精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

今年の集大成です

今年は色々と変化がある年でした。一番の収穫は、多くの人々が精神医療の真実に気付いてきたことです。ようやく世間が問題意識を持ち始めたと実感しています。このブログが始まった頃は、私の主張などは少数派どころか異端中の異端でした。独り言に近い、せいぜい学級新聞程度の影響力しかない主張でした。
 
今でも圧倒的少数派であることは変わりませんが、もはや独りではないと実感しています。ネット上には、私なんかよりもよほど鋭く、精神医療の問題を追及する人々が何人も現れています。もうそろそろ引退しようかとも考えましたが、まだまだそういう訳にはいかないようです。
 
世間が松平健夫人の自殺で大騒ぎしているころ、私にとってはもっと衝撃的な事件が起きていました。それは、兵庫県加古川市で、15歳の中学生が焼身自殺を遂げたということです。ある程度その地域のことを知っている私からすると、いくつもの疑問符が付きまとう事件です。なぜ焼身自殺という、最も苦しい手段で自ら命を絶つほど少年は追い詰められてしまったのでしょうか?
 
昨年もイジメを受けていた中学生が路上で焼身自殺をした事件がありましたが、今回気になったのはイジメではなく、その少年がパニック障害で通院中であったという事実です。この少年は一体どんな治療を受けていたのでしょうか?そして、その治療について(特に投薬治療の場合、処方される薬物について)、本人や両親がどれだけ医師から説明を受け、理解していたのでしょうか?「自殺の原因はパニック障害でした」などと片を付けられる前に、そのあたりを徹底的に調べていただきたいと願います。
 
子どもや若者が希望を失い、自ら命を絶つ国に未来はありません。何が彼らを追い詰めているのでしょうか?
 
基本的には「無責任」です。このブログでは、患者の命や健康に責任を持たない精神医療の無責任について取り上げてきました。しかし、精神科医に恨みをぶつけるだけで解決する問題でしょうか?実は、精神医療との関わりにおける、我々の無責任こそが問題です。
 
人生には困難やトラブルはつきものです。直面できない問題があった場合、自分で考えることを止めてしまうことがあります。自分にはわからないので、他人に丸投げするというものです。時には、自分の人生における決定権を全て放棄し、他人に何でも決定してもらうという人もいます。そこに悲劇が生まれるのです。
 
精神科医は心の専門家であるという甘い言葉は、自ら考える能力を社会から奪ってしまいました。人生の責任を放棄し、得体の知れぬ専門家に押し付けてしまったのです。一般的に、専門家に助けを求めることは悪いことではありません。しかし、その専門家について知ろうともせず、決断を全て委ねるという無責任さこそが、悲劇の元凶なのです。
 
ただ、その「心の専門家」について知ろうとしようとも、情報が全くなかったのも事実です。一昔前の患者は、医薬品添付文書すら見ることができませんでした。情報が意図的に隠蔽されている中、真実に出会える機会はほとんどありません。しかし、今は違います。調べようと思えば調べることができます。情報を基に自分で判断することもできます。
 
今まで、精神医療は意図して人々の無知や無責任さにつけこみ、市場を拡大してきました。未来を担うはずの子どもや若者に、そのしわ寄せがきているのです。これを食い止めるためには、まず知ることです。真実を知らせることによって、社会の責任を取り戻すことができます。
 
今年の集大成として、今一度精神医療と社会の関わりについて見直し、それによって子どもや若者の命を守ろうとするイベントが開かれます。是非皆さんもご参加下さい。
 
イメージ 1
 
人権週間特別シンポジウム
子ども・若者の未来を守ろう
〜レッテルや薬に頼らない真のメンタルヘルスを考える〜
 
20代、30代の若者の自殺が急増しています
なぜ若者は自ら命を絶つのか?
 
