精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

厚生労働省が精神科病院に関する驚くべき調査結果を公表しました。この調査は、毎年6月30日時点での精神科医療施設の状況を調べる「精神保健福祉資料調査」であり、調査結果を国立精神・神経センター精神保健研究所の「改革ビジョン研究ホームページ」で公開されています。
http://www.ncnp.go.jp/nimh/keikaku/vision/data.html#a1

しかし、この調査は大々的に公表されているものではないため、ほとんどの人がその存在すら知りません。上記HPで公開されるまでは、厚生労働省の図書館にでも行かない限り、一般人がその結果を見ることすらできませんでした。

最新の調査結果は平成18年6月30日時点のものであるということからわかるよう、この調査は集計に非常に時間がかかっています。各自治体が全ての精神科病院から全ての調査項目について回答を得るのにまず時間がかかります。そして、国の方で各自治体から上がってきた数値を何度も見直し、再調査するなどして結局2年以上かけてしまうのです。

問題なのは、それだけ時間と手間をかけながら、得られた結果が有効に分析・評価・活用されておらず、現場にもほとんどフィードバックされていないことです。貴重な統計情報ですが、内輪の報告で終わってしまったら全く意味がありません。

実は、この統計結果を分析すると、我が国の精神保健に重大な問題が起きていることがわかります。それを示す重要な情報があるのですが、残念なことにこれについて特に評価、分析されてはいないようです。仕方がないので私が指摘するしかありません。

それは、精神科病院での行動制限が急増しているということです。

日本は、精神科病床数も人口あたりの精神科病床数も世界で最も多い「精神病院大国」として知られています。欧米諸国の政策と逆行するように、精神科病院を増やし、精神障害者を隔離・収容してきた結果、精神障害者は不必要に長期に入院させられ、精神科病院内では違法な隔離や拘束、殺人、暴力、レイプなど、犯罪や虐待、人権侵害が野放しにされてきました。ところが、人権侵害につながりやすい行動制限について、政府は長年実態を把握すらして来ませんでした。

ようやく国は平成15年の精神保健福祉資料調査から、隔離患者と身体拘束を受けている患者の実数を調べるようになりました。つまり、今回公表された調査(平成18年)で、合計4回、4年分の調査結果が集まったことになります。その結果を分析すると、行動制限を受けている患者数が急増していることが判明したのです。以下は、私が情報をまとめたものです。
イメージ 1

平成15年には、「隔離室の隔離患者数」は7741人、「身体的拘束を受けている患者数」は5109人でしたが、平成18年では、それぞれ8567人(826人の増加)、6008人(899人の増加)となっています。また、その数が年々増加していることがわかります。

これは一体何を意味するのでしょうか。

身体拘束が省令で原則禁止とされた介護保険施設では、国や各自治体の積極的な取り組みにより、実態調査が進められ、身体拘束の数が減少しています。ところが、行動制限を最小化にすることが推奨されているものの、原則禁止となっていない精神科病院では、むしろ行動制限を受けている患者が増えているということになります。

考えられることは以下の3つでしょう。
々埓の指導力が低下している
医療従事者の質が下がり、安易な行動制限がされている
5淦期患者の実数が増えている

一時期、国立の精神科病院内で拘束された患者が死亡するという事件をきっかけに、行動制限の問題について関心が高まっていたことがありましたが、すっかりほとぼりが冷めてしまいました。行政からは、行動制限最小化に向けた積極的な指導や熱意が伺えません。それに伴い、現場では安易な行動制限が増えたのでしょうか。

見過ごせないのはの可能性です。新型抗うつ剤(SSRI)が市場に出回ったのは1999年からですが、それ以降どんどん医療現場で使われるようになってきました。この種の薬剤は衝動性亢進を引き起こす危険性が指摘されています。突然暴れ出したり自殺を図ったりすることがありますが、そういう患者は行動制限で対応されることになるでしょう。

精神科/心療内科クリニックが急増し、尋常でない多剤大量処方をする質の低い医療機関も珍しくありません。無責任に危険な投薬を繰り返す精神科医に壊された患者が入院するようになり、行動制限を受けているのかもしれません。

安易な行動制限は死に直結します。大阪の精神科病院では、患者が違法に拘束された後死亡するという事件が発覚しました。東京と千葉では、病院内で火災が起きた際、職員が隔離室の鍵を開けずに避難したことから入院患者が死亡するという事件が起きています。監察医は、身体拘束を受けていた患者が、肺塞栓症を起こして突然死している実態を報告しています。

