精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

昨日、厚生労働省は患者調査を発表しました。3年に1度実施されるこの調査は、通院患者と入院患者の状況を示します。注目すべきは、うつ病患者の推移です。患者調査では、うつ病というカテゴリーはないので、うつ病や躁うつ病を含む気分障害のカテゴリーを見てみましょう。

予想通り、気分障害の総患者数は増加して104.1万人に達し、ついに100万人を超えました。以下は気分障害の患者数、精神科・心療内科の診療所数、向精神薬の売り上げの推移をグラフにしたものです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

抗うつ薬の売り上げがこれほど伸びているにもかかわらず、患者は減っていません。「特効薬」が出たのであれば、どんどん患者は治癒して患者数は減ってもよいものです。患者が異常に増加しているのは、
\鎖整緡纏唆箸砲茲襪Δ追促ャンペーンにより、過剰診断されている
患者が治っていないので長期間患者のままでいる
ただそれだけのことです。

これに対する精神科医の典型的な意見とは、以下のようなものです。
NHKニュース2009年12月3日 21時31分 
躁鬱(そううつ)病や統合失調症などの症状で全国の医療機関を訪れた外来患者は、1日に23万2000人余りに上ることが厚生労働省の調査でわかりました。平成8年から増え続けており、専門家は「不況などの社会不安によってストレスを感じる人が増えていることなどが要因ではないか」と指摘しています。

この調査は、全国1万3600余りの医療機関を受診している患者を対象に、病気別の入院と外来の人数などを厚生労働省が3年に一度、調べているものです。それによりますと、去年10月の調査では、躁鬱病や統合失調症などの精神疾患の症状で医療機関を訪れた外来患者は、推計で1日に23万2300人に上るということです。一方、13年前の平成8年の調査では推計で、1日に15万5600人で、これ以降、調査のたびに増え続けているということです。これについて精神医学が専門で慶應義塾大学保健管理センターの大野裕教授は「先が見えない不況など社会不安によってストレスを感じる人が増えたことと、精神科を受診することに抵抗を感じる人が少なくなっていることが患者が増加している要因ではないか。精神科の分野では、まだ、受診すべき人の4分の3が受診していないというデータもあり、治療にあたる医師の不足を解消して患者の受け入れ態勢を整える必要がある」と話しています。
お決まりの、社会不安によるストレスの増加です。たった9年で患者が2.4倍になったということは、ストレスもこの10年で2倍以上になったのでしょうか?

ここで専門家として意見を述べている精神科医こそ、長年あのお方の主治医として手厚い治療を施しながら、治癒できていないことで有名な人物です。

患者の受け入れ態勢を整える前にやるべきことがあるでしょう。精神科医が患者を治療できない、もしくは悪化させることしかできないというのであれば、それを正直に周知すべきです。本当の治癒率は何%ですか?そして、本当に診断が正しい確率は何%ですか?主流となる薬物療法以外の代替手段と比較した場合、どちらが患者に有益なのですか?

このような精神科医の意見は本当に信用できるのでしょうか?
以下のリンク先も参考にして下さい。心の病の押し売りという、隠された事情を知ることができます。
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/49531261.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/49706109.html

閉じる コメント(30)

顔アイコン

>「今手首を切りました」
と、手首に傷の入った画像の着いたメールが送られてきたのです。
その後の記憶が欠落しているのですが、夫によると私がしばらく暴れて泣きわめいていたみたいです・・・。
メールを着信拒否にするのをまだためらっていたのですが、今回の件で本当にまずいということがわかったので着信拒否にしました。
これで一旦リセットできれば良いのですが・・・
心の病であってもお互い思いやることができれば人間関係は継続できると信じて友人に接してきましたが、さすがにもう限界です。
夫のため、家族のため、何より自分の心の平安のため、友人とはこれ以降関わりを断つことに決めました。何とか友人を暖かく見守って欲しい・・・とレスを下さっていた方本当にすみません。

2009/12/7(月) 午後 6:50 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

薬が引き起こす悲劇は、すさまじいものがあります。

世の中には悲劇がたくさんあります。

その全てが精神医療のせいではないでしょう。
ですが、その悲劇を増幅させている根本的な要因は、精神医療が使っている薬物です。

本当の事が分かったのなら、精神医療にNOといいましょう。

YouTube - 精神医療のCMその1
http://www.youtube.com/watch?v=OUSS4gKRkLk

2009/12/7(月) 午後 10:25 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

悲しいですね。。
私も服用者なので乱暴な言葉を使ったりするトラブルなどは思い当たることがあります。
それが薬物のせいなのか、自分自身の体質部分のせいなのか、わかりません。

