精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

先日紹介した日経新聞の広告記事ですが、改めて読むと精神科医の戦略や意図が良く見えます。彼らは、自分たちの「意見」を科学に見せかけたり、「販売戦略」を支援に見せかけたりする手法が非常に巧みです。何も知らない人が読むと、素晴らしいことをしているのだとしか思わないでしょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/45837461.html
http://www.adnet.jp/nikkei/morning/pdf/2008/120401.pdf

彼らの使うコミュニケーションは、嘘(例:「うつの原因は脳内神経伝達物質のバランスの乱れ」「SSRIは副作用がほとんどない画期的な薬」)、威圧(例:「自分たちこそが専門家である」「専門家に任せなさい」)、脅迫(例:「対策を講じないと責任を問われますよ」)、同情(例:「世間に理解されないかわいそうな発達障害の子どもを助けないといけない」)です。これによって政府予算を獲得し、顧客が自動的に入り込んでくるインフラ整備を実現してきました。

莫大な予算をかけているにもかかわらず、実績を残していないのが彼らです。日本人の心の健康は悪化する一方です。費用対効果を完全な第三者に調べさせればとんでもないことがわかるでしょう。彼らの言い訳はいつも決まっています。「予算が不十分だからです」「精神病は大変難しい病気なのです」

それに騙され、国民の税金を使い込んでいるのが政府というわけです。もっとも、政府としては、実効性がなくとも専門家の意見を取り入れて対策を講じているという姿勢を示すだけで責任を逃れることができます。ですから、形だけ進める無責任な担当者は、実際にその専門家がどんなことをしているのかを観察し、評価することができないのです。

今や、政府だけではなく、企業も脅迫され、騙されるようになっています。前述した広告記事で、向精神薬の宣伝マンとして大変有名な精神科医がこのように述べています。
うつ病で入院した患者さんのうち一五%は自殺するといわれている。従業員に自殺者が出ると企業イメージの低下はもちろん、訴訟を起こされ多額の賠償金を請求されるケースもある。
???何か変だと思いませんか???

社員を自殺させたら大変ですよ、と脅しながら、自分たちの治療責任を完全に棚に上げています。それどころか、うつ病で入院した患者の15%が自殺すると平気で述べています。まるで他人事ですが、手厚い治療を与えているのに7人に1人を自殺させている責任はないのでしょうか。

治療に失敗し、患者を自殺に追い込んでも精神科医は責任をとりません。彼らはいつもこのようにごまかします。「癌患者が入院治療を受けても亡くなることは普通ですよね。最善の治療をしても亡くなることがあるのは当たり前ですし、それに対してやれ医療過誤だ裁判だと騒ぎ立てるから医療崩壊したんですよ・・・」「もっと早く受診すればこのようなことにならなかったのですが・・・」

実際のところは、受診が遅れて症状が悪化したのではなく、治療によって積極的に悪化させられているのです。受診前には自殺衝動が全くなかった患者が、治療後に自殺衝動に苛まれるようになる事例はまれではありません。どうして単に軽い不眠で受診した人が治療後に自殺するのでしょうか。どうして抗うつ剤の治験で、自殺衝動が一切なかった健康な被験者11人が抗うつ剤服用後に自殺したのでしょうか。本当に責任を問われるべき人は誰なのでしょうか。

企業にとっては踏んだり蹴ったりです。社員に精神科受診を勧めておかないと、メンタルヘルス対策を怠ったと訴えられます。勧めたとしても社員は薬漬けにされ、貴重な人材を失う結果となります。さらには、精神科医の治療の失敗の責任を、全て企業になすりつけられるのです。
過労自殺で勤務先に8000万円賠償の判決

 千葉県の男性会社員(当時43)が2001年、うつ病で自殺したのは長時間労働が原因として、遺族が約1億3000万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は8日、勤務先だったシステム開発会社「JFEシステムズ」(東京)に約8000万円の支払いを命じた。
 大段亨裁判長は「男性はシステム開発の不具合発生のため、1カ月100時間を超える残業などの長時間労働や過大な精神的負担を強いられた」と認定。「会社は必要な人員配置や職務分担の見直しなど適切な措置を取る安全配慮義務を怠った」と指摘した。
 男性はJFEスチール(旧川崎製鉄)から出向しており、遺族は同社にも賠償を請求したが、大段裁判長は「長時間労働の実態を認識できなかった」として退けた。
 判決によると、男性は1999年ごろから自動車メーカーの試作品工場向け生産計画管理システム開発を担当したが体調を崩し、01年1月にうつ病などで一時入院した。後に職場復帰したものの、同8月、自宅で自殺した。
 男性の死亡については千葉労働基準監督署で労災認定されていた。(共同)
 [2008年12月8日20時30分]
この事例では、確かに企業側にも問題があったと思います。しかし、なぜ入院治療という手厚い治療を受けた男性が自殺したのでしょうか。体調不良の原因を作ったのは企業かもしれませんが、自殺の直接のきっかけを作ったのは本当は誰でしょうか。

