ご無沙汰してます。(いつも言ってるw)

ブログの引っ越し先をどこにしようか熟考中でしたが、
色々と自分なりに調べた結果、ライブドアになりそうです。

ただ、移行してしまうと、こちらのブログでは更新が出来なくなるようで、
本当にこれで良いのか、やり残したことはないのか、
心の準備が出来次第、移行作業に入ろうかと思います。
あとは、バグなどで移行失敗にならないことを祈るだけですw

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

ご無沙汰してます。
今、ご覧になっているYahoo!ブログが12月で終了することとなってしまい、
他のブログへの移行ツールが完成したとの案内がありました。
今まで書いた記事が消えてしまうのだけは絶対に嫌なので、
どこかへ移るのは確定なんですが、
ブログに対する意欲はかなり薄れているのが正直なところです。

シダックスの閉店から、まだカラオケは一度も行けておらず、
カラオケが飽きたとかでは絶対に無いのですが、
シダックスロスとでも言うか、なかなか他の店で歌う意欲が湧きません。
温泉の方は、撮影禁止になってしまった温泉が非常に多く、
温泉ブロガー冬の時代到来と嘆いている方も多いようで、
ここ最近は、温泉抜きの単なる旅日記みたいな記事も増えていて、
これでいいのかと、自問自答しながらの更新だったりしますw

今までのテンションでブログを続けられるかはかなり微妙なところですが、
適当ブログらしく、気ままにやっていければと思いますので、
移籍先が決まり次第、また更新させていただきます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新聞で偶然見かけた記事。
五戸町のチューリッぷ園が素晴らしいとのことで、
全く知らなかったが、ボヤボヤしてたら枯れてしまうので即突撃。

イメージ 1

イメージ 2

正子さんってのは、この畑のオーナー。
入園料は200円だが、200円でいいの?ってレベル。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

300種類以上、約15万株のチューリップが所狭しと咲き乱れており、
思わず、「うおおおお、すげえええ!!」と声が出る。

イメージ 6

1株ごとにちゃんと品種が表記されており、
そのほとんどは全く知らないもので、感心しながら1つずつチェック。
ヘッドロココを思い出したのは俺だけじゃないはずw

イメージ 7

チューリップで令和を祝う発想も素晴らしい。
場所はちょっと分かりにくいので、事前に調べた方が良さそう。
青森市からはかなり遠いけど、行って良かったと心から思いました。

イメージ 8

近所の温泉にて、まさかのカープ応援ドリンクを発見w
製造元も広島だし、何で青森くんだりで売っているのか…
オーナーがカープファンだとしか思えないw
温泉の写真は激混みのため断念しました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

この界隈の物価はおかしいとのことで、
真相を確かめるべく、今回は温泉は二の次で、
安くて旨い食堂2件に突撃してみました。
さすがにハシゴは無理なんで、それぞれ違う日に突撃していますw

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

まずは、青森市と蓬田村のちょうど境目くらい。
バイパスではなく、旧道の方の280号線沿いにある「かなやマート」。
パッと見は、田舎の寂れたスーパーって感じですが、
併設している食堂が素晴らしいとのことで、メニューと値段を見て驚愕。
ほとんどがワンコインで、海鮮系のメニューでも650円とは…

イメージ 4

イメージ 5

半信半疑で、刺身定食と海鮮ちらしを注文。
新鮮な刺身が8品もついて、これで650円はありえない。
しかも、100円引きクーポンがあったので遠慮無く使わせて貰いましたw
海鮮系のメニューの方が人気のようですが、
今度は肉系メニューにも挑戦してみようと思います。

イメージ 6

イメージ 7

お次は、蟹田(かにた)駅の目の前にある焼き鳥屋「とりやす」。
小さい店だけど、旗がたくさん立ってるのですぐ分かるはず。
ここもずっと気になっていた店なんですが、
かなやマート以上にありえない安さとボリュームとのことで、
メニューを見て納得。一番高くてもワンコインとはw

