精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

素晴らしい会が設立されます。
http://ameblo.jp/sting-n/entry-10773821406.html
 
ようやく、ようやくここまで来ることができたのだと心より喜んでいます。精神医療が生み出してきた被害は、あまりにも深くかつ大規模なものだったので、今までほんとんど誰も本当に直面したことがありませんでした。それに携わっている精神科医自身も、自らこの破壊活動を止めることができず、感覚を麻痺して暴走に身を任せるしかありませんでした。ようやく、ここにその暴走を食い止めることができそうな希望の光が誕生しました。
 
関心ある方は、是非こちらの会に連絡、参加してみて下さい。
 
さて、現在、松沢病院院長の岡崎氏を中心としたこころの健康政策構想実現会議が、「こころの健康を守り推進する基本法」の制定を目指し、当事者や家族会を動かして署名集めを展開しています。すでに、民主党の議員らに対する勉強会なども進められています。
 
この戦略は非常に巧妙かつ狡猾です。精神医療の負の側面をあえて見せることで、今までそれに苦しんできた患者や家族のハートを鷲掴みにし、その解決策は政府に多額の予算をつけてもらうことだと錯覚させているからです。金さえあれば、適切な手厚い医療が提供できるという幻想を見せているからです。
 
これほど馬鹿げた話はありません。精神医療に対して手厚い資金を投入すれば解決する問題でしょうか?答えはNo!!です。というのも、「より良い精神医療」というものは存在しないからです。精神医療の存在意義そのものを問わないと決して解決しない問題なのです。
 
患者や家族が期待する理想の光景と、精神医療の方向性は全く逆方向なのです。そもそも、精神医療の起源とは、人を動物として管理、服従させるという社会防衛システムなのです。その根本は今も何ら変わっていません。精神医療のゴールとは、治癒ではなく、寛解という名でごまかされた、薬物によって思考と行動を管理された状態なのです。そこには、人としての尊厳を取り戻したい、生き生きと輝いていたあの頃の息子を取り戻したい、という患者や家族の願望とは、本質的に対極のシーンしかないのです。
 
精神医療の根源を見直さない限り、本当の精神保健(メンタルヘルス)は手に入りません。「精神医療の改善」「より良い精神医療」という幻想にとらわれている人々は、大阪から博多に行こうとしているのに、東京行きの新幹線に乗っていることに気付かないといけません。
 
精神医療の改善を期待することとは、その東京行きの新幹線に乗りながら、何とか博多へ向かえと運転手に騒ぐようなものです。博多に行きたいのであれば、まずその新幹線から降りることが第一のステップです。幸いなことに、博多に行くことができる他の列車(本物の医療、教育、支援)はいくつもあるのです。誤って乗ってしまった新幹線に固執するのではなく、まずはそれから降り、正しい列車に乗り換えることが、より目的地に早く到達する手段なのです。
 
患者や家族を巻き込んだ一大キャンペーンが展開される一方で、精神医療被害連絡会の立ち上げなど、精神医療のあり方を根本から問い直す動きが出てきました。これこそが必要なステップなのです。このステップを抜かし、精神保健医療福祉の充実を目指すのは愚の骨頂です。それこそ、精神科医にいいように言いくるめられ、我々の貴重な税金を、精神保健の悪化のためにわざわざ投資する結果になることでしょう。
 
以下、面白い動きを紹介します。
http://www.semi-sapporo.jp/information.php?id=2829
※このタイトル「精神医療の正体を問う」とメッセージ「〜よりよい精神医療か、それとも精神医療よりよい何かか〜」は個人的に気に入っています。
 
http://ushikutoyo.com/shinpo1.pdf
※薬害イレッサ訴訟が注目され、薬害問題がクローズアップされていますが、向精神薬による被害は、今までの薬害事件よりもはるかに大規模です。史上最大の薬害問題と認識されるのも時間の問題かもしれません。
気付いている人はもう気付いているのです。今はまだ少数派かもしれませんが、この流れはもう止まらないところまできています。今年1年で大きく流れを変えていきたいところです。

