精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

山口龍郎事件 ようやく警察が動いた!!(ただし詐欺罪で)

本日、鹿児島県警が詐欺容疑で山口龍郎容疑者を逮捕しました。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/20180221/5050001847.html NHK 鹿児島 NEWS WEB 向精神薬譲渡医師 詐欺で再逮捕 02月21日 12時21分 うつ病や不眠症などの治療に使用される向精神薬を診察せずに譲渡したなどとして、先月九州厚生局に逮捕された鹿児島市の精神科医について、警察は21日、実際には患者を診察していないのに診察したかのように装い診療報酬をだまし取ったとして、詐欺の疑いで再逮捕しました。 再逮捕されたのは、鹿児島市常盤1丁目の医師、山口龍郎容疑者(45)です。 警察によりますと、山口容疑者は平成26年8月ごろと9月ごろの2回にわたって、県内の50代男性についすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

主治医という立場を利用して患者に手を出す精神科医がいます。今まではほとんど泣き寝入りでした。被害者が勇気を出して警察や保健所に相談しても何もならないということが何度も何度もありました。 しかし、今回は被害者の声が警察を動かしたようです。やはり複数から声が上がっていたということは重要です。信憑性が増すからです。 https://headlin ...すべて表示すべて表示

ついにビバンセ(服用すると体内で覚醒剤となる新しいADHD薬)に関するパブリックコメントの募集が始まりました。 http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495180270&Mode=0 このパブリックコメント募集を締め切り次第、すぐにでも医薬品第一 ...すべて表示すべて表示

分岐点

2018/12/2(日) 午後 0:11

明日ビバンセ(リスデキサンフェタミンメシル酸塩=子ども用脱法覚せい剤)の承認の可否が審議されます。承認され、ADHDという診断と共に脱法覚せい剤(※所持段階では覚せい剤ではなくても、服用したら覚せい剤になるという意味でこれ以上適切な表現はない)が子どもに出回るとどうなるでしょうか? ADHDの診断がどれほどいいかげんであるのかを示すニュース ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事