精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

精神科医が銃乱射

今日のCNNのニュースです。
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200911060001.html
テキサスの陸軍基地で銃乱射、犯人含む12人が死亡 
(CNN) 米テキサス州のフォート・フッド陸軍基地で5日、銃乱射事件が発生し、兵士ら11人が死亡、31人が負傷した。犯人とみられる男も、緊急出動した警察要員に殺害された。捜査当局がCNNに語ったところによると、男は精神科医の資格を持つニダル・マリク・ハサン少佐(39)と特定された。 

軍報道官らによると、ハサン少佐は同日午後1時半(日本時間6日午前4時半)ごろ、イラク派遣兵士らの手続き、訓練センターとなっているスポーツ施設で、けん銃2丁を乱射した。施設内では、派遣予定の兵士らが書類記入などを行っていた。死者のうち10人は兵士、1人は同基地に駐在する警官だった。負傷者のうち2人は重体とされる。警察は共犯の疑いで兵士2人を拘束したが、その後釈放。さらに別の1人を拘束して事情を聴いているという。 

ハサン少佐は同基地内の軍病院で精神科医を務めていた。地元CNN系列局が同州選出のハチソン上院議員の話として伝えたところによると、同少佐は近くイラクへ派遣されることが決まり、動揺していたとされる。 

フォート・フッド基地は兵士4万人を擁する国内最大の陸軍基地。オバマ大統領は事件の知らせを受け、「恐ろしい悲劇だ」との声明を発表。犠牲者らに哀悼の意を表した。 
欧米で頻発する銃乱射事件は、多くのケースで犯人が向精神薬を服用していることが知られています。今回少し違うのは、精神科医が直接の実行犯だということです。共犯者がいる可能性があるなど、スパイによるテロという話も出てくるかもしれませんが、タイムリーなのでアメリカ兵士の悲惨な実態を少し紹介しましょう。

精神医療産業にとって現在の重要なターゲットは、青少年、妊婦及び出産後の女性、そして軍人です。先日紹介したDVDの第10章には、軍施設で多くの軍人が精神病と診断され、向精神薬を服用している実態が暴かれていました。インタビューに応じた退役軍人の証言を紹介します。

イメージ 1

「イラクはベトナムとは違い、違法薬物が出回ってはいませんでしたが、薬物はどこにでもありました。なぜなら、任務に就いている連中は、単に戦闘ストレス担当班、つまり精神科医に診てもらうだけでよいと知っていたからです。我々にとっては精神科医が麻薬の売人でした。」
「死体を見た、もしくはそのような出来事を経験した者はほぼ全員、何らかの向精神薬を飲まされました。」
「私の友人や仲間の退役軍人が所属していた基地では、小隊全体が薬漬けというところもありました。」
「現役軍人の75%は、何らかの向精神薬に依存していると言ってよいでしょう。」
「軍の兵舎を歩いて、誰かにプロザックをくれと言えば、プロザックかザナックス、ゾロフトが手に入るでしょう。」
「軍で一緒だった私の友人たちは、今ではゾロフトなどの向精神薬に依存しています。彼らはイラクで薬物の常習癖がついてしまい、やめられなくなっているからです。依存して中毒になっているのです。」
今や、戦死者よりも自殺者の方が多いという異常事態となっています。アメリカ軍の本当の敵はテロリストではないのでしょう。

そういえば、日本でも自衛隊の自殺が問題になっています。防衛医大の精神科医があの人なのでこちらも心配です。


閉じる コメント(101)

顔アイコン

私はあなたにこのブログに来ていただきたくないと思っています。

ご自身のブログでご自身で仲間をつのり話してください。

あなたとコミュニケーションする必要がないのでメールも送りません。

では、さようなら。

2009/11/15(日) 午後 3:46 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

〈1/3〉
このブログはあまりにも向精神薬の悪ばかり偏って取り上げすぎではないでしょうか。
確かに、製薬をビジネスとして競う製薬会社の売り込みは目に余るものがあります。また、きちんとした見識を持たず安易に診断基準の曖昧な精神病を宣告し、すぐに投薬で済ませようとする医者が多いのは事実です。そして肩書きだけで医者を信用し、適さない薬の服用で副作用や依存症に苦しむ人々がいるのが現実だということもわかっています。

