精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

まずは以下の統計をご覧下さい。
イメージ 1

この統計は厚生労働省の医療施設調査を参考にしています。
http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/data/160/2005/toukeihyou/0005658/t0125765/A0008_001.html
ただし、この統計は重複計上ですので、精神科と心療内科を両方掲げている場合、それぞれでカウントされています。

向精神薬の売り上げの増加も異常でしたが、精神科を標榜する診療所の増加も異常です。
都道府県−15大都市別の診療所数の統計を見ると、やはり都市部に集中しているのがわかります。15大都市の人口は約3000万人で全国の1/4弱ですが、精神科診療所は全国の1/3以上がここに存在します。東京都の区部に至っては、人口あたりの精神科診療所数は、計算してみると全国平均の約2倍です。

ちなみに、主たる診療科目(注:主たる診療科目とは、二つ以上の科を標ぼうしている診療所について、そのうち主な一科である。)ごとの統計もあります。
http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/data/160/2005/toukeihyou/0005658/t0125846/A0089_001.html
これによると、2005年は精神科が2082、心療内科は454で、合計すると2536です。1996年(精神科が1170、心療内科が47、合計1217)と比較すると、2倍以上になっています。

これだけ精神科クリニックが増えている理由は何でしょうか?開業する人々の動機は、人それぞれです。本当に患者のためとなる良質な医療を提供するためには、病院という枠組みでは不可能と感じ、開業するような人もいるでしょう。逆に「儲かるから」「初期投資がいらないから」「リスクがないから」「適当なことができるから」、といった低いレベルの動機で開業している人はどのくらいいるのでしょうか?

はっきり言って精神科クリニックは儲かります。結果を出さなくても儲かります。むしろ、いい加減な治療をすればするほど儲かります。まじめに公立病院で必死に働いている医師からすると信じられないことだと思います。

こんなクリニックは要注意です。患者の健康や命よりも収入を大切にしています。
・依存症にさせる薬(リタリン、マイナートランキライザー)をやたらと出す
・高い新薬をやたらと出す
・多剤大量処方をする
・再診は無診察、あるいは秒察(秒殺)で薬のみ
・薬の副作用の説明をしない。あるいは「眠くなる程度です」と嘘をつく
・副作用の説明を求めると不機嫌になる
・患者の話を聞いていない
・一見やさしそうだが、ずっと薬の量や種類を変えることしかしていない
・簡単な問診のみですぐに病名をつける

こういう精神科医は、診療報酬の不正をしていることも珍しくありません。患者は、何か不審なことを感じたら、レセプトを開示したり、保健所や社会保険事務所に相談したりするべきです。

さて、今まで精神科のクリニックは無法地帯でした。院内処方であればなおさらです。何をやっても誰からも咎められないのでやり放題でした。しかし、そんな状況がやっと変わってきました。ようやく、人々にその実態が知らされ始めたからです。リタリン問題など、あくまでごく表面的な問題に過ぎませんが、広く報道されることにより、そろそろ精神科バブルの実態も明らかにされつつあるのではないでしょうか。

開業すれば必ず儲かる、という時代もそろそろ終わりです。今までは、精神科で治療を受け、悪化していても、患者はそういう病気なのだと納得し、治療に疑問を持たないできました。しかし、それが「悪化させられている」ことにようやく気付き始めました。精神科の治療や診断に疑問を抱き始めました。結果を出していないのにもかかわらず、クリニックや患者、薬の売り上げが異常に増えていたという現象は、実態のないバブルだったのです。

バブルは崩壊します。しかし、人々の目をごまかすことにより、長期的に持続させることも可能です。今までは巧妙なPRでうまく逃げてきましたが、来年はどうなるのでしょうか。

閉じる コメント(17)

顔アイコン

精神科医のイメージ戦略が功を奏し、病気に対する偏見・レッテルを患者とその家族の意識改革(というか刷り込み)で精神病という嫌悪感を押しつぶし薬を機械的に飲ませる作戦も同時に進んでいます。
薬の被害者がkebichanさんの様なブログのコメント欄で少しでも訴える事は大事だと思います。
専門分野の閉鎖性が最も進んでいる精神科医は事実を隠蔽して自分の都合の良いイメージを一般人に植えつけて登場したいんでしょう。(被害にあった患者から言えば精神医療従事者は一般人では無い) 削除

2007/12/28(金) 午後 2:12 [ DC ] 返信する

顔アイコン

精神科医療の被害者が、もっと声を大にして発言
しなければ成りません。態々、異常扱いにせず、
少々変わった行動もキャラクターの一つとして、
許容すれば済む話を向精神薬を服用させ、本物の
精神病に仕立て上げる「今の精神医療」は将に
犯罪的と言わざるを得ません。kebichan頑張れ!

