人など、それぞれやりた
いことに挑戦です。小さい子もトウモロコシの皮むきをしたり、お母
さんたちはサラダに使う野菜を切ったり、みんなで協力して作りまし
た。

イメージ 412時には、カレーライスとトマト、
キュウリ、大根サラダ、キャベツ
サラダ、ゆでトウモロコシが出来
上がり、総勢57人でおいしくいた
きました。

2時からはスイカ割り。大きなス
イカが2つ、目隠しをした人にま

イメージ 5

りから右、左と声援が飛び、外れたり、見事に命中したり。最後に
ちょっと崩れたスイカをみんなでいただきました。

その後はフリータイム。毎年来てくれる「気持ちいい快」のメンバー
によるアイロン温熱療法は、順番待ちになる人気でした。
夕食後7時からはキャンプファイヤー、錬成センターに宿泊するほか
のグループと合同で行いました。火の神さまの登場にはじまって、た
いまつによる点火。勢いよく燃える焚火のまわりで、蚊に刺されない
おまじないダンス、じゃんけんゲームなどをし、80人近くの人と楽し
く過ごしました。最後にはセンター所長が晴れ渡る夜空に打ち上げて
くれた120発の花火に歓声が上がりました。

8月19日(日) 晴れ
錬成センターの小林さんの案内で近くの富士ノ塔山へハイキングに行
きました。錬成センターに隣接するアスレチックを通り過ぎ、山道を
歩きました。標高998メートルの山でしたが、思っていたよりはきつ
イメージ 6
い坂道などもありました。そ
れでも子どもたちは元気に上
って行きました。途中小林さ
んからパワーストーンの大き
な石を教えてもらい、磁石を
回りました。その不思議な石
を触ってパワーをもらい、み
んな大いに盛り上がりました。
山頂からは長野市の南部の地
域が眼下に見え、よく晴れていれば富士山も見えるということで、山登
りの楽しさを感じることができました。

ハイキングから戻りお腹がすいたところで、昼食は流しそうめんでし
た。そうめんの他にもトマト・ウインナー・ジャガイモ・トウモロコ
イメージ 7
シ・チクワ・ゼリーなどいろいろなものが流れ、子どもたちもおとな
も大満足でした。

午後からはプロの演奏家のフルートの早川育さんとピアノの瀧澤ヒト
ミさんによる恒例のお楽しみコンサートでした。今年はヘンデルの
「ラルゴ」の演奏で始まり、「涙そうそう」のしっとりとした歌、
そして「ドレミの歌」小さな子どもたちも参加して音符などのカード
を掲げながら元気な歌声が響きました。最後はいつもの音楽物語
「スイミー」で締めくくりました。

8月20日(月) 曇りのち晴れ
午前10時から、長野県の伝統食「おやき」を作りました。錬成セン
ターの職員が粉をこね、中身の具を用意してくれました。具はカボ
チャとキャベツの2種類です。お団子状の皮を手で平らにのばし具
を入れおまんじゅうのように丸めます。皮が破けないようにのばし
ながら、具を上手にくるむのがなかなか難しかったですね。それを
ササの葉で包んで蒸すのですが、今年は一つ工夫しました。大きな
蒸し器で一度にたくさん蒸すのでどれが自分の作ったものか分から
なくなるんです。そこでササの裏に自分の名前をマジックで書きま
した。自前の「おやき」愛着がありますね。そしてお味噌汁とサラ
ダとでお昼ご飯、みんな残さず食べました。

お昼を食べている頃にはすっかり晴れて暑くなってきました。午後
は、楽しみにしていたプールです。松代の青垣公園市民プールは小
さい子も入れるじゃぶじゃぶ池からスライダーを滑る大きな子まで
イメージ 8楽しめるいいプールです。
青空の下、2回の休憩をは
さんで思いっきり遊びまし
た。休憩の時飲んだリンゴ
ジュース美味しかったです
ね。帰り道、お母さんたち
はスタッフの車に乗り換え、
近くのスーパー「ツルヤ」
に寄りました。長野県内産
の食材を使ったオリジナル
商品など、たくさんお土産を買いました。最後の夜は家にハガキを
書いたり、花火をしました。

