精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

破壊的なうつ病治療を蔓延させ、メンタルヘルスを崩壊してきた張本人たちが、うつ病対策に関する共同宣言を発表したということです。今日はエイプリールフールかと錯覚させられる内容でしたね。
 
精神疾患4学会の共同宣言要旨 

 精神疾患4学会の共同宣言要旨は次の通り。
 
 一、うつ病をはじめとする精神疾患は、先進諸国ではがんや心臓疾患と並ぶ三大疾患で、その対策は国家政策の最優先課題。わが国でもがんに次いで重大な社会的損失をもたらしており、国民病というべき疾病である。
 
 一、うつ病に対する正しい知識が普及していないため、国民の多くが適切な治療を受けられず、発見・治療が遅れている。国家的課題として啓発に取り組むべきだ。
 
 一、自殺や長期休務など重大な問題が生じている職域でのメンタルヘルス対策、うつ病発症が若年化している学校におけるメンタルヘルス教育の導入が必要だ。
 
 一、診療報酬体系の見直しや精神療法、職場復帰プログラムなど薬物療法以外も保険診療に組み込めば、質の高い医療が提供できるようになる。うつ病センターを設置すれば、専門的治療と臨床研究が推進される。対うつ病10カ年計画を国家レベルで策定すべきだ。
 
 一、うつ病研究が進展し、早期発見や治療法が確立すれば、偏見も解消され、自殺者も大幅に減らすことができる。
2010/05/22 19:57   【共同通信】
 
ご冗談でしょ?

それでは私も宣言しましょうか。
 
 一、うつ病をはじめとする精神疾患は、先進諸国では業界にとってカネになる主要な詐欺的疾患で、その被害対策は国家政策の最優先課題。わが国でも医原性精神疾患は重大な社会的損失をもたらしており、国民病というべき疾病である。
 
 一、うつ病治療に対する正しい知識(精神科医の診断に根拠が乏しいこと、ずさんな投薬が横行していること)が普及していないため、国民の多くが不適切な治療を受け、そこからの脱却が遅れている。国家的課題として啓発に取り組むべきだ。
 
 一、自殺や長期休務など重大な問題が生じている職域での(精神科医や製薬会社の利権から完全に切り離された、科学的で効果的な)メンタルヘルス対策、精神科受診及びそれによる被害が若年化している学校におけるメンタルヘルス教育(=安易な精神科受診を防ぐ教育)の導入が必要だ。
 
 一、診療報酬体系の見直しやうつ病診断の制限(徹底した除外診断をしない限りうつ病と診断したり、投薬したりできないようにする)、うつ症状を引き起こす身体的原因を正しく検査、治療できるシステムを保険診療に組み込めば、質の高い医療が提供できるようになる。うつ病治療監視センターを設置すれば、非人道的な実践と人体実験の防止が推進される。対うつ病詐欺10カ年計画を国家レベルで策定すべきだ。(※うつ病詐欺=うつ病という架空の疾病概念を巧妙に用い、患者や一般市民、政府、マスコミを騙す詐欺)
 
 一、うつ病詐欺研究が進展し、詐欺の早期発見や摘発法が確立すれば、偏見も解消され、自殺者も大幅に減らすことができる。

うつ病は薬で必ず治ると散々言い続けてきたのは誰でしたっけ?10年前には、画期的な新薬が出て治療法が確立されたというようなことを主張していましたが、嘘だったのですか?「自殺者を大幅に減らすことができる」という主張はもう聞き飽きました。10年前にも同じ主張をしていましたが、あれから抗うつ薬市場は6倍になっているのですが、なぜ自殺者を減らすことすらできないのでしょうか?
 
