精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

今回は非常に重要な内容になります。転載、引用は大歓迎です。
 
今日から発達障害啓発週間が始まります。日本人は他人と異なることを極端に嫌がりますが、本来は個々に特性があるものです。時には、それが奇妙に見えるかもしれません。しかし、それぞれがお互いの特性を理解し、受け入れることができれば、本当に素晴らしい社会になるでしょう。発達障害啓発週間を支持する人の多数は、そのような世界を願っているのだと思います。しかし、そのような人々の願いや善意を、市場拡大に利用しようとする勢力があります。彼らは、支援という名の下、巧みに入り込んできます。そのような人々に子どもや青少年が食い物にされないようにするため、是非とも以下をお読み下さい。
 
以前、学校にいきたがらない子どもたちは異常だと思われていました。彼らは登校拒否と呼ばれ、精神科治療の対象となっていました。1983年、精神科医である稲村博氏と大原健士郎氏の協力により、「生徒の健全育成をめぐる諸問題〜登校拒否を中心に〜」という生徒指導資料が文部省によって作成され、登校拒否の生徒に対する具体的対応策として、病院への収容治療が示されました。
 
稲村氏は「入院させれば登校拒否は3ヶ月で治る」と主張して積極的に登校拒否児の入院治療を行っていましたが、それらの児童が入れられた病院では、食堂への通路に置かれたベッドや椅子に縛られ、しびん、オムツをあてられて5日間も拘束されていた子どももいました。子どもたちの多くが、本人の意思に反して入院させられ、なかには麻酔をかけられて両手両足を縛られ、病院に連れてこられたという例もありました。つっぱっているという理由で無理やり精神病院に収容され、怒って暴れると体に電気ショックを10ヵ所もかけられたという事例もありました。
 
そして、1988年9月、朝日新聞夕刊の一面に「30代まで尾引く登校拒否児 早期完治しないと無気力症に 複数の療法が必要」と題された記事が掲載され、その中で上記の稲村氏は、登校拒否は早期に精神科医や心理学者など専門家に相談する必要性があると力説しました。この記事が一気に火をつけ、子どもたちが次々と精神病院に強制入院させられることになりました。
http://www.shure.or.jp/futoko/iroiro/page9.htm
 
多くの子どもたちが犠牲になり、1992年、ようやく文部省は「登校拒否はどの子にも起こりうる」と認識を変えました。それ以降、不登校は病気ではないという認識が広がり、露骨な強制入院などは下火になってきました。それでも、精神科医に連れて行かれる子どもがいなくなったわけではありませんでした。
 
※不登校と精神医療の関係についてはこちらも参考にして下さい。
http://www.kyoiku-soken.org/official/activity/userfiles/document/hutoko.pdf
 
そして、精神医療産業は新たな切り口で再び「困難を抱える」子どもをターゲットにしました。2002年、当時梅ヶ丘病院副院長であった市川宏伸氏らが中心となり、まったく科学的根拠のない「LD、ADHD、高機能自閉症により学習や生活について特別な支援を必要とする児童生徒も6%程度の割合で通常の学級に在籍している」と結論付ける報告書が作られました。
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/3842682.html
 
彼らは、この6%という数字を前面に掲げ、国からの「支援」を求めてきました。その戦略は一環して変わりません。今や政治的に大きな力を持つようになった発達障害者当事者・関係者団体である「日本発達障害ネットワーク」は、精神科医がコントロールしています。代表の田中康雄氏も、副代表の市川宏伸氏も、それぞれ児童精神科の権威中の権威です。彼らは今でもその根拠のない数字を引き合いにし、支援を引き出そうとしています。
http://jddnet.jp/index.files/archives2010/pdf/20100122_youbou.pdf
 
精神科医のやり方はいつもこうです。困っている人に近付き、こうささやくのです。「それはあなたのせいではありません。病気なんです。」そして、支援を得るためには「障害者」のラベルが有効であると説得するのです。障害者のラベルがつけば、公的な支援が得られるからです。
 
