精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

衝撃的なニュースがありました。
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE100621172500360884.shtml
■生徒の自殺 体育の教諭を書類送検
 
 4年前、兵庫県高砂市でうつ病を患っていた男子中学生が自殺したのは、授業中の教諭の対応に配慮を怠った疑いがあるとして、警察はこの教諭を書類送検しました。
 
 業務上過失致死の疑いで書類送検されたのは、高砂市内の私立中学で体育を担当する男性教諭(52)です。
 警察によりますと、2006年10月、この教諭は当時中学3年の男子生徒がうつ病で通院していることを知っていたにもかかわらず、ほかの生徒と同様、1,500m走などの体力テストを受けさせたということです。
 
 男子生徒は病状が悪化し、およそ4時間後に電車に飛び込んで自殺しました。
 
 男子生徒が「無理。もう逃げる。誰もわかってくれない」と遺書めいたものを残していたということで、両親が教諭を告訴し、警察は注意義務を怠った疑いがあると判断したとみられています。
 
 「どうしてそこまで厳しくするのか理解できなかった。反省していただいて二度と子どもの命を無駄にして欲しくない」(男子生徒の母親)
 
 警察の取り調べに対し教諭は「無理なことは言っていない」と容疑を否認しているということです。
(MBS毎日放送ニュース 06/21 19:08)
 
確かに教諭の対応に問題があったのでしょうが、民事ではなく刑事事件として取り扱われたという事実は、今後大きな影響力を持つことになるでしょう。
 
予想されるのは、これをきっかけに、精神医療産業の最優先戦略であるメンタルヘルス教育を一気に導入させようとする動きです。要するに、メンタルヘルス教育(実際には精神医療産業市場拡大推進事業)を早く導入し、生徒を正しく指導しないと逮捕されちゃうよ、という脅しです。
 
既に日本の企業は同様の脅しに屈してしまっています。
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/46040961.html
この脅迫は、企業の健康診断でうつ病をチェックするという動きにまで発展しています。
 
とはいえ、精神科通院患者の従業員への対応の問題で、今まで民事事件は数多くありましたが、刑事事件に発展したという事例はほとんど聞いたことがありません。こうなってしまうと、教職員は益々仕事がしづらくなり、精神医療産業はさらなる市場拡大のチャンスを掴むことになるでしょう。
 
しかし、一方でこのような見方もできます。この件を前例として適用すれば、精神科医を刑事告訴できるということです。注意義務を怠っている精神科医は何百人といます。患者への罵倒、嫌がらせの強制断薬、副作用を無視した増薬、添付文書記載の注意無視など、悪質なケースは数え切れません。
 
大切な人が精神科で治療を受けている最中に自殺してしまった場合、その精神科医の対応が適切であったかを見直しましょう。かなりの確率で、その精神科医の注意義務違反が見つかるでしょう(添付文書を読めば、重要な基本的注意すら遵守されていないことがわかります)。
 
本当に刑事告訴されるべき存在は誰でしょう。ずさんな診療で多くの患者を自殺へと追い込んでいる精神科医は、今まで野放しにされてきました。彼らは、民事ではなく刑事で責任を問われなければなりません。単純計算で、1日に50〜60人ほどが、精神科で治療を受けながら自殺しています。刑事事件として取り上げるべき事例の割合はどのくらいでしょうか。ずさんな診療で自殺に追い込まれたという患者の遺族は、上記ニュースの記事をプリントアウトし、警察に告訴すべきです。
 
刑事告訴したいという方、是非ご連絡下さい
kebichan55@yahoo.co.jp
※メールの調子がおかしく、原因解明のためなかなかブログも更新できませんでした。ある程度問題が解決したので、これから過去にいただいたメールについても順次返信していきます。まだ返信が来ないという方は、お手数ですが再度メールをお願いします。

閉じる コメント(65)

とうとう精神医療が世界中から嫌われる日がきたようですね。

まだ、もう少しかな?