国や遺族団体の調査で明らかになった意外な事実・・・
精神科で治療中の若者が、処方された薬で自殺している
 
日時:2010124日(土)130015301230分開場)
会場:星陵会館ホール東京都千代田区永田町2-16-2
入場無料 定員:400名(当日受付可)
主催:市民の人権擁護の会日本支部
 
 
プログラム
第1部:基調講演
演題「食事崩壊と心の病―精神医学に栄養なく、栄養学は精神疾患に無関心―」
演者:大澤博さん(岩手大学名誉教授)
 
2部:パネルディスカッション
テーマ「若者が希望を持てる社会とは?真のメンタルヘルス対策を考える」
コーディネーター:小倉謙(市民の人権擁護の会日本支部世話役)
パネリスト:田中幸子さん(全国自死遺族連絡会世話人)
中川聡さん(精神科処方を考える会世話人)
嶋田和子さん(ジャーナリスト)
菊地一也さん(うつ病治療専門内科医)
 
若者が希望を持てない、閉塞した日本社会―様々な社会の問題や矛盾は、個人の「心の問題」にすり替えられ、その解決策は精神科の受診促進とされています。「心の問題」を解決するはずだった精神医療に対する過剰な期待、幻想、依存、情報不足が多くの悲劇をもたらしています。我々は何を知り、何をすべきなのか?この問題に前線で向き合う方々を招き、それぞれの立場から講演、討論、提言を行います。
 
主催:市民の人権擁護の会日本支部
170-0004東京都豊島区北大塚2-11-7-7F
Tel/Fax: 03-3576-1741
 
 
※追記
NHKもこの2年でどんどんと真実に近付きつつあります。こちらも是非ご覧下さい。
NHK 追跡!AtoZ
11月27日 土曜 午後10時15分〜10時44分
 
「不眠」や「うつ」などの治療に使われる向精神薬。ストレス社会を背景に、より身近なものになっている。しかし今、この向精神薬が乱用され、危険な状態に陥るケースが急増している。その一方で、病院でしか手に入らないはずの向精神薬が市民の間で密売されていることも分かってきた。

今年9月、30代の女性が、大量の向精神薬を売りさばく目的で隠し持っていたとして逮捕された。女性は、ネットを通じて全国の顧客に売りさばいていたと見られる。大量の薬をどうやって仕入れたのか?誰が何のために高値で薬を求めるのか?

また、薬物依存治療の専門病院では、向精神薬の乱用者が増え続けている。その多くは病院で薬の処方を受けているうちに依存が進む「処方薬依存」の患者だという。病院の医師は「普通のOLや会社員といった人たちがちょっとしたきっかけで依存に陥るケースが目立つ」と語る。

さらに取材を進めると、処方薬依存の患者の乱用の背景には病院での処方そのものに問題があるケースも見えてきた。

身近な薬にいったい何が?急速に広がる向精神薬の乱用の実態を追跡する。

閉じる コメント(41)

始めまして(*^-^*)
お友達のところからきました
考えさせられます
転載させて頂きますね
(o゜ω゜o)ノ凸ぽちん

2010/11/25(木) 午前 0:48 藍 返信する

フリーライターかこさんのブログが、すさまじい内容になってきましたね。

精神医療の真実  聞かせてください、あなたの体験 
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=momo-kako

今後ますます目がはなせません。

精神医療滅亡まであと何日ですか?

薬害を隠し続けてきた製薬会社から、どのような形で薬害被害者に損害賠償が支払われるのがよいのでしょうか?

日本人の自殺者中、かなり少なく見積もっても年間5000人は薬物過剰摂取が原因で自殺してますです。

一人一人の遺族が原告になれば、米国基準に照らし合わせると、年間被害者だけで5000億円以上の賠償請求になり、10年間累積を考えると、5兆円以上、製薬会社に払ってもらうことになりますね。

殺人に近いよいな犯罪を償うには、まだ安いとは思いますが、はやく製薬会社には一刻もはやく賠償してもらいたいものです。

2010/11/25(木) 午後 10:02 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

かこさんのブログの声は、実はすっと昔から届いているはずです。
知らぬふりして、隠しているだけ。
今度のNHKで放送されるのは、その隠しきれなくなった部分ですね。

米国では精神科薬にまつわる2010年度の賠償額・和解金・罰金などが、すでに過去最高額に達しています。
また一方で、製薬企業から医師への支払い額の開示と検証、医大・卒後教育における金銭的癒着や各精神科医の向精神薬処方件数の分析など、様々な予防策にも着手しています。

日本はどうですか?

