精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

興味深い記事がありました。
 
ひきこもりの分析で対立 厚労省「精神障害」、内閣府「社会風潮」
産経ニュース2010.12.5 09:06
 
 「ひきこもり」の原因は精神障害か、それとも社会風潮か−。ひきこもり支援のあり方を検討するため、厚生労働省と内閣府がそれぞれ実施した調査で異なる原因分析が提示された。「原因は精神障害」とする厚労省に対し、「原因は生きづらい社会風潮の進行」とする内閣府。関係者の間には困惑が広がっている。
 
 厚労省は5月「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」を発表した。策定責任者の斉藤万比古(かずひこ)・国府台病院精神科部門診療部長によると、ひきこもりは全国推計で約26万世帯にのぼり、専門機関で受診した場合、ほぼ全員に何らかの精神障害がみられたという。原因が精神障害にあるとすれば、国が検討している「障がい者総合福祉法」(仮称)の適用対象となる可能性もあり、NPO法人「全国引きこもりKHJ親の会」の幹部は「背景に精神障害があると示された意味は大きい」とする。
 
 斉藤氏は「従来は社会風潮を原因とする解釈が主流だったが、効果的な支援策が打ち出されてきたとは言い難い。新しいガイドラインは、現実に苦しんでいる人々を支援する指針となることを目指した」と話す。
 
 一方で厚労省のガイドラインについて「『ひきこもりは病気や障害である』との誤解と偏見を広げる」との批判の声もある。NPO法人「ニュースタート事務局」の二神能基(ふたがみ・のうき)代表は「厚労省の調査対象は専門機関で受診した若者だけで、しかも184人と非常に小人数。非科学的で実態とはまったく異なる」と指摘する。
 
 厚労省に対し内閣府は7月「ひきこもりに関する実態調査」を公表した。5千人を対象とした無作為アンケートを実施したところ、「職場問題」「病気」「就職活動失敗」が3大要因だった。内閣府調査で企画・分析の座長を務めた明星大人文学部の高塚雄介教授は「厚労省の調査方法が妥当かどうかは疑問がある。精神障害も一部にあるが、われわれは、スムーズな人間関係を実践できない人を『欠陥品』として放逐するような社会風潮の拡大がひきこもりの主な原因と分析した」と話す。
 
 国の異なる見解について、NPO法人「全国不登校新聞社」の石井志昂(しこう)編集長は「ひきこもりの子を持つ親には『うちの子は病気なのか』『育て方が悪かったのか』などの戸惑いが広がっている。ただ一番の問題は、ひきこもり当事者の多くが求める支援に出合えず、『もういいや』と思ってしまっている点。適切な支援がなされていない証明だ」と指摘している。(小野田雄一)

なぜ意見が対立するのでしょうか?それは、真実ではないデータが含まれているからです。では、誰がどういう意図で嘘を散りばめるのでしょうか?これを見れば明らかになるでしょう。
斉藤万比古氏:
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/50489718.html
全国引きこもりKHJ親の会
http://www.khj-h.com/
 
ひきこもり親の会は、SADネットと連携し、もはや精神医療産業の傘下にあるのです。しかし、そうなってしまうのも無理はないという一面もあります。
 
彼らには支援がないのです。ひきこもり当事者も、その家族も、自分たちの力ではどうにもならないところまできているのです。しかし、彼らが助けを受けるための法的根拠はほとんどありません。
 
そこに精神科医がささやくのです。精神障害と認定されたら、福祉という救済の道が開けますよと。
 
これは実際、悪魔の取引です。確かに、精神障害というレッテルをもらえたら、それなりに支援を受けられるでしょう。しかし、それと引き換えに失うものは非常に大きいといえるでしょう。ひきこもりを支援する精神科医は「SSRIや抗不安剤を使うと、社会参加が早まります」と堂々と述べていますが、本来薬が必要でなかった人々にこのような薬が投与されることで、どんな悲劇が待ち受けているでしょうか?何もしない方がはるかにましだったというストーリーはいくつもあります。
 
