精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

ついに国が動き始めました。SSRIが日本で販売され始めてから10年目にして、販売開始当初から指摘されていたはずの危険性について、ようやく調査されることになりました。
抗鬱薬服用で攻撃的反応 厚労省が副作用調査へ
2009.3.7産経新聞
 鬱病(うつびょう)治療のため、「パキシル」といった抗鬱薬を服用した患者の中に、服用後に暴力をふるうなど人を傷つける恐れのある他害行為の症状が表れたという報告が平成16〜20年にかけて計42件、厚生労働省に寄せられていたことが6日、分かった。殺人事件を起こしたケースもあり、投与にかかわった医師らからは薬の副作用の可能性を指摘する声が出ている。厚労省は近く、専門家から意見を求めるなど因果関係の調査に乗り出す。

 厚労省によると、他害行為の報告が把握されている抗鬱薬は「パキシル」のほか、「ジェイゾロフト」「デプロメール」「ルボックス」の4種。

 主な報告は「バイクをけったり、車を殴る」「男子高校生が『このままでは人を殺してしまう。刑務所に入れてくれ』と要望した」など。鬱病を併発した認知症の70代の男が、パキシル投与後に妻を殺害したり、45歳の男が妻の頭を金属類で殴り重傷を負わせたりするなど、刑事事件に発展したケースもあった。

 42件のうち、もっとも広く流通している「パキシル」に関する報告は28件あり、製造販売元のグラクソ・スミスクラインによると、処方した医師は5件で薬剤との因果関係を「確実」とし、18件で「疑われる・否定できない・関連あり」と判断した。

 そのため、厚労省では専門家から意見を求めるとともに、他の抗鬱薬でも同様の報告が寄せられていないか、薬の安全情報をとりまとめる医薬品医療機器総合機構を通じて把握を急いでいる。因果関係が強く疑われれば、添付文書の注意書きや副作用に「攻撃的反応」などと明記する。

 ただ、鬱病以外の患者への誤投与や、別の薬との飲み合わせにより他害行動が誘引されたケースも考えられ、精査が必要となる。

 厚労省医薬食品局安全対策課は「他害行為が薬の影響によるものか、慎重に調べている。ただ副作用を過剰に恐れて急に薬の服用をやめると、使用者の命にかかわる副作用が発生する場合もある。個人で判断せず、担当医と相談してほしい」としている。
◇
 抗鬱薬

 国内では30種類以上が承認されている。鬱病患者数の統計はないが、躁(そう)と鬱の状態を繰り返す躁鬱病を含む気分障害患者は約92万人前後といわれる。鬱病患者のほとんどが薬の処方を受けている。鬱病を自覚していない潜在患者も多いとみられる。躁鬱病の患者が、医療現場で「鬱病のみ」と診断され、投与された抗鬱薬を躁状態の時に服用し、異常な興奮状態に陥るケースも報告されている。
もう少し詳しい経緯は、RISFAXの記事にあります。
その記事を貼り付けていたHP:
http://ameblo.jp/iryounews/entry-10219072128.html
http://ameblo.jp/iryounews/entry-10219668898.html

この問題を長年指摘し続け、厚生労働省にも散々要望してきた私にとっては、何をいまさらという思いが強いのですが、第一歩を踏み出したことに素直に喜びたいと思います。

副作用の報告件数が無視できないレベルに達したので、ようやく動き出すということなのでしょう。裏を返せば、(海外では既に問題が指摘されているにもかかわらず)十分な被害者が出ないと国は動かないということです。副作用の報告に関しては以下を参照して下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/44750026.html

しかし、その副作用報告のシステムが曲者です。副作用と思われる症例については、医師に報告が義務付けられていないのです。こういった副作用を律儀に報告する医師は、患者を観察し、副作用を冷静に評価できる能力があり、誠実さもあります。こんな稀少な精神科医は何%くらいだと思いますか?