前者なら薬をやめたいし、
後者ならやめてはいけないと思ってしまいます。

病院を変えて、信頼できる医師に「なるべく薬を使わない方向で、害のない薬で」と言っているのですが、
すっかり増えてしまったし…。

医者をどこまで信用したらいいのかも問題です。
信用していた前の医師、スクールカウンセラーに裏切られているので、
もう4年以上通っている今の医師も素直に信じられません。

ああ、だらだら書いてしまいましたが、
薬を飲み続けるべきか、そうでないか、今とても迷っているということです…。
医者は100%信用する気になれないけど、医者にしか話せない内容だから…とても悩みます。

2009/12/7(月) 午後 10:43 [ twink ] 返信する

顔アイコン

このブログにはたくさんの情報があります。情報を知り考えてみてください。
どの情報を信じる、信じないは、読み手の自由。情報の取捨選択能力が大切です。

一つ言えることは、自分で情報を判断して見抜かないで、心の専門家と称する人たちを信じてしまうと、ろくでもない未来が待ち受けているかもしれない。ということです。あなたの将来に対して、心の専門家たちは責任を取ることはありません。

誰を信じるか、何を信じるかは、個人の自由です。

情報を得て、後はご自身で考えてみてください。


心の専門家の言っていることに、だまされない事を願ってます。

2009/12/7(月) 午後 11:16 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして

20年来薬漬けにされている伯母を救うべく
断薬を試みようとしています

以前こちらにあったリンク先も参考にしますが
改めて皆さんのお力をお借りしたくコメント致しました

現在処方されている薬です
アモキサンカプセル25mg 朝1 夕1
アキネトン錠1mg 朝1 夕1
レキソタン錠2mg 朝1 夕1
トレドミン錠25mg 朝2 夕2
レボトミン錠5mg 寝1
レスリン錠50mg 寝1
ベンザリン錠5mg 寝1
ユーロジン錠2mg 寝1

どのような情報でも頂けると幸いです
どうぞ宜しくお願いします

2009/12/8(火) 午後 10:06 [ mil*y*97_0* ] 返信する

顔アイコン

[ mil*y*97_0* ] さん
1/3
本当にこれだけの精神薬を死ぬほど飲ませれている様ではもう副作用は現れていますね。
高齢ですから危険状態が推測できますよ。
診察を受ける時は、精神科医との会話を証拠に録音をしておくと良いでしよう。
カルテも改ざんされないように証拠の為コピーを進めますよ。
そうすれば精神科医の出方が変化しますから きっちりと責任を追及しましょう。

2009/12/9(水) 午前 9:42 [ ckw*j*outn* ] 返信する

顔アイコン

つづき 2/3
◎クスリの副作用はこのサイトで調べて下さいね。
◎コピーを精神科医に見せて下さい
( 医療用医薬品の添付文書情報)
アモキサンカプセル25mg
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/530396_1179001C1024_1_11.pdf
アキネトン錠1mg
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/400093_1162001C1043_1_02.pdf
レキソタン錠2mg
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/450045_1124020C1045_1_06.pdf

2009/12/9(水) 午前 9:42 [ ckw*j*outn* ] 返信する

顔アイコン

つづき 3/3
トレドミン錠25m
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/100898_1179040F1136_4_05.pdf
レボトミン錠5mg
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/400315_1172014B1033_2_04.pdf
レスリン錠50mg
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170050_1179037F1029_2_03.pdf
ベンザリン錠5mg
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/340018_1124003C1092_1_05.pdf
ユーロジン錠2mg
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/400256_1124001B1039_1_07.pdf

2009/12/9(水) 午前 9:46 [ ckw*j*outn* ] 返信する

顔アイコン

このような書籍が役に立つと思います。

『医者が心の病に無力なワケ』
食事で治す心の病―心◇脳◇栄養 新しい医学の潮流
診たて違いの心の病―実は栄養欠損だった!
薬でうつは治るのか?
「うつ」を克服する最善の方法―抗うつ薬SSRIに頼らず生きる

2009/12/9(水) 午前 10:08 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

mil*y*97_0* さん、はじめまして。
これだけの量の精神薬を20年にも渡って飲んでいるのですから、急な断薬は大変危険です。

栄養療法の病院には行かれる予定ですか?
もし行かれるなら、栄養療法をやりながら今の精神科に通い、栄養療法で心身ともに回復してきたら、その状態を精神科医に話し、薬の量を減らしたいと相談する方がいいと思います。

