精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

何らの精神疾患もなかった20代の青年が、騙されて精神科の診察を受けさせられ、たった2、3言会話しただけで、暴れてもいないのに、いきなり羽交い絞めされて注射を打たれ、意識を失いました。しかも、そのまま全身麻酔をさせられ、電気ショックを施されました。意識を取り戻したところ、手足を縛られ、保護室に入れられていました。そして2週間、その身体拘束は外されませんでした。
 
結局、彼は短期間で6回も電気ショックをやられ、薬漬けで苦しみました。同意書にサインしないと退院させないなどと散々脅され、精神科医に従ったフリをしたところ、退院できました。これは、東京で昨年起きた事件です。
 
映画・シャッターアイランドを見て、怖いけど映画の中の世界だと思った日本人も多いことと思います。しかし、日本では現実世界で上記のような事件が普通に起きているのです。
 
その青年は退院後、なぜこのような非人道的な行為が堂々と行われているのかについて調べました。そして、弁護士の力も借りず、自力で証拠を集めていきました。次々と、医療とは思えない異常な行為が発覚していきました。
 
実は、電気ショックは極めて保険点数の高い治療です。全身麻酔下の電気痙攣療法(電気ショック)は、1回で3万円が病院に入ってくるのです。その病院は、何と、一日で多いときに40件も電気ショックを患者に施しています。外来でも電気ショックをしているとはいえ、わずか100少々の病床数でこの数は異常としか言えないでしょう。それだけで120万円の収入です。
 
また、入院治療については、入院直後は保険点数が高く算定できます。長期になればなるほど、保険点数はかなり下がるので、短期間で搾り取るだけ絞り取って回転を早めるのが精神病院にとって一番金儲けになる処遇です。隔離室に入れておけば、精神科隔離室管理加算というボーナスもつけられます。当然、強制入院にもボーナスがつけられます。
 
最近、政府は精神科救急に力を入れています。しかし、それを逆手に電気ショックの濫用、不当な強制入院、必要のない隔離・拘束が行われているとしたら恐ろしいことです。
 
当然、被害者は彼だけではありません。多くの若い患者が被害に遭っています。満足な診察もせず、精神科医の一方的な思い込みで強制入院を決めるということは、逮捕・監禁以外の何物でもありません。ましてや、満足な診察もなしに有無を言わせず意識を失わせたり、即電気ショックをかけたりする行為は、到底医療とは呼べないでしょう。
 
その青年はこれ以上被害者を増やさないようにしようと決意し、立ち上がりました。先日、彼はその病院を相手に訴えを起こしました。無事地裁に訴状を受理されました。
 
彼は、同じような被害者がいないかと呼びかけています。その精神病院は、東京都足立区にあります。病院名は伏せておきますが、心当たりがあるという方、特に彼のような被害に遭ったという方がいらっしゃれば、至急ご連絡下さい。
kebichan55@yahoo.co.jp
 
強制入院という形態は、ある意味必要です。しかし、そのシステムが健全であり、決定を下す人物が信用に値している場合に限ります。日本では、まともな診察もできない精神科医が精神保健指定医という免罪符を持っている以上、誰もが突然「冤罪」に巻き込まれ、自由と権利、名誉、人生全てを奪われる危険性があります。日本列島自体がシャッターアイランドです。
 
その知られざる実態を知りたい方は「閉鎖病棟からの告発」(八木美詩子著、アットワークス出版)をお読み下さい。
http://www.atworx.co.jp/works/pub/57.html
 

 

閉じる コメント(84)

顔アイコン

(承前)

ところが……

「その後、全く連絡もなければ、調査の結果も連絡してこない」

「結局、その団体は、考え方にバイアスがかかって人たちで、
ECTを強く批判する人たち(のみ)の意見を聞きたかったに
違いない」

と、kyupinDr.は思った由。
(ブログ中のエントリの表題は "ECTと人権保護団体?" 、このエントリ記載のURLはhttp://ameblo.jp/kyupin/entry-10033788005.html#cbox)

……で、私がこのエントリを抜粋引用したわけは、このエントリをふまえたコメントのほうにあるのです:

(続く)

2010/5/2(日) 午前 2:11 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

…………というわけで上記のエントリへのコメントが次のようなものだったのです。

「先生は、自分が病気になったときにECT使ってもらいますか?」

とコメントで問われて、kyupinDr.答えて曰く:

「それについては、すでに書いています」

『自分がわけがわかないうちに自殺するのは嫌なので、そんな時は、 ぜひECTをしてもらいたい』

くらいに書いた(中略)」

と、このブログの過去のエントリで、kyupin先生ご自身、自分に強い希死念慮が襲って来たら、是非、ECTを(しかも、無修正の麻酔なしの昔ながらのやり方希望!)施すことを希望する旨、明言されているのです。そして、

「普通、自分や自分の家族にできないような治療法を患者にするはず がない。」

と、適切にECTを用いることに自信と誇りを持っておられます。

(続く)

2010/5/2(日) 午前 2:40 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

-----その証左として:

「実際、"僕の親友の女性" にもかけたエントリが(このブログのなか に)出てきています」

………との引用で紹介した様に、satoshiさんが、ひとつの防御策として(?)勧める

「患者にそんな手技をやるのであれば、ドクター、お前が自らやれ や」

と命ぜられるに準ずることをとうの昔にやっているわけなのですね。

ですから、もうsatoshiさんご推奨の医師をひるませようという猿知恵は無効、というわけです。

そして、今回のエントリへの疑惑としてのコメントが、心ある読者から寄せられて、"有終の美?"(苦笑)を "飾り"(再苦笑)ましたのであります:

「その市民団体はCCHR 市民の人権擁護の会という団体ではなかったでしょうか?」

「その団体はサイエントロジーという新興宗教と関連していて,精神科全般を全否定していますよ」

ついで、

「ちなみに,この団体が推奨しているのは栄養療法みたいです。栄養療法とサイエントロジーは密接に関連しているかもしれません」

(続く)

2010/5/2(日) 午前 3:06 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

………そして、ついに、この言い様に至ります。

"bon sens" ("良識"、つまるところ、早い話が "理性") をもっている人間であれば、当然、こういう言になってしかるべき。なのですが………。

「それにしても,統合失調症に栄養療法って」

「患者がかわいそうでしかたありません」

indeed!

2010/5/2(日) 午前 3:14 [ - ] 返信する

世の中には、重要な情報があります。
知らなければ大損失するような情報。
それを伝える重要な人物もいるでしょう。

反対に、世の中にはどうでもいい情報もあります。
知っても知らなくても、何も変わらない情報。

それを伝える重要ではない人物もいるでしょう。

重要な情報と、重要ではない情報を等価に扱うと、混乱します。

何を重要で何がそうではないかを決めるのは、個人個人です。

重要ではない情報にまどわされて、地雷を踏み人生が苦しみに満ちないようにしてもらいたいです。

重要な情報をつかみ、世の中の地雷を正確に見つけ、地雷の埋め込みに反対し、対処方法を学び、他の人にも地雷を踏まないようにお伝えください。

2010/5/3(月) 午後 1:14 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

人間にも地雷は居ますねぇw

あ.大したことじゃないので削除してもらっても結構ですよ。

2010/5/3(月) 午後 3:09 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

日本で製造されているのリタリンは、効く時間が短時間なので、もちろん、コンサータはとても便利(朝1回の服用で12時効果が持続する)なのだが、私みたいに、出勤が朝だったりお昼近くだったり、はたまた在宅勤務で、昼間が眠っている時間帯だったりの非常な不規則な生活形態だったりだと、コンサータは不便なこともあって、服用後、15分から30分で効いてきて4ー5時間で効き目が終わるリタリンのほうが却って、こういう生活形態の身には使い勝手がいいので、ショート(リタリン非徐放)、ロング(コンサータ)と両方をADHDに使えるように、これからは是非、この国を代表する、とても優れたNPO法人の団体等をはじめとして、協力して、さかんに厚生労働省及び製薬会社にロビー活動してゆくべきだろうと切実に思っているのです。

(続く)

2010/5/5(水) 午後 8:49 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

これに関しては異論があるかたもおられるでしょう。また、なにやら元そのNPO法人で活躍されていて、袂を分かったかたもおられるようですしね。

ただ、見解の相違があるとは家、匿名で、特定の人物のプライベートな事をこのような匿名のウェブサイトと匿名の人物に教えるのもどうかと思いますよ。

どうも、いろいろと精神医療業界は難問山積でどうしても長くなってしまいます。

いろいろ言いたいことがおありのかたは

lardschering@yahoo.co.jp

に言ってくだされば、応対します。いろいろここでは口外出来ない状況も知っているので。
ただ、ここのブログ主さん(本当にごめんなさい。真剣にあなたとこの難題山積、ゆゆしき事態の精神医療について真剣に話し合いたくて、却って何からどう切り込んでいいのか二の足を踏んでいる状態なのです。でも近々、e-mail出しますから)にもまだ出していない状態なので、気長にお待ちください。くださったemailにはかならず応じますので。