自殺者を増やしている張本人の業界ですから、当たり前です。

自殺を増やす犯罪的な処方をする精神科医と、精神科医を宣伝に使って依存性がありまくり副作用に自殺願望まである危険な薬を積極的にばらまいて金儲けしている製薬会社。

金のために、多くの人の人生や命を薬で奪うという彼らの行為は犯罪に近いものです。

業界から金をもらっている人や、犯罪行為に近いことをしている人は、この動きを潰しにかかってくるでしょう。


米国では、すでに集団訴訟の嵐が吹き荒れています。

被害にあった方々は、訴える準備をしておいた方がいいでしょう。

もう、薬で苦しむような精神医療被害者がでないようになって欲しいです。

2010/6/29(火) 午後 6:18 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

激増する自殺、精神科医による
戦後最大の「薬害訴訟」が起こることでしょう。

2010/6/29(火) 午後 10:22 [ - ]

顔アイコン

精神科治療は〔物⊃翰療法F院治療の三本の柱で構成され、,亡悗靴討蓮副作用を考慮の上、薬物のメリット・デメリットに注意して自己責任で選択する。△亡悗靴討蓮⊃祐峇愀犬琉預犬肪躇佞靴董⊂来は関係性を断つことを視野に入れて自己責任で選択する。に関しては、一時的休養と割り切り、(薬物を断つ・検査入院を除く)、活動低下による不眠・環境変化を考慮の上、自己責任で選択する。
となります。
医療に関しては、一般論を語ることが難しいです。二人の患者が同じ治療を受け、病名も同じなのに、一人は回復し、もう一人は悪化するといったことが日常的に起こります。

2010/6/29(火) 午後 10:42 [ tw*iligh*t ]

顔アイコン

いろいろな患者さんに遭ってきましたが、不思議なのは、経過が人によってかなり異なることでした。私の体験では、年配患者は病院離れが早く、学童は依存ができやすいと感じました。子供にとっては、病院は学校や親からのストレスを軽減する便利な場所であり、医者は尊敬すべき対象だからでしょうか。キーワードは≪依存≫です。疾病利得を無視してはいけません。病気になって得をするようでは、回復は難しいのです。自分の病院離れを自ら促す理由をつくりましょう。治療費節約・内臓保護・肝数値改善.....何でも良いのです。病人になって医者と渡り合おうと考えないことです。医者と患者の関係そのものを断ちきりましょう。

2010/6/29(火) 午後 10:43 [ tw*iligh*t ]

顔アイコン

治療を受けるか否か、薬を使用するか否か、障害者認定を受けるか否か、すべて自己責任で慎重に判断してください。自分で病気だと思うなら病気、違うなら病気ではありません。(軽症なら殆どこの方程式で大丈夫。しかし、一部精神疾患を除く)
薬は治療の決め手ではなく、自分の環境や考え方、方向性が非常に重要です。薬やカウンセリングは選択肢の一つであり、人により効果は異なり一般論化は不可能です。自分に関しては各自で判断してください。その為に、事前に充分な情報を集めてください。受診結果については法的責任を問うことが困難な面もある分野なので。

2010/6/29(火) 午後 10:43 [ tw*iligh*t ]

顔アイコン

精神医療の過去については、ここで語られていることはある意味当たっていると思っています。昔から誤診が表面化せず、患者に犠牲を強いてきた分野であり、回復患者は一部で、医療従事者は慢性疾患の不適当な治療で(換言すれば不十分且つマンネリ化した治療で)生活してきたのです。副作用が副作用を呼び、医療従事者とべったりの依存関係の為、患者は社会不適応に陥っていきました。
自己決定の責任の元、私の感想をどう判断するかも自分で考えて決めてください。勿論、そういう不幸な結果に陥らないで回復していった患者もいたのですから.....そうなるかならないかは、ケースバイケースです。しかし以前は悪化する確率が高かったのです。疑う患者は少なく、医者は治療の主導権があり、共依存の観念も薄く社会貢献的な隔離政策が幅をきかせていました。

2010/6/29(火) 午後 11:03 [ tw*iligh*t ]

顔アイコン

『精神科医が不適応を助長する』

●社会に適応行動が取れることが、成功・自立の鍵です。プレッシャーがかかると過量服薬をしたりジタバタして騒ぐのは不適応行動です。

不適応に行動したら、優しく対応し、話を聴いて甘えさせていたら人間は不適応を繰り返す癖がつきます。厳しく対応し不適応を防がないと社会から逸脱しがちになります。精神科救急、警察は頻繁に使うものではありません。

残念ながら精神科医療は甘えさせ、不適応を助長した方が儲かり患者の気持ちを惹き付けるという欠点があります。家族にも不可能な事を他人の精神医療従事者が患者に施せる筈ありません。

2010/6/30(水) 午前 10:27 [ tw*iligh*t ]

顔アイコン

パク・ヨンハさん自殺か…自宅で遺体で発見

聯合ニュースによると、日本でも大ヒットした韓国ドラマ「冬のソナタ」に出演した韓流スター、パク・ヨンハさん(32)が30日午前、ソウル市江南区内の自宅で首をくくった状態で死亡しているのが見つかった。胃がん末期患者の父親の世話で精神的に疲れていたといい、自殺とみられている。

