精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

日本の精神医学の暴走が始まりました。
 
最近の精神医学会の動向を見ると、ある一定の方向に向けられていることがわかります。キーワードは「早期介入(早期発見・早期支援)」です。
 
最近の精神医療業界の提言は、全て「早期介入」の実現を意図したものになっています。

「精神保健医療福祉の更なる改革に向けて」(今後の精神保健医療福祉のあり方等に関する検討会報告書)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/09/dl/s0924-2a.pdf
 
5月中に提言を出すとしているこころの健康政策構想会議
http://www.cocoroseisaku.org/
 
日本精神神経学会ら精神医学四学会による共同宣言
http://jsbp.umin.ac.jp/contents/utsu_taisaku.pdf
 
そして、このタイミングで出してきたのがこれです。
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02880_01
http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=81284
 
これらの動きは、全てオーストラリアの精神科医Patrick D. McGorryや、彼が提唱したプログラムから来ていることがわかるでしょう。早期介入を日本に導入させようとしている精神科医にとって、まるでマクゴーリは「師匠」「神」といった存在であるかのようです。いかにそのプログラムが素晴らしいものなのかを力説していますが、はたしてその取り組みは健全なのでしょうか。それ以前の問題として、科学的根拠はあるのでしょうか。
 
まずはTIME誌の記事をご覧下さい。翻訳文を貼り付けておきます。翻訳していただいたmyuさんに感謝いたします。
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1205408,00.html
 
診断よりも薬のほうが先?
 
定義によれば、実験とは未知なるものへの船出とされる。しかし、メルボルン大学の精神科医パトリック・マクゴーリが1990年代後半に若者に対して行った実験は、数ある実験の中でも極めて大胆不敵なものであった。マクゴーリは、例えば統合失調症のような精神疾患には発病前の段階、つまり前駆症状があり、この間に注意して介入を行えば発病および患者やその家族が崩壊するのを予防できるのではという考えにとりつかれた。こうした理論を唱えたのはマクゴーリだけではなかったが、彼は世界初となる臨床試験に踏み切ることを決め、精神医学に懐疑的な人間を仰天させた。
 
争点となったのは、マクゴーリの臨床試験に参加した約30名の被験者に対し、運動性疾患をはじめ多くの有害な副作用のある抗精神病薬、つまり神経弛緩薬に分類されるリスペドリンの常用量を、治療の一環として投与したことであった。単に直感だけでこうした危険な薬物を投与したことに憤慨した批評家は、製薬企業との繋がり、そして製薬企業のマーケット拡大の強い意図を疑った。2001年、アメリカのメンタルヘルスのロビイストであるディビッド・オークは、「これは私の知る中でも、人類が若者に対して行った最もキテレツで逆効果を生む実験だ」とTIMEに語った。
 
この臨床試験は参加者数が少なすぎたため結論には達しなかったものの、マクゴーリに自信を与えるには十分な結果となった。メルボルン大学と連携する公立のメンタルヘルス・クリニックの仲間らとともに、2000年後半、彼は2回目となるさらに大規模な臨床試験を募集、その結果は今でも未分析のままなのだが、一方アメリカでも同様の実験に取りかかる研究者が現れた。こうした実験に対する怒りの声が弱まることはなかったが、マクゴーリには教授会連合の仲間であるエール大学精神科の主任教授、トーマス・マグラシャン(Thomas McGlashan)がいたのだ。しか し、もはやその支えであった柱が消えてしまった。自分の行った臨床試験において、早期薬物療法が実効性のある測定可能なベネフィットを示さなかった結果に落胆したマグラシャンは、最近ニューヨーク・タイムズ紙に対してこのように語っている。「統合失調症の予防の可能性には疑いを抱いている。私はもうこういうことには以前より悲観的だ。何が前駆症状であるのか、何がどうなっているのかを理解し明確に見極めるには、リスクファクターはあるが薬物療法を受けていない若年層をフォローすることの必要性を今まで以上に感じでいる」
 
一人残されたマクゴーリはどうするのだろうか。 どうやらまったく意欲をそがれた様子もない。マグラシャンの「態度の変化」には、アメリカの精神医学における「倫理的混乱」に関する言及に比べ、予防概念の欠陥に関する言及が少なすぎるとマクゴーリは主張する。引き下がったどころか、彼はこうも言う、「必要なのは、統合失調症に限らず精神疾患の発病に対してすべてのスペクトラムを用いて、若者をケアにつなげるアクセス方法を考えることだ。」
 
