精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

遅寝早起きの日々が続きます。色々書きたいことがありますが、今日は寝る前に簡単なところを。
 
さて、色々と反応が出てきましたね。精神医療に対する批判が高まれば、それに対して必死に反論する人々がいます。
 

精神科医療での厚労相答弁「国民の誤解招く」―日医
8月11日22時57分配信 医療介護CBニュース
 
 日本医師会は8月11日の定例記者会見で、「精神科医療に対する参議院予算委員会における質問・答弁について」と題する見解を発表した。見解では、長妻昭厚生労働相が同委員会で「うつ病についての薬漬けの問題」などと発言したことに対し、「医療機関でのうつ病への対応について、国民の誤解を招く」と指摘している。
 
 見解は、4日の参院予算委における自殺対策などについての桜井充氏(民主党)の質問に対する長妻厚労相の答弁を受けたもの。

 桜井氏は質問の中で、「統合失調症という疾患に関して、日本は圧倒的に薬剤を多く使う」と指摘。また、長妻厚労相は「自殺をされた方のかなりの部分が、向精神薬を過剰に摂取していたとのデータもある」と発言した。
 
 日医の見解では、長妻厚労相が言う「データ」は、昨年度の厚労科学研究費補助金の「心理学的剖検データベースを活用した自殺の原因分析に関する研究」の結果などを指しているとの考えを示した上で、同研究は、▽限られた76人の自殺既遂者を対象としている▽「過量服薬」を「死亡時に向精神薬を医師の指示より多く服用していた者」と定義しているが、向精神薬の種類や具体的な分量など、詳細な定義がなされていない―と指摘した。

 また、長妻厚労相が答弁で「薬漬け」と発言したことについて、「医療機関でのうつ病への対応について、国民の誤解を招くもの」との懸念を表明。精神科医療に対する不安を助長し、医療機関の信頼を失うことになりかねないと指摘している。

 さらに、厚労相が「薬を使わない療法にも注力をしていくということで、一定程度その流れを4月の診療報酬改定で変えたと思っている」と発言したことに対しては、軽中度のうつ病などでは認知行動療法は有効だが、重度になると向精神薬での治療が不可避であると指摘。「いたずらに認知行動療法へ誘導することは、現場の混乱を招きかねない」としている。

 その上で、かかりつけ医による早期発見と専門医との連携の重要性を強調。社会問題化している「うつ・自殺」への対策に当たり、精神科医療の現場の声に真摯に耳を傾け、適切な対応を取るよう求めている。
 
 記者会見した三上裕司常任理事は、「大臣がメディアの前でこういうことを話すと、精神科の医療機関に対する国民の抵抗感が非常に強い中で、さらにその抵抗感が強まるのではないか」「多くの精神科医療機関が、うつ病治療に非常に大量の薬を使っている印象を国民に与えかねない」との懸念を示した。
 

日本医師会側からの正式な声明はこちらです。
http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20100811_1.pdf
 
薬漬けという表現は本当に誤解でしょうか?いやいや、真実ですよという声があちこちから聞こえてきそうですね。精神科にかかりさえすれば病気が治る、自殺が防げるというイメージこそが誤解ではなかったのでしょうか?声明にある「平素より、大多数の医療機関において、向精神薬の適切な処方、ならびに自殺対策への適切な対応がなされている」という情報こそ本当に根拠があるのでしょうか?誰がどのように調べたのですか?自浄作用がない精神医療業界の人々の主張に説得力はあるのでしょうか?科学的根拠のない多剤大量処方がいまだ主流とされているのですが、「適切な処方」「適切な対応」とは一体何を指すのでしょうか?
 