このブログをご覧になっている企業の皆様へ、本当に企業と社員を守りたいのであれば、決して形だけのメンタルヘルス対策を取らないで下さい。機械的に精神科に送られ、薬漬けにされ、職場復帰できない社員を増やすだけです。

このブログをご覧になっている政府関係者の皆様へ、社会保障費の財源を探しているのであれば、徹底的にこの精神科領域を調べることをお願いします。いたずらに社会保障費を増大させ、有能な納税者を福祉を受ける側に陥れさせている専門家がいます。社会保障費抑制の手段としてジェネリック医薬品の利用拡大を狙うのであれば、抗うつ剤と効果が変わらないと言われている偽薬(小麦粉)を抗うつ剤の代わりに用いるぐらいの考えがあってもよいものです。精神医療産業の脅迫に屈することなく、専門家の肩書きやPRではなく、事実を観察するようお願いします。
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php

閉じる コメント(27)

顔アイコン

皆さんは、ロボトミー手術を知っていますか?
多くの人間を廃人同様にした精神科の外科手術です。
「ロボトミー」
「ロボトミー殺人事件」
「lobotomy」
などで検索してみてください。
動画サイトYOUTUBEでも「lobotomy」で
検索してみてください。
下記のアドレスでも情報が得られます。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/lobotomy.htm

http://jp.youtube.com/watch?v=_0aNILW6ILk&feature=related

2008/12/22(月) 午前 6:22 [ har*k*46*946*9 ]

顔アイコン

読売新聞
不登校の中一に大量投薬
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20081031-OYT8T00240.htm
誤った投薬で記憶障害
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20081106-OYT8T00174.htm

2008/12/22(月) 午前 6:24 [ har*k*46*946*9 ]

顔アイコン

精神科通院患者のうち50万人が
就学、就職せず
社会に不参加
2008.12.20
読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20081031-OYT8T00240.htm
薬漬けにされ副作用で働けなくなっている人も多いと
思います。
通院でなく何年も入院している患者も多いはず。
莫大な医療費を使っているのにもかかわらず
これだけ多くの人が社会参加できないでいることに
もっと疑問を持つべきです。

2008/12/22(月) 午前 6:42 [ har*k*46*946*9 ]

顔アイコン

以前、生命保険の仕事をしていたこともあり、
精神科の薬で植物人間になった人とか(死亡保険金を支払いました。)
薬を服用していたのに職につけず自殺した人とか
いじめで不登校になり精神科につれていかれ薬漬けにされ結局、服毒自殺した人とか
精神科の薬で手に軽度の麻痺が残り、それを苦にして割腹自殺した人
とか
何年も薬を服用しているのに、職につけず入退院を繰り返している人
とか
薬の副作用(薬害)で歩行ができなくなった(車いすになった)人とか
いろいろな精神科医療の被害者を見てきました。
不登校やうつ病は薬で必ず治るなどというのはデマです。
不登校の子供や、ひきこもりの人を精神科に連れていくのは
やめてください!
これ以上被害者を出したくないです。

2008/12/22(月) 午前 6:46 [ har*k*46*946*9 ]

顔アイコン

はちみつさんの、お気持ちすごくわかります

医師と患者の信頼関係こそが、心の治療になにより必要だと思いますよね。
とてもまともなお気持ちをもたれていて正しい考え方だと思います。
優しい方なんでしょうね。


精神医学の治療法は覚醒剤と類似の薬物を使うこと。
向精神薬の作用を調べてみてください。正確な情報を知る事によって真実に近づくことができます。

心が折れそうな傷ついた人に甘い言葉でささやいて覚醒剤を飲ませ気持ちをよくして治したことにする治療ですから、精神科医は相手と信頼関係など必要とはしないようです

精神科医の中には非常に多く、次のような考え方をしている人物が多いように見受けられます。

・覚醒剤が精神病に効いたと思わすことができたらラッキー。
・主作用で依存してくれたら儲けもん。
・副作用でボロボロになっても、それは患者の病気が勝手に悪化したからでしょ。
・精神科医である私が治療をしていなかったら、患者は自殺していたかもしれないんだから、私の言うことを聞いてよかったね。

内心、こう思っている。『かも』しれませんね。

2008/12/22(月) 午前 10:04 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

たとえば 私はヨガの本や情報雑誌なんかを買って
自分なりに体を伸ばすポーズをしたりしています

一つのポーズ事態は覚えれば簡単で時間もかからないです ただ、覚えるのにちょっとややこしいのもあったり また たくさんあって忘れるということもあります
でも 体を伸ばし 姿勢を意識してよくする(特にパソコンや携帯をしている時などは) など