物静かでソフトな語り口ではあるが、マクゴーリには、抗精神病薬を実験的に使うことが唯一信頼性のある方向に向かっているように見せかける術があるようだ。メルボルン大学付属のオリジェン・ユーズ・ヘルス(Orygen Youth Health)の 事務局長の肩書きを持つマクゴーリは、軽度の妄想や社会適応障害の症状を持つとされる15歳から24歳までの患者を受け持つ。「適切な治療法としてフィッシュ・オイル療法や認知行動療法 (CBT) が優先的に行われるべき 療法ではあるが、それらが功を奏さないときに患者が狂気に移行するのを見ているだけというのは受け入れがたい、とは言え誰がそうなるのかを確実に予測することは不可能なのだが。しかし何かすべきだ。」マクゴーリが言うのは、神経弛緩薬による薬物併用治療という考えである。「彼らに友人はいない。ただ寝室に座って、人生が過ぎていくのを見送っている。彼らを救うためには積極的な研究が必要だ。批評家がこの問題に対して声を上げるのは正しい。しかし明らかに障害のある人を、われわれの恣意的なシステムに適合させる術がないことを理由に、軽視することはできない。マグラシャンが行った臨床試験のデザインには欠陥があり、それが否定的な結果につながった理由だ」と彼は言う。
 
一方マグラシャンはTIMEとのインタビューでマクゴーリを「素晴らしい精神科医であり先駆的な研究者」と呼びながら、ただ熱意の対象が異なるのだと言う。つまりマクゴーリが予防に熱意を持つのに対し、マグラシャンの方は精神疾患を発病するメカニズムにあるというわけだ。「早期介入の丘の上には金が見つかるかもしれない、しかし・・」と、彼は言う、「われわれには十分なデータもなく、また再現性においても十分な知見があるとは言えず、現時点においてはさらなる調査研究を必要とすると言う以外に言えることは何もない」と敗北を認める。
 
現在いくつかの国では精神病の予防が花盛りであるが、国際早期精神病協会(International Early Psychosis Association)の会長、マクゴーリは「アメリカにおいては精神病の予防は地響きを上げて完全停止し、アメリカの健康医療活動家もどう考えていいものやら混乱している。彼らはADHDの子供たちに対する過剰投薬の問題で忙しく、この問題がぼやけている」と言う。しかしマクゴーリは以前にもまして意気軒高だ。最近のオーストラリア政府による5400万豪ドルを基金とする若者の心の健康財団(National Youth Mental Health Foundation)をバックに、薬物乱用、人格障害、 双極性障害その他もろもろのあらゆる若者のメンタルヘルスの問題に、早期診断・早期治療の原理を当てはめたがっている。仲間は失ってしまったものの、マクゴーリの航海は全速前進、機雷などクソ喰らえといったところだ。
 

なぜ日本の精神科医は、ここまで早期介入に執着するのでしょうか?欧米では、抗うつ薬ブームの次に抗精神病薬ブームが来ました。抗うつ薬の虚構が暴かれ、別の戦略が必要となったからです。「心の風邪」で急激に膨れ上がった精神医療産業にとって、心の風邪の虚構が暴かれた以上、新なた市場開拓しか方法がないようです。
 
マーケティングという観点からすると、若い世代を取り込み、しかも長期に渡って継続的に顧客にするということは戦略上非常に重要となります。早期介入という手段を使えば、精神科医に除外診断をする能力はないので、必要以上に統合失調症とレッテルを貼られる子どもたちが急増するでしょう。抗精神病薬で医原性精神疾患を作ってしまえば、一生薬を飲み続けてくれる安定顧客のできあがりです。
 
では、早期介入を推し進めようとしている精神科医たちは、どういう意図を持ち、どういう勢力とどういうつながりがあるのでしょうか?これを調べることは非常に興味深いことでしょう。
 
後日、このマクゴーリという精神科医と、彼の提唱するプログラムの問題点についてさらに切り込んでいきます。

閉じる コメント(55)

顔アイコン

なお、なぎささんに関してなのですが、私は、彼女のブログに、こことは別ハンドルネームで書き込んだわけです。

それを指摘されて、そのときは、思わず(なぎささんが怒っているようなので)軽く軽くあやまっておきましたが、そのあとすぐに、あやまる必要ななかったと考えました。

理由は、精神医学/精神医療に関してのコメントでは全くないこと。
よって、こことのかかわりでなぎささんのところに書き込んだわけはない、ということからです。

(つづく)

2010/5/27(木) 午前 1:06 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

ですから、この場をかりて再度、なぎささんを厳しく批判します。
(なぎさ氏は問答無用ですぐ削除するのと、こちらのみなさんにも知っていただきたいこともありまして)