閉じる コメント(92)

ヤクザと精神科医療とどちらが、社会に悪影響かというと、精神科医療です。

この日本だけで依存薬物を320万人ほどが、毎日きちんと取るように指導されています。

半年以内に、1度でも精神医療系の薬物をとったことのある人は800万人を超えます。

どれほど薬を薄めたとしても、ヤクザにはそんな数の顧客はいませんよ。

2011/2/9(水) 午後 6:43 [ satoshi_3210 ]

あと、合法非合法問わずに薬物中毒依存で亡くなった方の数を調べると、

ヤクザの薬物配布をとめる方がいいのか、それよりも先に精神科医療の薬物配布をとめる方がいいのかわかりますよ。

具体的な数値はアリスパパさんがおくわしいです。

興味あれば調べてみてください。

日本を麻薬漬けにしたのは、ヤクザではなく精神科医。なのかどうか。

調べればわかる事です。

2011/2/9(水) 午後 7:24 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

「精神科医には気を付けろ」・・・とは、ある大学病院で主人が、私に言った言葉です。それは、急な断薬の為、激しい、離脱症状が出たので、家族の許可無しに、統合失調症の薬を使うというものでした。
どんな薬なのかは、主人がよく知っていたので、どうにか止めさせようとしてくれたのです。私は、意識が朦朧としていたのですが、この言葉がずっと残っていました。
それから、精神科医による誘導尋問の意図が分かっていたので、うまくかわす事ができました。何処にいても精神科医は怖いです・・・。

2011/2/9(水) 午後 8:55 [ TOMOKA ]

甘い言葉で誘っておいて、危険な薬を投与しますから、関わらない方がいいでしょうね。

精神科医という生物の生態について知らなさ過ぎる人が多いのは残念です。

生態を知れば被害は防げます。

自分を守りたいなら、他の大勢の人も守りたいなら、CCHR動画を隅々までみて徹底的に学ぶべきです。

知らないうちに周りの人が殺され、気がつかないうちに自分が死にそうな目にあってもいいのなら、見る必要はないです。

社会に潜む人殺したちを、あぶり出しましょう。
(おっといいすぎた)

2011/2/10(木) 午前 8:46 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

ご意見拝見しました。ありがとうございました。
私が当ブログの趣旨と異なる場違いな意見を持ち込んでしまったために、皆様に不快な思いをさせてしまった件につきまして、心からお詫び申し上げます。

2011/2/10(木) 午前 8:52 [ s61*609 ]

精神医療の本当の改善にむけて、ご尽力いただきたいですね。

新薬の開発とかではないですよ。

精神医療業界に自浄作用がないから、外部からの圧力で浄化しないといけないわけで、

自浄作用があれば文句はいわれません。

業界自身で自浄して欲しいものですよ

2011/2/10(木) 午後 0:13 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

> s61*609さん

お詫びなどいりません。

世界医薬産業の犯罪。
千人の医師の証言集・医療の犯罪。
医療殺戮。

医療に従事し、より良い医療を目指して広く意見を求めるというのであれば、最低でも以上の3冊はご自身の頭を浄化するためにも必読書でしょう。
その上で、まずはご自身の医療行為を見つめなおすことから始められたらどうですか?

