精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

激増する行動制限

精神科病院に関する全国統計調査である「精神保健福祉資料調査」の最新結果が9月13日に発表され、衝撃的な事実が判明しました。それは、精神科病院で縛り付けなどの行動制限が激増しているということです。
 
 
イメージ 1
 
身体拘束が原則禁止とされている高齢者の介護施設では、身体拘束を減らす努力がされており、厚生労働省研究班の全国調査によると全体の拘束率が下がっていることが確認されています。
 
身体拘束については、身体的弊害、精神的弊害、社会的弊害があるとする認識が高まり、介護の現場で原則禁止が徹底的に指導されてきたため、安易な身体拘束が行われなくなりました。介護施設における身体拘束の定義とは、縛り付けだけではなく、向精神薬による過鎮静や隔離も含まれます。これらの行為が原則的に禁止です。
 
一方、精神科病院においては原則禁止という概念がそこにはありません。縛り付けや隔離は、精神保健指定医の裁量次第です。懲罰的に隔離・拘束をされた、暴れていないのに入院時から何週間にも渡る隔離・拘束をされた、縛り付けられてわいせつ行為をされたなど、私のところには不適切な行動制限の被害が多数報告されています。行政の実地指導や精神医療審査会が十分に機能していないことを示しています。
 
問題は隔離や拘束だけではありません。介護施設において原則禁止とされる過鎮静を目的とした向精神薬の過剰投与については、禁止どころかむしろ大多数で行われています。効果の科学的裏付けがなく、過鎮静を引き起こす危険性のある「多剤大量処方」の風習が日本の精神科病院で根深く残っている事実を示す調査はいくつも存在します。
 
精神病院における犯罪や人権侵害が次々と摘発され、社会的入院が国の社会保障を圧迫するようになった結果、国は隔離収容に偏った精神保健のあり方を反省し、方向転換してきたはずでした。ところが、最新の統計とその4年前の統計の比較から浮かび上がってきたのは、入院患者や精神病床の微減という見せ掛けの地域精神保健の移行ではなく、隔離収容型への逆戻りでした。
  
                         平成19年6月30日    平成15年6月30日
精神科病院数                        1,642                   1,662
精神病床数                          346,525         353,805
終日閉鎖の精神病床数           202,763          152,038
終日閉鎖の閉鎖病棟数           3,763           2,814
入院患者数                   316,109        329,096
終日閉鎖処遇の入院患者数        188,149         140,075
終日閉鎖処遇患者の割合          59.5%          42.6%
終日閉鎖処遇の任意入院患者数     88,597          62,016
夜間外開放処遇の任意入院患者数      86,217                  96,301
保護室の隔離患者数                        8,247                   7,741
身体的拘束を行っている患者数             6,786                   5,109
 
精神科病院という密室で一体何が起きているのでしょうか。自殺予防デーが始まる前日、国は自殺対策の一環として、向精神薬の大量処方について対策に乗り出す方針を決めましたが、日本の精神科病院こそが、悪しき風習である多剤大量処方の温床なのです。死を招くような安易な縛り付け、隔離、向精神薬投与がされていないでしょうか。
 
精神保健福祉資料調査からは、精神科病院における1ヶ月の死亡退院患者数が1,374人にも上り(一年に換算すると16488人)、うち半数以上の713人が入院して一年以内に亡くなっていることがわかります。このうち、自殺者は何人でしょうか。向精神薬の副作用による死亡は何例でしょうか。実態を早急に把握する必要があります。
 
介護施設と同じくらいの規制や指導監査、職員への啓発が精神科病院に対して行われなければ、急速に隔離収容時代に戻ろうとするこの流れを止めることができません。自殺対策として、障がい者制度改革として、メンタルヘルス対策として、実態調査と規制、啓発が急務です。

閉じる コメント(52)

最近、読ませてもらってます。いい記事を有難うございます。みんなで精神科の不正を追及していかないといけないです。医者は責任を問われなければ、自らの行いを改めることは無いと思います。私は32年間飲み続けた薬を止めました。薬がどれだけ良くないかは、薬を止めた者が一番分かります。こんな薬は全く毒以外にないですよ。猛毒ですよ。