8月21日(火) 晴れ
今日は福島へ帰る日。朝のラジオ体操は昨夜“明日は出ます!”と宣
言した男の子たちが宣言通り参加し、前庭いっぱいに広がって元気
に最後の体操をしました。その後朝食をいただき、掃除を済ませ、
昨夜洗濯した水着などを何とか自分の荷物の中にいれ、ロビーへ運
びました。これで準備OK!
 出発前に、子どもたちやお母さんたちが心をこめて書いてくれた“
メッセージ”が代表に渡され、スタッフ一同感謝、感謝。全員で集合
イメージ 9

写真を撮った後、センターの職員の皆さんにお礼をして、さあ出発で
す。
バスは急カーブの細い山道をゆっくりと下り、車酔いをしないように
と運転手さんが気を使ってくれました。高速に乗ってから『千と千尋
の神隠し』のDVDを見ていきましたが、子どもたちだけでなくお母さ
ん方も真剣に見ていました。子どもたちがこのアニメを見てどう感じ
たか分かりませんが、千=千尋のように人とのかかわりの中で得たお
もいやりや勇気をもって、自分の力で困難を解決していってほしいと、
ふと思いました。
バスは順調に進み、阿武隈SAで7名を降ろし、一路郡山へ向かい、3
時半前に到着。迎えに来た家族の顔を見て子どもたちはホッとした様
子を見せていました。皆さん5泊6日ご苦労様でした。お元気で!


この記事に

開くトラックバック(0)

長野市松代町の民家滞在の受付は施設の都合によりこの
8月の利用意向は中止となります。ご了承ください。

この記事に

開くトラックバック(0)

募集終了です のびのび信州サマーキャンプ

案内を掲載したばかりですが、早くも定員に達したため、募集を
打ち切らせていただきます。なお今後キャンセルにより空きが出た
場合は追加募集をいたします。

子どもたちを放射能から守る信州ネットワーク・北信
   (略称:子ども信州ネット・北信)

この記事に

開くトラックバック(0)

第6回 ふくしまの子どもたち 
のびのび信州サマーキャンプ 募集開始です

 
主催:子どもたちを放射能から守る信州ネットワーク・北信
   (略称:子ども信州ネット・北信)
後援:長野市/長野市教育委員会

<募集要項>
放射線量の高い地域に住む子どもたちを招いて、2013年から保養
サマーキャンプを開催しています。
福島原発事故から7年が経ち、「福島はもう安全」のように言わ
れていますが、子どもを心配なく野外で遊ばせるには、ほど遠い
状況です。
子どもたちがのびのびと過ごし、お母さんもリフレッシュしても
らえるよう、今年も下記のようにサマーキャンプを行います。今
年の宿舎は昨年と同じ「長野市青少年錬成センター」という施設
です。長野市街地から車で20〜30分ほどの標高785メートルの場
所にあります。豊かな自然を感じながら、様々な体験をすること
が可能です。キャンプ場やグラウンド・体育館・アスレチックな
どがあります。ホームページは以下です。
http://www.nagano-rensei.jp/
〒380-0876 長野県長野市山田中2100
宿舎は和室となります。                  
小学生・幼児とその保護者の方の参加をお待ちしています!

・期間:2018年8月16日(木)〜8月21日(火) 5泊6日
・宿泊場所  長野市青少年錬成センター(長野市小田切)
・対象  放射線量の高い地域に住む小学生及び幼児とその保護者
  (子どもだけの参加の場合は小学4年生以上です。)
・募集人数   25名
・集合場所  福島駅前及び郡山駅前を予定(中型貸し切りバス往復使用)
・参加費  無料
・内容  豊かな自然環境の中でゆったりのびのび過ごすプログラムです。

  
<予定プログラム(天候などにより変更があります)>   
8/16(木) 青少年錬成センターに到着
8/17(金) 戸隠高原 奥社・牧場・川遊び
8/18(土) デイキャンプ/キャンプファイヤー
8/19(日) ハイキング/フリータイム/お楽しみコンサート
8/20(月) おやき作り/プール遊び/花火
8/21(火) 青少年錬成センターを出発