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

更に驚くべきはそのボリュームで、
焼き鳥定食(塩)を注文すると、ご飯は大盛りがデフォの模様w
調子に乗って、から揚げ(単品)、焼き鳥を単品で3本、
お好み焼きまで注文するが、から揚げとお好み焼きは想像の倍くらいのでかさw
から揚げはでかいのが6個で350円はありえないw
お好み焼きも、ギャル曽根でもない限りは、
これ1枚で十分お腹一杯になるほどのボリュームで、
とてもじゃないが食い切れず、半分くらいをお持ち帰りしました。
味も言うまでもなく文句無しで、近所なら間違いなく週5くらいで通いますw

イメージ 11

猫ちゃんもいたよ〜

温泉も行ったけど、腹一杯すぎてほとんど死んでいたので、
今回は割愛しますw

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

3月15日、地元の仲間内で最後のシダックスに行って来ました。
もちろん最後も慣れ親しんだ249号室を選択。
249号室のドアを開けた時に、「これで最後かぁ…」
トイレに行くたびに、「これで最後かぁ…」
何をするにも、「これで最後かぁ…」と思いながらのカラオケで、
最後にみんなで蛍の光を歌って、
デンモクをログアウトする時が一番寂しかったかもです。
会計の時に、お世話になった店長さんとガッチリ握手。
転勤先でのご活躍を祈って、
これからもお互いに楽しくカラオケに携わっていければと思います。

イメージ 1

イメージ 2

ヒトカラでは絶対に注文することの無いメニューw
名刺と、記念のボールペンまでいただきました。

さて、シダックスの無い世界でこれからどうするか?
他の店に行けばいいじゃん?…と、そんな簡単な問題では無く、
こっちではカラオケ屋自体が少なく、選択の余地があまりありませんし、
シダックスと同等以上の環境で歌えるかとなると、非常に難しいところです。

とりあえず、候補は4店。

A店
シダックスに通う前に通っていた店で、
ある日突然、全室JOYサウンドになってしまったため、
已む無くシダックスに移籍することになったのですが、
確認したら、現在はDAMも入っているとのこと。
外観や雰囲気もシダックスに似ており、
料金も良心的で、ここへの出戻りが最有力候補でしょう。

B店
A店の真向かいにある店で、HPで調べた限りは機種も充実しているのですが、
20年くらい前に1度行っただけで、ちょっと不安な部分もあります。
試しに1回くらいは行ってみるかもですが…

C店
第一興商の直営店なので、機種は問題無いかと思いますが、
HPで色々調べると、料金がありえないくらい高い…
俺も一応は大人なので、料金面は多少は目をつぶるつもりですが、
ちょっとこれでは…厳しいです。
※違う料金表を見ていたようで、フリータイムの料金はかなり良心的でした。
ここも行ってみるかもしれません。
お詫びして訂正させていただきます。大変申し訳ありませんでした。

D店
A店に通う前はちょくちょく足を運んでいた、低料金が売りの全国チェーン店。
部屋数も少ない上に、ヒトカラに対して厳しい部分があり、
正直、嫌な思いをしたことも多々ありました。
録音メインで長時間居座ることになりますし、
営業形態の面でも、今からここに戻るのは難しそうです。

一応、会員証もまだ持っているので、
A店に行ってみて、問題無ければと言った感じになりそうですが、
どこを根城にするにしても、これからも安心してカラオケを楽しめるように、
そんな環境に巡り会えることを祈るばかりです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

シダックス最後の録音

シダックス青森観光通りクラブに初めて足を運んだのは、2011年の12月。
それまで通っていた店が、突然全ての部屋がJOYサウンドになってしまい、
正直なところは仕方なくと言った感じだったのですが、
まさかここまでのお付き合いになるとは、当時は夢にも思いませんでした。
今まで公開した全ての曲はシダックスで録音しており、
今回がいよいよラストです。

EYE TO EYE/蔵馬・飛影・桑原和真(緒方恵美・檜山修之・千葉繁)
GLEAM〜闇に光る〜/凍矢(松本保典)
上の曲はリクエストいただきました。ありがとうございました!
久々に幽遊白書の曲ということで、
例によって、全巻読み返したわけですが、
相変わらず、戸愚呂兄の外道っぷりは素晴らしいの一言w
それはそうとして、今回はどちらの曲も割かし覚えやすく、
すぐに仕上がるだろうと思っていたら、とんでもなかった…
どうしても声の感じが納得いかず、何十回歌い直したか分からない。
シダックスでの録音は今回が最後になるので、
悔いの残らないように、じっくり仕上げたつもりです。
どちらもそれなりに仕上がったと思うので、最後にこの曲を歌えて良かった!

