精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

世も末です。子どもに絵本で嘘を教えるような大人になってはいけませんね。
イメージ 1
 
イメージ 3
 
イメージ 4
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 2
 
本場アメリカのブランドン君も真っ青です。(下記リンク先38〜41ページ参照)
 
メッセージは全て一緒です。
脳の病気だからクスリを飲みましょう。止めてはいけません。クスリは安全。
 
このブログをご覧の方は、それがいかに嘘であるかわかると思います。この嘘つきたちの親分が、今日これから厚生労働省で記者会見を開くようです。10年前も嘘をついて科学研究費を不正に得ていた精神科医は、l今日どんな嘘をつくのでしょうか。
 
そして、厚生労働省はその後、自殺・うつ病等対策プロジェクトチームが中間報告を出すようです。国は嘘つきたちに騙されるのでしょうか。その行方が注目されます。
 
既に宮城、東京、愛知、三重、長崎の子どもたちがその毒牙にかかっています。周囲が声を上げない限り、この流れは止まりません。青少年へ市場拡大しようとする精神医療産業に断固NO!と声を上げましょう。親や教師にもこの事実を理解させましょう。

この記事に

閉じる コメント(19)

顔アイコン

ドン・キホーテ放火 損害賠償訴訟で原告の請求棄却
2010.5.28 13:59 産経新聞

さいたま市緑区で平成16年12月、ディスカウント店「ドン・キホーテ浦和花月店」が放火された事件で、従業員3人が逃げ遅れて死亡したのは市消防局に過失があったためとして、遺族が市に計約1億8900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、さいたま地裁であった。片野悟好裁判長は原告の請求を棄却した。

原告側は、死亡した従業員の小石舞さん=当時(20)=が119番通報した際、市消防局の職員が避難指示をせず漫然と対応したことが逃げ遅れにつながったと指摘。また、現場でも消防隊員の情報収集が不十分だったため店内への突入が遅れたと主張していた。一方の市側は、「通報を受けた際の対応は状況把握のために必要な内容だった」などとしていた。

この事件では、現住建造物等放火罪などで無職の女(52)の無期懲役が確定している。

2010/5/28(金) 午後 6:38 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

↓ ↓ ↓
精神科の薬には、精神状態を悪化させたり、精神錯乱を引き起こしたり
幻覚、幻聴を引き起こしたりする作用があります。

このドン・キホーテ放火事件の犯人も精神科の薬(パキシル)の服用者
ですよね。
kebichan55さんも過去の記事で書いてくれています。
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/archive/2009/04/16

「くまぇり」で有名になった放火魔もパキシルの服用者であるとのこと
ですが、薬を規制するどころか、国(厚労省)が率先して薬の服用者を
大量生産しようとしているのですから、こういった了解不能の放火事件は
今後ますます増えていきますね。。。

2010/5/28(金) 午後 6:51 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

検索「あさおきられないニワトリ」
尾道市立図書館、秋田県立図書館、佐世保市立図書館、…
公立図書館にも続々入ってるんですね。

「そらみみがきこえたひ」Amazon カスタマーレビュー1件、
☆1個評価で、「有害図書です」。

2010/5/28(金) 午後 6:54 [ bee ] 返信する

顔アイコン

うさぎさん、この判決とてもおかしいと思いました。
火事の録音テープ聞いても解りますが、これだけバックのほうで火災報知器鳴っている状況なのに、何階が燃えているかとか、何処が燃えているかなど、聞いている暇があったら出動せよと思いました。
1分25秒と長い電話のあとの出動ですから酷いです。
そして3人もの若い命が亡くなっているのに、あの裁判長の適切だったとしている所もおかしい、そして犯人がパキシルの服用者で勿論、精神科通院していたことなどは話されたのでしょうか、報道には無かったですね。
犯罪の影に向精神薬ありという事を多くの人に知ってもらいたいです。精神薬の副作用をここまで隠したがるのは、患者がそれを知ったとき薬を飲まなくなるのが一番怖いのではないでしょうか、いずれにせよ司法の世界も医療の世界もバックに大きな圧力がかかっているんではないでしょうか。子供向けの絵本発売にはムカつきました。

2010/5/28(金) 午後 7:21 [ - ] 返信する

顔アイコン

本場アメリカのブランドン君も真っ青です。(下記リンク先38〜41ページ参照)
の下の講演データ、非常に有益な内容です。
ざーっと読みました。後で、熟読します。もっと、目立つようにアピールしたいです。絵本同様、市場拡大を目論む衝撃的な内容です。

2010/5/28(金) 午後 7:28 [ tw*iligh*t ] 返信する

顔アイコン

主催が、医薬品治療研究会ということはどういうシンポジウムなのですか?Mr.David Healyもpsychiatristですから、相当、業が深いとも言えるのでしょうか?.....違うか....