・受付は6月9日からとなります。正式な申し込みによる先着順となります
・申込方法  参加希望者の氏名、年齢および学年、性別、住所(市町村)をお知らせの上、メールにてお申し込みください。今回は参加費無料ですが、キャンセルなどがないようによく検討の上お申し込み下さい。

申込先/斉藤純子
   メールアドレス
 bunanohahouse@rio.odn.ne.jp
 
子どもたちを放射能から守る信州ネットワーク・北信
   (略称:子ども信州ネット・北信)
ブログ 
https://blogs.yahoo.co.jp/kdmhk1329
お問合せ先 斉藤純子
   メールアドレス 
bunanohahouse@rio.odn.ne.jp
     TEL.026-222-0213 

この記事に

開くトラックバック(0)

第6回 ふくしまの子どもたち「のびのび信州
サマーキャンプ」の概要

宿舎は昨年と同じですが、実施期間がこれまでとは異なります。ま
た、参加費は今回は無料とします。募集開始は以下にありますよう
に6月9日からとなりますが、お申し込みの際はキャンセルなどな
いようにお願いいたします。


日 程  2018年8月16日(木)〜8月21日(火) 5泊6日 
宿泊施設    長野市青少年錬成センター(長野市小田切)                  
募集対象  放射線量の高い地域に住む小学生及び保護者(幼児も可)
募集開始 6月9日(土)より『ほよーん相談会』及び当会のブログ
     のサイトにて(先着順 )
募集人数  25名 
発着場所 福島駅(往復中型バスを利用)
参加費    無料 
主催:子どもたちを放射能から守る信州ネットワーク・北信
   (略称:子ども信州ネット・北信)          
後 援     長野市 長野市教育委員会
     
●募金にご協力お願いします
運営はすべてボランティアで実施しています。皆様からの募金を
どうかお願いいたします。

郵便振替口座   00590-8-101192
加入者名   「子ども信州ネット・北信」

●ボランティア募集中
子どもたちと遊んでくれる高校生や大学生を募集しています

問い合わせ/斉藤純子
   メールアドレス bunanohahouse@rio.odn.ne.jp

この記事に

開くトラックバック(0)

7月26日(水)曇り一時雨のち晴れ

前日の大雨のため錬成センターの裏山、富士の塔山への登山は中止になり
ました。この山の山頂近くには磁力を帯び方位磁石がくるくる回るという
不思議な岩があるのです。残念!その空いた時間に体育館で元気に遊んだ
り、暑くなった外へ出てスイカを食べました。

10時からは万華鏡づくりです。ジャムなどの空き瓶を使って色の変化を楽
しめるものです。瓶の中に自然の花や葉っぱなどを入れて見ると、びっく
りするほどきれいです。自分の好みでオリジナルな万華鏡ができました。
中身は入れ替えてずっと使えます。

イメージ 1













 イメージ 9














<おたのしみコンサート> 午後3時〜
プロの演奏家、早川育さん(フルート)、滝澤ヒトミさん(ピアノ)のお
二人がボランティアで来てくださいました。〝「歌の翼」による幻想曲″
が始まるともうみんなうっとりでしたね。そしてみんながよく知っている
童謡から〝ビリーブ″まで元気に歌いました。早川さん手作りのチューリ
ップやチョウチョも大活躍。最後は音楽物語〝スイミー″です。大型絵本
を音楽に合わせて読んでいく感動的なお話ですが、ぶっつけ本番のスタッ
フが出だし間違えたりして冷や汗かいていました。寛容な皆様に感謝しま
す。ステージのバックも折り紙で作った動物や花、手書きの題字で子ども
たちが飾りつけてくれました。みんなでつくったコンサートでしたね。