問題は物理的な拘束だけではありません。介護保険施設や各種障害者施設で原則禁止とされている身体拘束には「行動を落ち着かせるために、向精神薬を過剰に服用させる」という、いわゆる化学的拘束も定義として含まれています。これは、精神科病院でしばしば行われていることであり、特に多剤大量処方で患者を過鎮静している日本の精神医療現場には国内外から批判が集まっています。にもかかわらず、このような化学的拘束は、禁止されるどころか十分な実態調査すらされていません。

しばしば化学的拘束に使用される抗精神病薬に関しては、危険な副作用が判明しています。厚生労働省は1月9日、全ての抗精神病薬に対して、高齢患者の死亡率を高めることについて警告を発したばかりです。
http://www.info.pmda.go.jp/kaitei/kaitei20090109.html#7

「外国で実施された認知症に関連した精神病症状(承認外効能・効果)を有する高齢患者を対象とした17の臨床試験において、非定型抗精神病薬投与群はプラセボ投与群と比較して死亡率が1.6〜1.7倍高かったとの報告がある。また、外国での疫学調査において、定型抗精神病薬も非定型抗精神病薬と同様に死亡率の上昇に関与するとの報告がある。」という注意が医薬品添付文書に含まれるようになりました。

上記精神保健福祉資料調査には、退院患者に関する統計も含まれており、精神科病院では、1ヶ月間で1500人(1年で約18000人)の患者が死亡退院していることが判明しています。また、1ヶ月間の調査期間で退院できた患者のうち、1年以上入院していた患者は4158人ですが、そのうち死亡退院は902人(約17%)です。つまり、1年以上入院すると、6人に1人は死亡して退院するという計算になります。

なぜ時代に逆行して、精神科病院での行動制限が急増しているのでしょうか。なぜ精神科病院で患者が死亡するのでしょうか。どれだけの患者が化学的拘束されているのでしょうか。なぜ患者に対する暴力、虐待、違法拘束、人権侵害がなくならないのでしょうか。これらを早急に調べ、患者の命と尊厳を守る必要があります。
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php

閉じる コメント(23)

顔アイコン

↑の「精神保健指定医」さんのコメントには、怒りを通り越して呆れました。

それにしても、精神科病院の実態はひどいですね。
実は、私は半年ほど前に食事もまともに取れないほどの重い鬱状態になり、本気で入院を考えたことがあります。
でも、今は入院しなくて本当によかったと思っています。
もし入院していたら、間違いなく今よりも薬を増やされてひどい薬漬け状態にされていただろうし、下手したら一生病院から出られない身体にされていたかもしれないから。

精神医学とは全く関係のない方法で重い鬱状態から抜け出し、減薬を始めることができたのは、不幸中の幸いでした。
そもそも、抗鬱剤の量を増やされた後に重い鬱状態になったので、それ自体が医原病っぽいですけど。

ところで、最近うちの近所に新しく個人経営の「心療内科」ができたようです。
大々的に宣伝していましたが、それを見て「『心療内科』という名前に騙されてそこに安易に受診して、薬で人生を狂わされる人が出るんだろうなぁ」と複雑な気分になりました。

2009/1/18(日) 午後 1:49 [ - ]

顔アイコン

旭川赤十字精神科&東神楽町 聖台病院の患者金ズル連携プレイは、たいしたものです。薬物副作用の隠ぺいは順調ですな。

2009/1/23(金) 午前 4:26 [ 要調査 ]

顔アイコン

人一人殺せば、殺人罪で死刑または懲役刑を免れないのは誰でも知っていること。

人一人傷つければ、傷害罪で10年以下の懲役または罰金。

精神保健指定医氏は100人のうち50人殺したり傷つけても、50人にはメリットがある・・・とでも言いたいんでしょうか?

たった一人でも殺せば殺人犯なんですよ。人一人殴れば傷害罪なんですよ。

これを正当化できるような理由がありますかね〜。

2009/1/24(土) 午前 11:03 [ 小倉 謙 ]

顔アイコン

また精神治療、抗うつ薬の被害者が出た可能性があります。
少し前まで元気であった人が病院内で自殺したようです。
病院→精神業院 元気であった人が治療を受けて自殺
またこのパターンでなないでしょうか?
競輪のトップスターで最高ランクのS級S班に在籍する
手島慶介(てじま・け いすけ)選手=群馬=が25日午後7時50分ごろ、
群馬県高崎市内の病 院で死亡したことが26日、分かった。33歳だった。
同選手は昨年12月29 日、平塚競輪で開催された「SSカップみのり」(G1)で
ビッグタイトルを手に入 れたばかり。自殺との見方もあり、
栄光からわずか1か月足らずの死に、競輪 関係者もショックを隠せない。
練習仲間も「最近 はどことなく暗くて元気がなかった」と何かを悩んでいる感じだったという。