最初に発見したのはパクさんの母親で、首には携帯電話の充電器のコードが巻き付いていた。パクさんは最近、よく眠れず、睡眠薬を常用していたという。

パクさんは歌手としても有名。「冬のソナタ」ではぺ・ヨンジュン演じる主人公の恋敵役を演じ、日本でも人気があった。

29日には出演予定の韓国ドラマの撮影に関する打ち合わせがあったが、姿を現さなかった。

パクさんは親思いで、父親ががんと診断された後、自宅に連れてきて看病。30日未明も父親の足などをもみながら「すまない、すまない」と漏らした後、自分の部屋に入ったという。 (共同)

[ 2010年06月30日 07:54 ]スポニチアネックス

2010/6/30(水) 午後 0:06 [ うさぎ ]

顔アイコン

パク・ヨンハさんが自殺したと聞いて、ショックを受けました。
パクさんは外見もかわいらしいし、オシャレでもあり、清潔感も
あって素敵だな、と思っていました。。。

>パクさんは最近、よく眠れず、睡眠薬を常用していたという。

テレビのニュースでパク・ヨンハさんの自殺を知ったのですが
私が見たテレビでは薬のことについては触れていませんでした。
しかし自殺と聞いて「精神科の薬を服用していた可能性が高い
な。。。」と思いましたが、やはり服用していたようですね。

昨日もテレビで介護うつについて特集していましたが、テレビの
内容を真に受けて精神科の薬を服用する人が増えれば、パクさんの
ようになる人がたくさん出てくるでしょうね。。。

2010/6/30(水) 午後 0:20 [ うさぎ ]

顔アイコン

=病気になりたがる人々...しかし病人は割に合わない=
=障害者は得をするか?正攻法で人生を送ろう=

=病気を隠れ蓑にして変な癖をつけないようにしよう=
=世の中にお金を恵んでくれる人はいない。医療費を減らそう=

=他人と同じことができるか、それ以上を人々は望んでいる。
成功の鍵は、普通以上の適応行動である=
=適応行動が取れない困ったちゃんは、やがて排斥されていく=
=すべての職種が、自分に厳しい自己管理能力を必要とし、他人
に対する配慮がとれる順応性を求めている。トラブルメーカー は成功しない=
=人格障害・発達障害とは一種の適応障害である。その行動を改 めればよい。学習行動により、習慣行動を変えると考えるべき であり、パーソナリティとは全く関係が無い。行動変容のため のプログラムを組むべきであり、その為には病気との概念を捨 るべきである。

2010/6/30(水) 午後 1:02 [ tw*iligh*t ]

顔アイコン

=心の病気とは何か----大きく言えば行動の異常である。この行 動をいかにして改めるかが治療である。行動だけを変えればよ い。発想⇒行動ーーーこの部分だけをいじればよい。パーソナ リティと捉えるからややこしくなる。
=自分を理解してくれる人など存在しない。社会はむしろ他人を 理解することを要求してくる。

2010/6/30(水) 午後 1:02 [ tw*iligh*t ]

精神医療が使う薬物による、突発的な自殺被害は止まりませんね。

残念なことですが、どんな人でも即、死ぬ可能はあります。薬物の広がりとはそういうものです。



金儲けのために患者を薬に依存させ、自殺という形で終わるから「心の病のせい」にして薬害をごまかしつづけた結果、
21世紀初頭に、日本人だけでも年間数万人の命が犠牲になり、数百万人の人生に破滅的な被害をもたらした薬害。

これは後世にはより明らかになるでしょう。

いまは、依存薬の被害が大きく広がっている歴史の真っ只中にいます。


右肩上がりで依存の被害は増加しました。
どこかで誰かがとめなければ未来はもっと悪くなります。


精神科医と製薬会社で構成された精神医療産業。
薬害を広げまくり爆発的な利益を得た業界に、批判の声をあげましょう。

2010/6/30(水) 午後 8:47 [ satoshi_3210 ]

うさぎさんという方のパクさんについてのコメ

>しかし自殺と聞いて「精神科の薬を服用していた可能性が高い
な。。。」と思いましたが、やはり服用していたようですね。
昨日もテレビで介護うつについて特集していましたが、テレビの内容を真に受けて精神科の薬を服用する人が増えれば、パクさんのようになる人がたくさん出てくるでしょうね。。。