2009/11/16(月) 午前 1:17 [ Kyo ]

顔アイコン

〈2/3〉
しかし、だからといって「不安障害」や「ADHD」は病気ではない、と言って突き放すのが本当に正しい医者の判断なのでしょうか。もちろん、すぐに向精神薬を投薬するのがいいと言っているのではありません。ただそういった病気や生まれもった脳の特性が社会に適さず、本当に苦しんでいる人々が大勢いるという現実をきちんと見ていただきたいと思います。全ての人々が依存症になる訳ではありません。正しい薬の服用で社会に入ることが出来、多くの人が当たり前に出来ることがやっと出来るようになったと喜ぶ人々がいることを忘れないで下さい。

2009/11/16(月) 午前 1:17 [ Kyo ]

顔アイコン

〈3/3〉
何か問題があればすぐに全てを規制、診断基準が曖昧なものは全部病気ではなくでっちあげだ、とするのではなく、ひとつひとつ問題点を取り上げて解決していって欲しい、と注意欠陥障害の当事者である自分は思います。ちなみに薬は服用していません。

2009/11/16(月) 午前 1:18 [ Kyo ]

顔アイコン

でっちあげられた病気の典型であるADHDは、年々定義が変わるので、誤診がなく正確にADHDを診断できる医師は世界中に一人もいないはずです。

もちろん、そんなことは患者である一般の人には知らされていません。
さも、本物の病気と思わせられて広報されていますよ。

ひとつひとつの問題を取り上げようにも、全部が問題だらけなので、解決のめどがどこにもたちようがないと思います。

ひとつとりあげるとすると
国民(日本)の約6%がADHDである可能性があるという数値がでっちあげですね。

もうひとつとりあげると、治療薬である塩酸メチルフェニデートは強烈な薬物で覚せい剤と同じ働きがあります。でもそれを席に落ち着いて座ってられないだけの、子供たちに処方するというやり方がめちゃくちゃです。

もうひとつ。席に落ち着いて座っていられないというのは、教育、(家庭や学校)の問題であるのに、生徒の精神病だと決めることは問題をすり替えています。

とても簡単に理解できる答えが見えてきます。

ADHDはでっちあげ。

2009/11/16(月) 午前 9:54 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

> ただそういった病気や生まれもった脳の特性が社会に適さず、本当に苦しんでいる人々が大勢いるという現実をきちんと見ていただきたいと思います。

現在の社会の、経済状況などをみると
社会に合わせることのできない人には、生きづらい環境かもしれませんね。
ひとつはさまざまな価値観を受け入れることのできない社会の問題。そしてもう一つは、段階にそった教育がなされていないという問題もあるでしょう。

そこを見るのが現実をみるということです。

苦しいからといって、覚せい剤そっくりな塩酸メチルフェニデート、つまりコンサータやリタリンをADHDの治療薬として処方することで、快楽を感じ、問題から逃げだすことは現実をみるということにはなりません。

>全ての人々が依存症になる訳ではありません。正しい薬の服用で社会に入ることが出来、多くの人が当たり前に出来ることがやっと出来るようになったと喜ぶ人々がいることを忘れないで下さい。

ただし治らない病気といわれて、生涯リタやコンサータを飲み続けなさいと言われて、逃れられない依存におとしいれらる人も多いですよ。

2009/11/16(月) 午前 10:05 [ satoshi_3210 ]

ブログ主でもないくせに、あんたに Kyoさんのこと 意見する資格はない。さとしさん。
いつもあんたが言ってる事と 同じこと言ってあげるよ。
「ご自分のブログで主張してください」ああ、そうか、あんたのブログは あまり訪問者来ないもんだから ここでブログ主のような でかい態度で あーだこーだ喚くのね。私には そんなあなたのほうが異常に見えるよ。

何が文句はメールしろだ、こっちこそ、あんたとなんかメールでさえ 話したくもない。時間の無駄だろ。

返事すんなよ。むかつくから。文句があるなら自分のブログに 貼付けろ。でも あんたのブログなんて 見てないけどね。

仲間だけで やってろ。

2009/11/16(月) 午前 11:18 [ 未来 ]