また、自分で栄養療法を行うなら、生田哲氏の「心の病は食事で治す」という本が役立つと思います。

私も精神科の患者でしたが、全く治らない治療に見切りをつけ、自分で本を見ながら栄養療法をやりました。
精神科の薬物では患者は治りません。

2009/12/9(水) 午後 1:46 [ han*ko*147 ] 返信する

顔アイコン

ckwijboutno さん
ありがとうございます
体型から性格から、副作用の塊のようです
添付文書、早速プリントアウトしたので
これからじっくり読み込んでみます

satoshiさん
ありがとうございます
本を読むのはとても苦手ですが
頑張って読んでみます
例のDVDも、観る勇気(?)が出たら
買ってみようと思っています

2009/12/10(木) 午後 0:49 [ mil*y*97_0* ] 返信する

顔アイコン

続き

hanakop147さん
ありがとうございます
新たに病院にかかる予定はありませんが
ご紹介頂いた本を参考に
栄養面でのアプローチも試みつつ
ゆっくり時間をかけて減薬していこうと思います

未来さん
ありがとうございます
善良な医師もいらっしゃると思いますが
巡り会えるまでには相当な時間と労力がいると思われます
こちらでは様々な情報を頂くだけで(失礼な言い方ですみません)
勿論「自分の判断で」決めた事です
何かあったからといって
情報を下さった方を責める様な愚行は致しません

皆さん、改めまして
ご丁寧なお返事ありがとうございました
良い報告が出来ますよう頑張ります

2009/12/10(木) 午後 0:50 [ mil*y*97_0* ] 返信する

顔アイコン

患者拘束死で看護師逮捕、容疑者は否認

大阪府貝塚市の精神科「貝塚中央病院」で昨年1月、入院中の男性患者(当時48歳)が違法な身体拘束中に重体になり、救急搬送先で死亡した事故をめぐり、貝塚署が元職員の男性看護師(53)を業務上過失致死容疑で今月1日に逮捕していたことがわかった。

男性看護師は「拘束したのは自分ではない」と否認しているという。過失による事故の捜査で医療従事者を逮捕するのは異例。

事故は昨年1月21日未明に発生。6人部屋でベッドに拘束されていた男性患者の体が左横にずり落ち、腹部の拘束帯だけで宙づりになって発見された。別の病院へ運ばれたが、腹部圧迫による腸管壊死(えし)で3月に死亡した。逮捕容疑では、男性看護師は、医師の指示で患者を拘束した際、拘束帯の締め方がゆるかった過失の疑いがある、とされている。(つづく)

2009/12/10(木) 午後 6:21 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

精神保健福祉法では、身体拘束には「精神保健指定医」の資格を持つ医師の判断が必要で、直接診察が条件とされている。病院側は、指定医である田村善貞理事長が当直の非指定医を介して電話だけで拘束を指示したと説明。岸和田保健所は違法な拘束にあたるとして昨年3月、改善指導した。

男性看護師は読売新聞の取材に、「自分が準夜勤で入った時、既に男性は拘束されていた。夜勤のリーダーだったので責任をかぶり、理事長の指示があったように記録を改ざんした」と説明しており、病院側の主張と食い違っている。

(2009年12月10日14時39分 読売新聞)

2009/12/10(木) 午後 6:22 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

自室で女性と2歳長男、8か月長女死亡…心中か

9日午後8時45分頃、兵庫県伊丹市内のマンションに住む女性(36)の夫(34)から「部屋で妻と子どもが倒れている」と110番があった。

伊丹署員が駆け付けたところ、玄関の壁に「硫化水素発生中」と書かれた紙が張られ、室内に張られた小さなテントの中で、女性と長男(2)、長女(8か月)が死亡していた。バケツや洗剤の空きボトルなどがあったことから、同署は硫化水素ガスによる無理心中とみて調べている。

同署の発表によると、女性は精神的に不安定で通院中だった。11月下旬から別居していた夫がこの日、部屋を訪れ、気づいたという。

(2009年12月9日23時44分 読売新聞)

2009/12/10(木) 午後 6:36 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

硫化水素で無理心中か、母と乳幼児の3人死亡 兵庫・伊丹
2009.12.10 08:08 産経新聞

9日午後8時45分ごろ、兵庫県伊丹市大鹿のマンション一室で、住人の主婦(36)が子供2人と倒れているのを夫(34)が発見し、110番。3人はすでに死亡していた。室内には「硫化水素発生中」と書かれた張り紙と遺書が残されており、伊丹署は無理心中とみて調べている。

同署によると、死亡したのは主婦と長男(2)、長女(8カ月)の3人。室内に張った子供用テントの中に並んで倒れていた。主婦は精神科への通院歴があり、約2週間前から夫と別居していた。遺書には「厄介者はいなくなりますように。メリー、メリークリスマス」と記されていたという。

2009/12/10(木) 午後 6:51 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

意識混濁、気管切開…ウッズかなり危険だった?