困難を抱える子どもたちがいるのは事実です。そして、親も困っているのは事実です。彼らは、「誰も助けてくれない」「誰も理解してくれない」と追い詰められます。本当に必要なのは、理解と支援、そしてコミュニケーションなのです。しかし、そこに市場拡大を狙う精神医療産業が、根拠のない診断名と薬を売り込むことに成功したのです。今や、発達障害は一大産業となりました。ADHD治療薬は順調に売上を伸ばし、さらには製薬会社をスポンサーにしてADHD専門の学会まで立ち上げました。
 
そして、次に狙うのはひきこもりです。これには、発達障害で成功したのと同じ手口を使います。ひきこもりを抱える家族は本当に困っています。そこに精神科医はつけこみます。ひきこもり=精神障害とし、障害者として取り扱い、公的な支援を得ようというメッセージを入れ込みます。具体的には、国立精神・神経センターの齋藤万比古氏を中心として作成したガイドラインを見てみると、その戦略がよくわかるでしょう。
http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/pdf/hikikomori/s1-3.pdf
 
「うつ病」の次は、同様に抗うつ薬が売れる不安障害が大きなターゲットになっています。不安障害市場を拡大したい製薬会社と精神科医が中心となって日本不安障害学会が発足し、大々的なプロモーションがしかけられています。彼らにとっては引きこもりは大きなカモとなります。
http://jsad10.org
 
そして、再び不登校の子どもたちがターゲットとなりました。前述した市川氏は、朝日新聞大阪本社版2010年3月13日朝刊で、例によって6.3%という数字を引き合いにし、「最近は不登校の50%以上に発達障害の存在が考慮されている・・・不登校が続き、成人になって"引きこもり""ニート"につながることがある」と主張しています。稲村氏と同じです。早期に精神科にかかることが解決策であり、そうでなければ大変なことになるぞという脅しのメッセージです。
 
さらには、前述したひきこもりのガイドラインでは、不登校をひきこもりの定義に含めるべきと主張されています。つまり、不登校=ひきこもり=精神障害という図式を作り出し、再び精神医療の対象としようという動きがあるのです。
 
いったい、このような精神科医たちは何を狙っているのでしょうか。では、わかりやすい例を紹介します。上記ひきこもりのガイドラインを作成した齋藤万比古氏は、ADHDの診断・治療ガイドラインを作成した人物でもあります。この人物は、国家公務員です。国民全体への奉仕者であって、一部への奉仕者ではないはずです。しかし、彼は一部の精神医療産業への奉仕者としか見えません。以下は、国家公務員倫理規程法に基づく、贈与等報告書からの情報をまとめたものです。
 
イメージ 1
 
治療ガイドラインを作成する立場にある医師(しかも国家公務員)が、特定の製薬企業から金銭を受け取っているという構図はいかがなものでしょうか。
 
このような精神科医が中心となり、日本AD/HD学会第一回総会が東京大学で4月4日に開催されます。
http://www.k-con.co.jp/js-adhd2010_annai.html
 
この大会長の奥山眞紀子氏やスポンサードセミナー座長の杉山登志郎氏らも、同様にADHD治療薬を販売する製薬会社からADHD治療薬に関する講演を依頼され、金銭を受け取っています。国家公務員である奥山氏は、ヤンセンファーマから7万円を得て、コンサータ錠発売記念講演会座長を務めています。
 
イメージ 2
 
地方公務員である杉山氏は、日本イーライリリーから10万円を受け取り、ストラテラ発売記念講演会で講演をしています。
 
イメージ 3
 
4月2〜8日は発達障害啓発週間であり、ますます精神医療産業のプロモーション活動は盛んになるでしょう。何度も言いますが、困難を抱える子どもたちが存在するのは事実です。その子たちを支援するのは必要なことです。しかし、支援は誰のためのものでしょうか。親の体裁のためでもなく、教師のためでもなく、ましてや一部業界の利益のためではなく、その当人のためにあるべきです。
 
懸念している通り、発達障害支援などという名目で、子どもたちが安易に精神科に連れて行かれ、被害に遭う事例が絶えません。心ある一部の人々は、その現状を知り、危機感を抱いています。ある地方の教育委員会の担当者は、現場の教師が自分の管理能力を棚に上げ、子どもの問題行動を全て発達障害のせいにし、簡単に精神科受診を促進するあまり、クラスの半数が発達障害とされたという事例もあるという、驚くべき実態を告白しています。
 
