精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

ADHD治療薬問題続き

今回もADHD治療薬について書きます。

さて、ご存知の通り、ADHD治療薬は日本で保険適用されていません。海外ではよく使用されている塩酸メチルフェニデート(商品名:リタリン)は日本でも処方されていますが、これはあくまでもその適用に関して国が認めていないということです。認められている効能・効果はナルコレプシー、難治性うつ病、遷延性うつ病で、ADHDは含まれていません。

これは、リタリンの製造元であるノバルティス社自身が、リタリンは副作用が多くて子どもへの処方に呈さない、と判断して適用の承認を積極的に行ってこなかったからです。不思議なことに、製造元が危険だと言っているのに、一部医師は大丈夫だと言って子どもに処方しているのです。当然、医師には裁量権があるので、医師の責任で行えば法律違反ではないのですが、不可解な現象です。

さらに不可解な構図は、医薬品添付文書にあります。特にここ一ヶ月で、米国やカナダで、ADHD治療薬の重大な副作用(突然死、心臓麻痺、幻覚、興奮)について警告表示を強化する動きがありますが、日本ではそもそもADHD治療薬の効能を認めていないことから、国としてADHDへの処方に関する副作用情報について、大々的に警告を発することはできないそうです。警告をすると、ADHD治療薬としての適用を認めるとされてしまうからということらしいです。まさに、適応外処方の死角です。

国が傍観している間にも、ADHDの子どもへの薬物療法、塩酸メチルフェニデートの投与がより積極的に開始されるようになってきています(厚生労働科学研究に示されています)http://mhlw-grants.niph.go.jp/niph/search/NIDD00.do

お子様がADHDと診断され、リタリンを処方された親御さんにたずねてみたいことがあります。それは、医師がどこまで副作用の説明をしたかということです。突然死や自殺、心臓麻痺、幻覚、興奮、依存などの重大な副作用について、本当に医師から説明されたのでしょうか?

閉じる コメント(13)

顔アイコン

リタリンは俺も、飲んだことがあります。即効性があるんですよね。とくに早朝うつには、すごい効き目があります。しかし、残念ながら、麻薬。。。昔、ハルシオンというくするもあったが、これも、朝に残らなかった。しかし、幻覚があるとかで、ストップに。。。

2006/9/26(火) 午前 6:45 [ しんじ ]

顔アイコン

友人(女性)がリタリンから抜けられない様です。家事・育児・自分の仕事・公の仕事・友人関係、私の忠告など効かない状況になってます。 リタリンしか効かない、と本人は言うのですが、逆にリタリンを1日2〜3錠で正気(失礼な言い方ですが)ならば良いのか? 休日は休薬する事もある様なんですが、一日中寝ていたりします。 困った事に、薬局開設の薬剤師なんです。今思うと、お酒を飲んで陽気になったりしていたのは、やっぱり薬のせい?当然翌朝はなかなか起きないし。

2006/9/27(水) 午前 10:06 [ KSRY ]

顔アイコン

tksomrさんへ。友達が薬剤師ということは、おそらく、リタリンが麻薬だと知っているのでしょう。構造式が覚せい剤と同じはずですが。。。また、経験から言うと、薬で躁になったとしたら、必ず落ち込みがあります。昔、テレビでリタリンを常用した人たちが、誰かを訴えたというのも記憶しています。

2006/9/27(水) 午後 7:54 [ しんじ ]

顔アイコン

麻薬指定されていませんし、覚せい剤でもありません。向精神薬で依存性は謳われていますけど。ココのコメントから外れてしまうのですが、勝手にすみません。それで、適応症通りの診断であれば、1日2〜3錠は服用できます。その辺が「専門医」の裁量なので、私も友人としてアドバイスをする事をためらってもいる部分です。本人は「こんなに便利な薬は無い」と言っているので、依存しているのは確かですね。でも、もう私の忠告を聞く事は無いと思うので、密告・通報、という手段しか無いのか、と悩む毎日です。