11月27日の自動車事故後、タイガー・ウッズが運ばれたヘルス・セントラル病院(オーランド)の関係者が当時のもようを初めて明かした。ゴシップ系サイトのTMZが報じたもので、病院側はウッズを収容した5階の病棟を完全に閉鎖。患者名を「ウィリアム・スミス」としてプライバシーの保護に努めた。

病院に運ばれたときのウッズは意識が混濁していびきをかき、呼吸がおぼつかない状態だったため、気管を切開してチューブを挿入し気道を確保した。そばにはエリン夫人が付き添っていたという。警察当局は7日に公表した文書で飲酒と薬物を服用して運転していたことについて言及したが、病院側はアルコールについては否定した。

すでにウッズは睡眠導入剤のアンビエンと鎮痛剤のバイコディンを処方されていたことが分かっており、なんらかの理由でこれを過剰に摂取したものと見られている。6月には歌手のマイケル・ジャクソンさんが鎮痛剤の過剰摂取で命を落としたが、ウッズにもその危険があった可能性がある。

[ 2009年12月09日 ]スポニチアネックス

2009/12/10(木) 午後 7:06 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

「育てなおし」と称しわいせつ 元香川大教授、有罪確定へ

「育てなおし」と称するカウンセリングを受けに訪れた女性にわいせつ行為をしたとして、準強制わいせつ罪に問われた元香川大教育学部教授岩月謙司被告(54)の上告に対し、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は10日までに、棄却する決定をした。懲役2年の実刑とした一審高松地裁判決を破棄、懲役2年、執行猶予3年とした高松高裁判決が確定する。

決定は8日付。

二審判決によると、岩月被告は2002年4月、神経症的な症状の改善を図るため、自宅を訪れた女性に「のろいを解く」などと言って、胸などを触った。

被告は当時、対人関係で悩みを抱える人の心の傷は、多くが幼児期に満たされなかった欲求に応える「育てなおし」で克服することができるといった考えを提唱し、テレビでも紹介された。

一審判決は「自らを信じて、頼ってきた被害者の精神的不安定さにつけこんだ犯行」として実刑を選択。二審は、大学を懲戒解雇されていることなどから執行猶予とした。

[ 2009年12月10日 17:58 ]スポニチアネックス

2009/12/10(木) 午後 7:12 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

死刑は睡眠剤で「安楽死」、米オハイオ新方法

【ロサンゼルス=飯田達人】AP通信などによると、米オハイオ州で8日、致死量の睡眠剤のみを注射する新しい方法で、51歳の男性死刑囚が処刑された。

腕の静脈に睡眠剤5グラムが注入されると、10分後には死亡が確認されたという。

米国で死刑を維持している州では、通常は睡眠剤、全身まひ剤、心臓停止剤の3種類を順次静脈に注射する方法で処刑を行っているが、睡眠剤が効かずに激痛を与えるケースがあるとの指摘があったほか、オハイオ州では注射針が死刑囚の静脈にうまく入らずに執行が延期されるといった事態も発生。このため同州は11月、ペットの安楽死などに用いられる方法と同じく、睡眠剤のみによる処刑に変更すると発表していた。

(2009年12月9日12時30分 読売新聞)

2009/12/10(木) 午後 7:14 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

FNNニュース: 歌手の「詩音」(本名・朴有香)容疑者、麻薬を吸った疑いなどで逮捕
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00168129.html
歌手の「詩音(しおん)」、本名・朴有香(パク・ユヒャン)容疑者(26)が、麻薬を吸った疑いなどで神奈川県警に逮捕された。
麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで逮捕された韓国籍の歌手・詩音、本名・朴有香容疑者は12月、横浜市中区の自宅で、麻薬の一種、ケタミン若干量を吸ったうえ、自分の部屋でケタミン1袋を所持した疑いが持たれている。
警察が9日、自宅を捜索したところ、朴容疑者の部屋のベッドの枕の下から、ケタミン1袋、およそ0.003グラムとストローが見つかった。
朴容疑者は「1週間くらい前に、自分の部屋で1人でケタミンを使用したことは間違いありません。ストローで鼻から吸いました。わたしの部屋にあったことは間違いないし、わたしのものということになっても仕方ありません」と、容疑を認めているという。

2009/12/11(金) 午後 0:30 [ satoshi_3210 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事