詳しいこともはっきりわからないのに、そう決め付けるのは如何なものでしょう?
そう決め付けてしまえば簡単ですね、でも、複雑な事情がいくつもあったのではないでしょうか。
真実を知るのはご両親だけで良いと思います。

外野が薬のせい云々言うよりも、私たちは、パクさんのご冥福をお祈りすることが1番にしなくてはならないことです。

パクさんのファンなのでコメントしました。

2010/7/3(土) 午前 0:04 [ (´Д`)ほわ〜ん ]

顔アイコン

私はニュースの字幕で見ました。
睡眠薬の他に、うつ病の薬も飲んでいたと..しかし一瞬ですから
知らない人は知らないでしょうね。
パクさんのご冥福をお祈りすることは勿論のこと
韓国でもこんな才能ある人たちが次々と自殺することが悲しいのです。
パクさんは遺書もないとの事、発作的だったんじゃないかと思われます。それが抗うつ薬にある副作用で「既死念慮」自殺念慮があることをここでは危険であると、問題にしているんです。
こんな矛盾した薬が出回っている危険性を訴えているんです。
日本だって有名なのは飯島愛さんの死でした。
毎年自殺者3万人超えの中で、精神薬を飲んでいた人の自殺が70パーセントを超えている事実は、治療中に最悪の事態を招いてしまっている、つまり治療じゃないということなんです。

2010/7/3(土) 午前 7:44 [ - ]

>抗うつ薬にある副作用で「既死念慮」自殺念慮があることをここでは危険であると、問題にしているんです。
こんな矛盾した薬が出回っている危険性を訴えているんです。
日本だって有名なのは飯島愛さんの死でした。
毎年自殺者3万人超えの中で、精神薬を飲んでいた人の自殺が70パーセントを超えている事実は、治療中に最悪の事態を招いてしまっている、つまり治療じゃないということなんです。
…………………

なるほど。そうでしたか。
しかし、kebichanさんのブログを見れば、知らなかった情報は入って来ます。その記事だけで充分なのです。

パクさんにしろ、飯島さんにしろ、自殺念慮の原因が薬とは、ただの想像でしかありませんよね。
(飯島さんは自殺だったかしら?)
想像による、それも決め付けているようなコメントは、正しい情報とは言えないと思います。
なので、kebichanさんの記事だけで充分です。

因みに、私は医療従事者でも、精神病でもありません。薬も飲んでいませんよ。
このブログの記事で知らなかったことを知ることが出来、勉強になります。

2010/7/3(土) 午後 6:26 [ (´Д`)ほわ〜ん ]

顔アイコン

古瀬 勉の同僚や下で指定医になった奴は抗精神薬の注意書き読んで無し!副作用で「既死念慮」自殺念慮のあるハルシオンを友人に処方!当の本人もあの薬呑んでるときは苦しかったといってた・・隠れた殺人犯としか言いようの無い古瀬勉エセ学者としか言いようの無い古瀬勉 間接的にだが何人殺してきたんだ、お前!!

2011/2/7(月) 午前 2:41 [ zeu*_mo**ki ]

顔アイコン

精神病の「相談」と称して、病気の治療とは無関係の私生活にまで干渉してくる。 精神病の「相談」は、宗教だ。

2014/6/24(火) 午前 6:53 [ ]

顔アイコン

精神病は天才の家系と関連が深い。 精神病は脳の進化の一局面なのだろう。 進化しつつある形質が、社会生活に肯定的に表れると「天才」、 社会生活に否定的に表れると「精神病」と、 旧人類が呼んでいるのだろう。

2014/6/24(火) 午前 6:56 [ ]

顔アイコン

向精神薬の副作用の多くに、幻覚などがある。 つまり、精神病であろうとなかろうと、薬で「治療」すれば、 薬の副作用で、精神病の症状が出る。 そして、向精神薬のほとんどに依存性がある。 一度、薬漬けにされれば、抜け出せない。 薬漬けにされた薬の世代に応じて、 典型的な症状の患者がいる。 患者の症状は、病名で分類するより、 薬漬けにされた薬の名前で分類したほうが近い。

2014/6/24(火) 午前 7:01 [ ]

顔アイコン

告発でも晒しでもないつもりですが 怒りにかられてまして。
精神が崩壊させられかけた数ヶ月間がとても辛く忘れられない酷さなので 書きます。
K大学の A松助教 彼が忘れられません。
もう殆んど犯罪のいきでした。
失礼致しました。

2014/12/1(月) 午後 11:32 [ nsaf ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事