精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

山口龍郎被告に有罪判決!主張を完全否定

精神科医・山口龍郎被告に対する判決が鹿児島地裁で言い渡されました。懲役2年執行猶予4年です。 もちろん彼がしてきた罪の重さを考慮するとあまりにも軽い刑です。しかし、起訴できた罪状分に関しては完勝と言える量刑です。 通常、詐欺の初犯で被害額がそれほど大きくなければ、懲役1年執行猶予3年というのが相場です。特に、医師であれば逮捕・起訴されたことですでに社会的制裁を受けていると判断されてしまいます。しかし、今回山口被告の作戦は全て裏目に出てしまいました。 素直に罪を認めて反省するふりをすれば、裁判はすぐに終わり、間違いなく懲役1年執行猶予3年かそれ以下で終わっていたでしょう。しかし、彼は見苦しい正当化に終始し、患者のために意図せずに不正をやってしまったとアピールし続けました。事実を知る当事者が傍聴しているのに平気で虚すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

山口龍郎医師の情報を求めています。先日お伝えしたように、山口医師は一審で3月に有罪判決を受け、今月控訴審が始まる刑事事件の被告人であるにもかかわらず、京都の宇治川病院と大阪のハヤマクリニック香里園に勤務していました。 やはりそこでも問題を起こしたようで、先月末にはそれぞれの医療機関のホームページの外来担当表から山口医師の名前が削除されました ...すべて表示すべて表示

Yahoo!ブログのサービスも終了するということでしたので、もうこのブログも放置状態でした。 しかし、復活せざるを得ない状況がやってきました。なぜならば、一足先に 被告人・山口龍郎 が現場に復帰したからです! ・向精神薬の違法処方・譲渡で起訴猶予(※事実は認められたということです) ・診療報酬の不正受給の詐欺罪で有罪判決 ・ ...すべて表示すべて表示

再犯の恐れのある山口龍郎被告

2018/12/26(水) 午前 0:07

先日厚生労働省が「平成29年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況 」を発表しました。 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000188884_00004.html 今回は特段精神科が取り上げられているわけではありませんが、精神科領域では不正請求など珍しいことではありません。ただ発覚しにくいだけの ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事