未来ある子ども・青少年が一部業界の利益のために食い物にされることを見過ごすわけにはいきません。ちょうど、市民の人権擁護の会が中心となり、正しい情報の共有を呼びかけることで、青少年の命を守るという「For Tomorrowプロジェクト〜明日の社会のため、救える青少年の命を守ろう!」が立ち上がり、早速4月4日に、子ども・青少年を守るための行進を日本AD/HD学会が開催される東大周辺で行うということでした。行進には誰でも参加できるということなので、是非皆さんも参加して下さい。私も参加する予定です。
 
行進のスケジュール
2010年4月4日(日)
12:30 お茶の水公園集合(湯島聖堂隣、JR/丸の内線御茶ノ水駅より徒歩3分)
12:50 行進開始
13:40 礫川公園(後楽園駅前の公園)で解散
問い合わせ先:03-3576-1741 090-9844-3119

閉じる コメント(4)

顔アイコン

>不登校=ひきこもり=精神障害という図式を作り出し、再び精神医療の対象としようという動きがあるのです。
↓ ↓ ↓
わが子が不登校やひきこもりになってしまうと、親は平常心でいられなくなる
でしょうね。
そして、マスコミに騙されて、子どもを精神障害だと誤解して、子どもを精神科に
連れて行ったり、子どもが精神科に行くのを嫌がった場合などは、子どもに内緒で
精神安定剤などをご飯や味噌汁などに混ぜ込んで、こっそり飲ませる親もたくさん
出てくるのではないでしょうか?
下記の動画の男性も、家族が食事に精神安定剤を入れていたことを知り、それ以来
家族の手料理を受け付けなくなった、とのことでそれ以来レトルト食品だけを食べて
いるとのことです。(25年間ひきこもった息子 2/4より)

2010/4/2(金) 午後 8:35 [ うさぎ ]

顔アイコン

↓ ↓ ↓
25年間ひきこもった息子 1/4
http://www.youtube.com/watch?v=BddBOsyKvuU&feature=related

25年間ひきこもった息子 2/4
http://www.youtube.com/watch?v=JotlxhwnEzA&feature=related

25年間ひきこもった息子 3/4
http://www.youtube.com/watch?v=9sDdMSq0tMw&feature=related

25年間ひきこもった息子 4/4
http://www.youtube.com/watch?v=6aEatGN95ks&feature=related

2010/4/2(金) 午後 8:36 [ うさぎ ]

顔アイコン

悲しい話ですね。

精神安定剤が、麻薬や覚せい剤と似ているものだと知っていれば、自分の愛する子供にそんなものを飲ませたりはしないでしょうに…

知識が無ければこういう悲劇が起こります。

平常心でいられなくなった親に対して、『精神安定剤が問題を解決してくれる』という誤った知識を植え付けてくる精神医療のやり方に犠牲にならないためにも、知識を付けて欲しいです。

すでに知っているから必要ない、と思わずにDVDを手に入れてもっと深い知識を得てそして他の人にも伝えましょう。深い知識と道具があれば人に精神医療の事を伝える時にも楽に伝えられます。

お勧めです。

ドキュメンタリーDVD「精神医学 死を生み出している産業」
http://cchrjapan.org/1102dvd.html

巨利をむさぼる 向精神薬による治療の真相
http://cchrjapan.org/20081202news.html

2010/4/3(土) 午後 5:05 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

いまどきの公立学校では給食に菓子パンが出る。
菓子パンの他に白米もたらふく食べてグーグー寝ちゃったりハイテンションになったりボーっとしてたり。学校給食を食べ続けるほどADHD化する。
あげくスクールカウンセラーが精神科受診を勧めるとはずいぶん連携が取れてるじゃないの、栄養士が考える献立に菓子パンだよ?公立学校だよ?学校もグル?
保健室には「砂糖は脳のエネルギー」ってポスターが貼られてるって。こわいねぇ。

2010/4/15(木) 午後 3:35 [ tak*_v*tam*n ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事