三上氏はどんな人物なのでしょうか?日本医師会の常任理事で精神科医です。このポジションにいる歴代の精神科医たちは、利権の代弁者として政治的な圧力をかけてきました。最近では、自殺対策の専門家として厚生労働省に入り込み、精神科以外の医者がうつ病を診断できるためのマニュアルを作り、その後参議院議員となって自殺対策基本法の制定に尽力した西島英利氏が有名です。
 
 
2009年、飛ぶ鳥を落とす勢いで異常拡大してきた抗うつ市場が縮小するという異常事態が起こりました。副作用報道の影響が指摘されています。精神医療産業は、巻き返しをはかるため、日本医師会をまきこんでかかりつけ医や小児科医までがうつ病治療(≒投薬)ができるようにしてきたところでしたが、最近のマスコミ報道や、向精神薬問題に対する厚生労働省の対応について頭を抱えていることでしょう。必死になって反論したくなる気持ちはよくわかります。
 
ちなみに、国会では、上記櫻井議員の質問以外でも精神科の薬漬けが問題とされています。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40535&media_type=wb&lang=j&spkid=20027&time=02:39:29.5
05:15あたりからです。
 
真実が明らかにされようとすると、気が狂わんばかりに騒ぎ立てる人がいます。なぜそうするのでしょうか?調査、観察すれば面白いことがわかるでしょう。

閉じる コメント(67)

顔アイコン

op1さんは長いこと向精神薬を飲まされて完全に薬物依存状態になっているのに自分でそれに気づいていないのです。アルコール依存症の人からアルコールを取り上げようとすると怒るのと同じで、op1さんから向精神薬を取り上げようとしたり、向精神薬の悪口を言おうとするとop1さんはむきになるのです。やめようとすれば禁断症状がでるのでやめられません。これから一生死ぬまで彼は薬を飲み続け、薬屋さんと精神科医に金を貢ぎ続けるのです。そのうち必ず重大な薬の副作用を経験します。op1さんは実は薬屋と精神科医の可愛いそうな犠牲者なのですがそれに気づいていないというのが人類の悲劇なのです。

2010/8/20(金) 午後 11:39 [ とむくるず ] 返信する

顔アイコン

>とむくるずさん。

私の薬剤服用の詳細も知らずに、ずいぶん失礼なことをおっしゃいますね。

私は十数年の服用歴(その期間の間の大うつ病になってしまった3年間を除けば、処方はメチルフェニデートと眠剤と、お守り代わりの抗不安薬だけです)のなか、私の仕事の性質上、数年おきに3−4か月の長期休暇がとれるので、今まで、その数ヶ月の長期休暇が4回ほどあり、実家でまったり、何もせず、ごろごろ、外国もののミステリを読んで過ごしたり、長期であることを利用して、外国語がさび付かないように、ドイツ・フランス・で語学のブラッシュアップをしながら、過ごすことも3回ありましたが、この海外滞在も含めて、十数年のうち、上記ので説明した4回の3−4か月間(最新は2007年夏)の休暇中、薬剤は一切服用せずに過ごしました。

にもかかわらず、私には、依存も離脱も、一切起こらないのです。

(続く)

2010/8/21(土) 午後 0:04 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

あなたは、よく事情を知りもしないくせに、こんな失敬なことをいうかたではない筈だと思い、かつkebichan55さんとともに、精神医学・精神医療の問題を真摯にドグマに冒されることなく、客観的に憂慮されておられるかたとお見受けして、期待すらしていたのですが……。

失望しました。

2010/8/21(土) 午後 0:04 [ - ] 返信する

顔アイコン

とむくるずさんtw*iligh*tへのコメントを補足すれば、私がメチルフェニデートと眠剤をこれまで、そしてこれからも(おそらくは今の仕事を一切やめるまで)服用するのは、tw*iligh*tさんへは、いつかもコメントしたように、AD/HDであるがゆえに極度に高度な知的作業で、非常な集中と細かさ、繊細さが仕事で要求させるがゆえに、AD/HD
はそういう点はかなり"ムラ"があります(ノっているときは、メチルフェニデートを服用以上の集中と能力の発揮が出来るわけですが、いくら自分の興味がある対象の仕事でも、気乗りのしない、つまらん作業もどうしてもやらねばならないので、こういうのはAD/HDを持つ者が非常に不得手とするところです)から、それに対する対症療法としてのメチルフェニデートの服用なわけです。