なぎささん。
あなたは自分のブログをもたない訪問者のコメントにも誠実に応ずるべきです。

UN.Owenのコメントも問答無用で削除は明らかなやり過ぎです。精神医学/精神医療に関してのコメントは全くなく、あなたのブログに対する姿勢を批判されただけなのですから。

(つづく)

2010/5/27(木) 午前 1:14 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

あなたのブログが知的に劣悪な大学生のレポートに類似のコピーアンドペーストの記事の寄せ集めが大半を占め、数少ない自分の発言もドグマに冒された知性と洞察のクオリティが極めて低いものであること。
あなたが「匿名である」(実名であるならコトは異なります)ことと論理的に矛盾している、「自分のブログを持たない人間は相手にしまい」旨の言動を実践してしまっていること。

猛省してください。

悪くとらえた言いかたを用いれば、他人の記事の剽窃とステロタイプのごくわずかな私見を匿名で公開している愚、そして公開したからには誰もが批判する権利があるのに、一方的にブログを持たないコメンターとのコミュニケーションは無視、排除するという矛盾に気づかない知的レベルの低さ。

恥じてください。なぎささんよ。

2010/5/27(木) 午前 1:15 [ - ] 返信する

op1*9*drさん
「シャブ類似」表現は
「ヒーリー精神科治療薬ガイド」第5版
に類似の表現があり、それを利用したものです
何かを侵害する意図はありません。気分を悪くされたのなら申し訳ありません

私は子ども時代は他動的な問題児で、ADHDの基準を満たす場合もあり、メチルフェニデートの処方も医者次第であり得たかもしれません
学校で問題を起こし、長期不登校→引きこもり→受診強要によるリスパダール投与となりました
「幻想/幻覚、普通でない思考」は統合失調症ではなく引きこもりによる拘禁反応(解離反応)だと思っています

私はいま20代後半ですが、いつも手が妙に震えています。友達とカードゲーム等をしていると手の振動がカードに伝達されて目立ち、しばしば指摘されます

リスペリドン服用前は結構体力もありました。
服用中は教科書どおりの副作用に悩まされ、麻痺性イレウスが生じたため自己判断で中止しました。しかし離脱中に心臓が変になったらしく坂道などがとても苦しいです。離脱が酷いときは歩くだけで船酔いのような吐き気がして息切れがひどく、常に頭痛に悩まされていました

2010/5/27(木) 午前 2:48 [ White ] 返信する

他の病気の発症とリスの離脱症状を区別するのは容易でないですが、問題をややこしくした点でリスは有罪です

自閉症スペクトラム障害などにもリスを処方などとありますが、掲示板でも評判の悪いこんな廃人薬を処方して一体どうしようというのでしょうか。ただ大人しいゾンビにしておけば問題は起こせないでしょうけれど
(私の担当医の話では、子どもにも処方されているし大丈夫なものだそうです)
実家はすでに財政的に破綻していて福祉を受けています。体はいつも気持ち悪いし、長年の引きこもりによる精神的な奇形はとりあえず無視してとろくさい作業でわずかな賃金をもらうことが社会復帰だとしても、結局貧困に対しては焼け石に水です
貧困患者が病院に食い物にされるなどという報道をみると、気分が悪くなってきます

2010/5/27(木) 午前 2:50 [ White ] 返信する

顔アイコン

Whiteさん。
レスポンスありがとうございます。

あなたも"ヒーリー精神科治療薬ガイド"お読みになったのですね。私も大学の友人から借りて発売直後にざっと一読しました。非常にすぐれた労作です。

ただ、英米と日本では事情が異なり、欧米では「刺激剤」というニュアンスのイメージであり、日本では正真正銘「覚せい剤」とカテゴライズされている薬剤が、欧米では、たとえばScheduleII〜IVなどと規制はあってもレッキとした治療薬剤であるのに対して日本で「覚せい剤」というと非常な負のイメージを市井の人は感ずることを配慮していただければ、と考え、指摘させていただいたのです。
ご理解いただけたようで、感謝します。

じつは精神医療での薬剤肯定派の私も、3か月間くらいでしたが、リスパダールを処方されたことがあって、たった一度だけではありましたが、EPS(錐体外路症状)が出て、どうにも辛くてたまらず、ひとり暮らしなこともあり、救急車を呼んで、病院でEPSを押さえつけるアキネトンを筋注してもらったことがありました。

(続く)

