精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

山形で「精神を安定させる薬」を処方されていた小学5年生の男児が突然
自殺した事件を受けて、精神科における子どもに対する診断や投薬の問題
をまとめてみました。

※ADHDやLD、自閉症の診断問題
1987年、アメリカ精神医学会は、ある行動上の症状をADHDと呼び、保険会社
にその治療請求できるよう、精神疾患の診断統計マニュアルに組み入れた。
その直後からADHDと診断された子どもや、それに処方される中枢神経興奮剤
の売り上げが急増した。

ADHDなどの診断名をつけられる子どもが世界中で急増する一方、そのような
障害の存在を証明する血液検査、X線検査、その他あらゆる身体検査は存在
せず、単に医師の主観に基づくものとなっている。

2002年、文部科学省は、DSMなどの診断マニュアルを基にし、学習障害やADHD、
高機能自閉症に関する75の質問項目を作成し、全国の公立小・中学校の学級
担任に生徒を評価させるスクリーニングテストを実施した。そして、学習障
害やADHDの可能性のある児童生徒が6.3%とする結果を発表した。しかし、
その調査手法や客観性に疑問の声も多く、その後同様の調査を行った各自治
体の結果は、秋田県1.4%、埼玉県10.5%など大きな開きが見られた。

上記調査については、医師や専門家が直接評価したわけではないため、学習
障害やADHD、高機能自閉症の児童生徒の割合を示すものではないとする大前
提があった。にもかかわらず、最終的な報告書では、それらの障害によって
特別な支援を必要とする児童生徒が約6%いるとされた。客観的、科学的根拠
に乏しいこの数値は独り歩きし、特別支援教育や新・障害者プラン、発達障
害者支援法の根拠となった。

2004年に発達障害者支援法が成立し、「発達障害」を自閉症、アスペルガー
症候群、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類
する脳機能障害と定義した。

しかし、1998年にADHDの世界中の権威が集まった米国国立衛生研究所の大会
で「ADHDに関する、有効な、独立したテストはなんら存在せず、ADHDが脳の
機能障害であることを示すなんらの証拠もなく、ADHDの原因に対する我々の
知識はまだ推測である。」と結論付けられたように、これらの障害が脳の機
能障害であったり、原因を特定する科学的根拠は存在しない。

2006年10月、仙台市教育局は、学習障害やADHDなどの軽度発達障害について、
医療機関で診断を受けた子どもが、仙台市内で608人(小学生479人、中学生
129人)であることを発表した。毎年100人近いペースで増えているというこ
とだった。また、同様の調査を県内の公立全小中学校に対して9月に行った
長野県教育委員会は、発達障害と診断された子どもが2143人(ADHD803人、
学習障害224人、その他発達障害1116人)であることを発表した。


※発達障害児に対する処方薬の問題
世界中でADHDなどと診断され、投薬される子どもが増える一方、安全とされ
ていた処方薬に、次々と危険な副作用が判明し、各国行政機関から警告が発
せられている。代表的なものとして以下のようなものがある

・ 2004年10月15日、FDAは、抗うつ剤のパッケージに「抗うつ剤は、大うつ
病やその他の精神障害の子どもや10代の青少年に対して自殺願望が高まった
り自殺を試みたりする危険性を高める」というブラックボックス警告を表示
するよう製薬企業に命じた。

・ 2005年2月9日、カナダ保健省は、ADHD治療薬として使用されている中枢
神経興奮剤アダーロールやアダーロールXR(除放剤)を服用していた患者に
ついて、20件の原因不明の死亡例(うち子どもが14件)と12の脳卒中例(う
ち子どもが2件)が報告されたことから、アダーロールXRの販売を差し止めた。

・ 2005年8月19日、25カ国を代表したヨーロッパ共同体の委員会は、臨床
試験の見直しをして、抗うつ剤が自殺未遂や自殺企図、攻撃性、敵意、それ
らに関連した振る舞いを引き起こすことが判明したことを受け、子どもの抗
うつ剤使用について、今までで最も強い警告を発行するという、委員会の決
定を公布した。

・ 2005年9月29日、FDAは、ADHD治療薬ストラテラに対し、自殺企図や自殺
行動に関連付けられることが臨床試験結果で判明したことを受け、「ブラッ
クボックス」警告を記載するよう命令した。

・ 2006年2月8日、1999年から2003年の間に、米国内でADHDの治療薬の投与
を受けていた大人や子ども51人が死亡していたことをFDAは明らかにした。
メチルフェニデートは16人の死亡例があった。

・ 2006年6月20日、日本の厚生労働省は、リタリンの製造元に対し「海外に
おいて、器質的心疾患を有する小児に対する中枢神経興奮剤の投与例で、突
然死が報告されている。」と添付文書に、下線付きで明記するよう指示した。