(続く)

2010/8/21(土) 午後 0:38 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

眠剤の服用は、いくら健康管理の一環として体を動かそうが、この仕事をやってゆく以上、極度に張り詰めた緊張と集中による思考を要求される営みのために、仕事を終えたあとも、就寝のときになっても、神経がとてもとがっていて、眠れるような状態ではない(ですから上記のコメントで言及した、長期休暇のときは、外国語のブラッシュアップなんて、精神的な営みとしては、たかが知れていますし、田舎の実家で数ヶ月過ごすときにせよ、バッハとベートーヴェンを聴いたり、自分で弾いたりしつつ、ミステリをはじめ、いろいろな本を読みちらし、本当にだらだら、非常にまったり過ごすので、眠剤服用一切しなくても、ぐっすり眠れるのですよ)なので、どうしても眠剤の助けを借りなければぐっすり眠れないので、どうしても、いまの仕事を廃業しないかぎり、メチルフェニデートと眠剤は必要不可欠なのです。

2010/8/21(土) 午後 0:39 [ - ] 返信する

顔アイコン

さて、

>t0bk36my9/1dcxさん。

1錠でニューロンが云々という、あなたのおっしゃっていることの出典はどこなのでしょうか。

きちんとした、科学的な論文からの結論なのでしょうか。

不勉強で、寡聞にして知らなかったもので、t0bk36my9/1dcxさん、是非、出典を教えてください。

t0bk36my9/1dcxさん以外でも、英語圏の情報を知悉している、myuさん、同じくお詳しそうな、とむくるずさん。など他のかたでも、結構ですから、是非、教えてください。

2010/8/21(土) 午後 1:02 [ - ] 返信する

顔アイコン

op1*9*drさん
1.あなたにとってのメチルフェニデート(商品名リタリン、コンサ
ータ)は仕事でのパフォーマンス向上が目的であるとするスポー ツ選手のドーピングと類似していますね。
2.薬に対する依存は副作用の一種です。副作用は服用者全員に発 現するものではありません。あなたは自分はリタリンに対する 依存はないと主張していますが、リタリンの添付文書には【使 用上の注意】として「慢性的乱用により過度の耐性及び様々な 程度の異常行動を伴う精神的依存を生じる可能性がある」と書 いてあります。あなた1例を持ってリタリンに依存はないと主 張する事は科学的合理的ではありません。リタリンは中枢神経 刺激剤ですから睡眠障害はリタリンが原因に成っているかも知 れません。従ってリタリンを飲むと眠剤も欠かせないという事 になります。

2010/8/21(土) 午後 5:00 [ とむくるず ] 返信する

顔アイコン

>とむくるずさん。

メチルフェニデートに関する事象はあくまで私に関してであって、AD/HD以外の何の精神的な疾患も持っていない多数のひとに関しては依存や離脱がないとは云っておりません。
一般性のあることを言っていないのに、どうしても、あなたは私をやっつけたいように思えます。
添付文書など仕事の関係もあって、処方された薬は、すべて目を通してありますし。独仏の文献も含めて。英語は苦手なので敬遠してますが。

あなたは、私の不眠症がメチルフェニデート服用のせいだ、と言いたいようですが、それは明らかに違います。

リタリンのときは朝に1錠乃至1.5錠服用するだけでしたし、現在のコンサータは朝7時過ぎに1回服用するだけですから。

逆にメチルフェニデートは多動型のAD/HDである私には、多動や精神が散るのをぐっとまとめる感じで夜、ベッドに入る前に服用すると、眠剤より、眠りをさそうくらいですから。眠剤を服用してもしなくても、リタリンを就寝前にのむと、眠りをさそってよく眠れたのです。