2010/5/27(木) 午後 8:42 [ - ] 返信する

顔アイコン

精神科医が介入することで、困難はより増幅し、患者はより悪化し、社会はより混乱しますね。

一日もはやい「精神医学の消去」をさせなくてはなりませんね。

合法的麻薬の売人が居るに相応しい所は診察室ではなく、刑務所ですね。

2010/5/27(木) 午後 11:34 [ 小倉 謙 ] 返信する

顔アイコン

(承前)

リスパダール(リスペリドン)は統合失調症への適用なわけですが、私が処方されたように、他の疾患や症状にも処方されることも多々あります。

くだんの大学病院でWhiteさんは、かなり大変な思いをしたと察するご家族と同じく統合失調症、と判断されたのでしょうかね。

大学病院は教育機関(医師の養成)でもありますから、その性格上、研修医が予診をとるのはやむを得ないところがあります。今も通院させられていて、断薬して1年余ということは、診察受けて薬は受け取るものの、薬は捨てておられるのでしょうか?

(続く)

2010/5/28(金) 午前 0:18 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

だとしたら、それはあまりいいことではないと思うのです。きっぱりご家族(おそらくは親)と担当医にきちんとわけを説いて診察そのものをやめるか、心身の現在の状態を率直に語ってリスペリドン以外の向精神薬を処方してきちんと服用するか、どうしても大学病院のあれこれが気に入らないもしくは合わないのであれば、病院を変える(この場合、大学病院には黙って変えてもいいのですが、率直に、他の病院の診察を受ける旨、大学病院のドクターに話して、紹介状を書いてもらうのがベストです。たとえ医師がおエラい教授サマであっても、紹介状を書くことを拒むことは法律上からいっても出来ないはずですから。

リタリンが処方されたことの疑いを持っておられるのならば、その大学病院の初診から現在にいたるまでの処方歴、さらには気になるのであれば、カルテも初診時からのものすべて見せてもらいましょう。

患者がこれらを請求すれば医師は拒むことは出来ません。いくら大学病院であろうが、医学部等の教授であろうが、医師である以上は。

(続く)

2010/5/28(金) 午前 0:20 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

ですから、おそらく、親御さんにいわれて不本意ながら通っておられるようですが、ヒーリー博士の治療薬ガイドを読みこなすほどに知識がおありで、経験した辛い副作用(の可能性のあるもの)が麻痺性イレウスらしいと推定できるくらい知識がおありなら、離脱らしきものもあるようですから、これになんとか堪えてキッパリ精神科に通うのは中止されるか、毅然と大学病院に別れを告げて、転院するか、率直に今の心身の状態を大学病院で告げて、リスパダールを拒絶して別の薬に処方を変えさせるか。

この3つにひとつです。

書き込みを拝読した限りでは、このままの状態で事態が好転するとは思えないのです。

(続く)

2010/5/28(金) 午前 0:22 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

転院するのであれば、あなたが都内または近郊在住だといいのですが……

……そんなことも含めて、ご家庭内もいろいろ大変苦労されている状態でしょうから、これ以上、多くの人の目のあるここではコメント出来ないのです。以下に電子メールくだされば、もっとあれこれ率直にお話出来るので、お役にたてるかわかりませんが、一応メーアドを記しておきます↓:

lardscheringあとyahoo.co.jp

※ご存じでしょうけれど、メーアドの真ん中「あと」は@に変換して送信ですからね〜。

というわけでこれ以上は、Whiteさん。電子メールででも。

2010/5/28(金) 午前 0:24 [ - ] 返信する

顔アイコン

whiteさんじゃなくて、申し訳ないんだけど....
私は、コンサータ等メチルフェニデートについては解らないのですが、睡眠薬に関しては、
●連用することにより、その人本来の眠る力(脳細胞の力)が衰える
●年齢とともに、薬を使用せずとも、細胞力は衰える
と、複数の医師から指摘を受け、愕然としました。
薬をやめた状態が、その人の脳細胞の適応状態です。
★薬をやめた今、あまりの眠れなさに嫌気がさし、ド○エルなどを使用することもある。点鼻薬をさすこともある。
★日によって睡眠の状態は違い、現在でもいろいろ試みている(水泳、ランニング、旅行、サイクリング、映画etc)段々、自分の睡眠の程度がつかめてきましたが。

2010/5/28(金) 午前 11:14 [ tw*iligh*t ] 返信する

顔アイコン

結論としては、薬の力は凄まじく、最も手っとり早く目的を達成することができ、時間に無駄を生じさせず、睡眠状態、覚醒状態、沈静状態を作り出すことが可能です。しかし、その人の脳細胞の能力はやめる過程でしか、どの程度かわかりません。その人の素の状態の能力を高めることが最も重要ですが、怖いのは、薬が適応能力を奪い、素の状態の細胞能力が低下していくことです。もし、睡眠薬と同じだとすると、メチルフェニデートを使用しないと、脳細胞は覚醒状態を作れなくなっていくということになります。ここらへん、お調べになったほうがいいと思います。kebichan55さんにも、このことに関して記事を書いていただきたいと希望します。薬を連用して、自分の脳力を衰えさせているということです