(続く)

2010/5/5(水) 午後 9:01 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

最後に。
無視していればいいようなものですが、はっきり名指ししてはおられないものの、私を愚弄している文言ともとれるように感じましたので、蛇足っぽく。

satoshiさん。

satoshiさんはこのエントリの2010/4/21(水) 午前 8:22付けのコメントで、ハンドルネームをあげてこそいないものの、明らかに私に関して、

「向精神薬を楽しむために取る人」

とおっしゃっていますが、それは全く異なります。

私は歴とした発達障害の専門の児童精神科医師から処方箋を切ってもらっているのですから。

私にとって、メチルフェニデートは眼鏡やコンタクトレンズのような存在なのですよ。
楽しんでいるわけでは決してないのですから.

私をいくら揶揄しようがかまいませんが、先天的な疾患の対症療法としてメチルフェニデートを服用している者にむけて

「向精神薬を楽しむために取る人」

というのは、少々表現として度が過ぎているのではありませんか。

2010/5/5(水) 午後 9:11 [ - ] 返信する

顔アイコン

うつ治療を見直す(1)1日17錠…症状が悪化 : 医療大全 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=24456

うつ治療を見直す(2)自殺の陰に過剰な投薬 : 医療大全 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=24458

2010/5/6(木) 午後 0:54 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

ここでは精神科医と精神医療で用いられる薬剤がやり玉に挙げられているわけですが、すべての精神科医が悪いわけでもないし、ましてや薬は症状を消したり緩和したりするために発売されるわけですから、多剤併用の問題はあるにしてもそれぞれの薬、とくに近年発売される薬は優れたものが多いので、誠実な一所懸命な心のプロを口コミや書籍(ウェブサイトは偏ったひどい情報が多いので、インターネットはやめましょう)で探して、どんどん相談するようにしましょう。

(つづく)

2010/5/6(木) 午後 7:12 [ イルベール ] 返信する

顔アイコン

(承前)

私の知っている幾人もの優れた精神科医は、「インターネットは心を病んでいる一、精神疾患で闘病中の患者には極めて有害」と、初診のときにまず「寛解して半年くらいの経過を経て再発等せずに、安定するまでは、コンピュータや携帯電話機のインターネット機能には一切触れないように」「もし何か知識を得たい場合は専門家に直接尋ねるか、図書館や大書店などの医学の棚で良質の入門書や、素人にもとっつきやすい専門書があるから、そういう書籍から情報は得るように」と、厳しく、非常に念入りに指導しているそうです。

(続く)

2010/5/6(木) 午後 7:22 [ イルベール ] 返信する

顔アイコン

(承前)

精神科医の立場からすれば、添付文書にかかれてある副作用など、まず第一に、逐一患者に説明していれば、時間がいくらあっても足りないし、大体、あのような仰々しいデータを観れば、患者は怖じ気ついてしまって、服薬コンプライアンスが一気に駄目になってしまう、というのが本音です。

確かに薬にはいろいろ副作用がありますが、いいドクターのお世話になれば、大丈夫ですから。

薬でおきる副作用の非常に重い者でも、このエントリのテーマであったECTでかりに一時的に副作用が(ここでのコメントでECTの後、ふらついて足腰がぐにゃぐにゃに生ったり、口調においてろれつがひどく回らなくなったり、というのは、修整型ECTというのは、筋弛緩剤を用いた上で、更に全身麻酔をかけて通電するのですから、施術直後、筋弛緩剤と全身麻酔の影響からくるものをスキャンダラスにプロパガンダとして用いた者がいて、なぎささんなどはそれをドグマにしてしまったのでしょう)おきても、自殺されるよりは、自殺するよりはマシでしょ。

2010/5/6(木) 午後 7:34 [ イルベール ] 返信する

顔アイコン

ECTについての動画がありました。
http://www.cchr.org/#/museum/ect
英語ですけど、肩書きや資料動画だけでも参考になるかもしれません。屠殺場に精神科医がいるのはなぜでしょう。
ECTは豚を殺しやすくするために豚に行われてたものを人間に再利用したもののようですね。
ま。私は別にectに興味ないんですけどね。