・ 2006年8月21日、FDAは、中枢神経興奮剤の製造元に対して、薬が成長阻
害や精神病、双極性障害、攻撃性、「重大な」心臓障害を引き起こすこと、
および乱用は心不全や心臓発作を引き起こすことについて、警告表示を強
化するよう命じた。

日本には、現在保険適用できるADHD治療薬はないが、ADHDの治療現場では、
適応外処方としてリタリン(塩酸メチルフェニデート)が最も使用されて
いる。しかし、リタリンの製造元自身は、「子どもに使用するのは危険」
として子どもへの投与を疑問視し、適用申請は行っていない。

塩酸メチルフェニデートとマレイン酸フルボキサミン(抗うつ剤SSRIの一つ)
の小児に対する適応外処方の実態が、2003年の厚生労働科学研究によって
一部明らかになった。合計23施設でメチルフェニデートが341例、マレイン
酸フルボキサミンが232例確認されたが、著効及び有効とされたのはそれぞ
れ129例(37.8%)、16例(6.9%)しかなかった。「不登校」「読字障害」
「学習障害の疑い」といった病名をつけられて処方されていた例もあった。

塩酸メチルフェニデートは6歳未満には原則禁忌とされているが、上記調査
では6歳未満児への投与が11件あり、最年少は4歳だった。マレイン酸フルボ
キサミン投与の最年少は3歳児だったた。

全国の児童精神科医を対象とした調査によると、2001年と比較して、2004年
はADHDの子どもへの薬物療法、メチルフェニデートの投与がより積極的に開
始されていることが示された。

一年間のリタリンの販売個数は、2000年で販売錠数約2000万錠、2005年で販
売錠数約2800万錠だった。リタリン販売元によると、小児に使用されたと推
定される量は2000年の社内データで約10%、2006年時点での小児に使用され
ている比率は不明だが2000年時点と比較して増加傾向にあると予測される。

ADHD治療薬について、海外で自殺や突然死などの危険な副作用が次々と判明
し、規制が厳しくなっている現在、米系の2つの製薬会社が日本の子どもを
ターゲットにした市場拡大を目指し、国内での承認に向けた動きを活発にし
ている。一つの会社は、既に承認申請手続きを2006年4月に行い、もう一方
の会社は承認申請に向けた最終の治験に取り組んでいる。

閉じる コメント(7)

顔アイコン

こんばんは、知るべきことの多い内容の記事、読ませて頂き感謝です。どういう薬でも、(ひょっとして利潤追求の為か)、成長段階の子供の精神の治療だといって薬を用いることは、社会的視野で犯罪に値すること。さっぱり、この自殺の件、マスコミで続報を出してきませんね!、スポンサーが抑えているのでしょうか。それとも、政治家でしょうか。

2007/1/14(日) 午前 0:11 五節句

こちらを読んで、改めて甥っ子がイーライリリー社の治験をドロップアウトしたのは正しい選択だったと思います。薬に頼らずとも対応する術を、ADHDの周囲の人たちに再確認して貰いたいですね。

2007/1/14(日) 午前 1:29 [ 森羅・bang-show ]

顔アイコン

mizunoene17さん 事件の本質を知らない人たちが、「個人情報保護」「人権擁護」「報道による自殺の連鎖防止」などという名目で情報を出していないのだと思います。

2007/1/14(日) 午前 1:44 [ kebichan55 ]

顔アイコン

森羅さん そうだと思います。短絡的で、一部の既得権しか満足させないような解決策は、決して子どものためではないことを認識させる必要がありますね。

2007/1/14(日) 午前 1:47 [ kebichan55 ]

顔アイコン

それを、好都合とする団体が、己のことのみ大事で無力な者を踏み付けてしまっていると、気付くことは無いのでしょうか、「人権擁護」って、本末顛倒ではありませんか。−−、大人の精神薬服用は、そのことで自殺、事件が起こっても本人を責めることが出来ますが、子供はけしてそうは出来ません。子供は大人が守ってあげなければいけないのです。

2007/1/14(日) 午前 11:58 五節句

顔アイコン

私も、これを読んだらなにか居た堪れないものを感じ、関連した記事を書いてみました。後でトラックバックというのをしてみたいのです。宜しく。

2007/1/14(日) 午後 6:08 五節句

顔アイコン

mizunoene17さん そうなんですよ。子どもを守れるのは周囲の大人しかいないのです。恐ろしいことは、適切な情報を知らされなかったために、私たち大人が加害者にもなり得るということです。子どもを助けようとしていい加減な専門家に従ったために、子どもを死なせてしまった人を知っています。これ以上の悲劇はありません。

2007/1/15(月) 午後 11:47 [ kebichan55 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事