精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

今日発売の週刊SPA!で興味深い記事が掲載されていました。
http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG16/20091102/262/

中学・高校でスクールカウンセラーに相談した生徒が、すぐに精神科を紹介され、紹介先で大量に向精神薬を処方され、最終的には違法薬物に手を出してしまうという、絵に描いたようなストーリーが紹介されていました。

まさに恐れていたことです。「心の専門家」を売り文句にしてカウンセラーが学校に配置されるようになりましたが、スクールカウンセラーは心の専門家どころか、精神科斡旋業者に成り下がっているようです。実際、私も現役の教師から何件も問題事例を聞いています。

記事の中では、現役のスクールカウンセラーの気になる言葉が紹介されていました。「病院の診断書があれば、その生徒は不登校児としてカウントされません。だから、不登校を減らしたい学校は児童を病院送りにしてしまう。不登校は理由のない場合だけですから」というものです。

もともと、スクールカウンセラーが導入されることについて、社会臨床学会の小沢牧子さんらは反対していました。学校側に問題があって不登校になるというケースでも、いつの間にか学校側の問題は、その生徒の心の問題にすりかえられてしまうということを主張されていた記憶があります。実際その通りで、スクールカウンセラーは必ずしも生徒の味方でも、中立な第三者というわけでもありません。守秘義務が守られるどころか、生徒の相談内容が学校側に筒抜けということもあるようです。

スクールカウンセラー制度も特別支援教育も、良識を持った多くの人々の願いとは裏腹に、子どもを助けるものではなくなっています。誰も、生徒を中毒者にするためにカウンセラーを導入したというわけではないでしょう。しかし、これが精神医療産業の恐ろしさです。学校側の無責任体質をうまく刺激し、その巨大ビジネスの傘下にしてしまったのです。

精神医療産業は、世界中で青少年をターゲットにしたキャンペーンを展開しています。日本でも、いつの間にか学校から精神科へ紹介されるインフラが整備されてしまいました。そして、現在は青少年に啓発授業をするなどして、精神科受診を進める動きが国でも検討されています。

とりあえず以下のリンク先にある資料をご覧下さい。
http://www.mhlw.go.jp/za/0811/c15/c15.html
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/04/s0423-7.html

第16回の資料4の44ページにこのような記述があります。「豪州の学校精神保健プロジェクトMindMattersの教材『精神疾患を理解する』を参考にし、精神疾患を学習するための授業案、テキストを開発した。」

このMind Mattersとは、非常に危険なプロジェクトです。myuさんが以前、このMind Mattersについて教えてくれた情報がありますので、以下使わせていただきます。
http://psychrights.org/Countries/Australia/ConsequencesOfFinancialInterests.pdf
Mind Matters is a federal mental health promotion program for secondary schools in Australia. It adheres to the leading theory of mental illness and is linked to headspace, a new government initiative aiming to pre-emptively treat young people, who may one day be diagnosed with mental illness, with antipsychotic drugs. The research in favour of this program was funded by the pharmaceutical industry. Similar financial ties exist in respect of the clinical trials of psychiatric drugs, diagnostic criteria for mental disorders and economic research reports favourable to increased diagnosis and early intervention.
マインド・マターズ(Mind Matters)とは、オーストラリアの連邦政府が中学生用に作成したメンタル・ヘルス促進プログラムである。これは精神疾患の有力理論を支持し、将来のある日に精神疾患と診断されるかもしれない若者に対し、前もって抗精神病薬で治療しておくことを目的とした政府主導による新しい取り組みである。このプログラムを支持する研究には、製薬企業が資金提供を行っている。同様の金銭的つながりは、抗精神病薬の臨床試験、精神疾患の診断基準、そして診断と早期介入を増やすのに有利な経済調査報告書にも存在する。
ここまで来たらクレイジーとしか言いようがありません。予防のために抗精神病薬を服用するという、非常に危険で馬鹿げた考えが政府にも受け入れられてしまっているのです(あのアメリカでもここまでひどくはありません)。日本の子どもたちをそのような危険にさらしたいですか?

精神医療産業は、「普通の人々」に向精神薬を服用させることをターゲットにしています。
・泣き喚く子ども
・情緒不安定な妊婦
・人生に悩む青少年
・反抗する青少年
・将来のことを心配する主婦
・眠れないサラリーマン
こういった人間として当たり前の感情を持っている人々は、精神科医によって「病気」とされてしまいます。

普通の人々が精神科に連れて行かれる道はもうほとんど整備されています。自分は関係ないと思わないで下さい。正しい情報がなければ、いつ自分や近い人々が被害者になるかわかりません。もう、この流れは変えられないのでしょうか?

いえいえ、まだ打つ手はあります。

それは・・・・

明日発表しましょう。

閉じる コメント(11)

顔アイコン

普通にぐれたりもせずに悪いこともしない子供たちでも気がつけば薬漬けになる世の中になってきたということですか。

精神医学の暴走は、加速度的に悪化してきた感があります。

2009/11/3(火) 午前 0:11 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

子どもの問題の多くは
子育ての仕方で違ってくるのに、親が何の努力もしないで簡単に薬に行くのは怖いこと
問題と向き合えば、なおって行くのに
薬付けにしたほうが、長く苦しみに付き合っていくようになるのに・・・・
便利すぎて、安易なことに進んでいくのが怖い・・・

2009/11/3(火) 午前 6:00 [ サンリッチ ] 返信する

顔アイコン

精神医学ではすべての問題を、麻薬、覚せい剤で気分を向上させて治そうというのがスローガンです。

教育の問題をすり替えてADHDの問題にするわけです。

しかも、この問題が最も邪悪。

ADHDの治療薬として勧められる、リタリンやコンサータの依存性といえば、もう取り返しのつかないレベルでして、それを、まだまだ社会の判断力が身についていない子供に処方しています。