すでにSSRIをはじめとする薬のデータねつ造/隠しが米国裁判で明らかにされ、大々的に報じられるなかにあってもまだ、国・マスコミ・製薬企業・医学会は一体となった「うつ病キャンペーン」真っ盛りの状態でした。

とても大きな≪病巣≫があるのを感じます。

2010/11/25(木) 午後 11:35 [ myu ] 返信する

おはようございます。

光の旅人のページはmyuさんがおつくりになったんですか?

詳細で洗練されたすばらしく役に立つ情報ありがとうございます。


精神医療の依存薬物治療は無関心や無感覚の人の目を覚ませば、完全終了するでしょう。

終わりのはじまりです。


あとはどのくらいの早さで終わらせるか。

何人もの命や、人生が救うために一日もはやく、この歴史上まぎれもなく最大の被害をもたらした薬害問題を解決しましょう。

2010/11/26(金) 午前 9:25 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

フリーライター かこさん
精神医療の真実 聞かせてください、あなたの体験
http://ameblo.jp/momo-kako/

罰当たりIT社長の明日はどっちだ
http://ameblo.jp/sting-n/

光の旅人
メンタルヘルスの真っ赤なウソ - 精神医療に殺されないために
http://schizophrenia725.blog2.fc2.com/

いろんな情報を知ることができますね。

2010/11/26(金) 午後 1:06 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

私はこの問題は犯罪ではなく、狭く考えれば精神薬害、史上最大の医療過誤ですが、
広く考えれば精神医療ファシズムと考えています。
結果を考えれば、組織的、集団的重大犯罪であり、過失ではない、
という側面もありますけど。

日本でも精神医療訴訟が始まりそうですね。
たぶん、最初は負けると思います。
・自殺と薬物の因果関係が十分には証明されない。
・通常の医療の範囲を著しく逸脱するものとはいえない。などと。
仕方ないです。裁判官は自己保身、体制維持が基本ですから。
でも、時代を開く嚆矢となります。
世の中が変われば、裁判所も変わります。必ず後を付いてきます。
判例の有効性も続きません。

私は当事者ではないので(病院に行かず重度うつ病を克服した)ので、
訴えることができませんが、協力は惜しまないつもりです。

2010/11/26(金) 午後 10:25 [ - ] 返信する

顔アイコン

マスコミだって変わってきました。微妙に調整しつつ、世の中の後を追っています。
「最近ノイローゼ気味だった」→「通院していた」→「通院し服薬していた」と。
有名人が自殺しても、精神科医にコメントを求めることはなくなりました。
北山さんは友人として求められたのであって、精神科医としてではありません。

20年程前、おそらく日本で初めて、幼児虐待を取り上げた番組を、
NHKがやったとき、鈴木アナウンサーはハッキリと
「幼児虐待は日本ではまだありませんが…」と言っていました。
実際にはもちろん多数ありました。

2010/11/26(金) 午後 10:26 [ - ] 返信する

そうですねえ。

WHO自体が、精神科医主導で作られていますから、ある程度はしかたないです。

WHO設立者の一人であるブロックチショルムは、「死を生み出す産業」動画の第11か12か辺りに登場しています

2010/11/27(土) 午後 0:59 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。今NHKで追跡AtoZという番組で向精神薬の乱用の実態の特集やってます。1ヶ月ほど精神科に通いましたが薬の副作用がひどくて途中でやめました。今ではやめて大正解だと思っています。管理人さんを陰ながら応援しています。