2010/5/28(金) 午後 8:05 [ tw*iligh*t ] 返信する

顔アイコン

この国の宝物が、駄目にされては困ります。
記事転載させていただきます。

2010/5/28(金) 午後 8:48 [ サンリッチ ] 返信する

顔アイコン

>そして3人もの若い命が亡くなっているのに、あの裁判長の適切だったとしている所もおかしい、そして犯人がパキシルの服用者で勿論、精神科通院していたことなどは話されたのでしょうか、報道には無かったですね。

ドン・キホーテ放火事件のときも、自称くまぇりさんによる連続放火
事件のときも、テレビではパキシルのことには一切触れないですね。
ですから私は、くまぇりさんの連続放火のことが連日報道されていた
ときは、タダの愉快犯による犯行だと思っていました。

だいぶ後になってネットなどで、くまぇりさんがパキシル服用者である
と知って、タダの愉快犯などではなく薬の影響であんな了解不能の
放火事件を起こしたんだな、と納得しました。
しかしテレビや大手新聞などでは、薬のことに一切触れないので
国民の多くは、「頭のイカれた異常者による犯行」という認識しか
ないでしょうね。

2010/5/29(土) 午前 0:38 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

記事転載させていただきますね。
けびちゃんもお時間あったら時々レスポンスお願いします。

うさぎさん
その事件ずっと前からブログの記事にしたかったんです。
出させていただいても宜しいでしょうか?
「くまぇり」については詳しくなかったので..。

精神科の処方薬で重大事件が起きているにも関わらず薬名も報道機関は出さず、次々と猟奇的な事件を放置している。
患者は飲まされて犯行に及んでしまった。
犯罪を犯すと知っていながら処方し続けた精神科医は医師という立場を利用して容易に人を騙せるという観点から見れば、より悪質だと思う。そこに犯罪性を追求したいのです。

お聞きしてから転載させていただきますね。

2010/5/29(土) 午前 9:37 [ - ] 返信する

精神医療業界は実に巧妙なわざをつかっています。

精神病だと公表することは、加害者の人権侵害になるので、犯罪者であっても人権は守られるべきだから、公表できない。

精神障害者全体の偏見を助長するので公表できない。

そのようなルールは警察やマスコミ各社に通達されています。

もし公表されたらその時はバックに精神科医のいる、精神障害者家族会などを使って、国やマスコミを激しくクレームによってたたきのめすわけです。

放置すれば「あなたたちの家族が偏見にさらされますよ」ってね。

そうして精神病や患者を触てはいけないタブーにする事で、精神科医たちはうらでやり放題です

だから簡単にはいきません。

攻撃の矛先を正確に見分けることはかなり困難な作業です。
パキシルの情報を隠すのは確かによくない事です。
連続放火魔を作り出した精神科医はそれと比べてどうでしょう?


薬物によって、脳に異常を引き起こして偏見の目でみられるような振る舞いを患者にさせているのは、精神科医です。

2010/5/29(土) 午後 0:13 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

なぎささん、もちろん転載OKですよ。

雑誌に掲載されたくまぇりさんの獄中日記を転載してくれている方が
います。アドレスは以下のとおりです。

http://uesama.antena.ne.jp/archives/article/9742.html

これを読むと、17歳のときにパニック障害と診断されてパキシルを
服用していたようですね。パキシルをメインで服用していたとあるの
で、他の薬も服用していたのでしょうが。。。


こちらは、くまぇりさんに関するニュース記事です。
http://news.livedoor.com/article/detail/3113353/

2010/5/30(日) 午後 11:59 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

おはようございます。
うさぎさん、転載の許可とアドまで教えていただきまして
大変ご親切にありがとうございます。
これから構想を練って記事を考えようと思います。
いつもありがとうございます。

日本の隠蔽体質、また資本、権力主義にこうした問題は葬り去られ
勝ちです。事件の元凶が何処にあったかなどを検証しない限り
不可解な事件は後を絶ちませんし、患者を含めて、被害者は、たまったものじゃありません。
それは日本医師会は「魔物」ですから政治を裏で操り医者独特の詐欺師的感覚で国をも騙し、診療報酬も上げてしまいました。
長妻さんなど、もっと深くこの問題に着目して勉強して欲しいものです。

2010/5/31(月) 午前 7:35 [ - ] 返信する

顔アイコン

これはひど過ぎる内容ですね。
調べたら地元の図書館にも入っていました。ゾッとします。

amazonなどの書評欄にも皆さんから正しい情報を書き込んでいただきたいです。

2010/5/31(月) 午後 3:39 [ eji*o*ad*d ] 返信する

顔アイコン

心神耗弱認めず有罪判決、佐賀 放火未遂事件
2010/5/31 19:03 徳島新聞

行きつけの飲食店を放火しようとしたとして、現住建造物等放火未遂の罪に問われた無職草場通江被告(34)の裁判員裁判で、佐賀地裁は31日、懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。
公判では「被告は心神耗弱に相当する」との医師の鑑定結果も示されたが、若宮利信裁判長は判決理由で「適応障害などの影響を受けていたが、心神耗弱の状態ではなかった」と判断した。
判決によると、草場被告は昨年9月、佐賀県唐津市の飲食店に入店を拒否されたことなどに腹を立て、店の外壁に灯油をかけてライターで点火。壁の一部を焦がした。
判決後に記者会見した裁判員経験者の女性は「医師の鑑定結果にこだわらずに考えた」とし、別の女性は「生きてきた経験を考えて判断した」と話した。