リタリンは裏社会ではビタミンRと呼ばれて高額で取引される薬物。
理由は、覚せい剤と同じ効果があり依存性が異常に高いから高値を出しても購入する人がいます。

AD/HDナビ
http://www.adhd-navi.net/

大人のADHD
http://www.otona-adhd-chiken.com/index.html

ホーム | ADHD.co.jp
http://www.adhd.co.jp/

これが全部、その依存性のある薬物を売りさばくための広告なのですから、世の中おわっているといっても過言ではないですよ。

2009/11/3(火) 午後 10:34 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

子供手当を出すに当たって、「片っ端から子供の脳を破壊している」
精神薬、こんな無駄遣いはありません。
精神医学の実態を厚生省などではなくて、民主党総理 鳩山さんに
訴えたらどうでしょうか?
私はメールでは簡単に削除されたり読まれなかったりするのではないかと「知事への手紙」で書いています。
これだと返事も貰えますので、大体返事は現在厚生省に問い合わせて検討中というのが多いですが、この方が早いです。

2009/11/4(水) 午前 9:45 [ - ] 返信する

顔アイコン

このMindMattersを使った授業は、「予防」と称して(科学的根拠はありません)子供に抗精神病薬を投与する実験とともに、すでに三重県津市で現実に行われています。
http://www.pref.mie.jp/TOPICS/2009070150.htm

そしてもうひとつ進めているのが、オーストラリアの「headspace」という、若者のメンタルヘルスの促進を謳う「集客システム」の導入です。
http://www.mindfirst.jp/tsushin/tsushin-41.html
三重県津市の場合は「ユース・メンタルサポートセンター MIE(YMSC MIE)」という名称になっています。

以上3つを同時進行させるという極めて危険な実験を、国が補助金を出して進めていることになります。

すでにこのように犠牲となられた方もいらっしゃいます。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/4511/l430mietaimusu.htm
笠医師ホームページより

手をこまねいているわけにはいきません。

2009/11/4(水) 午後 3:38 [ myu ] 返信する

>それとつるむ...
心外ですねぇ。。

私は、市民の人権擁護の会ともサイエントロジーも関わりはありません。
純粋に精神医学はおかしいから、おかしいと言っているだけです。
何がおかしいかと言うと

精神科医の笠先生からお借りしたものですが
覚醒剤 リタリン(ADHD.ナルコレプシー)
コンサータ(ADHD)
ストラテラ(ADHD)New
ピクノジェノール(サプリ系)(ADHD)
ベタナミン(ナルコレプシー)
モディオダール(ナルコレプシー)

これら医療用として子供に処方されています。
覚醒剤の副作用、後遺症をご存じですか?

病気の予防と称し薬漬けの入り口をたくさん作り、何でもない人を
病気にでっちあげるほうが余程危険な存在ではありませんか?

2009/11/4(水) 午後 6:03 [ - ] 返信する

顔アイコン

管理人さま
op1*9*drさんの今までの誹謗・中傷・脅迫コメントについてYahoo!に通報しておきました。死刑にすべきという発言は、殺人予告スレスレですよね。皆さんからも通報どうぞ。

ただ、厚生労働省にこのブログを教えていただいたことは感謝いたします。担当者がこのブログを見てどう思ったのか感想を聞きたいですね☆

2009/11/4(水) 午後 6:04 [ eji*o*ad*d ] 返信する

顔アイコン

> 今後一切発言の場を封鎖することを検討するように提言しました。

言論弾圧はしてますよね。

あと、個人情報をさらしていたりもするでしょうか。

うちのページも、ご参考にしてください。

No.1 「ハッピードラッグ、密かに日本上陸の危険」 日経ウーマン(日経ホーム出版社)
http://blogs.yahoo.co.jp/satoshi_3210/20619231.html

> こいつらは大悪人です。
> 私は全面的に死刑廃止論者ですが、完全に死刑がなくなる前に、
> 麻原さんは生きなければならないが、こいつらだけは死刑廃止前に、
> 公開処刑で、もっとも残酷」な方法で死刑にしなければいけません☆

と書いています。

脅迫罪や殺人予告にあたるかどうか、
Yahooや警視庁に訪ねてみることもできそうですが

迷惑防止条例あたりにはひっかかりそうです。


騒ぎになれば世間の注目が集まって、また一層、
問題が大きく取り上げられやすくなります。ありがたいことだ。

2009/11/4(水) 午後 9:06 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

どうやらNHKを使って反撃に出るようですね。
困ったものです。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/0911/91104.html

こうした予防には根拠もなく、倫理的にも問題であることが専門家の間ですら指摘がなされていることなのですが。
http://www.schizophreniaforum.org/for/live/detail.asp?liveID=68

2009/11/4(水) 午後 11:11 [ myu ] 返信する

顔アイコン

子供たちを薬づけにされては、大変です。。。
死亡者や死亡までいかなくても、障害を負わされる子供が
たくさん出るかもしれません。。。

双極性障害の治療薬で4歳児が死亡 その1

http://www.youtube.com/watch?v=8WCbQsLxEqk

双極性障害の治療薬で4歳児が死亡 その2(続き)

http://www.youtube.com/watch?v=QNDh1DBxQSA&feature=related

2009/11/4(水) 午後 11:49 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

私のことを市民の人権擁護の会の活動家であるかのように
書いているコメントがありますが、なぎささんと同様、私は
この団体には所属していませんよ。

kebichan55さんとは、会ったことすらありません。
デタラメなことを書かないでください。

2009/11/4(水) 午後 11:57 [ うさぎ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事