2010/11/27(土) 午後 10:19 [ - ] 返信する

顔アイコン

ようやくコンボも動き出したようです。

http://hpcgi3.nifty.com/prunus/bbs/mibbs.cgi?mo=p&fo=yedoensis&tn=0004&rs=191&re=198&rf=no&al=on

2010/11/27(土) 午後 11:25 [ rol*lo*_125**65 ] 返信する

向精神薬の副作用で苦しい目にあわなくて、本当によかったです。

なるべく、多くの人が、ひどい目にあわないようになればいいですのにね。

表だって応援してください。
ケビちゃんも喜ぶはずですよ。

表にだせない情報もどっさり知った上で言える範囲でお伝えしますが、精神医療業界という薬物販売業に関係する人は、それはそれは大勢います。

逆に、精神医療業界が異常だと勇気をもって声をあげる人は極めて小数です。

大勢の人の応援がなければ、倒されるかもしれません。
いや、これは本当に。

なぜNHKができ、民放では扱えてないのか。
推論してみてください。

「心の病を売り込む」の動画そのものの世界は、日本でも水面下で行われている………のかも知れません。よくしりませんけれども。

表だって応援、お願いします。

2010/11/28(日) 午前 0:39 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

表だって応援していただかないと、どういう事が起きるか。というと。

精神医学会の中の人、製薬会社の中の人、そして患者さんの中でも「精神薬で助けられている!」と思いこんでいる人は、NHKに猛抗議する…かもしれませんね。

依存した方の依存薬物の作用について、ここを見ていらっしゃる方々はきっと分かると思うんですよ。
依存薬物がとても大事なものであると、依存薬物を正当化する人を見たことがありますよね。

NHKの動画は数日すると公開されるようです。
見逃した方も、しっかり見ていただいて、もし内容がよいものだと感じたのなら、たくさんの声援を送ってください。

抗議の声よりも声援が多く届けば、よい反響があるという事で、続編も作られるでしょうし他の番組、他の局もどんどん動く。…かもしれません。

多くの方の声援が、精神医療業界のこの薬物依存体質を変えていくはずです。

2010/11/28(日) 午前 3:43 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

NHKの番組。

社会に対する注意喚起としては一定の評価もできます。

しかし、ナレーター・厚労省のメガネ女・証言に出た薬物依存の専門医
彼らが口を揃えたセリフがありました。

「精神疾患に薬物治療は重要だ」と。

そういう「あちら側」からのメッセージを、精神医療を非難する側にとっても多少は心地よいサウンドでお届けしました。
そのような作りでしたね。

NHKが守るものは民放と何ら変わるものではないのでは?

『DSMを前にして私たちが直面している難題は、米国精神医学会とDSMに付与された正当性を取り消すことなのであり、何かしらの「診断」を嘲り、それを魔法の一覧表から省こうとすることでその根源に巣食うまやかしから目をそらすことではない。』− トマス・サズ

2010/11/28(日) 午前 3:52 [ myu ] 返信する

顔アイコン

myuさん、

はじめまして、こんにちは。

私も同じ点が気になりました。

これでは「医者の指示通りに服用し乱用さえしなければ安全だ」
という誤解を与えてしまいますね。

もちろん、向精神薬が麻薬同然の危険なものだということに気がついた人たちも多数いると思いますが。

2010/11/28(日) 午後 2:09 [ いちにさん ] 返信する

顔アイコン

> jpc*ct*sさん

医療が政治力に支配されるようになって久しいですが、なかでも薬物中心精神医療は、LSDを使って悟りを得るというオウム真理教にも似た狂信的宗教性がありますね。

そしてこの「政治力」と「宗教性」は、時には命すらも奪う凶暴性のあるものです。

そのあたりを考慮した上での番組だったとも言えますね。

『精神科ドクターのための情報サイト』(実質「メルク社」が作ったものでしょう)
www.psychiatrymatters.jp/webseminar/utu/index.asp?C=98374405045169212963