実際に被害に遭っているのは、副作用を評価できない、認めない、報告しない大半の精神科医から治療を受けている患者なのです。被害の実数は2桁以上異なるでしょう。

アメリカでは、患者が副作用について自らFDA(日本の厚生労働省に該当する機関)に直接報告することができます。日本では、患者からの自己申告であると、それが正しいかどうか評価できないという理由で、報告者は医療関係者と薬局関係者に限定されています。
http://www.info.pmda.go.jp/info/houkoku.html

おそらく、患者から副作用の報告を受け付けようものなら、とんでもない量の報告が寄せられ、とても手が回らなくなるでしょう。とはいえ、患者に非があるわけではありませんし、報告が禁じられているわけでもありません。ここまでSSRIの問題を放置していたわけですから、もっと厚生労働省に仕事をさせ、責任をとらせないといけません。SSRIをはじめとする向精神薬の副作用についての報告や要望があれば、是非以下の連絡先に手紙やFAXを送って下さい。
〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
厚生労働省医薬食品局安全対策課
FAX:03−3508−4364
また薬事法により、製薬企業には、副作用によるものと疑われる症例等を知ったときには厚生労働省や医薬品医療機器総合機構に報告が義務づけられています。ですから、製薬企業に副作用について報告するのも一つの手段です。

SSRIが日本で市場に出回った頃、「副作用がほとんどない」「安全な薬」「画期的な新薬」「魔法の薬」「飲めばうつ病は治る」などと騒がれてきたのは一体何だったのでしょうか?お決まりの精神科医は、何を根拠にして、テレビや雑誌、新聞、ネットなどで「薬で性格が変わることはない」と言い続けてきたのでしょうか?

海外の教訓(銃乱射事件など)も、日本の教訓も全く生かされてきませんでした。日本の教訓とは、全日空機ハイジャック機長殺害事件のことです。これは、SSRIを魔法の薬として普及していた精神科医
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=4576970364
の治療によって引き起こされた事件です。その精神科医は、当時まだ認可されていなかったSSRIを個人輸入して使っていました。SSRIを投与された青年は性格が激変し、最終的に凶行に及びました。その精神科医は法廷で自分の治療のミスを認めましたが、何らの処罰もありませんでした。

大阪児童殺傷事件を引き起こした宅間元死刑囚が、犯行前にパキシルを処方されていたのは有名な事実です。口封じをされるかのように早々に死刑に処され、真相は闇に葬られてしまいましたが、その当時に十分な警告があれば、この悲劇は起きなかったかもしれません。

厚生労働省は、SNRIなどの他の抗うつ剤についても調査を始めるようです。SNRIと言えば、3月中にも認可される予定の小児向ADHD治療薬「ストラテラ」もSNRIです。この薬は、攻撃性や自殺念慮を引き起こす危険性について、既に海外では問題となっています。市場に出回り、相当数の被害者が出てからようやく対処するのでは遅いのです。子どもが犠牲にならないよう、安易な早期認可を防がないといけません。

抗うつ剤やストラテラの被害について報告して下さい。
kebichan55@yahoo.co.jp
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php

閉じる コメント(58)

顔アイコン

抗うつ薬を今まで飲んでいた人が急に飲むのをやめると異常精神症状になる事があるのを知らない人が多いですね。これを離脱症状といいます。麻薬でいう禁断症状と同じです。

2009/3/15(日) 午後 10:59 [ とむくるず ] 返信する

顔アイコン

>抗うつ薬を今まで飲んでいた人が急に飲むのをやめると異常精神症状になる事があるのを知らない人が多いですね。これを離脱症状といいます。麻薬でいう禁断症状と同じです。

以前テレビに出ていた女性がリタリンが切れると
ものすごい焦燥感が出てきて自分の顔をかきむしって
しまうと言っていました。
だからやめたくてもやめられないし、薬の量も服用
しはじめた頃の量では足りなくなりだんだん増えて
しまったそうです。
テレビを見ていて「まるで覚せい剤みたいだなあ。。。」
と思ったのですがこういうことはみんな知らないでしょうね。
禁断症状が出てはじめてやばい薬だと気づいてもそのときには
もうやめられない状態になっているのだと思います。