はぁ…、いつも、お元気がよろしいですねえ〜。

私はブログの趣旨にそった意見を書いてて、ブログと真っ向反対の意見でコメントを、怒りにまかせて荒らして書くのとは違うと思うんですがねぇ〜

怒りっぽいのですか?たいへんですねぇ。

今度からスルーしてしまいますね。

2009/11/16(月) 午後 1:03 [ satoshi_3210 ]

はいはい、あなた達も 自分の意見がいつも 正しいと思ってて、幸せものですね。


むかつく三人組、さようなら〜。

2009/11/16(月) 午後 2:01 [ 未来 ]

顔アイコン

鳥取不審死、水死2男性から精神安定剤検出

鳥取市の元スナックホステスの女(35)(詐欺容疑で逮捕)と接点のある鳥取県内の男性3人が相次いで不審死した事件で、このうち水死体で見つかった2人の遺体から、強い作用がある精神安定剤の成分が検出されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

複数の睡眠導入剤、風邪薬に含まれるせき止め、解熱剤などが検出されていることも判明。県警は女の自宅などから押収した多量の薬剤の成分と照合するとともに、こうした薬剤を併用した場合の影響も分析する。

捜査関係者によると、精神安定剤の成分が検出されたのは、電気工事業、円山秀樹さん(当時57歳)、トラック運転手矢部和実さん(同47歳)。

成分はブロムペリドールで、メーカーによると、脳の興奮を抑える作用があり、主に幻覚などを訴える統合失調症の患者に処方される。多量に服用したり、ほかの薬と一緒に飲んだりすると、眠気や目まい、体の硬直などの副作用が出るケースもあるという。(つづく)

2009/11/17(火) 午後 8:33 [ うさぎ ]

顔アイコン

円山さんと矢部さん、女と同じアパートで不審死した無職田口和美さん(当時58歳)の3人からは、即効性の睡眠導入剤の成分・トリアゾラムを検出。うち円山さんと矢部さんからは、同様に即効性のあるゾピクロン、効果が持続するフルニトラゼパムという睡眠導入剤の成分が検出されたことが新たにわかった。

さらに2人からは、風邪薬に入っているせき止めの成分・ジヒドロコデインなども出ている。

これまでの調べで、女が鳥取市内の総合病院で睡眠導入剤を処方されていたことや、最近まで知人からたびたび薬を譲り受けていたことがわかっている。また、女から風邪薬として渡された錠剤を飲んで急に体調を崩したという複数の証言を県警は確認している。

(2009年11月17日03時08分 読売新聞)

2009/11/17(火) 午後 8:34 [ うさぎ ]

顔アイコン

東大、水銀系農薬使用で懲戒処分 技術職員は諭旨解雇
2009/11/17 19:56 徳島新聞

東大付属農場(東京都西東京市)で昨年、水銀系農薬使用が発覚した問題で、東大は17日、50代の農場の技術職員を諭旨解雇とするなど5人を懲戒処分にしたと発表した。
ほかは前付属農場長の教授と准教授が停職2カ月など。処分は13日付。
東大によると、技術職員は1997〜99年に計3回、農薬取締法で販売が禁じられていた水銀剤の水溶液でコメの種もみを消毒。コメの一部は一般消費者に販売された。使用禁止後の2006年と07年にも柿とリンゴの苗木の消毒に水銀剤を使った。
前付属農場長は08年、作業日報の水銀剤の使用記録を消毒剤と書き直すよう技術職員に指示した。准教授も5回、水銀剤で種もみを消毒したとしている。
田中明彦副学長は「今後は法令順守を徹底する」としている。

2009/11/17(火) 午後 9:33 [ うさぎ ]

顔アイコン

↓ ↓ ↓
★水銀と聞くと、水俣病を連想してしまいます。
そういえば雅子様は水俣病を引き起こしたチッソの社長のお孫さん
のようですね。
それにしても雅子様の適応障害とやらの治療はいつまで続くのでしょうか?
効果のない治療を延々と続けるのも医療費の無駄遣いだと思うのですが。。。

2009/11/17(火) 午後 9:34 [ うさぎ ]

顔アイコン

★水俣病(Wikipediaより)