このパターンは、発達障害支援にも当てはまります。支援を欲する親の思いを、精神医療産業は、自分たちの市場拡大に利用したのです。
 
これらの現象は、医療化(medicalization:もともと医療的問題でなかったことが、近代医療の対象として取り扱われていくことをさす)の一種として捉えられます。もっとも、操作的診断を基盤とする現代精神医療を、はたして本当の意味で医療というカテゴリーに含めてよいのかは別問題ですが。
 
約26万世帯という大きな潜在的市場を獲得したいという精神医療産業の隠された意図の前に、内閣府側の最後の良心が立ちはだかっているという構図です。
 
問題は精神医療産業だけではありません。そもそも、彼らに付け入る隙を与えている我々にも問題があります。「発達障害」「精神障害」というレッテルがなければ支援が受けられないという社会は、やはりおかしいと言わざるを得ないでしょう。
 
精神医療における問題のほとんどが、実は全く同じ構図だということがそろそろ理解できてくることでしょう。
 
問題が発生する(その原因は、ほとんどが個人や組織の無責任)

問題の本当の原因に直面しないため、解決策がわからない(ほとんどの人は、自身や他人の無責任さに直面できません)

問題を解決する専門家として精神科医が自分たちを売り込む

それを受け入れ、責任を専門家に丸投げする

さらなる混乱、問題、悲劇
 
本来、心の専門家と呼ぶに値する人は、人が問題に向き合えるように手助けし、その人が本来持っていた責任や決断能力を回復させることができる人です。向精神薬によって本当の問題から避けるように人々を導き、クスリに逃げる人々を大量に作り出すような精神科医ではありません。

閉じる コメント(65)

顔アイコン

製薬会社の悪行については、つい先日WikiLeaks(ウィキリークス)が暴露した通信文にもこういうのがありましたね。

ファイザー社がナイジェリアの子供を対象にした髄膜炎薬(Trovan)の治験で11人が死亡し、何十人もの子供に障害が残った事件の訴訟を取り下げさせるために、探偵を使って検事の汚職などを調べさせて弱みをつかもうとしていたものです。

イギリス ガーディアン紙
www.guardian.co.uk/business/2010/dec/09/wikileaks-cables-pfizer-nigeria
ロイター
www.reuters.com/article/idUSN1014209820101210
"UPDATE 1-WikiLeaks cables: Pfizer took aim at Nigeria AG"

また、パキシルによる出生異常にまつわる一連の訴訟の中で、GSKに対する訴訟そのものが却下される一件もありましたが、訴訟に必要な処方した医師の証言が「医師の死亡」により得られなくなったためとされています。

2010/12/14(火) 午後 10:23 [ myu ]

顔アイコン

つづき

ナイジェリアなどでは親も子供も字すら読めない人が多く、署名の欄にもただ{x}。
最近こういう貧しい国での治験が非常に多いのですが、既得権益と汚職にまみれた日本のこと、いろいろとあるでしょうね。

海外メディアは普段からこうしたことぐらいは普通に報道しますが、日本は分厚いフィルターで遮断してきました。

単にスポンサーに遠慮してというだけではないでしょう。

ただその分、こうした事実が知れ渡った時の国民の爆発力かなり大きなものになるのではないですか?
本当の医療改革が必要ですね。

2010/12/14(火) 午後 10:27 [ myu ]

顔アイコン

さっき日本テレビのNEWS ZEROで、タイ製やせ薬を服用し、嘔吐、歩行困難、意識障害などが
出た10代の女性のことを取り上げていました。
やせ薬のなかに、抗うつ成分が入っていると言っていました。
昨年報道されたタイ製やせ薬による死亡事故の新聞記事にも、薬に向精神薬成分が含まれていた
と書かれていましたが、やせ薬の中には精神科の薬を混ぜ込んだものが結構あるのかもしれませんね。
怖い話ですが。

2010/12/15(水) 午前 0:24 [ うさぎ ]