2009/3/15(日) 午後 11:50 [ har*k*46*946*9 ] 返信する

顔アイコン

私は抗うつ薬を減薬中ですが、少し前に「抑うつ症状」が出ました。
薬を減らして数日後に他の症状(身体症状など)と一緒に出てきたので、「これは、鬱が再発したわけじゃなく、離脱症状だ」と自分に言い聞かせて乗り切りました。

離脱症状のことを知らない人だと、せっかく減らし始めても「病気が再発した」とか「やっぱり自分はまだ病気が治っていないから、自分には薬が必要なんだ」と勘違いして、元の量に戻してしまう人が多そうだな、と思いました。

2009/3/17(火) 午後 0:01 [ - ] 返信する

顔アイコン

僕もSSRIの被害者です。2年以上前に全般性不安障碍と全身性持続性身体表現性疼痛障碍を発症し、非定型うつ病・パニック障碍、双極性障碍と変化しました。発症当時、抑うつ感があると心療内科にかかったらデプロメールをマックス量出され、眠たくて起きれない何もできないと言ったらリタリンを4Tを出され飲まされていました。感情のコントロールができなくなりイライラ感が増す一方でした。パニック障碍、離人感も発症しました。主治医に訴えても無視されました。信用できないのでセカンドオピニオンで転院しましたがリタリンはなくなりましたがデプロメールがマックス量以上出され飲まされていました。その後、躁転したかのようになってしまい異常行動が頻発しました。器物破損、傷害容疑、公務執行妨害容疑で警察に何度も逮捕され留置されましたが簡易精神鑑定で不起訴になりました。その後も夜の街で客引きともめて逮捕され精神科に医療措置入院させられました。もちろんSSRIは中止され、独房の様な病室で完全拘束され絶食療法と電気ショック療法4回、リチウム等の投薬で2週間で落ち着き退院しました。

2009/3/17(火) 午後 1:18 [ ik1as3 ] 返信する

顔アイコン

今1年が経過して定期的なカウンセリングと心療内科での通院で殆ど完治しました。SSRIは危険な薬です。しかも40%位の人にしか効果がありません。自殺、殺人を起こします。日本でうつ病の第一選択薬になっているのは異常です。ドイツではまずセントワードジョーンズが処方され、イギリスでは薬は処方されずまず国が運営する無料のセラピーセンターで認知行動療法が行われます。日本の精神医療は製薬会社と医者、政治家、厚生労働省の官僚とが癒着し腐っています。

2009/3/17(火) 午後 1:22 [ ik1as3 ] 返信する

顔アイコン

青森・八戸の母と弟妹殺害、長男に無期懲役を求刑
青森県八戸市のアパートで昨年1月、母親と弟妹の3人を殺害したとして、殺人と死体損壊、現住建造物等放火などの罪に問われた無職の長男(19)の公判が18日、青森地裁(渡辺英敬裁判長)で開かれた。
起訴状によると、長男は昨年1月9日午後、母親(当時43歳)と中学3年の次男(同15歳)、同1年の長女(同13歳)の首をサバイバルナイフ(刃渡り約25・5センチ)で切って殺害。母親の遺体の腹を切った上、自宅アパートに放火して約70平方メートルを焼くなどしたとされる。
論告で検察は「動機は酌量の余地はなく、残虐性は際立っている」としながらも、「劣悪な成育環境で形成された人格障害や、少年特有の内面の未熟さが認められる」と指摘した。
弁護側は、精神障害だとする2回目の鑑定をもとに、「特定不能の重度の精神病性障害があり、責任能力はない」と保護処分を求めている。判決は27日に言い渡される予定。
(2009年3月18日14時48分 読売新聞)
字数制限のため一部省略

2009/3/18(水) 午後 5:47 [ har*k*46*946*9 ] 返信する

顔アイコン

心神喪失で公判停止のまま14年 千葉でGS店長殺害容疑の男
2009/3/17 21:40 徳島新聞
強盗殺人罪で1992年に逮捕、起訴された千葉県松戸市の男性被告(48)が公判中に「心神喪失」と判断され、94年以来公判が停止した状態での拘置が14年以上にわたり続いていることが17日、分かった。
司法関係者によると、医師と裁判官が拘置施設にいる被告を定期的に問診しているが「妄想が顕著で、他人に害を及ぼす危険性が極めて高い」と判断、拘置が継続し入院などによる本格的な治療を受けていないという。