>水俣病はメチル水銀による中毒性中枢神経疾患であり、その主要な症状としては、四肢末端優位の感覚障害、運動失調、求心性視野狭窄、聴力障害、平衡機能障害、言語障害、振戦(手足の震え)等がある。患者には重症例から軽症例まで多様な形態が見られ、症状が重篤なときは、狂騒状態から意識不明をきたしたり、さらには死亡したりする場合もある[1]。一方、比較的軽症の場合には、頭痛、疲労感、味覚・嗅覚の異常、耳鳴りなども見られる。(つづく)

2009/11/17(火) 午後 9:37 [ うさぎ ]

顔アイコン

>メチル水銀で汚染されていた時期にその海域・流域で捕獲された魚介類をある程度の頻度で摂食していた場合は、上記症状があればメチル水銀の影響の可能性が考えられる。典型的な水俣病の重症例では、まず口のまわりや手足がしびれ、やがて言語障害、歩行障害、求心性視野狭窄、難聴などの症状が現れ、それが徐々に悪化して歩行困難などに至ることが多い。これらは、メチル水銀により脳・神経細胞が破壊された結果であるが、のみならず、血管、臓器、その他組織等にも作用してその機能に影響を及ぼす可能性も指摘されている。また、胎盤を通じて胎児の段階でメチル水銀に侵された胎児性水俣病も存在する。

2009/11/17(火) 午後 9:38 [ うさぎ ]

顔アイコン

水銀は、防腐剤としてワクチンに添加されていることも
あるので気をつけてください。

2009/11/17(火) 午後 9:40 [ うさぎ ]

顔アイコン

【裁判員裁判 徳島地裁】長男殺害、遺体の説明に顔しかめる
2009.11.17 19:45 産経新聞

長男を殺害し、遺体を切断して捨てたとして、殺人と死体損壊・遺棄の罪に問われた大阪府八尾市の無職、藤見秀喜被告(62)の裁判員裁判の初公判が17日、徳島地裁(畑山靖裁判長)で開かれ、藤見被告は起訴状の内容を認めた。

証拠調べでは、遺体の切断状況を説明した被告の供述調書が読み上げられ、裁判員は顔をしかめたり、頭を押さえたりしていた。

検察側は冒頭陳述で、長男の統合失調症について医師から完治の見込みがないといわれ「親の手で処分しなければならないと考えた」と説明。弁護側は精神障害者の家族にかかる負担を指摘し、「長男が取り返しのつかない犯罪をしないよう、犯行に至ったのです」と情状酌量を求めた。

起訴状によると、藤見被告は5月2日、長男の一さん=当時(33)=を殺害、徳島県鳴門市の大鳴門橋から海に捨てたとしている。

2009/11/17(火) 午後 10:58 [ うさぎ ]

統合失調症は薬では治らないどころか、悪化する可能性が高いようです。



薬物治療の実態を知らずに精神医学に関わり、精神科医師を頼った結果はこんな悲惨な未来。


精神医学は絶望の押し売り。

2009/11/18(水) 午後 8:19 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

うさぎさんのコメントによると、

水俣病、水銀毒の症状は、そのまま向精神薬の副作用症状にあてはまりますね。
向精神薬って、かなり副作用が強く蓄積されて症状が出るようですね。

そして、重症の統合失調症の症状ともそっくり。

精神病院や製薬会社は安全を無視して利益だけを追い求めて、昔の水銀を垂れ流した企業と同じことをやっているのかな。

2009/11/19(木) 午前 10:16 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

とむくるずさんが1月5日に投稿されたこと、全くそのとおりだと思います。裁判官も警察官も,医師がそんな間違ったことをするはずが無いと頭っから信じ込んでいますね。医師を犯罪者呼ばわりする人たちを即クレイマー、きちがいと思うみたいです。政権が代わったのですから今まで気づかなかった医師たちの暗黒の部分(社会的な信用の上にあぐらをかいて勝手なことをやりまくっている)を明らかにして、裁判官たちも一刻も早く目を覚まして欲しいと思います。実際、厚労大臣会って直訴するグループの人たちも知っています。ひょっとすると近い将来、精神科医たちが次々と敗訴する時がくるのではないでしょうか?数年前、自民党が野党に転落することなど誰も思っていなかったですよね?それと同じです。精神科医が次々と敗訴していくのは今は考えられなくても。誰がその突破口になるのでしょうか?必ず来なくてはいけないことです。今後が楽しみです。

2010/1/5(火) 午後 7:28 [ car*otd**iel ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事