2010/5/9(日) 午前 1:04 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

<殺人未遂容疑>娘の友人の女児刺す 42歳女逮捕 大阪
5月9日17時45分配信 毎日新聞

9日午後3時55分ごろ、大阪府豊中市原田元町1の3階建てマンション2階に住む男性(45)から「妻が娘の友達を刺した」と110番があった。府警豊中署によると、男性宅に遊びに来ていた同市内の小学5年の女子児童(10)が腹部から血を流して倒れており、同署は男性の妻(42)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。女児は病院に運ばれたが命に別条はないという。

豊中署によると、女児は男性の娘(10)と同じ学校に通う友人で、この日午後0時半ごろ訪問。午後3時55分ごろ、2人が居間でテレビゲームをしていたところ、妻が突然「娘を殺さないで」と言って、女児の腹部1カ所を包丁で刺したという。部屋からは包丁(刃渡り約18センチ)が見つかっており、同署は凶器とみて、詳しい動機を調べる。妻は名前や住所は話しているが、調べに対し黙秘しているという。(つづく)

2010/5/10(月) 午前 0:02 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

近所の男性(40)によると、昨年度、娘の小学校でPTAの保健体育委員を一緒に務めたといい、「よく仕事をしてくれる人でありがたかった。口数は少なく、飲み会でも1人で黙々と飲んでいた。事件を起こすような人ではなかったが」と驚いていた。

同署によると、妻は約7年前から精神科に通院している。【山口朋辰、土本匡孝、向畑泰司】

2010/5/10(月) 午前 0:02 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

副作用や死亡率の高いECTなんてやめるべき。書籍からでもヒントは得られる。以下、有用性の高い(認知療法のほうに思考パターン矯正に役立つ)書籍は.....

※道は開ける D.カーネギー(神経症の対処方法が書いてあ る)
※HAPPY FOR NO REASON[脳にいいことだけをやりなさい]
マーシー・シャイフ (幸福感の持ち方を説いている)
※考えない練習 小池龍之介 (身体感覚の重要性を仏教的見地 から説いている)
月並みな本でごめんなさい。医療関係の本は、暗示にかかるから、良くないと医者に言われたことがあり。座禅や瞑想を勧められたこともある。精神医療は、死の産業、こんなものにお金を投じるなら、書籍を購入した方が安全だと思う。

2010/5/11(火) 午前 8:40 [ tw*iligh*t ] 返信する

顔アイコン

一部の精神科医は家族の了解があれば何でもやる。 儲けのためだけじゃなく、出世のために何でもやる。

医療保護入院のほとんどは親と精神科医との共同作業。

精神科医が行うことがあるとすれば、人間関係や環境の改善じゃないですか?





***

栄養療法ももちろん大切ですが、人間って 養育者から愛されているという確信がなければ生きていけないんです。 そして、自分が社会のために役立っていると感じられなければ生きていけません

2013/11/5(火) 午前 11:58 [ 休憩中・・・ ] 返信する

顔アイコン

***

養育期の愛情の飢餓は、食べ物と同様、さまざまな発達不全や精神の不調を引き起こします。

愛情飢餓の結果は、親から離れたとき発症するのでわからなくなってしまうのだと思います。

一昔前の精神科医は他人を傷つけるわけでもない、ただ痩せただけの女性の家に突然侵入して、、デポ剤を打って羽交い絞めにし病院へ運び、性体験が一度もない女性をベッドに縛りつけ、太もものところから、カテーテルを、高カロリーの栄養剤を多量に何日も入れるとか、どう考えても犯罪行為としか思えないようなことを平気で行う・・・

裸の写真もぱちぱちとるし、脳のCTなども無断で撮ります。 そういう医者がいたということです。


強制隔離も、ロボトミー手術も、電気ショックも、多剤長期投与も、やりたい放題だったのでしょう。

儲けや出世の道具としてきたんですね。患者が死んだって誰にも責められないことを知っているのです。

絶対に許せない。許してはいけない。 彼らこそ、犯罪者です。

2013/11/5(火) 午前 11:59 [ 休憩中・・・ ] 返信する

顔アイコン

悪徳精神病院は他害も自殺の恐れも無い大人しい女性たちに
点数稼ぎの為に拘束隔離を3カ月もしている
今もなおだ。厚生労働省や精神福祉センター?などあちこちの国の期間にも弁護士にも相談したが全く無意味だった。
この国は狂っている。

2015/10/19(月) 午後 2:49 [ キチガイ女 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事