精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

山口龍郎被告に有罪判決!主張を完全否定

精神科医・山口龍郎被告に対する判決が鹿児島地裁で言い渡されました。懲役2年執行猶予4年です。 もちろん彼がしてきた罪の重さを考慮するとあまりにも軽い刑です。しかし、起訴できた罪状分に関しては完勝と言える量刑です。 通常、詐欺の初犯で被害額がそれほど大きくなければ、懲役1年執行猶予3年というのが相場です。特に、医師であれば逮捕・起訴されたことですでに社会的制裁を受けていると判断されてしまいます。しかし、今回山口被告の作戦は全て裏目に出てしまいました。 素直に罪を認めて反省するふりをすれば、裁判はすぐに終わり、間違いなく懲役1年執行猶予3年かそれ以下で終わっていたでしょう。しかし、彼は見苦しい正当化に終始し、患者のために意図せずに不正をやってしまったとアピールし続けました。事実を知る当事者が傍聴しているのに平気で虚すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

再犯の恐れのある山口龍郎被告

2018/12/26(水) 午前 0:07

先日厚生労働省が「平成29年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況 」を発表しました。 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000188884_00004.html 今回は特段精神科が取り上げられているわけではありませんが、精神科領域では不正請求など珍しいことではありません。ただ発覚しにくいだけの ...すべて表示すべて表示

山口龍郎被告の空虚な正当化

2018/12/25(火) 午後 11:56

先週(12月20日)、山口龍郎被告の刑事裁判を傍聴するために鹿児島に行ってきました。その日は被告人質問で、山口被告本人による答弁が聞ける貴重な公判でした。 午前中は弁護人による質問であり、被告人は声も大きく饒舌でした。事情を知っている人から見ると単なる嘘つきですが、事情を知らない人が午前中だけ傍聴すると、患者を思うあまり、些細な法令を知らずに違反 ...すべて表示すべて表示

主治医という立場を利用して患者に手を出す精神科医がいます。今まではほとんど泣き寝入りでした。被害者が勇気を出して警察や保健所に相談しても何もならないということが何度も何度もありました。 しかし、今回は被害者の声が警察を動かしたようです。やはり複数から声が上がっていたということは重要です。信憑性が増すからです。 https://headlin ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事