イメージ 2













イメージ 3













 
イメージ 4














この日の最後はようやく雨があがり念願の花火をやることができました。

イメージ 5














7月27日(木)曇り

さあ、今日は家に帰る日です。お父さんやお母さんに会えるうれしさもあ
り、みんなと別れる寂しさもあり複雑でしたね。お世話になったセンター
の職員のみなさんに全員でお礼を言いました。すると、子どもたちが折り
紙で作ったハートの形に“ありがとうございました”とメッセージを書い
たものを一人一人に渡してくれました。あんなに走り回って遊んでいた子
どもたち、いつ作ってくれたのでしょう。うれしい驚きでした。そして別
れを惜しみながらバスは出発。10分くらい走ると、谷間から長野の市街地
が間近に見えるところがあります。「ほら長野の街が見えるよ」と言うと、
「わーきれい」 「大きいね」 「都会だね」 「ここは都会のすぐ近くに山
があっていいとこだね」、そんな声が口々に聞こえうれしくなりました。
工事渋滞などで到着は30分ほど遅れることを子どもたちに伝えると「わー
い、その分みんなと一緒に居られてうれしい」。この数日でみんなとても
仲良しになったんだね。福島駅に5時過ぎに無事到着しました。皆様お疲
れ様でした。

イメージ 6
















イメージ 7
















イメージ 8

 















ご支援のお願い

2017年のサマーキャンプは無事終了いたしましたが、今後とも活動
を継続させていきたいと考えています。チェルノブイリ原発事故後の
ウクライナ・ベラルーシで今なお続く子どもたちの健康被害をみる時
に、中長期的な子どもたちへの保養活動の継続が必要であると痛感し
ます。ぜひとも皆様からのご支援をお願いいたします。

募金にご協力下さい!

保養キャンプのために交通費・宿泊費など多くの活動資金が必要です。
どうか募金へのご協力をお願いいたします。

郵便振替口座 00590−8−101192
 加入者名    子ども信州ネット・北信

問い合わせ:斉藤純子
   メールアドレス 
bunanohahouse@rio.odn.ne.jp

この記事に

開くトラックバック(0)

7月24日(月)曇り後雨

毎朝恒例の全員でのラジオ体操をし、朝ごはん、施設の掃除、それぞれの
洗濯を済ませて、この日はデイキャンプ。

イメージ 1













信濃町の有志の皆様などから差し入れて頂いた沢山の新鮮な野菜、くだも
のを洗ったり切ったりし、かまどもスタッフに見守られながら子どもたち
が火をおこしてくれました。

イメージ 2














イメージ 3 














イメージ 4













カレー、きゅうり、トマト、サラダ、ゆでとうもろこし、ネクタリンなど、
自然の恵みがたくさんのお昼ごはんが出来上がり、みんなで協力して作っ
た食事はとても美味しく、全員大満足。好き嫌いが多く食べ残しが多かっ
た子どもたちも、自分たちで作った料理は残すことなく見事に食べていた
のが印象的でした。

イメージ 5













午後は、スイカ割り。仲間たちの「右!左!」、「一歩前!」の声援に案
内されスイカを目指します。全員の力で徐々にスイカにヒビが入り、6年
生の一撃で見事に割れて、みんなのお腹に納まりました。

その後は自由時間。近所で展示されている鉄道模型ジオラマを見学したり
(模型とは言え精巧に作られた列車は迫力満点で、リモコンで操作して自
由に線路を走らせることができます。今回行ったのは幼児とお母さんの2
家族だけで、他の大きな子たちはおそらく小さな子向けのものと思って参
加しなかったので実にもったいない。)、トランプで遊んだり。
別室では、温熱療法が行われ、子どもたちとお母さんたちが体験しました。
小型のアイロンを使ったシンプルなケアで、心地よくリラックスできると
同時に体の免疫力を高めてくれます。心地よさに何回も受けに来る子もい
て大盛況でした。

イメージ 6















夕食の後は、毎年このキャンプで演じていただいている木島知草さんの
「がらくた座」の人形劇を観劇しました。始まる前に会場においてあった
ピアノで、参加者の6年男子が見事なピアノの腕前を披露してくれ大い
に盛り上がりました。