巣立ちの歌/合唱曲
突然の悲報に、聴き込みも練習も全然足りておらず、
更に、上2曲を仕上げるのが思った以上に大変で、
既に喉の限界は超えており、ガラガラ声の上に音程も間違っている始末。
ハッキリ言って、本来なら公開出来るレベルではありませんが、
7年3ヶ月間の感謝を込めて、どうしても最後はこの曲で締めたかったので…
おそらく、中学校の卒業式以来で歌いましたが、
当時は捻くれていたので、あ〜やっと終わった〜くらいしか無かったのですが、
この感動と感謝の気持ちが当時にあれば…と言ったところ。
明日(15日)の夜に、グランドフィナーレってことで、
仲間内でのタカラ(多人数カラオケ)で、本当のお別れになりますが、
俺にとって、シダックスはカラオケの学び舎でした。
7年3ヶ月間、ありがとうございました!

イメージ 1

2015年くらいからは、ほとんど249号室一筋。
広くて暗くて音響も良い感じで、最高に歌いやすい部屋だった。
今までありがとう!

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

シダックスの閉店で凹んでいる中、まさに泣きっ面に蜂。
今、ご覧になっているこのYahoo!ブログが、
12月をもってサービスを終了するとのことです。
5月から他のブログへの移行サービスが始まり、
このブログへの投稿は8月までしか出来ないようです。
黙っていれば、今までの記事は全て消滅してしまうので、
どこかへ移行することになるとは思いますが、
今まで皆さんからいただいたコメントまでは移行出来ないようで、
これが一番ショックです…

DAMともを始めて3ヶ月目の、2012年3月にこのブログを開設し、
おかげでたくさんの方と知り合え、カラオケを楽しむことが出来ました。
気分次第で温泉の記事を交えたりもしましたが、
今まで7年間、お付き合いいただけたことに感謝しています。
DAMともを退会することは100%ありえませんが、
シダックス閉店後のカラオケライフがどうなるのかも全く白紙状態で、
俺のカラオケ人生の岐路に立たされているように思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

DAMともを始めて7年3ヶ月。
当初からずっとお世話になっていた、シダックス青森観光通りクラブが、
3月17日をもって、閉店することとなってしまいました。
カラオケ事業の撤退から、全国規模で閉店が相次ぎ、
いつかはこの日が来るんじゃないかと薄々感じてはいましたが、
いざ、現実を突きつけられると、
丸の巨人移籍なんか比にならないくらいの大ショック。
店長や店員さんもショックを隠せない様子で、
思い出話をしていたら、マジで泣けてきた。
最後にもう1回くらい行けるかなぁ…

風呂は究極極楽施設!!/由布院煙(CV梅原裕一郎)
そんなショッキングな雰囲気の中、
最後までしっかり歌い切ることが店に対する礼儀でもあると思ったので、
無理やりテンションを上げて、前回に続いて風呂の曲。
風呂に関する曲を探していて偶然出会った曲で、
曲名を見ただけで、どんな曲であろうと歌うことはほぼ即決。
実際に聴いてみると、かなり好みの曲調で素晴らしすぎる歌詞。
セリフもあるし、しずかちゃんよりお風呂好きを自称するこの俺が、
何で今まで出会えなかったんだろうってレベル。
温泉に行く時は、いつも車で流して気分を高めていますw