東京女子医科大学医療センター
精神科 准教授 山田和夫氏 によると

抗うつ薬に反応したが寛解しない場合

1. 反応した抗うつ薬の≪増量≫
2. 反応した抗うつ薬の≪継続≫
3. 他のクラスの≪抗うつ薬への切り替え≫
4. 抗うつ薬に他の≪抗うつ薬を追加≫
5. 増強療法
6. 薬物療法以外の治療への切り替え・≪併用≫

≪増量≫そして≪追加≫
どこに本当の問題があるかは明らか

2010/11/28(日) 午後 3:14 [ myu ] 返信する

なかなか、麻薬覚醒剤産業を打ち破るのは大変だ、ということですね。

乱用しやすい薬物をあえて使う理由には、巨大すぎる利権が絡んでいて、
精神障害者の大部分は、製薬会社の金儲けのために、障害者にさせられた。

水俣病やイタイイタイ病を遥かに越える邪悪さと被害規模の事件が、意図的に一部の製薬会社と精神科医の間で行われている。

なんてことが、本当の意味で知れわたれば、もはやパニックの域を超えますからね。


ゴシップネタにしか聞こえない人もいるでしょう。

自分や家族や友人や親類や同級生が被害にあう前に気がついて欲しいです。

気がつけた、真実を見抜く目を持っている方々が先導して周りの方に伝えてください。

2010/11/29(月) 午後 7:14 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

精神医学が未熟期にあったとき、人間の「機能不全」をすべて脳の病気の症状であるとした考えは、まだあどけない誤りであった。

成熟期、そのあどけない誤りは一つの妥当な科学理論として扱われ、強力なイデオロギーの正当化と、そのイデオロギーに基づく強力な制度として扱われるようになった。

そして現在、その老齢期にある精神医学は、偽りと自己欺瞞、つまり、客観科学 (医学的診断) と善意の支援 (医療) に包み隠された『強制支配力』となったのだ。

この結果、オーウェルの言葉を借りれば、こうした真実を語ることが、もはや「革命的行為」になるのである。

ーーーー 医学博士 トーマス・サズ (Thomas S. Szasz M.D. )

医学的診断と善意の支援 (医療)による「麻薬販売」。
でもその背後にある「意図」にこそ、実は私たちが本当に恐れるべきものが隠れているのかもしれませんね。

2010/11/29(月) 午後 11:10 [ myu ] 返信する

顔アイコン

精神医療の根底に流れる

『劣った人間は淘汰されるべき。』

という恐るべき意図は

調子を崩した人を薬物で精神障害者に仕立て上げ
さらには、精神障害者を死に向かわせる。
しかも、本人に自覚なしに脳を破壊していく。

という狡猾なシステムとして成り立ってますね。

こういう事に気がつける人が何人いるかわかりませんが、

歴史上『劣った人間は淘汰されるべき。』という思想によって

精神科医の案をヒトラーが採用することで
精神障害者や、ユダヤ人や反ナチス人、教育者などを淘汰していき

同様に、アパルトヘイト、人種隔離政策を精神科医が政治家となり南アフリカで施行し

KKKクークラックスクラウンを、精神科医が組織しました。

2010/11/30(火) 午後 0:47 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

オーストラリアでは、子供たちに根拠無いままうつの予防のためということで予防医学として依存する危険のある精神薬を処方するという現状。

マクゴーリがイヤーオブオーストラリアを受賞し、白豪主義と呼ばれる人種差別主義が存在するオーストラリアで何が起こっているのか。


そしてそれがどのように日本持ち込まれるのか。

ほとんどの人は、知りたくも無いと思いますが
世界全体の裏で何が起きているか、知りたい様な奇特な人は、
「死を生み出す産業 精神医学」や「心の病を売り込む」を見るといいんじゃないでしょうか。

知りたくもなかった事実を知って後悔しても責任は持ちませんが。

2010/11/30(火) 午後 0:51 [ satoshi_3210 ] 返信する

また、今日も一歩一歩やっていきましょう。

2010/12/4(土) 午前 9:35 [ satoshi_3210 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事