2006/9/27(水) 午後 8:20 [ KSRY ]

顔アイコン

追加です。しんじさん、コメントありがとうございます。この薬剤師も、最初は自閉症の息子さんに処方されたリタを飲んでみた、です。

2006/9/27(水) 午後 8:32 [ KSRY ]

妹の知り合いのお子さんがリタリンを服用しています。見事に服用中かそうで無いかがはっきりと周囲に見て取れるそうです。服用中はグッタリとした気だるそうな感じだそうです。自分の神経全体がオリに閉じ込められていると言うのでしょうか…

2006/9/27(水) 午後 10:35 [ 森羅・bang-show ]

顔アイコン

tksomrさん、しんじさん、リタリンは第一種向精神薬に指定され、厳重な管理が義務付けられています。しかし、リタリンは合法覚せい剤と言われるとおり、覚せい剤のような効果があり、構造式は同じではないですが非常によく似ています。覚せい剤も非常に限定的に医薬品として使われることもあります。麻薬かそうでないかなんて、線引きはあいまいです。LSDも昔は立派な薬として自閉症児にも投与されていました。画期的と言われた向精神薬が後で危険と判明して麻薬に指定されるのは珍しくありません。

2006/9/28(木) 午前 0:23 [ kebichan55 ]

顔アイコン

森羅さん ゾンビ現象というものです。薬を飲まなかった場合に行動が抑えられず、周囲から非難を受けたり差別を受けたりして社会的弊害が出てくるという言い方がよくされます。場合によってはその理論は正当化になります。親や教師、医師は本人のためだからそれでよしと思っていても、ゾンビ状態にさせられている子ども本人の気持ちはどうなのでしょうか?

2006/9/28(木) 午前 0:34 [ kebichan55 ]

顔アイコン

子どもにリタリンは・・・かわいそうです。 健常であっても子どもは症状や気持ちをうまく表現できないからです。 長期的に見て、大人になったときに残存する副作用はどのくらいあるのか?解らないのに投与するのは酷です。ADHDはそもそも投薬が必要なのか?疑問です。

2006/9/30(土) 午前 1:54 [ ]

顔アイコン

Yさん:今週3回支援センターでバイトです。

2006/9/30(土) 午前 2:34 [ ドラチーノ ]

顔アイコン

僕も今年までの4年間リタのんでましたよ。R先生の助言で 止めましたが・・。

2006/9/30(土) 午前 2:36 [ ドラチーノ ]

顔アイコン

秋さん こんな話を聞いたことがあります。親のことで学校でいじめを受けていた子どもが、親に本当のことを言いたくないので理由を話さないまま不登校になりました。親はその様子を心配し、精神科に相談したところ、病気だからはやく治療を受けさせるように言われました。親は、その精神科医のアドバイスに素直にしたがって、子どものためと思い強制的に入院させました。安易なリタリン投与はこれと同じ危険性を孕んでいます。

2006/10/2(月) 午前 0:20 [ kebichan55 ]

顔アイコン

遅レス申し訳ありません。私の長男は中1まで殆ど学校を休むことなく部活(バレーボール部)も頑張り、自宅学習はあまりしていませんでしたが所謂偏差値は各教科54〜55取れていました。学校での問題行動はありませんでした。その子が母親の家出に付き合わされて、中2から不登校になり、児童相談所と結託した児童精神科医(千葉の不祥事多発している国立病院)はADHDと診断し、リタリンが投与されましたが、効かなかったので投与を止めたそうです。 私は家裁で「リタリンは麻薬ですよ」と必死に抗議しましたが、聞き入れられることはありませんでした。 他にも元妻のうつ診断、二男の広汎性発達障害など精神科医による犯罪的診断について、またコメントさせていただきます。

2006/12/14(木) 午後 10:18 [ 大五郎 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事