(続く)

2010/8/21(土) 午後 11:29 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

尚、とむくるずさんの2010/8/21(土)午後5:00付けコメントの1.に関しては、デービッド・ヒーリー博士の昨年7月に出た邦訳最新刊の「ヒーリー治療薬ガイド」で、英語圏の自然科学方面の研究者で、仕事の成果と能率と能力を高める目的で、リタリンをはじめとするサイコ・スティミュラントを愛用する者が増えているという事実の記載とともに。この傾向に否定的な記述をしておりましたが、自然科学のどの領域を専攻し学ぶ/研究する者に知らない者はいないもっとも権威ある論文誌"nature"ウェブサイト版などでもこのことはとりあげられています(私はAD/HDで、その症状を解決するために服用しているのですから、とむくるずさんが、1.で述べていることとは私の場合は全く異なりますよ):

http://wiredvision.jp/news/200804/2008041521.html
http://wiredvision.jp/news/200805/2008051922.html
http://wiredvision.jp/news/200805/2008052022.html

2010/8/21(土) 午後 11:46 [ - ] 返信する

顔アイコン

追記。
これが"nature"のウェブ版のオリジナル記事です:

http://www.nature.com/news/2008/080409/full/452674a.html

2010/8/22(日) 午前 0:12 [ - ] 返信する

横から失礼ですが、

白衣とか、最も権威あるなんとか、とか、そのような権威のいうことを鵜呑みにするのは、どうなんでしょうね。

そういう権威あるところに論文評価や論文寄稿しているのが、そもそも、製薬会社から金をもらっている精神科医だったりします

最も権威あるNHKだとか、最も購読者数の多くて権威ある大新聞の毎日新聞の報道をみると、向精神薬はかなりやばい薬だとわかります

2010/8/22(日) 午前 2:21 [ satoshi_3210 ] 返信する

瞳が開き、覚醒剤所持者に声をかけられ、警察官に麻薬取締で尋問を受ける薬物ですよ。

か弱いうつ病の方が犯罪者扱いか、精神患者の保健所扱いに変わります。

すごい世界にわざわざ出向く方に教えてあげて下さい。

2010/8/22(日) 午後 4:39 [ - ] 返信する

顔アイコン

◆ 処方が適切か医師は定期的に確認し減量を検討することが必要。

【 睡眠薬:1人当たりの処方量、4年で30%増 初の指針策定へ−−厚労省30万人調査】

毎日新聞 2010年8月13日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/science/news/20100813ddm001040011000c.html

◇服用続けた7割「減量なし」

医療機関が処方する向精神薬のうち、患者1人に出す睡眠薬の1日分の量が05〜09年の4年間で3割増えたことが、厚生労働省研究班による過去最大規模の約30万人への調査で分かった。処方された患者の約3割が4年後も服用を続け、このうち薬が減っていない人は約7割に上ることも判明。調査担当者は「投与後の効果の見極めが十分でないため、漫然と処方されている可能性がある」と指摘する。厚労省はデータを基に睡眠薬の投与や減量の方法を定めた初のガイドライン策定に乗り出す。(社会面に「こころを救う」)


1/4

2010/8/23(月) 午前 9:15 [ ckw*o*a513* ] 返信する

顔アイコン

2/4

調査は国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)の三島和夫・精神生理研究部長らの研究班が実施。複数の健康保険組合に加入する約30万人を対象に、05年以降の各年4〜6月の診療報酬請求明細書(レセプト)を基に向精神薬の処方実態を調べた。

調査によると、05年に睡眠薬を服用していた患者の1日分処方量の平均と09年の平均を比べると3割増加。また05年の患者4807人のうち、4年後には約3割にあたる1312人が睡眠薬を飲み続けていた。