イメージ 7













  
この日、子どもたちは宿泊している部屋を使ってお化け屋敷をやろうと準
備を進めていた。あいにく別の宿泊客が到着したために大騒ぎはできなく
なり中止になってしまったけれど、キャンプが始まり知り合ってから3日
目なのに、子どもたちは全員でそんな企てをするほどに仲良くなっていま
した。

7月25日(火)曇り時々小雨

早朝5時;虫捕り。“虫好き”の幼児2人とお母さん方を挟むようにスタ
ッフ2人が付き、雨上がりの林の中を進む。15分ほど遅れて男の子6人、
女の子5人に他のスタッフ後から付き、合流。しかし、子どもたちの願い
もかなわず、虫の姿がほとんど見られなかった。野鳥の鳴き声がしていた
ので、時間的に遅かったのか。女の子1人が虫に刺されて後に病院へ。
朝「がらくた座」の木島さんが“竹とんぼ”大会をやってくれた。子ども
たちは学年毎にわかれ竹トンボを飛ばす。竹とんぼは松本市の竹職人が地
元の竹を材料に、手作りした“なかなか”のもの。お土産として木島さん
が子どもたちへプレゼント。

9時頃「がらくた座」の木島さんたちが帰る。スッタフの一人が身体の変
調を訴えて、木島さんの車に乗って、病院へ。子どもたちと共に回復を祈
る。

9時半頃から錬成センターの職員の指導でおやき作り。具はキャベツとカ
ボチャの2個。子どもたちはこねた小麦粉の皮を手の平の上で広げるのに
苦労しながら、2種類の具を何とか包み、笹の葉で十字に包るんで上手に
仕上げた。皆真剣であった。後は蒸かしてできあがり。
そのおやきを11時15分頃食べる。子どもたちは2つのおやきをほとんど残
すことなく平らげた。大量に残るのではないかと思っていたスタッフ一同
は“一安心”。

イメージ 8















昼過ぎに高山村にある屋内の施設“ゆうゆうランド”のプールに出発。施
設まで、バスで1時間30分ほどの行程であり、少し遠いかなと心配したが、
“雨降りのための変更”は正解であった。プールは温泉付きで、それほど
混んでいなくて、のびのび泳げた。特に“ウオータースライダー”には子
どもたちはすっかり気に入り、興じていた。途中休憩をとり、缶ジュース
とスナック菓子で一息つく。再びプールへ。幼児お母さん方は同じ室内に
ある温泉へ。

イメージ 9













夕食後子どもたちにハガキを書いてもらう。これは福島の自分宛、あるい
は家族宛に、信州での自分の様子を書くもので、初めての試みである。
“なぜ書かなくてはいけないの”という反発が出るかなと予想したが、子
どもたちは皆一生懸命書いていた。錬成センターの事務所から郵便番号帳
を借りてきて正確に住所を書くことができた。翌日、“山”の郵便局に投
函する。「小田切」の消印がなされている自分宛のハガキを福島で受け取
った時の子どもたちの気持ちは…?

この記事に

開くトラックバック(0)

7月22日(土)〜7月27日(木)に行われた5泊6日の「第5回 ふくしま
の子どもたち のびのび信州サマーキャンプ」の報告を上・中・下3回
に分けて掲載します。



<2017年のサマーキャンプについて>

今年は子ども15人(内幼児3人)と保護者2人の参加でした。キャンセ
ルなどにより予定よりは少ない人数でしたが、高学年の小学生が多かっ
たこともあり、賑やかなキャンプとなりました。宿舎は今回が初めての
長野市青少年錬成センターというところでした。長野市の中心部から比
較的近い割に自然がたっぷりの山に囲まれた小田切地区にあります。宿
泊棟に隣接して山の斜面をうまく利用したアスレチックコースや体育館
・グラウンド・キャンプファイヤ場・屋外調理場などが備わっている便
利な施設でした。ただし人気の施設とあって利用者が多く、長野市内の
小学校などが夏休みに入る前の日程となったため、例年よりも少し早く
サマーキャンプ入りとなりました。