顔アイコン

↓ ↓

【衝撃事件の核心】オンナ心くすぐる“魔法の錠剤”の危険な落とし穴 タイ製やせ薬服用の2人死亡 (1/4ページ)
2009.11.15 13:00 産経新聞

タイ製のやせ薬を服用した東京都内の女性2人が、不整脈などで死亡していたことが先月に相次いで発覚した。スタイルに悩む女性の心をくすぐるキャッチフレーズと、インターネットなどで手に入る手軽さから人気を集める外国製のやせ薬。その一方、国内で未承認の医薬品成分や向精神薬成分が含まれていたり、数年前から健康被害が報告されたりするなどの“落とし穴”も。厚生労働省などは利用を控えるよう呼びかけているが、自分で使う薬を個人輸入する分には薬事法の規制対象とならないため、国内への流入を食い止める手だてがないのが現状だ。(滝口亜希)

《以下省略》

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091115/crm0911151301007-n1.htm

2010/12/15(水) 午前 0:25 [ うさぎ ]

顔アイコン

では最近の海外の記事を一部

英デイリーメール(電子版) 12月13日
http://www.dailymail.co.uk/health/article-1338340/Will-wake-deadly-risks-happy-pills.html

"Will we ever wake up to the deadly risks of happy pills?"
『ハッピー・ピル(精神安定剤)の命にかかわるリスクにいよいよ目覚めるか?』

As new research reveals antidepressants raise the danger of heart attacks, the disturbing cost of this modern addiction
抗うつ薬は心臓発作のリスクを高めることが新たな研究から判明−この現代に広がる依存症のショッキングな代償

2010/12/15(水) 午前 1:49 [ myu ]

顔アイコン

"The drugs don't work: Too many people are needlessly tucking into antidepressants"
「薬に効果なし:いらない抗うつ薬に飲み込まれるあまりに多くの人々」

.....antidepressant drugs are largely ineffective. But more than that, they can ruin lives by creating chronic dependency
抗うつ薬にはほとんど効果がない、それどころか慢性的な依存状態を引き起こし、人生を破壊する・・・

これを「メディアの良識」というのでしょう。

2010/12/15(水) 午前 1:50 [ myu ]

海外ニュースはすごいですね。

日本では、スポンサーに影響受けないはずのNHKでさえ

・誤った診断、誤った処方
・乱用による被害

が報道限界のようです。製薬会社や精神科医に気をつかいすぎです。奥ゆかしさ文化でしょうか?
犯罪報道に遠慮などいらないと思うのですが…。日本男児というより、大和撫子さんが多いのかしら。

本当のところは

・乱用せずに飲んでも危険
・医者は副作用報告を無視
・飲んでいれば乱用したくなる危険な薬
・向精神薬は麻薬覚醒剤に近い作用がある
・全ての精神病の存在が捏造
・全ての処方が誤っている
・患者のためではなく金儲けのためにやっている

など、軽く列挙するだけで、まだまだ報道できない事だらけ。
スクープの宝庫。

どこが先に報道できるでしょうか?
これから先、米国に習って報道合戦訴訟合戦になるでしょうから、今から取材や調査しておいて早く報道はじめたほうがお得でしょうね。

海外報道を紹介し、日本の実態を紹介するだけで、多くの人の目をひきつけられるかも。です。

2010/12/15(水) 午前 8:32 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

ではこのニュース、もう少し内容を補足します。

『「致命的な心臓発作のリスクを高める」という新しい研究報告は三環系抗うつ薬に関するもの。しかし発売から何年も経て「新たな副作用」がこうして報告されることを考えれば、「今までよりも安全」とされているSSRIやSNRIにも、さらにどんな致命的な副作用が加わるか想像に難くない。すでにそのような研究報告も多くあり、「ほとんど効果がない割には依存症を起こして人生を台無しにする」から、今回の研究は、いつまでも利益優先製薬企業に従属するのではなく、「薬物に取りつかれた社会」から脱する契機になるのではないか・・・

そういう内容です。

戦争は(国と国とは限りません)戦わずして勝つ、相手を「自滅」させるのが一番賢明な戦略。
誰かが、どこかで戦っているのかもしれませんね。

2010/12/15(水) 午前 11:44 [ myu ]

顔アイコン

本日12/15 20:00〜20:30 教育テレビにて

福祉ネットワーク「広がる“処方薬乱用”〜問われる精神科医療〜」

医師から処方される向精神薬を大量に服薬し、救命救急センターに搬送される患者が増加している。精神科医療の新たな問題として浮上する処方薬の乱用の実態に迫る。

精神科医療をめぐる新たな問題が、浮上している。医師から処方される睡眠薬や抗うつ薬といった「向精神薬」を大量に服薬し、救命救急センターに搬送される患者が増加し、死に至るケースも相次いでいるというのだ。

