精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

りんどう心のクリニック、城西こもれび心療クリニックで不正請求!?

本日も南日本新聞が記事を出したようです。引用します 診療報酬不正請求か 立ち入り検査垂水・診療所 診察せず再診料  不適切な診療をしていた疑いがあるとして、鹿屋保健所が立ち入り検査をした垂水市の精神科・心療内科の診察所が、診療報酬を不正請求していた疑いがあることが18日、分かった。40代の男性院長は取材に「(請求に)ミスはあったかもしれない。不備があれば返金したい」としている。  この診療所を巡っては、初診料を除く患者を直接診察せずに、院長が向精神薬を処方することがたびたびあったと、複数の関係者が取材で証言している。  南日本新聞は、昨冬まで通院していた男性が診察を経ず、宅配便で向精神薬を処方されたちされる診療費明細書を入手。「再診料」や、5分を超える診療のときに加算される「通院精神療法(30分すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

ようやく、ようやく報道がこの問題を取り上げました。 今日も南日本新聞がやってくれました。例の精神科医(精神保健指定医、及び日本精神神経学会認定の指導医の資格を持つY医師)の本質的な問題に切り込みました。 診療報酬の不正請求など、かなりの割合の精神科医療機関で行われています。無診察処方も、以前ほどあからさまなのはほぼ無くなりましたが ...すべて表示すべて表示

ついに家宅捜索!!!

2017/6/9(金) 午後 1:23

さて、地元の方はご存知でしょう。本日付の南日本新聞で、例の精神科医の摘発が大きく取り上げられました。 昨日、その精神科医の自宅と経営する2つの精神科クリニックに、九州厚生局麻薬取締部と鹿児島県薬務課が家宅捜索に入りました。直接の疑いは向精神薬の違法な譲渡です。 記事の中では精神科医の名前や医療機関名が取り上げられていませんが、私の以前 ...すべて表示すべて表示

さて、国会で精神保健福祉法改正案の審議が進められていたのでそちらに注意を注いでおりましたが、そろそろこちらの問題にも本腰を入れていきます。 6月末まで休診届が出ている、とある鹿児島の精神科クリニック(城西こもれびクリニック及びりんどう心のクリニック)について、どんどん不適切な実態が明らかになってきました。被害を受けた皆様、不当な処遇を受けた元従業員 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事