2007/12/29(土) 午前 8:39 bug*nno*e 返信する

顔アイコン

今日いつも通る道に新たに精神科兼心療内科の診療所ができていました。
被害者が声をあげるのも大事ですが、こういうところに行ってしまわないように一人一人が誘惑を絶たなければいけないと思いますね。
そもそも、子供はともかく大人は自ら抑制して精神科医のところに行かなければこんなに問題にはならないはずです。このあたりは薬害肝炎などと違うところです。少なくともこういうところに行く前にやるべきことがあるはずです。なんでも手っ取り早く簡単に解決しようとする風潮が今の日本にはあります。

また、精神科に代わる相談所みたいなものがなければいけないと思います。民間の。 削除

2007/12/29(土) 午前 11:40 [ ビーカフ ] 返信する

顔アイコン

IT業界の中でもSI業界の人手不足問題と偽装請負の問題がなくならない限り、精神疾患を患うSE、PGが増える一方で、IT業界の経営層や管理職の人間が安易に「精神疾患は薬で治る」という認識がなくならない限り、精神科クリニックのバブルが続くのではないかと思います。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20060113/227252/

精神科クリニックに通院している人の多くがSI業界で勤務するSEであるという事実もあるくらいです。

2007/12/29(土) 午後 5:51 [ - ] 返信する

顔アイコン

まだまだ一般的には、精神科医が精神不安状態を治してくれる、と本気で思っている人がいっぱいいるんでしょうね。
現時点では、精神薬を長く摂ってる人で5年、10年ぐらいですが、これから先、20年、30年・・・いつまで飲まなければならないんだろうと疑問に思うことがあれば、まだ救いがあるかもしれません。
その間に、波が大きくなって自殺してしまう人も増えるでしょう。

SEのお話が出ましたが、知り合いのSEは、常駐先で「いつ寝てるんだ」と言うぐらい、土日も休まず、夜中でも平気で仕事しているようです。
食生活に気をつけろと言ってますが、1日1食の時も多いようです。
このまま行くと、皆さんご存じの通り、栄養欠損となり、精神障害に陥るのが目に見えています。
1ヶ月間、マクドナルド生活の実録映画がアメリカであったようですが、2週間ぐらいで精神異常となり、中断になったそうです。
今後、栄養と精神障害の研究が進み、日本でも栄養療法が保険適用になることを期待します。 削除

2007/12/30(日) 午後 1:02 [ PPP ] 返信する

顔アイコン

PPPさんに同意です。
分子整合医学は素晴らしく、今まで治し方がわからず、訳もわからず苦しんでいた私は本当に救われました。
精神科に行ったことを強く後悔しています。

今は原因不明とされている病気の多くは栄養療法で治る可能性が高いのに、この素晴らしい治療法に保険が利かず、異常行動起こしまくりの抗うつ剤に保険が適用される事に腹が立って仕方がありません。 削除

2007/12/30(日) 午後 4:11 [ hanako ] 返信する

顔アイコン

PPPさん

PPPさんのお知り合いの方もおそらくSI(System Integrator)業界
で働くSEですが、この業界の精神疾患率はなんと他の産業の10倍だそうです。(下記のホームページをご参照ください)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071126/287926/

SI業界で働く約半数の人が心の病だと感じたことがあり、約75パーセントの人が心の病の人を見たことがあるという結果です。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20041104/152152/