2010/9/28(火) 午後 1:45 [ ent*o*aret* ] 返信する

精神科の外来を見てください。他の科だったら、新聞を見たり、雑誌を見たりしている人いますよね。でも精神科外来は(みんなねっと誌)とかも見ないですよね。私の住んでいる所は四国なんですが、ネットをしている人も少ないですよ。だから、精神科医の不正なんかも分からない人はたくさんいます。未だに先生、先生と言ってますよ。こんな良くない薬を飲まされているのに。

2010/9/28(火) 午後 1:56 [ ent*o*aret* ] 返信する

顔アイコン

tw*iligh*tさんは、あんな、妻の生前はつらくあたって、自殺もしくは不運な事故死の遠因となった、自分の責任を、上手に使えば有益な薬剤に転嫁する輩とはまったく異なりますよ。

彼が自分で打ち明けていますが、やはり、死亡した彼の妻は自殺だったという評判がマスメディアでも流れているそうで、あながち、私が主張していることも、見当違いではなかった、ということです。

何度でもいいますが、責任は不適切な処方をした医師、不適切な服用をした死亡した妻、そして、アリスパパにあるのであって、薬剤にはまったく非はありません。

2010/9/28(火) 午後 9:04 [ - ] 返信する

顔アイコン

op1さんは製薬会社から所得を得て生活している人であることをお忘れなく

2010/9/28(火) 午後 10:55 [ とむくるず ] 返信する

わあ。そうなんですか。

お金をもらってるから有害な情報を流し、正しい情報を伝わらないようにして、不正を正そうとする人の悪評を流して潰そうとする。

そういう事はよくないです。

やめてください。

多くの人の命や人生を奪って破滅させた依存性薬物の売上からでている汚いお金ですよ。

汚いお金によって魂を売り渡さないでください。

2010/9/29(水) 午前 8:12 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

op1さんは何も解ってないですね、精神薬が自殺念慮があることくらい勉強しましょう。
あ、、、もうそろそろ前髪、真っ赤に紅葉させる季節ですね。

2010/9/29(水) 午前 8:44 [ - ] 返信する

といっても気持ちはわかります。

2年前、医療SEとしてフリーランスになった当初、仕事があるということで話を聞きにいったところ某ファイザーの内部の薬剤管理システムを請け負うインドのシステム会社の仕事でした。当時はリーマンショック後のかなり仕事単価が下がっている状況だったので、市場相場よりも圧倒的に高額な収入に、心はややぐらつきました。

当時は仕事を得るのも困難な状態のご時世でしたし、そこで前より1.5倍近い収入というのは、かなり魅力でした。


薬剤の市場動向を知るためにスパイとしてもぐりこもうかとも思いましたが、
自分の収入が向精神薬の売上から来ていてどれだけの人を犠牲にした上での収入かと考えるとやはり気分悪くなるのでやめておきました。

まあ、ファイザーは儲かりますよ。
スクウェア・エニックスと同じビルに入ってた覚えがあります。都心のでかく綺麗なビルです


気持ちはわかります。


より、健全な仕事をしていってもらいたいです。

2010/9/29(水) 午前 8:58 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

>とむくるずさん

そんなことあるわけないでしょうが。

確かに悲惨なまでに給料は安いですから、お金に始終不自由していることには確かではありますが。

2010/9/29(水) 午前 10:36 [ - ] 返信する

顔アイコン

製薬業は他の業界と比べて高い給与や報酬を払っていることはよく知られています。儲かっているから高額を払える訳ですが、高給与、好労働条件を社員、社員に準じる人達に提供することによって彼らを囲い込んでいます。彼らは製薬会社にお世話になっていると思っていて製薬会社や薬について悪口を言えないのです。薬の副作用についても、会社の副作用隠蔽作戦に協力します。内部告発は期待できません。MRのみならず全員野球で薬の売上増に日々腐心しています。