2009/1/27(火) 午前 7:58 [ enz*_*ari2 ]

顔アイコン

「症状がひどくなった人を強力・早期に鎮静させて良くしている」

「症状を薬で悪化させ、強力、早期に薬でおとなしくさせて薬物依存の被害者を増やしている」

だけなんじゃないですか?

医師は実績がないといけませんね。
実績データーがあれば?是非公表御願いします。
それが無ければ単に無益な治療を繰り返しているとしか言いようがありません。
無益どころか、人を不幸に導いています、たくさんの実験台にされた患者を踏み台にして論文など書いているのは、正に沢山の屍の上に立つ精神科医と言えるでしょう。
医者は地位と名誉欲、金まみれの人生で一生を終えて行くのでしょうね。
中には、患者を家族と同じ扱いをする良い医者も存在することは事実ですが、ほんの一握りでしょうね。

2009/1/27(火) 午前 9:44 [ - ]

顔アイコン

競輪の手島選手が亡くなりましたね。
薬物治療の副作用か自殺かは不明なようですが
精神医療の被害者であることは間違いないです。

華原朋美さんの主治医は伊澤純だったようですが
当然リタリン漬けにされてはいるのでしょう。

飯島愛さん、そして、競輪の手島選手の主治医は
彼らを殺したことに対してどのように責任をとるのでしょうか?
業務上過失致死?
過失というより、積極的に患者を薬漬けにしているのですから
普通に殺人罪の真犯人扱いされてしかるべきと思います。

興味深い精神医療の宣伝のTV番組があったようです。
なぎささん、仮福真琴さん、私のページでも紹介しましたが
こうやって広告戦略を行って「早期発見、早期治療」という嘘がまかり通る限り
いつまでたっても精神医療被害者は増えますね。

多くの人はいつまでこの問題に無感覚で気がつかずにいるのでしょうか?
例えば皇太子妃が亡くなったとしてもまだ気がつかないんでしょうか....

彼女も薬漬けで苦しんでいるでしょうに。

2009/1/28(水) 午後 2:19 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

半年前に私の親友が飛び降り自殺をしました。
当時、たまたまつらいことがあり軽い不眠を訴えていました。彼は体に対して神経質なところがあったので、軽い気持ちで心療内科、精神科医に診察してもらったのです。すぐに、うつ病と診断され「SSRI」を処方されました。自殺する10日前のことです。SSRIを飲んでからは彼の態度、様子は明らかにおかしくなりました。私も身近にいて感じましたし、家族もその異変に気づいていた矢先でした。性格はとても明るい男であったし、自殺のニュースが流れると、「自殺してはいけないよな。大切なものを失うよ。」とまで語っていた彼がなぜ自殺したのか?いまだに信じられないのです。
SSRIという薬が彼をおかしくさせてしまったとしか考えられないのです。声を挙げなければ被害者がますます増えるであろうし、彼の死が無駄になってしまう。ここ最近の不振な自殺報道記事を読むと犠牲者がますます増えるのではないか?と危惧しています。
安易に診断、薬を処方し、人生を破滅の道に導いている精神科医を許すことができません。

2009/1/28(水) 午後 5:12 [ m**iy*rus*a* ]

顔アイコン

majiyurusenaizeさんへ

ご親友が亡くなられたとのことで、辛いお気持ち、お察しします。
私もSSRIを飲んでおかしな精神状態(それまでに感じたことのない強い自殺願望)になった経験があります。
私も個人的に、SSRIはすごく危険な薬だと思っています。
精神科医の言うように決して「副作用の少ない安全な薬」ではないし、安易に処方するような薬ではありませんね。

私も、このままだとどんどん薬の被害者が増えてしまうと危機感を感じています。
本当に、今の精神医療のしくみを変えないと、日本は大変なことになると思いますね。

2009/1/28(水) 午後 6:39 [ - ]