http://www.topics.or.jp/worldNews/worldSociety/2009/03/2009031701001066.html

2009/3/18(水) 午後 5:54 [ har*k*46*946*9 ] 返信する

雑誌 AERA最新号 2009年3月30日増大号に抗うつ薬の副作用についての記事が掲載されました。

抗うつ剤で「妻を殺害」スクープ 「攻撃性」副作用の報告相次ぐ
http://www.aera-net.jp/

2009/3/24(火) 午前 0:35 [ sakurai ] 返信する

顔アイコン

凄く大事な記事なので転載させて貰います^^!

2009/3/24(火) 午後 4:15 [ ガッチャマン ] 返信する

ご挨拶が後になってしまいましたが、転載させていただきます。
最愛の家族を殺めてしまうような薬をいつまでも許していては、絶対にならないと強く思います。

2009/3/24(火) 午後 6:02 [ らんちう ] 返信する

はじめまして。
素晴らしい活動に感激いたしました。
抗うつ薬がこういうものだったなんて!
僕も微力ながらお役に立ちたいと思いました。転載させていただきます。
傑作です!

2009/3/24(火) 午後 6:48 [ hideチーフ ] 返信する

顔アイコン

みおさん、ik1as3 さん、初めてこのブログを目にして身体が震えています。遠くに住んでいる息子が1年ほど前から鬱病で治療中です。読めとは連絡を取り合っていますが、この数ヶ月息子の人格がおかしくなっているのに気付いていました。鬱病の所為だと思っていました。攻撃的になり、ちょっとした嫁の言葉に凄く怒り、首を絞められた、、、と言ってました。自分に対してイエスマンになるよう要求し、機嫌を損ねてしまって離婚の話まで出ました。嫁は実父がやはり鬱病の経験があり、その経験から、息子の症状には理解を示し頑張ってくれていますが、その嫁から今日SSRIの副作用で攻撃性が出る事を知らされ、ここに辿りつきました。薬品名は分かりませんが、現在、許容量一杯の量を服用しているようで、今日主治医に攻撃性が出ている事を話、薬の量を減らす方向になったらしいのですが、みおさんの言われる禁断症状が心配です。お二方は経験がおありのようで、詳しく教えていただけませんか?お願いします。

2009/3/25(水) 午後 9:22 [ gar**do22j* ] 返信する

抗うつ薬の副作用や減薬の仕方、離脱症状については
書籍の
「うつを克服する最善の方法」
著者:生田哲
http://www.amazon.co.jp/dp/4062723425

に詳しく書かれていて参考になると思います。

よろしければ読んでみて下さい。

2009/3/26(木) 午前 0:33 [ sakurai ] 返信する

顔アイコン

どこまでを薬害と呼べるのかわかりませんが、戦後最大というか、史上最大最悪の薬害事件、つまり精神医療の治療行為全体のやっていることが明らかになろうとしているようですね。

ロボトミーの悪夢再びです。

地元の精神科、精神病院、総合病院の精神科病棟を、よく観察してみてください。

ロボトミーと同じような結果、少しマイルドになっているけど、結局は死に追い立てる治療が行われている事は感じられると思います。

2009/3/26(木) 午前 0:49 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

毎日のようにこのようなNewsを見かけます。

東京駅で男が女性突き落とし 「死刑になりたくてやった」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090323/crm0903232212027-n1.htm

>この女性を突き落としたとして、警視庁丸の内署は殺人未遂の現行犯で、大阪府富田林市内の自称無職の男(24)を逮捕した。同署によると、2人に面識はなかった。男は知的障害があり、「死にたくて、死刑になりたくてやった」と供述している。
>目撃者の話として、「男がわめきながら女性を突き落とした。


知的障害があり、と書かれていますが、実際の脳に障害がある方の知的障害でも精神医学は患者として薬を処方している事がよくあります。
この事件もその可能性は高いですね。