2010/5/28(金) 午前 11:14 [ tw*iligh*t ] 返信する

顔アイコン

左手で握手を求めて笑顔で人と接しながら、
右手は後ろにまわして見えないようにしているけど、ナイフを隠し持ち、
相手が油断して隙をみせれば、ちくちく刺して傷つけてやろう。

そういう風に考える精神科医は多いです。

「私の担当医は最初はやさしかったけど、後から副作用のことを聞いたら罵倒された」
そんな話はよくあることです。

ある精神科医がやっていることは
絵本と笑顔で、患者にやさしく接しながら
実際のところ患者に与えているのは劇薬。
やっていることは、児童に対する人体実験です。

これが邪悪ということです。


そして、そういう振る舞いをするのは精神科医だけじゃありません。

人の振る舞い、その人の意図をよくご観察ください。

2010/5/28(金) 午後 0:47 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

精神科が患者を獲得するために有利な論文は、多くの医学誌・マスコミに何度も登場しますが、患者の利益にはなっても「患者獲得・薬剤売り上げ増」にマイナスになるような論文は、総力を挙げて排除する傾向にあります。

そんな論文の一つに、こういうのがあります。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17502806

"Factors involved in outcome and recovery in schizophrenia patients not on antipsychotic medications: a 15-year multifollow-up study"

「抗精神病薬による治療を受けなかった統合失調症患者の転帰と回復に関する要因:15年の多年追跡調査」

この長期にわたる調査研究は信頼性も高いと思われますが、「薬剤治療を受けてない統合失調症患者は40パーセントが回復したのに対し、薬剤治療を受けた患者の回復率はわずかに5パーセント」としています。

2010/5/28(金) 午後 2:05 [ myu ] 返信する

顔アイコン

つづき

↑ こうした論文を精神保健研究所(国立精神・神経センターに所属)などが発表することがないため、多くの精神医療従事者が無知な状態に置かれているのも問題ですね。

2010/5/28(金) 午後 2:07 [ myu ] 返信する

顔アイコン

2002年出版の「心の専門家」はいらない----という書籍を読み終えました。小沢牧子という臨床心理家の著書です。(歌手の小沢健二のお母さんだそうです)「心を商品化する社会『心のケア』の危うさを問う」という書籍(2004年出版)も書いています。
臨床心理学の関係性の不自然さ、心が商品になっている現状を言批判しています。もう少し早く読むべきでした。

2010/5/28(金) 午後 6:42 [ tw*iligh*t ] 返信する

声の大きさや、意見、論文の数によって真実が決まるとすると、精神病には精神薬が有用です。

でも、本当の真実は?

薬を飲んで本当に治りますか?子供に処方して安全なものですか?

あなたは答えを知ってますよね。

精神医療業界にはあまりあるほどの巨額の資金があります。絵本も作れるし、論文は製薬会社の社員や雇われゴーストライターが書くので乱発されます。精神病啓発のホームページ作成業者も使うし、なんだって仕掛けてきます。

芸能人やアイドルも起用してTVCM新聞広告も出せるでしょう。

役人にワイロだって、桁外れの額わたせるでしょうし、なにより、精神科医は役人にだってなれます。

あの絵本のアマゾンの書評欄に「すばらしい絵本です」という書評が山のようになるかもしれません。

真実に気がついた人から声をあげて、周りに危険をしらせてください。

ひとりひとりが発言していかないと多数決、多数とみせかけられた意見、では、精神医療業界の勝ちです。

彼らの勝ちとは、簡単にいうと子供たちが心の底から悲しみの人生を送り薬物で精神が病み死んでいくという事です。

2010/5/28(金) 午後 8:25 [ satoshi_3210 ] 返信する

myuさん、いつもながらすごい情報ありがとうございます。

すさまじい切れ味なので、心強いです。


あした、ある地域に巨利をむさぼるDVDを無料でばらまいてきます。

がんばってきます。正しく情報を理解する人にだけ手渡すので場所は内緒にしておきます。

2010/5/28(金) 午後 8:39 [ satoshi_3210 ] 返信する

拍手機能をつけて欲しい100拍手くらいしたい心境です。

2010/9/12(日) 午後 10:06 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事