顔アイコン

例のDVDに出ている、パキシルを飲んで短期間で自殺してしまった方とほとんど同じですね。

> 人生を破滅の道に導いている精神科医を許すことができません。

このホームページをたくさんの方に知らせてあげることや

リスクが大きすぎる薬漬け精神医療が必要ないという意見を
普通の人が声を大にして主張する事が、精神医療に監視の目をいれ
精神保健の正常化につながります。

近い将来、ひどい精神科医たちが安易な診断、安易な薬物漬け治療を行えなくなるようにしていきたいですね。

是非、上の書込内容は実体験に基づく話しとして、各社新聞の窓口に投書してみるといいでしょう。声を大にして、精神科医の犯罪を問う時期にきているんだと思います。

2009/1/28(水) 午後 10:26 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

ちなみに精神科医の主張する「副作用の少ない安全な薬」というのは
基準がロボトミー手術と比べると副作用が少ない安全な治療方法と言えるでしょう。

精神科医は、明確な嘘は言わないんですよ。いつも逃げる手段を用意している。

過去の異常な薬(例えば現在覚醒剤指定されているLSDは元は精神科の薬です)、
それと比べたら、SSRIは「副作用が少ない」でしょう。

ですが、SSRIが恐ろしく危険な事はmajiyurusenaizeさんが体験された通りです。
ある薬を飲んで1週間で死にましたと。そんな人が大勢います。

副作用による被害者は
100人単位1000人単位じゃなくて、万人単位ですよと。これが大きな社会問題です。

kebichanは被害事例を募集していたと思います。majiyurusenaizeさんもメールしてみてもよいでしょうね。どこの病院でどういう人物が、そのような被害にあったのか。関係医師はなんて言う奴か。それがわかれば...動けるのかもしれません。声をあげていきましょう。

2009/1/28(水) 午後 10:36 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

脳神経外科の先生の話がありましたが、外国の文献でこんな話しが載っていました
脳疾患のあるものに精神薬を処方すると必ず悪化すると。
事実は脳疾患があるなしにかかわらず悪化するのでしょう。
ただ、脳外科の医師からすると悪化にしか思えない状態でも改善したと判断しているのが精神科のようです。

統合失調といわれ入院し退院をしたら、電車の切符の買い方がわからない、
料理をしようとしても料理の材料をスーパーで買うことも料理の仕方も思い出せない、
何もできなくてすべて家族に依存しなければならなかった、と。入院前には普通に生活ができていたのに。

2009/1/29(木) 午前 9:22 [ dir*rud*x ]

顔アイコン

Majiyurusenaizeさん あなたの勇気が世の中を変えます!!
satoshiさんのおっしゃるとおり、被害事例を一カ所に集めることが大切です。今やkebichanの影響力はすごいですよ。

その1
管理人さんにメール
kebichan55@yahoo.co.jp

その2
精神科の誤診に興味を持つ記者さんが意見を募集しています。

「シリーズこころ」の企画で、取材、報告したい。
読売新聞医療情報部への意見・情報はこちらまで
FAX: 03-3217-8985

iryou@yomiuri.com

その3
厚生労働省の意見募集 メール受付
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html

2009/1/29(木) 午前 10:49 [ - ]

顔アイコン

家族が「そっとして欲しい。」「知られたくない。」という気持ちが強く、家族の意見を優先せねばならず、彼の友人、会社、周囲には自殺した事実を公表していません。
「精神科、心療内科に通院していた。」
このことだけで家族が世間に偏見の目で見られてしまう。それが嫌で、黙っている現実です。
と同時に、周囲はきっとこう思うのではないでしょうか?
「精神科、心療内科に掛かり先生に心のケア、相談をしていたにもかかわらず、色々悩んだ末に自殺をしたんだよ。」と捉えられてしまう。
しかし、「精神科、心療内科に掛かったことで誤った診断をされたことにより、(安易に薬を処方し、飲ませたこと)自殺してしまった。」とは捉えられない。
今、彼の友人、会社、周囲に事実を伝えようか、正直悩んでいます。家族を傷つけるかもしれないからです。
ただこれ以上の犠牲者を出すことは彼の死が無駄になる。一人でも救えるのであれば戦うべきではないか?とも思うのです。

2009/1/29(木) 午後 0:14 [ m**iy*rus*a* ]

顔アイコン

Majiyurusenaizeさん、だったら管理人さんにメールをすることをおすすめします。匿名で大丈夫です。その苦しい気持ちを打ち明けてみませんか?皆、同じ偏見に苦しんでいます。
あなたには、欲しい返事がもうあるのでしょう?だったら相談する相手は、今は管理人さんしかいないと思います。その後のことは、相談してから決めたらどうでしょう?