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

2019年の歌い初め。
今回は温泉の記事ではありませんw

湯けむりユートピア/ギンギツネとキタキツネ
リクエストいただいた曲です。ありがとうございました!
けものフレンズってアニメのキャラソン。
キツネの姉妹ではないようだが、雰囲気的にはそんな感じで、
兄弟バージョンに勝手に変えて歌わせて貰いましたw
ちょうど温泉に関する曲で何か良いのを探していたところで、
曲の世界観や、セリフが多いのも気に入り、
何より、歌詞に「源泉掛け流し」という言葉が入っている曲も初めて見たし、
歌わせて貰うのは即決…でしたが、
当初はまだ録音が不可だったので、録音可になるまでひたすら待ちましたw
一人二役での会話形式のセリフ部分が一番大変で、
1セリフごとに多重録音を1回使って、根気良く仕上げました。
やっぱり、露天風呂は冬場が一番好きだな。

eternal eternity/
セーラーウラヌス(皆川純子)×セーラーネプチューン(大原さやか)
こんこんさんが一人二役で公開していたのを聴いて、
良い曲だな〜とは思っていましたが、
ウラヌス待ちの音源も公開したので、いっちょやってみっか!ってことで。
セラムン関係の曲は、過去にも何度か公開していますが、
マーキュリーが持ちキャラなので、これはかなり苦労しましたw
男の俺ですら所々低くて大変だった部分もあったのに、
女性でこれを原曲キーで歌える人は相当凄いと思います。
ガチコラボ第4弾は、別にちゃんと考えているので、
ボーナストラックみたいな位置付けでお願いしますw

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

新年一発目の新規開拓。
青森市から車で1時間弱(冬場はもっとかかる)の五所川原市。
この一帯も温泉激戦区で、どこに行ってもハズレ無しなのですが、
なかなか足が向かずにいた、五所川原温泉ホテルに突撃してみました。

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

「えっ、ここ…!?」ってのが、正直な第一印象。
思わず地図を確認し直したが、ここで間違いない。
ホテルって言うくらいなので、
もう少し立派(失礼!)なものを想像していたのに、
見た目はごく普通の公衆浴場と言った感じ。
玄関に吉幾三のポスターが貼ってあるのが五所川原っぽくて実に良い。

薄暗いロビーには、優しそうなオバちゃんが1人で店番。
料金は390円だが、100円引きクーポンがあったので遠慮無く。
脱衣所も浴場内も、ごくごく普通な公衆浴場で、
もう平成も終わろうとしているのに、雰囲気は昭和そのもの。
個人的にはかなり好きな雰囲気で、テンションが徐々に上がってくる。

イメージ 4

メイン浴槽(手前右)はかなり熱めで、
猫舌ならぬ猫肌な俺には厳しく、足を付けただけで入浴は諦める。
サウナと水風呂も完備で、サウナもこれまた激熱。
かと思えば、水風呂は鬼のように冷たく10秒も入っていられない。
しかし、何故だかテンションは上がるから不思議だ。

イメージ 5

イメージ 6

そして、何と言っても目を惹くのが、
数秒おきに7色に変わるネオンを搭載した浴槽。
ラブホならともかく、公衆浴場にこんなのがあるのは初めて見ましたw
ここで更にテンションが上がり、もはやニヤニヤが止まらない。
ただ、温度は体感で35度くらいで何とも中途半端。
もう少し熱いか温いかならマッタリ出来るのに…

イメージ 7

ネオン風呂の隣に、かつては打たせ湯だったと思われるスペースがあり、
ここの居心地が抜群で、最高に気に入りました。
加水、循環と表記されていたが、そこまで鮮度は悪く感じず、
温度は体感で38〜39度くらいで、ほとんどの時間をここで過ごしました。

入ると先客は2人いたが、入れ違いで2人とも上がってしまい、
1時間半くらいの滞在中、その間は客は1人も来ず。
うーん…貸し切りヒャッホーなのはありがたかったが、大丈夫なのか?
何となく入りにくい雰囲気を感じたのは事実だけど、
雰囲気もお湯も悪くなく、もう少し頑張って欲しいと思わせる良泉でした。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事