2010/9/29(水) 午前 10:46 [ とむくるず ] 返信する

顔アイコン

私とて、まったく偏りのない精神医療問題なら、いくらでも積極的に応援・協力する(satoshiさんはある程度知っているが、実際、私も向精神薬の副作用で何度も痛い目にあっている)のですが、アリスパパは卑劣にも自分や亡くなった妻の責任をなすりつけている(これは訴訟で被告側も主張していること)上に、CCHR=サイエントロジーの魑魅魍魎がわらわらと絡んでいるから、近寄りがたく、どうしても批判的になってしまいます。

そう。魑魅魍魎という、まずもってそらでは書けず読めないがゆえに、使い古された感がある、この表現がぴったり。<CCHR=サイエントロジー

2010/9/29(水) 午前 10:58 [ - ] 返信する

顔アイコン

精神科医の方々の方が魑魅魍魎だと思いますが・・・(w

とむくるずさん
治験コンサルタント(CROっていうのかな)という職業は、さらにその感が強くなるようです。

製薬会社に勤めている人が、独立ビジネスするのに、CROっていうものを始めるときがあるらしいのですが

転職エージェントの人に「CROの社長の人たちは、一攫千金をねらうヤクザ商売なので、従業員でも少しそういう気質は必要ですね。」って注意を受けました。

つまり、製薬会社が治験結果を得るために、CROに金を払い、CROが開業医にアプローチしていくわけですが、
よい治験結果を得るためにいろいろあの手この手なわけです。

よい治験結果が出た患者しかカウントしないとかね。

製薬会社は金にものをいわせて、直接治験結果を集めたりせずに、いい結果を得るために自分の手は汚さない仕組みができているわけです。

2010/9/29(水) 午後 1:01 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

satoshiさん

新薬としての承認をもらうための精神作用薬の臨床試験(治験)の結果データなんていくらでも誤魔化せますね。なにしろ客観的生物学的検査データなど何もないのですから。治験担当医師の短期間の患者観察による主観的な意見だけで薬が効いているか効いていないか、どんな副作用があるかないかが決まり、それが治験の結果ということになってしまいます。患者が感じる真の薬の効能及び副作用をそれだけで正しく捉えることは不可能です。

2010/9/29(水) 午後 3:37 [ とむくるず ] 返信する

顔アイコン

>op1さんは製薬会社から所得を得て生活している人であることをお忘れなく

そうなんですか?

実は、以前、opさんとおぼしき人物が、私になりすまして(私のハンドル
ネームを名乗り、私になりすまして)、kebichan55さんを誹謗中傷する
文章を2ちゃんねるなどのネット上に書き込んでいて、非常にびっくり
したことがあります。

ここのコメント欄にも、kebichan55さんになりすまして、嫌がらせのコメント
を書いていたことがありましたよね?
あのときは、私はまんまと騙されてしまいましたが。。。

どうして執拗に嫌がらせをするのか理解できなかったのですが、製薬会社の
ご機嫌をとって、より多くのお金をもらおうという意図があるのであれば
必死に嫌がらせをするのもうなずけますね。

2010/9/29(水) 午後 6:29 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

やれやれ。

うさぎさん。

あなたのおっしゃっていること、とむくるずさんがけんか腰に言っていることを含めてすべて否定します。

第一、私は2ちゃんねるはどこぞの右に変節した愛国三流漫画家の表現を借りれば「便所の落書き」(これだけは彼の意見に賛成です)だと思っていて、あんなところはあてにならないし、書き込む人など軽蔑しているくらいなので、リンクでたまたま入り込んでしまったことはあるものの、精神医療関係のページなんか、一切、見ないですし。

このサイトでだって、他のハンドルネームを使ったことはあるものの、私のオリジナルの名前でコメントしたので、一所懸命、真面目に取り組んでおられる(多少、CCHRと関わってはいても、これだけは認めざるを得ないですからね)kebichan55さんを騙ってなど、とんでもない。そんなことは致しませんよ、私は。