ある大学病院の救命救急センターを舞台に、過量服薬の実態、そして過量服薬を防ぐための新たな取り組みを紹介。精神科医療の処方の課題と、今後のあり方を探っていく。

出演
【ゲスト】防衛医科大学校病院副院長…野村総一郎,【キャスター】町永俊雄,【語り】河野多紀

話の内容が以前放送されたものと似ているので、もしかしたら再放送なのかもしれませんが、見逃した方は是非ご覧になって下さい。

2010/12/15(水) 午後 0:40 [ han*ko*147 ]

顔アイコン

hanakop147さん
重要なお知らせありがとうございます。

早速、私のブログで転載させてもらいますね。
1時間くらい、みっちりやれば良いのにねぇ。。

2010/12/15(水) 午後 5:45 [ - ]

顔アイコン

hanakop147さん
教育テレビの番組観ました。

オーバードーズの特集でした。
ODって薬物依存なのかもしれません。現実直面化できない人もいます。(現実逃避)一種の依存症ですかね?疾病利得か?全額自費でしょうし、内臓も繰り返せばやられるでしょう。まあ癖になるってことは楽しいって一面もあるのでしょうが。
myuさん
有益な情報をありがとうございます。
アメリカの良いところは、反対意見を堂々発表する所ですね。
確かに統合失調症も様々な治療方法があるのでしょう。薬剤オンリーというのは知恵がなさすぎます。

2010/12/16(木) 午前 9:11 [ tw*iligh*t ]

顔アイコン

やはり再放送でしたね。

問題なのは何で14歳の女の子が、精神科医の言うとおり「早く良くなりたい」と願い、きちんと薬を飲んでいたのにも関わらず、26歳の今になっても治っていないのかということです。

しかも今は薬物に依存するようになり、3件も精神科をまわって処方してもらってる、診察の際は演技までしているそうですが、精神科医は演技しているのかどうか、病気なのかどうかさえ見抜けないという科学的根拠のなさです。

例のごとく、野村総一郎氏がゲスト出演されてましたが、苦しい言い訳ばかりでしたね。

この壮大な医療ミス、早くバレてしまえばいいと思います。

2010/12/16(木) 午前 9:48 [ han*ko*147 ]

顔アイコン

イジメ加害者側(PTAなど)の責任逃れ。圧力をかけて無理やり「心の病」をねじ込み。家族は洗脳。特に親権が強く騙し易い母親(善良で気が小さい)が狙われる。信頼関係を自分で壊すようマインドコントロール。全部「病気のせい」。冤罪精神病は完璧で覆らない。人間不信。そこでクズがよってたかって一層叩き放題。家族にすら苛められる。恐ろしい孤立。希望全部ダメ。復讐する力なし。死ぬまでずっと口あけて毒飲まされ、しばられ、自殺。それで気の小さい苛め側はやっと安心納得、善人面して暮らす。これはありふれた現実。それを表す言葉がない怖い国。
全て私の経験です。「反精神医学」は少なくとも日本でお粗末な似非。挙句もう流行おくれとか(笑)その偽善者から信頼を裏切られ人生を奪われた。
サイエントロジに付いては極めて最近知りました。でも精神医療は孤立した悪党でなく市民権を得て安住している。「イジメ立国社会」の構造と手を結んでいるその現実は深刻です。

2010/12/25(土) 午前 5:45 [ - ]

顔アイコン

付け加えるなら「ひきこもり」は冤罪精神病の犯罪用語です。この言葉を平気で使っている自治体などにはぞっとしますね。

2010/12/25(土) 午前 6:30 [ - ]