なかなか自分では気づきにくいことなどを意識的にしたりするお金も要らない方法などで 簡単に体が楽になるケースもあったりします
精神科医などのボンクラにいちいち暴言を吐かれていたほうが私に限っては逆にストレスたまるだけでした

2008/12/22(月) 午前 10:34 [ rokopoo2003sakura ]

顔アイコン

ある会社の人事を担当しています。まさにその通りとしか言い様がないですね。

産業医から精神科を紹介され、まともな形で戻ってきた人は一人としていません。ずっと疑問に思っていましたが、医者が積極的に悪化させていると考えれば納得できます。

2008/12/22(月) 午後 1:23 [ 人事 ]

顔アイコン

薬ネット販売の継続求める楽天に
市民団体が質問書
2008.12.22
読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081222-OYT1T00631.htm

2008/12/22(月) 午後 10:02 [ har*k*46*946*9 ]

顔アイコン

私は掲示板2ちゃんねるで
「kebichan55で検索してみてください。
精神科医療の被害について、有益な情報が
得られます。」という文章を投稿しています。
しかし、マルチポストのため規制されてしまって
一日に3回位?しか書き込めなかったりします。
私は、以前生命保険の仕事をしていたこともあり
精神科医療の被害者をたくさん見てきましたので
これ以上、被害者を出したくないとの思いで、書き込み
をしています。
皆さんも、時間があるときに上記のような書き込み
をしてみませんか?
精神科医療の被害者を減らすためには、このブログを
見てもらうことも有効かと思います。

2008/12/22(月) 午後 10:16 [ har*k*46*946*9 ]

紹介されていた「巨利をむさぼる」DVDを友達にみせてもいいかもしれませんね。

私は奥さんが精神科にかかってしまった旦那さんや、娘さんが精神科に通っている父親に見せたりしています。

多くの人の気持ちを動かす、とてもインパクトがある内容でしたよ。

2008/12/23(火) 午前 0:21 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

あちこち、ウロウロしていて、こんなブログを見つけました。
精神科医の思考回路や電気ショックの危険さが出ています。
パイロットはミスを犯せば、乗客ともども、自分も死ぬが
医者は医療ミスを犯して患者は死んでも
自分は死ぬことはない。
たくさんの屍の上に成り立つのが医者なら
たくさんの患者をモルモットにするのも医者。
http://blogs.yahoo.co.jp/evidence_of_psychiatry/38063689.html

訴えられたらどうしよう..その反論も用意しているという。

2008/12/23(火) 午前 8:50 [ - ]

顔アイコン

実は病気で脳の手術をしています まだ脳外科というのも偏見がきつい時代だったので 見たら皆さんもびっくりするだろうと思うひどいことも一般人にもたくさん言われてきました だから私は必要がなかったら人にそんなこと言わないし 脳の手術 と言わずに頭の手術をしたというのには変わりありません

ここ数年 かみのけか かみのてか いう某Drがやたらと出ている こともあったり(?) またテレビなどの影響もあり脳外科の病気への偏見はだいぶ違うものになってきたなぁと思ったりもします

最初はよく見ていましたが その外科医自体をかっこよく描く内容の番組 また 手術室の模様をテレビで放映することを許可する患者にも最近 いやな気持が湧き出してきて ここ数年 テレビ番組面白くなくなってきたと思うという理由もありますが テレビは見なくなりました
テレビも見なくなったら案外なれるものだと思いました ラジオのクラッシックなんかのほうが気持ちが落ち着きます

マスコミの放送倫理も最近 あきれることが多いと思います

2008/12/23(火) 午前 11:24 [ rokopoo2003sakura ]

顔アイコン

読み返してみて 追伸ですが テレビは全く見ていないというわけではなく
篤姫とか NHKの番組などは割とみています

NHKスペシャルの 病気の起源 シリーズなんて
人類が発生したころまでさかのぼっての哺乳類 また人種の起源にまで さかのぼっての 人間(人種) が生きるために培ってきた本能や生態などにまで踏み込んだ解説など 大変興味深い内容だったと思いました

2008/12/23(火) 午前 11:36 [ rokopoo2003sakura ]

顔アイコン

精神科医はこんなことを平気で言います。薬で思考を停止させることが彼らの解決策なのです。
http://www.health.ne.jp/doctor/594.html

いずれにしろ、くみさんの症状は抗うつ剤、坑不安薬、睡眠薬等でとても楽になると思います。まず、心療内科、神経科等の専門の病院に行かれる事をお勧めします。今は、薬を飲んでぼーっとされている事が一番の養生の仕方です。

2008/12/24(水) 午前 0:19 [ っj ]