今年度に入り、うつ病治療の実態が次々と暴露されています。うつ病診断の幅が広く、過剰な投薬の原因になっているという批判もようやく大手マスコミから聞こえてくるようになりました。まさに精神医療産業は岐路に立たされている訳です。
 
しかし、それでも彼らはまだうつ病詐欺を止めないようです。それどころか一気に「国民病」として政府の御加護の下、さらなる市場拡大を狙っているようです。
 
同時に、メンタルヘルス教育という隠れ蓑を使い、早期支援・早期介入という概念を普及させ、青少年に一気に市場拡大させようとしています。早速、日本精神神経学会総会、こころの健康政策構想会議を利用し、彼らは大々的なPRをしています。
 
予想通り、製薬会社から多額の資金を受け取り、ADHD治療とひきこもり対策のガイドラインを作成している精神科医がしかけてきています。
 
「ひきこもり」多くが精神疾患 3分の1は「薬物治療必要」 厚労省調査
産経ニュース 2010.5.19 23:55

  就学・就労などを避け、家から出てこない「ひきこもり」の若者を厚生労働省の研究班が調査したところ、専門施設に相談してきた「ひきこもり」に悩む人の3分の1が、統合失調症など薬物治療を必要とする精神疾患を抱えていたことが19日、分かった。他の相談者も何らかの精神疾患を抱えていた。
 
 また、研究班は同日、ひきこもりの長期化を防ぐためには、できるだけ早く当事者が専門機関に相談・受診することが重要などとする「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」を公表した。
 
 調査は平成19~21年度に行われ、精神科医ら専門家が在籍する全国5カ所の精神保健福祉センターに、16~35歳までのひきこもり本人が直接相談にきた184件を検討した。
 
 その結果、診断が確定した149件のうち、49件が統合失調症や不安障害、気分障害など薬物治療が必要とされる精神疾患だったことが判明。さらに48件が広汎性発達障害や精神遅滞と診断され、51件は専門家のカウンセリングなどが治療の中心となるパーソナリティ障害や適応障害などだった。残る1件は前記3分類にあてはまらなかった。
 
 今回の調査結果を受け、厚労省は「診断や治療を受けないまま、症状を悪化させる恐れがある」として、ひきこもりの背景に精神疾患があるケースが多いことを明確化。ガイドラインでは現在全国の約26万世帯でひきこもりの子供がいると推計し、ひきこもりの長期化を防ぐため、できるだけ早く当事者が専門機関に赴いて受診をすることが重要とした。専門機関は長期的な関与を続け、精神疾患の有無を判断すべきだとしている。

精神医療産業が企む、青少年に対する精神疾患の早期介入の危険性に気付いている識者は存在するのでしょうか?このままでは、本格的に日本の若者は破壊させられてしまいますよ。私も、この問題についてそろそろ本格的に動き出そうと思います。
 
何か情報がある方は
kebichan55@yahoo.co.jp
までメールをお願いします。
 
※メールを送ったにもかかわらず長い間返信が来ていないという方は、お手数ですが再度メールを下さい。フリーメールなので結構メールのトラブルが多いです。
 
※宣言の最初が抜け落ちていましたので赤茶の文字で追加しました
 
※宣言の本文を見つけました。読めば読むほどその恐ろしさがわかります。製薬会社と連携した現代型の精神医学と、ひたすら死人の脳を集めて研究したナチスドイツ型精神医学が融合し、さらに危険で凶暴で狡猾なイデオロギーとなりつつあります。

閉じる コメント(9)

顔アイコン

とうとう悪人達の叫び声が出てきましたね。批判が高まっていることの反動ですね。

精神病を利用して、患者の健康を犠牲にしてより広範囲に依存性薬物をばらまくやり方。すべては爆発的な利益のため。
これが精神医療の中心人物たちの金儲けの手段。

国家レベルで、精神医療業界(麻薬覚醒剤販売業界)に社会をぐちゃぐちゃにされるか、

もしくは、

国家レベルで、精神医療業界を取り締まるか。

二者択一を迫られている時期にさしかかってきましたね。

転載させていただきました。

2010/5/23(日) 午後 8:51 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

時事ドットコム:「対うつ病10カ年計画」策定を=関連4学会が初の共同宣言−広島
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010052200335

うつ病対策推進、国に提言 広島で精神医療4学会 - 中国新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201005230113.html

うつ病:「国レベルで対策を」学会が共同宣言 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/life/today/news/20100523k0000e040016000c.html