とむくるずさんはよほど私が目障り、憎いようですね。

やれやれ。

勝手にほざいていなさい。おふたりとも。

2010/9/29(水) 午後 8:40 [ - ] 返信する

顔アイコン

op1さんは製薬会社との繋がりについて相変わらず何も述べていません。ノーコメントでしらばっくれています。欧米の精神医学や薬理の論文では著者と製薬会社等との関係を開示して、利益相反の関係があるかどうかを読者に判断してもらうというのが習慣になりつつあります。自分のよって立つ所を曖昧にして精神医学や薬の弁護ばかりをするのは公正なことではありません。サイエントロジーとかCCHRを口実に批判するのも無効です。問題をそらかすだけで、ナンセンスです。

2010/9/29(水) 午後 10:19 [ とむくるず ] 返信する

顔アイコン

kebichan55さんになりすまして、サイエントロジーのジヌー神話
とやらを持ち出して、「ジヌー神話を信じない者は、このサイト
を見にくるな!」という趣旨の嫌がらせのコメントを書き込んで
いる人がいましたが、私の見る限り、サイエントロジーのことを
持ち出して嫌がらせのコメントを書いている人間は、opさん以外
にいないようですけどね。

2010/9/29(水) 午後 10:53 [ うさぎ ] 返信する

精神薬のせいで攻撃的になり、実際に暴力行動したのに記憶がない、という方もおられるようです。

そういうのがあったのかもしれませんね。

罪を憎んで人を憎まずとはよくいわれます、全て薬物のせい、といっても仕方ないですが、

そういうものだとして、考えておく必要はあるやも知れません。

2010/9/30(木) 午前 8:19 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

「Aは「白」では無いことを証明していないから,Aは「黒」である」
「私の知っている限り▲▲の話をするのはAしかいないから,▲▲の話をしていたのはAである」

↑ものすごっく強引な論法ですね。
こんな理屈,裁判員制度じゃなく,学級会レベルでも「有罪」にはできませんよ。(笑)
もちろん,そうではないと否定もできませんがね。


それより,残念なのは各種統計情報「激増する行動制限」の記事のコメント欄なのに,
誰もその話をしていないこと。
関係ないニュースをベタベタはりつけるのでなく
コメント欄は多少脱線しても基本的にblog主さんの話題にあった内容の方がよいと思うのですが…。

そういう別話題は専用のコメ欄はどうでしょうか。

ぁ。新記事立ちましたね。読みに行きます。

2010/9/30(木) 午後 6:01 [ bee ] 返信する

顔アイコン

初めて投稿します。失礼します。
非常に興味深く読まさせていただきました。
ある精神科医に、なぜこんな事態になっているのか尋ねてみました。
簡単に申しますと
‖牘‖タ覆房茲蠢箸鵑派他欧空く。
空き病床が増えると病院運営がままならなくなるので認知症の方の受け入れを行う。
L覺屬臨况紡从に施錠が必要となるので閉鎖病棟が必要になる。
と、こんな感じのコメントでした。「・・・だろう」でしたが。
医療を行うべき病院のありかたとして、どうだろうかとも思いますが、その精神科医ご自身も頭をかかえておられるご様子でした。

2010/10/12(火) 午後 0:36 [ - ] 返信する

顔アイコン

統合失調薬剤売上高(製薬会社はすごい利益を出しているのが判る)
(うつ)パキシル 561億円 ジプレキサ 404億円 リスパダール 295億円 エビリファイ 132億円
セロクエル168億円 ロナセン105億円(ほんの一部他にマイナートラキライザー鬱のリフレックス等)薬価は100円から300円だからかなりの服用させられてる人がいる。患者に人格障害と言って統合失調薬3剤服用させてるとこ多い例えばエビリファイ セロクエル リスパダールみたいに素人は判らないから、統合失調にしたて上げられて精神異常者になっている。実例が有ったら関東信越厚生局03-6692-5119に電話して調査させましょう。法的権限があります。診断書名と処置が食い違ったらカルテの開示とレセプトの開示(社会保険診療報酬支払基金東京支部(03)3987-6181を求めて法的な処置を取りましょう。薬剤中毒にして働けなくなった生活保護の人の国費(診療報酬)を浪費して廃人を作っている。

2010/10/16(土) 午前 9:00 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事