顔アイコン

うひょw↓で3万稼げたから風俗行ってきたwwwwww
http://1st-sf.com/maoko/alcyfko

2008/12/24(水) 午前 2:25 [ おっさん28号 ]

飯島愛さん:都内の自宅マンションで死亡 元タレント

 元タレントの飯島愛さん(36)が24日、東京都渋谷区桜丘町の自宅マンションで死亡しているのが見つかった。外傷などがないことから警視庁渋谷署は自殺か病死とみて詳しい死因を調べている。

 調べでは、24日午後4時ごろ、部屋を訪ねてきた知人女性が、室内の居間でうつぶせに倒れて死亡している飯島さんを見つけ119番した。女性はここ数日、飯島さんと連絡が取れなかったことから管理人に鍵を開けてもらって室内に入ったという。

 飯島さんは91年にデビューし、テレビのバラエティー番組などで活躍。00年に発売された自伝的エッセー「プラトニック・セックス」はベストセラーとなった。厚生労働省主催のエイズキャンペーンに参加するなど性感染症予防の啓発活動でも知られた。

 しかし昨年3月、体調不良などを理由にタレント活動を引退。今年2月には自身のブログで、ノイローゼで通院していることを告白していた。

2008年12月24日 18時22分(最終更新 12月24日 19時04分)

2008/12/24(水) 午後 7:58 [ sakurai ]

【飯島愛さん死亡】最近の発言集「1人じゃ生きていけない」

2008.12.24 19:51  

亡くなった飯島愛さんは、バラエティー番組などでも赤裸々な発言で人気を集めていた。最近の発言を集めてみた。
 「時々、急に、寂しくなったりしませんか? (中略)わたくし、かなり元気にやってます。ただ、もの凄い寂しがりやであります。だって寂しくねーか? 1人じゃ生きていけないんだモン」(平成20年11月30日、ブログで)

 「最近、検査でピロリ菌が見つかっちゃいました飯島ピロリです。この2ヶ月ほど、軽いノイローゼで大変でした。精神疾病です。抗うつ剤を処方されたので凹みました。抗うつ剤なのに」(平成20年2月24日、ブログで)

(産経新聞)

2008/12/24(水) 午後 8:54 [ sakurai ]

顔アイコン

彼女の死因はわかりませんが、精神医学にかかわると、副作用での突然死や突発的な服毒自殺、どちらも非常に身近な死因のようです。

恐ろしい話ですが、成功していて裕福だと思われる芸能人の方がなぜか軽いノイローゼを治してもらえず、むしろ悪化させられていったりする。

精神医学は患者を治療することができるんでしょうか。

副作用が異常に強力な抗うつ剤を副作用の説明や許容量の説明なしに大量処方されたりということもあるようです。突発的な自殺願望が芽生えたりもするそうです。

彼女は亡くなりました。

次はあなたの身近な人かもしれません。

多くの人に危険を回避するために、この恐ろしい現実を知って欲しいです。

ブログでも精神医療で被害にあっていて自身や身近な人が苦しんでいたり、飯島愛さんの死因に疑問をもっている人がいらっしゃるかもしれません。そういう人に知ってもらいたいです。

2008/12/25(木) 午前 9:28 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

わたしは数年前精神科に通い、抗うつ剤を処方されていましたが、副作用(頭痛、のどの渇き、吐き気、胃の不快感など)がひどく、飲んだり飲まなかったりで結局服用中止しました。
食事療法(玄米菜食・甘いものを食べない)のおかげで、今はかなり健康な精神状態に回復しました。
抗うつ剤は毒にしかならないと思います。
精神科の実態が大々的に暴かれること、薬漬けにされて苦しんでいる人たちが救われることを願います。
食事療法についても、もっと広く情報が出回るようになるといいですね。

2008/12/25(木) 午後 11:55 [ kokomi ]

顔アイコン

いいたいききたい:「心の病の診察室」著者・小松信明さん /山形
http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20081218ddlk06040232000c.html

>−−出版のきっかけは。
> 10年間、薬を10種類も飲み苦しんでいた患者さんが
> 薬を飲まなくなって治った。

正しく患者さんを観察していれば、こういう正しい結論が導かれるでしょう。

精神医学では、覚醒剤が患者に幸福感をもたらし、それが依存し莫大な利益を業界にもたらすために、正しく患者を治すという視点は欠落して儲けだけを追求し発展してきています。

向精神薬の危険は、日本人の10%にも届くくらいの人に迫っています。

kokomiさんのように服用をやめるのが正解だとわかった人が大勢いればいいのですが、医師を信じてしまって服用しつづけて、身も心もぼろぼろになる人が大勢います。

正しい情報が広く知れ渡るといいですね。

2008/12/26(金) 午前 0:49 [ satoshi_3210 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事