キャンプの前日には梅雨明け宣言が出され、絶好のサマーキャンプかと
思われましたが、期間中大半が雨に見舞われるということになりました。
それでも屋内の施設や雨の合間での屋外の行事などもあり、5泊6日の
充実したキャンプとなりました。以下の報告文は各日の担当者がまとめ
たものです。

7月22日(土)晴れ夜雨

いよいよ5泊6日の「のびのび信州サマーキャンプ」のスタートです。
甲信越の梅雨明け宣言が発表され一安心して、福島へ迎えに行きました。
福島も青空です。福島駅で子どもたち4名が乗車。リピーターの6年生
がいて再会を喜びました。子供たちだけで送り出すお父さんお母さんが
心配そうに見送る中、予定より早めの8時40分出発。郡山駅に予定通り
到着し13名乗車。計17名全員揃いました。運転手の橋本さんよりシート
ベルトなどの注意を受け予定の9時45分に出発。ここでも、子どもたち
だけの参加がほとんどで、保護者の方々が見送ってくれました。バスの
中でお昼を食べ、DVDの「千と千尋の神隠し」を見ながら15時30分長野市
小田切の青少年錬成センターに到着。

イメージ 1














スタッフに出迎えられ、自己紹介をしながらおやつを食べました。センタ

ーの説明を受け、部屋の確認、荷物の整理をして早速、子どもたちは外へ。
宿舎の周りは緑にあふれ、アスレチックや広いスロープの芝生があります。
特に段ボールをお尻に敷いて滑るそりが大人気。残念なことにキャンプの
期間、雨が多く外でのびのび遊べたのはこの日だけでした。



イメージ 2














今回のキャンプでは、お母さんは幼児のいる2家族の2名だけ。他は小学
生の子どもたちだけでした。錬成センターの宿泊室は和室です。小学生は
男子6名、女子6名ずつ、修学旅行のようにみんなで寝泊りしました。初
日のこの日は消灯後もはしゃいでいて、注意を受けながらやっと寝静まり
ました。

イメージ 3















7月23日(日)

なんと朝から雨。大きな杉並み木の中を歩いて戸隠神社奥社の予定が中止
に。戸隠を超有名にしてくれた吉永小百合さんのCMを想い浮かべながら企
画中からずっと楽しみにしていたのに。ゴジラの背中の様な戸隠山を背に
佇む奥社に子ども達を連れていきたかったのに残念しきりでした。他の予
定の川遊びや牧場での動物との触れ合いや、開放感いっぱいの木陰でのお
昼も中止。

雨の日の予定に切り替えて、八十二まなびの森の館内でジオラマを見たり、
動植物の生態を学習したり、大型スクリーンの映像で戸隠の四季を観まし
た。その後戸隠ちびっこ忍者村の忍者カラクリ屋敷に行きました。忍者に
なって出口を探してスタート。なかなか見つからない出口に四苦八苦する
大きな声が外まで聞こえました。

イメージ 4













イメージ 5














バスの中でお昼のお弁当を食べた後は、バスで戸隠地質化石博物館へ。入
口では鯨の骨格標本がお出迎え。戸隠山からホタテガイ、クジラ、ダイカ
イギュウなどの化石が見つかる理由を博物館のツアーで教わりました。な
んと数百年前、戸隠一帯は海だったそうです。

イメージ 6













夜は雨のため屋外でのキャンプファイヤーは中止し、代わりにキャンドル
ファイアーを体育館で行いました。木を組んで燃やす代わりに、一人一本
ずつロウソクに火をつけて、大きな木の株の枝に置いて、キャンドルファ
イヤーを作りました。これがなかなか雰囲気があり良いものでした。小さ
な一本一本の小さく揺れるロウソクの火を囲み、ダンスやゲームを楽しん
で、年齢差を超えて友情が育つのを感じました。

イメージ 7














イメージ 8













イメージ 9














ゴジラの背中の戸隠山を背にキャンプ場の木陰でお昼はできなかったけれ
ども、とても楽しい一日を過ごすことが出来ました。このキャンプに関わ
ってくださった皆に感謝しました。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事