2009/1/29(木) 午後 1:34 [ - ]

顔アイコン

隔離拘束の実行には、その時に患者様に対応した看護師による影響もあると思います。患者様の苦しみをもっと理解できるようになれば、減らせると思います。ただ、認知症高齢者の方の場合、転倒の危険性がある場合もあり、認知症高齢者が増えてくれば、拘束は増えてくるかもしれません。

2009/2/13(金) 午前 1:13 [ sengan ]

私は、精神薬はあっても、投薬しても良いと思いますが日本は依存性の問題やら向精神薬をすぐに出す精神科医師が多いです。あずちゃん(華原ともみちゃんの事)の元主治医の純医師は、リタリンで金儲けをする前は真面目な医師らしく熱血らしかったし。難しいです。金儲けに走る精神科医師は避けたいし、すぐに投薬に移るとか、入院させるとか本物の医療じゃないから。病院やら医師やら看護師の都合で、精神状態は拘束は必要じゃなくても周りの安全の為にとかで拘束して来るとかって、人権侵害だとか考えて欲しいです。せめて隔離にするとか。もう一度医療の原点を考えて欲しいです。

2009/2/21(土) 午前 11:39 [ machikotsuda ]

8年も個室に閉じ込め 大阪・和泉の知的障害者施設
2009.3.13 23:27  大阪府和泉市の知的障害者更生施設「伯太(はかた)学園」で、職員が30代の男性入所者を外から鍵のかかる個室に約8年間にわたり閉じ込めていたことが13日、分かった。府の指導で学園側は3月に鍵を撤去した。
 学園によると、男性は平成6年に入所。重度の知的障害があり、ほかの入所者や職員に暴力をふるうため、学園側は平成13年3月、男性の個室の外側に本人や家族の同意を得て鍵を設置し、夜間など職員が手薄な際に閉じ込めていたという。 昨年9月、府の定期監査で閉じ込めが発覚。緊急時以外の行動制限を禁止した厚生労働省令に抵触する恐れがあるとして指導したが、「入所状況を考慮すれば、一定の妥当性は見受けられる」としている。
 学園は「いけないという認識はあった。真摯(しんし)に受け止め、今後も改善に努める」と話している。

2009/3/14(土) 午前 0:52 [ sakurai ]

患者拘束死で看護師逮捕、容疑者は否認

12月10日14時39分配信 読売新聞

 大阪府貝塚市の精神科「貝塚中央病院」で昨年1月、入院中の男性患者(当時48歳)が違法な身体拘束中に重体になり、救急搬送先で死亡した事故をめぐり、貝塚署が元職員の男性看護師(53)を業務上過失致死容疑で今月1日に逮捕していたことがわかった。
 男性看護師は「拘束したのは自分ではない」と否認しているという。過失による事故の捜査で医療従事者を逮捕するのは異例。

 事故は昨年1月21日未明に発生。6人部屋でベッドに拘束されていた男性患者の体が左横にずり落ち、腹部の拘束帯だけで宙づりになって発見された。別の病院へ運ばれたが、腹部圧迫による腸管壊死(えし)で3月に死亡した。逮捕容疑では、男性看護師は、医師の指示で患者を拘束した際、拘束帯の締め方がゆるかった過失の疑いがある、とされている。

つづく

2009/12/10(木) 午後 7:59 [ sakurai ]

つづき

 精神保健福祉法では、身体拘束には「精神保健指定医」の資格を持つ医師の判断が必要で、直接診察が条件とされている。病院側は、指定医である田村善貞理事長が当直の非指定医を介して電話だけで拘束を指示したと説明。岸和田保健所は違法な拘束にあたるとして昨年3月、改善指導した。

 男性看護師は読売新聞の取材に、「自分が準夜勤で入った時、既に男性は拘束されていた。夜勤のリーダーだったので責任をかぶり、理事長の指示があったように記録を改ざんした」と説明しており、病院側の主張と食い違っている。 最終更新:12月10日14時39分

2009/12/10(木) 午後 8:00 [ sakurai ]

顔アイコン

川崎市のH精神病院は他害やじさっつの恐れなど全く無い大人しい女性たちを多動と嘘を書き、拘束隔離を正当化し点数稼ぎをしている。今もなおだ。そして多種多量の精神薬で全痺れや呂律が回らないと訴えてもどんどん薬を増やし続けて悪性症候群にしてそれを指摘されても謝るどころかふてくされた顔。藤井だ

2015/10/19(月) 午後 2:57 [ キチガイ女 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事