2010/5/31(月) 午後 10:33 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

「心神喪失」と弁護側が無罪主張 松江、DVD法廷で上映へ
2010/6/1 17:57 徳島新聞

被告の刑事責任能力が争点の殺人事件を審理する裁判員裁判の初公判が1日、松江地裁(吉井隆平裁判長)で開かれ、弁護側は「心神喪失だった」と無罪を主張した。2日の公判では検察の取り調べ状況を録画したDVDが法廷で約30分間上映される。
公判は4日間。DVDは弁護側が証拠申請し、採用された。
殺人罪に問われた柴田優被告(74)は弁護人から殺害時のことを問われると「何カ月も前のことなので覚えていない」「精神障害の薬のせいで、頭が働かなかった」などと答えた。
裁判員は男性4人、女性2人。被告の言葉がよく聞き取れず、質問と答えがかみ合わないこともあり、考え込む裁判員もいた。
検察側は「心神耗弱で、責任能力は完全に失われてはいなかった」と主張した。
起訴状によると、柴田被告は昨年7月、島根県の老人ホームで、同室の門脇正満さん=当時(82)=に殴られたことに腹を立て、消火器で殴り殺害したとしている。

2010/6/1(火) 午後 11:18 [ うさぎ ] 返信する

では、巨利をむさぼる、や、心の病を売り込む、DVDが証拠採用される日も近いですかね。
冗談だけどね。

でも、冗談じゃなくばかげた事が現在の精神医療です。

「彼は統合失調症だから(薬で妄想みてたから)、無罪ね。」
と精神科医がいうと、それは証拠採用されます。

酒に酔った勢いで、人殺ししても罪ですが、向精神薬大量摂取して人殺ししたら罪にならない。
もしくは減刑される。

精神科医の診断には実は何の根拠もありません。

うつの薬と統合失調症の薬は同じものが使われます。

うつを統合失調と間違え、統合失調をADHDと間違え、ADHDを発達障害と間違え、発達障害を社交不安障害と間違え、社交不安障害を双極性障害と間違え、双極性障害をうつと間違える。

精神医療には正しい診断などありません。
ばかげた診断で裁判を混乱させて、罪を自在に減刑するというばかげた事が行われています。

正しい診断を望む前に正しい判断をしましょう。
「精神医療は間違っている」私はそう判断しています。

2010/6/2(水) 午後 5:47 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

中日新聞:失業者の『心の健康』診断 県内9ヵ所のハローワーク 利用者にシート配布:石川(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20100602/CK2010060202000141.html

失業者の『心の健康』診断 県内9ヵ所のハローワーク 利用者にシート配布

2010年6月2日
『不調のサイン見逃すな』

雇用環境の悪化で失業者の求職活動が厳しさを増す中、石川労働局(金沢市)は一日から、精神的サポートに配慮した新たな支援に乗り出した。県内の公共職業安定所(ハローワーク)にストレスを自己診断できるシートを置いて利用者に配布する取り組み。「心の健康」に目を向けてもらう試みで、労働局は「自殺をなくし、うつ病の急増に歯止めをかけるきっかけに」と願う。(前口憲幸)

2010/6/3(木) 午後 0:57 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

子ども相談室:7歳女児、家の中では話すのに…=スクールカウンセラー・山下直樹 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/life/edu/news/20100604ddm013070029000c.html

子ども相談室:7歳女児、家の中では話すのに…=スクールカウンセラー・山下直樹
◇Q・7歳女児、家の中では話すのに人前で話せない

7歳の女の子。幼稚園に行くようになっても人前で話せず、学校に上がってからも、状況は変わりません。家の中では普通に話します。心療内科等で一度診てもらった方がいいのでしょうか? 教えてください。(神奈川県、母)
-----
育児放棄もいいところです。
母親がこんな感じな人が大多数なので、なかなか難しい。

人見知りなんて誰でもあるものですが、それを治療するために薬を飲むことがどれほど悲惨な結果を生むか知って欲しいです。

2010/6/4(金) 午後 0:53 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。国立成育医療センターのサイトでは、この絵本を堂々と紹介しています。
http://kokoro.ncchd.go.jp/

このブログのせいで有識者会議が延期になったのならすごいですね。

第5回「子どもの心の診療拠点病院の整備に関する有識者会議」開催の延期について

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/06/s0617-3.html

以下の日程によりお知らせしておりました第5回「子どもの心の診療拠点病院の整備に関する有識者会議」については、諸般の事情により、延期することとなりました。
なお、次回の開催日程については未定ですが、決まり次第お知らせいたします。

2010/6/13(日) 午後 2:49 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事