精神医学は、どれほどの悲劇を作り出しているのでしょうか。

2009/3/26(木) 午前 1:02 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

パニック症候群、鬱症状でSSRIのルボックスを漫然と処方され
頼る所は病院しかないと信頼して10年も服用していましたが、
kebichan55さんのブログを読んでから、迷わず断薬を決意し
1ヶ月の減薬、そして2ヶ月経った今、断薬に成功しました。

薬を服用していた時は憂鬱、不安感で、歯磨き、洗顔、病院へ行く
身支度さえ、おっくうで、しょっちゅう寝逃げをしてましたが
今は嘘のように上記の症状がなくなりました。そして「抜毛症」と
いう”自傷行為”も、いつのまにか治まっていました。
本当に、こちらのブログに出会えて良かったと、つくづく思います。

今度はレキソタンを止めて、完全に薬ゼロに挑戦しましたが、
1週間でパニック症候群の動悸、息苦しさetcの症状が出て断念してしまいました(この症状が出ると仕事が出来ないので)。
これが離脱症状なのか、パニック症候群の症状なのか素人には判らず
困るところなのですが、早く薬ゼロにする事を考えています。

2009/3/26(木) 午前 7:39 [ moon ] 返信する

顔アイコン

sakurai さん、情報有難う御座います。早速「うつを克服する最善の方法」購入して今読んでいます。書かれている内容に身体が振るえてしまいます。嫁の話では医師と相談して攻撃的なのは副作用だろう、、、との判断でパキシルを止める方向で減薬を始めたそうです。

しかし、息子は認知療法を受け入れたがらない様です。
また、元々気性の激しさのある性格があるので副作用だけの影響ではないと言われたそうです。副作用はその人本来の性格も関係するのだとか、、、、。

この書籍には鬱に効く薬は無い、有酸素運動が効果的、、、と書いてありました。まだ途中までしか読んでいないのですが、薬に頼らず本当に鬱を克服できるのかこれもまた不安になります。
多くの方の経験が聞きたいです。

2009/3/29(日) 午後 8:52 [ gar**do22j* ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。こういった情報を提供していただきありがとうございます。
私はパキシルを処方されていましたが、暴力は嫌いで喧嘩などしたこともなかったのですが、処方されていた時にも、やめた後でも道を歩いていると段々イライラしてきて無作法で自分の勝手だけな自転車運転している人を押したり、傷害事件や喧嘩になりかねないことをしてしまいました。
明らかにおかしいと思ったので、雑誌本等で調べてみたら宮島健司医師の本には衝動性の亢進の副作用があると書かれてい、他にも幾つか思い当たる副作用があります。
主治医から飲酒は駄目という指示もなく、父が医者で大酒飲みで長生きしているので飲まなければ寝られなかったり、うつの辛さを紛らせるため飲んでいて、ケースワーカーが部屋に来てビール缶を見つけ医師に報告が行き私が隠れて飲んでいるとかズルいやつだと思い込んだようです。小馬鹿にしたりうつの原因になったと思われる事を話そうとしたら突然激怒して診療室か追い出したり、副作用について聞いても嫌な顔をするだけで何ら明確な説明もなく、そんなのないないと無責任な態度です。

2015/4/19(日) 午前 9:18 [ harpo ] 返信する

顔アイコン

診察を受けにいかねばならないのが、一番のストレスで診察後はいつも飲酒してしまいます。
医者を変えてもらうことをケースワーカーに事情を説明して相談したが、また同じ医者にかかって判断を仰いでくれと言われました。
困り果てて気力は回復してきているので働こうかと思ったが、体力は低下しているし、単純なミスも多い。ふらついて倒れることもあるという状態では出来る仕事も少ないし、すぐ見つかるとも思えません。
気力が回復してきているのも薬のせいではなく、実家でヨガ、断食、西式健康法などの本が大量にあり読んでいたので、ヨガ、温冷浴、半日断食などをしているからだと思います。薬には懲り懲りなので殆ど飲んでいませんが、定期的に血中濃度を図られて精神安定剤を飲んでいるかチェックされます。

2015/4/19(日) 午前 9:21 [ harpo ] 返信する

顔アイコン

訂正します。 宮島健司ではなく宮島賢也医師でした。

2015/4/19(日) 午前 9:23 [ harpo ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事