私もうつ病でSI業界を去ったのですが、SI業界は「きつい、給料安い、帰れない」という21世紀の3K業種で、うつ病の原因として、配属されるプロジェクトの状況、プロジェクトの役割、仕事内容、仕事の進め方、社員1人で他のSI企業へ派遣など労働状況が著しく悪く、かつ労働時間も月300時間以上というケースが少なくありません。

2007/12/31(月) 午後 5:17 [ - ] 返信する

顔アイコン

またSI業界のSEで精神科に通院している方も多く抗うつ薬を服用しながら業務に付く人も珍しくありませし、上司が仕事を強要さえします。
SI業界の構造改革か衰退があれば精神科クリニックのバブルも弾けると思いますが、現在のSI業界の体質(偽装請負など)を考えると難しいのではないかと思いますし、優秀なSEはSI業界を見捨てますので、状況はなおさら悪化すると思います。

2007/12/31(月) 午後 5:18 [ - ] 返信する

顔アイコン

hanakoさん
素晴らしいと言いますか、個人個人に足りていない栄養を補うという、ごく当たり前、にも関わらず、一般的に行われてこなかったものですね。
各栄養素が欠乏した時の欠乏症の症例はWebにはたくさんあります。
例えば、鉄欠乏では動悸・めまい等が起こるのですが、人間関係や仕事のストレスという別の要因があると、そちらが優先され、何故か心の病と診断されます。

人間はストレスを感じると、多くの栄養素を消費し、ストレスと戦ってくれます。
精神を司っていたその栄養素たちが体内から消費しきった時に、精神症状として表れてくるのです。 削除

2007/12/31(月) 午後 6:54 [ PPP ] 返信する

顔アイコン

iryouさん
SI業界のSEは、やはり寝る時間を惜しんで仕事をし、肉体的ストレス、また上司からの精神的ストレスにより、激しい栄養消費をするでしょう。
昔と違って栄養の無いファーストフードやコンビニ弁当で済ませる食事、またコーヒーや砂糖も多く摂取する人が多いでしょうから、そのカフェインや砂糖による精神症状が出る人も多いと思われます。(いま、低血糖症(機能性低血糖症)という状態の人がかなり多いようです。)

メーカーは企画・仕様だけで、外注・下請けが寝ずに製品を作り上げる世界。
実作業をしているであろう若手がどんどん潰れ、SI業界もそろそろ崩壊するのではないかと思ってしまいます。 削除

2007/12/31(月) 午後 6:55 [ PPP ] 返信する

顔アイコン

せめて精神医学が心身医学に基づいた考えならと思います。

医食同源みたいな、考えがないですね。 削除

2007/12/31(月) 午後 10:25 [ おす ] 返信する

顔アイコン

お久しぶりです。
転載&トラックバックさせて頂きました。
ありがとうございました。
本年も宜しくお願いします。
嵐風人

2008/1/2(水) 午後 1:35 嵐風人(arasi fuuto) 返信する

はじめまして。
嵐風人さんのトコロから参りました。
職業・ナース・ティアラと申します。
転載&トラバさせて頂きますね。

2008/1/2(水) 午後 2:41 ナース◆ティアラ 返信する

顔アイコン

初めまして、ティアラさんのところからきました。
転載させてくだいね^^

2008/1/2(水) 午後 3:10 [ - ] 返信する

顔アイコン

PPPさん

メーカーもユーザーからの度重なる仕様変更、納期短縮、進捗の遅れが原因で精神疾患に罹る人が多いです。
システムを作っている現場にいる人(マネージャークラス以下)にとってはメーカーだろうと下請けだろうと悲惨な状況には変わりありません。

2008/1/4(金) 午後 9:59 [ - ] 返信する

顔アイコン

嵐風人さんのところから、来ました。
転載させてください。

2008/1/17(木) 午後 9:20 [ - ] 返信する

顔アイコン

睡眠薬を8年間服用しています。やめたいのですが、精神的に充実した生活が、出来たら少しずつ薬を割って飲むようにしないといけないとネットで知りました。また脳の問題でアルファー波をだすために、就寝前、音楽やラジオを聴く事を不眠症だった母親がしています。私は、サウナがいいのでは、ないかと思いますがその辺どうでしょうか。よろしくお願いします。

2008/3/30(日) 午前 11:17 [ カレリン ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事