飲み続けた人の4年間の処方量の変化は▽「増えた」52%▽「変わらない」16%▽「減った」32%。減量されていない患者が68%に上った。

2010/8/23(月) 午前 9:17 [ ckw*o*a513* ] 返信する

顔アイコン

3/4

向精神薬全体については05年から2年間を調査した結果、05年に1回以上処方された人は1万426人だったが、07年は約1・2倍の1万2290人に増えた。

不安や緊張を抑える抗不安薬と睡眠薬は年齢が高いほど処方される患者の割合が増加。65歳以上の女性では、05年は10%が処方を受けていたが、07年には14%に増えた。

処方診療科は、抗うつ薬と主に統合失調症の治療に使う抗精神病薬については精神科が6〜7割。抗不安薬と睡眠薬は精神科が4割にとどまり、内科、整形外科などの一般身体科が半数以上を占めた。

2010/8/23(月) 午前 9:18 [ ckw*o*a513* ] 返信する

顔アイコン

4/4

■三島部長は「重篤な症状のために長期間服用しなければいけない患者もいるが、効果が乏しいまま向精神薬が処方されているケースが多いのではないか。

心身にも影響が出る恐れがあり、処方が適切か医師は定期的に確認し減量を検討することが必要」と指摘する。【堀智行】

2010/8/23(月) 午前 9:19 [ ckw*o*a513* ] 返信する

顔アイコン

《 厚生労働省 》

〈自殺予防対策〉
障精発0624第2号
平成22年6月24日

http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/jisatsu/jisatsu_medicine.html

社)日本医師会 会長 殿
(社)日本精神科病院協会 会長
(社)日本精神神経科診療所協会 会長
(社)日本自治体病院協議会 会長
(社)日本総合病院精神医学会 理事長
精神医学講座担当者会議 会長
国立精神医療施設長協議会 会長
(社)日本精神神経学会 理事長



厚生労働省社会・援護局
障害保健福祉部精神・障害保健課長

1/3

2010/8/28(土) 午前 9:02 [ ckw*j*outn* ] 返信する

顔アイコン

2/3

【向精神薬等の過量服薬を背景とする自殺について】


平素より精神保健福祉行政の推進にご協力を賜り、ありがとうございます。

また、自殺者が毎年3万人を超える高い水準で推移しているなか、救急医療機関や一般の医療機関においては、うつ病等の精神疾患の患者を発見し適切に専門医療機関に紹介するとともに、精神科医療機関においても医療の一層の質の向上を図るなど、自殺者を減らすための対策にご尽力を賜っておりますことに、御礼申し上げます。

2010/8/28(土) 午前 9:04 [ ckw*j*outn* ] 返信する

顔アイコン

3/3

さて、最近の厚生労働科学研究において、精神科に受診していた自殺者が、自殺時に向精神薬その他の精神疾患の治療薬(以下、「向精神薬等」という。)の過量服薬を行っていた例(薬物が直接の死因ではない場合を含む)が多くみられるという結果が出ております。

また、最近の報道にもみられるように、向精神薬等の適切な処方について国民の関心が高まっていること等も踏まえ、自殺念慮等を適切に評価したうえで、自殺傾向が認められる患者に向精神薬等を処方する場合には、個々の患者の状況を踏まえて、投与日数や投与量に注意を払うなど、一層の配慮を行っていただくよう、貴会員に周知方お願い申し上げます。

2010/8/28(土) 午前 9:05 [ ckw*j*outn* ] 返信する

顔アイコン

厚労省の通達起は、要するに
「おまえらいいかげんにしておけ、これ以上やると、どうなるかわかっているんだろうな。薬害に関して国の責任ではなく、おまえら医師会で責任をとれよ」

という事になるのでしょうか。

精神科医と製薬会社の複合向精神薬産業の暴走が今、止まるかこのまま続くかの瀬戸際に来ています。

多くの人に伝えましょう。

2010/8/29(日) 午後 7:01 [ satoshi_3210 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事