>日本生物学的精神医学会の武田雅俊理事長は「うつ病の専門家がレベルを上げるのはもちろん、世に広く知ってもらい、政策を動かしたい」と話した。

2010/5/23(日) 午後 10:12 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

他にもたくさんの報道が出ていて、すごい報道量です。

政治の面から圧力をかけ自分たちに金が儲かる法律を作り出す。
そうすれば精神医療批判がいくら高まっても取り締まれません。
それがいつもの精神科医達のやり方です。

うつ病の専門家のレベルをあげても患者は治らず、薬が売れて精神科医と製薬会社が潤うだけでしょう。

2010/5/23(日) 午後 10:13 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

ニューヨークタイムズ
www.nytimes.com/2004/08/22/magazine/22DEPRESS.html

"Did Antidepressants Depress Japan?"
「日本人をうつ病にしたのは抗うつ剤ではないのか?」と題された2004年のこの記事によれば、それまで日本には存在しなかった「kokoro no kaze」が製薬企業によってまき散らされ、製薬企業(GSK)にターゲットにされた日本国民は、「科学」ではなく彼らの巧妙な販売戦略によって病気にされ、文化的な価値観の破壊につながったと。

いよいよその破壊が最終局面を迎えたようですね。

2010/5/23(日) 午後 11:47 [ myu ]

顔アイコン

数年前、睡眠薬の減量中であった。睡眠細胞がないかもしれないと言った医者がおり、毎晩怒りと不安と後悔で辛かった。「睡眠薬服用、死亡率15%増し(これくらいだったと記憶している)」との英語の記事が、頭にこびりついていた。

なぜ通院したのだろうという後悔の争いが親子で絶えなかった。

親 → 治ると思った 子 → 薬の常用量依存になった
と主張していた。カルテを開示したが、ある医師の書いたものは、判読不可能であった。カルテを開示しても、訴訟をしなければあまり役には立たない。規則正しい生活を送るのに、薬は威力を発揮したが、結局薬なしでは生活が送れなくなり、初めから手を出さなければ良かった、という結論になった。
診断名も、いろいろ付き、一体どれが本当なんだ?という感じになった。考えてみれば、検査法が精神医療にはない。薬をやめた時点で、治ったということになり、何の病気だったのかは解らなかった。病気ではなかったんじゃないか?薬の依存症で通院していたのかな?

2010/5/24(月) 午後 1:58 [ tw*iligh*t ]

顔アイコン

補足:緑内障になると睡眠薬は使えない場合がある。一生使えるとは限らない。他科の疾病で入院すると、薬を処方してもらう必要がある。リーマスなど服用の場合は、内科受診時は飲み合わせのため報告する必要がある。

2010/5/24(月) 午後 1:58 [ tw*iligh*t ]

顔アイコン

>t0bk36my9/1dcxさん。
>spring4152さん。

あなたがたの文章は、文章を書くのが下手、または推敲していない、といった感じと異なった、読んでも、何だか意味がよく通らない、そのくせ、精神的に病的なものを感じます。

一日も早く、ご自宅の近所または、通うのに至便なロケーションにある精神病院/精神科クリニックの、いい精神科ドクターの診察を受けて優れた処方の投薬治療を受けることを、強くおすすめします。

いまのあなたがたの文章は、荒らしっぽい文章に、結果としてなってしまっていますから。

2010/8/10(火) 午後 9:31 [ - ]

tbです。ご回答します。

学者の論と仲間の論を書いています。しかし、頭部挫傷中の圧迫感で推敲はしていません。
それは申し訳ありませんでした。
かなりの方々が精神科医を馬鹿にしているのは本当ですしね。
うつ病キャンペーンでお客さんになってしまい、医療報酬を差し出し、結果損しかしませんでした。
あまりにバカバカしいのです。
精神科医に頭に来ている方の批判内容はすごいですよ。書きなぐり文字でしたね。

私も内科医と精神科罵倒で爆笑してきましたし。

朝は起き、夜はぐっすり眠り、昼は毎日子供たちを預かっていますから、ご安心を。

2010/8/11(水) 午後 9:22 [ - ]

彼等はお金はもっていますが、覚醒剤や麻薬を売って稼いだ金ですからね。

尊敬に値はしないでしょうね。

麻薬の売人が白衣を来て医師のふりして金儲けしているとみなすと、確かに滑稽な様にも見えます。

2010/8/11(水) 午後 10:47 [ satoshi_3210 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事