顔アイコン

精神科病院に通院していて「精神障害のレッテル」で人間扱いされず患者を断り死なす

毎日JP 毎日新聞 2011年1月20日 2時30分

http://mainichi.jp/select/science/news/20110120k0000m040133000c.html

【心身合併症急患:茨城でも通院女性死亡 内科と連携できず】

茨城県土浦市で09年3月、長年精神科病院に通院していた女性(当時49歳)が腸閉塞(へいそく)などで死亡した。連日嘔吐(おうと)して内科診療所に行ったが、精神科の受診歴を理由に診察を断られ、精神科病院で応急処置したものの、体の病には気付いてもらえなかった。地元の精神障害者支援団体などは「精神障害と身体疾患の合併症患者を受け入れる総合病院があれば助かった可能性がある」と指摘する。

1/5

2011/1/20(木) 午前 8:17 [ ckw*j*outn* ]

顔アイコン

2/5
身体疾患のある精神障害者を巡っては、腸閉塞を発症した東京都東久留米市の統合失調症の男性(当時44歳)の救急搬送先が見つからず死亡した問題が明らかになったばかり。

土浦市の女性は20代半ばから、理由なく父親を激しくののしるようになった。精神科病院を受診し、向精神薬の服用を続けたが、症状は改善しなかった。

両親は09年1月、別の精神科病院に入院させたが母親(75)に何度も「帰りたい」と訴え、3月6日に一時帰宅。約1週間後、女性が嘔吐し、2、3日たっても続いた。母親は3月半ばに内科診療所に連れて行った。

2011/1/20(木) 午前 8:19 [ ckw*j*outn* ]

顔アイコン

3/5
母親が医師に既往症を説明すると「精神科にかかっていた患者さんは分からないことがあるので診察できない」と言われた。母親は救急病院の受診も考えたが、精神障害者支援団体の仲間から「あそこは精神科の患者を断る」と聞いていたため見送ったという。嘔吐は1日2、3回になり、母親は3月20日「体の症状を診てくれるか分からないが、ここしかない」と入院していた精神科病院に診察を頼んだ。精神科医に吐き気止めの処置をしてもらったが、病名の説明はなかったという。

21日夜、女性が自宅のトイレに入ったまま出てこないため、母親が見に行くと倒れていた。救急搬送されたが病院で間もなく息を引き取った。死因は腸閉塞と多臓器不全。母親は「内科の症状を診てくれる病院があれば、よくなっていたかもしれない」と悔やむ。

2011/1/20(木) 午前 8:20 [ ckw*j*outn* ]

顔アイコン

4/5
女性が最初に訪れた診療所の医師は「記録がないので詳しい経緯は分からないが、症状をうまく伝えられない精神障害者の場合は診察しない」と説明する。入院していた精神科病院の院長は「精神科医が身体疾患を診るのは非常に難しい。精神科病床のある総合病院があればよかった」と話す。

女性を支援してきた茨城県精神保健福祉会連合会の中川正次会長(80)は「精神疾患があると一般診療科に受け入れられにくい。せめて精神科病院と一般病院の連携がスムーズだったら」と言う。

2011/1/20(木) 午前 8:21 [ ckw*j*outn* ]

顔アイコン

5/5
精神科病床のある総合病院の所在地について、日本総合病院精神医学会が07年に調査したところ、国が全国の市町村を367地域に分けた「2次医療圏」のうち、40都道府県の126地域(34%)で一つもなかった。茨城県内には2カ所のみで、土浦地域は08年3月末、国立病院機構・霞ケ浦医療センターが精神科病床を閉鎖し、空白地域になっている。【奥山智己】

2011/1/20(木) 午前 8:22 [ ckw*j*outn* ]

精神医学とは、社会の害悪以外の何ものでもないですね。

ニュースみるだけなので正確に判断できませんが、腸閉塞は、向精神薬の副作用の薬害が疑わしいです。

なのに、家族は患者の死の怨みを精神科医ではなく内科の病院に向ける。

内科医としても、腸閉塞の原因が向精神薬にあるなどとは薄々わかっているでしょう。

CCHR動画を、医療関係者が見ていないわけがない。

内科で診断しても、向精神薬に追加で腸閉塞の薬を出すこともできない。

向精神薬が原因の腸閉塞で命があぶないのだから、内科医師は他の薬であっても追加薬物の投与なんてできないわけです。


患者を殺したのは、内科医ではなく、精神科医でしょう。

2011/1/20(木) 午前 9:10 [ satoshi_3210 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事