医学教育をあまりに無批判に受け入れ、盲信することほど危険なものはありません。
精神医学の教科書がいったいどのような背景で書かれているかも合わせて調べてみるとよいでしょう。
(↓このあたりも参考になります−捏造されたデータをもとに、精神医学教科書がゴーストライトされている問題です)
http://www.psychologytoday.com/blog/mad-in-america/201011/ghostwritten-psychiatric-book-hints-much-larger-problem

ご健闘をお祈りします。

2011/2/10(木) 午後 1:03 [ myu ]

顔アイコン

私は、芸大を卒業して、画家をめだして、何回か個展を開いていました。でも一の娘が、看護学校でいじめにあい、それでも頑張って勉強して三年生まで進級する事が出来たのですが、過度のストレスで寝込んでしまったのです。そこで、内科の医師に見せれば良かったと今になって思っているのですが、精神科医に見せた為、すぐに「統合失調症」にされ、納得出来ないまま帰ったのですが、でも娘は、とてもショックだった様で、そも日のうちに、一言、「私、やっぱり、病気やわ・・。」と言い残して自殺してしまいました。
それから残された家族は、こころの隙間を埋める事が出来ないまま又もや悪徳な精神科医によってどんどこに突き落とされていきました。
後で、下の娘が、どうも「統合失調症」ではないと思い、インターネットで調べて、今までずっと観察して、やはり、「アスペルガー症候群」ではないだろうか、と分かったのです。
それは、得意分野に於いて天才的なところがあり、誰も真似の出来ないものを持っていたからです。
例えば、世界一小さい鶴を折ったり、整理整頓の仕方が、完璧なぐらいかたずけられたりしていましたからです。

2011/2/11(金) 午後 9:32 [ TOMOKA ]

顔アイコン

追伸
私達は、もう、精神科医による、無責任な診断は、懲り懲りです。
もっと早く、このブログに出会えたら良かったのにと思っています。kebichan55さんやsatoshiさんやmyuさんには、これからも頑張って貰いたいです。まだまだ、私の周りの人達はこの事にはあまり気ずいていませんから・・・。

2011/2/11(金) 午後 9:43 [ TOMOKA ]

顔アイコン

エキサイトみんなの相談広場 - 彼氏を信じれなくなりました。
http://soudan.qa.excite.co.jp/qa6514678.html

これだけのことで凶変してしまう自分。でも好きだから別れられない。
自分に疲れてしまい、、最近毎日精神安定剤を飲んでしまいます。

--------------------------------
まだまだ気がついていない人が大勢います。
TOMOKAさんも、他の人にどんどん知らせてください。
大勢いれば、大勢いるほど、他の多くの人が動きやすくなります。よろしく。

2011/2/11(金) 午後 10:35 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

satoshiさん、有難うございます。
私は、多種多剤の精神薬の為、骨盤の手術を3回、小腸を使っての人工膀胱の、7時間に及ぶ手術、それに加えて、甲状腺がんの手術をしました。よくこんな状態で生きてるなあ、と思うのですが、でも、もしかしたら、これまでの精神薬の副作用の怖さをもっと多くの方に知って貰いたいので、生きています。
皆さんが言われる様に、SSRIも怖い薬です。効能よりもどれだけの怖い副作用があるか、今は、まだまだ知られていない様に思います。
体力の低下や、思考力の低下など、他にまだまだあります。
睡眠導入剤も使われ方によっては、危険です。
今まで、どの薬でどんな症状が出たのか、はっきり分かります。又、機会があれば、知って貰いたいと思っています。

2011/2/13(日) 午後 6:11 [ TOMOKA ]

顔アイコン

精神医療の真実 聞かせてください、あなたの体験
http://ameblo.jp/momo-kako/

フリーライターのかこさんが
処方薬被害にあった方の被害事例を
記事にしていらっしゃるようです。

大勢の人に知ってもらわなければいけない問題ですので、詳細などもお伝えするとよいと思います。

多くの人に伝えてください。

2011/2/13(日) 午後 10:46 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

http://hon42.com/iryou/index.html#jqTOC_link27
の動画ですが、どこかの方が既に紹介しているかも知れませんけど、再度みんなで家族で見ておいた方が良いかも知れません。
これ見ていたら、なんだか「精神医療というものは、真正精神病者が作り上げた」ように思いました。
ホンモノの精神病者が創った精神医療!?
そこで治療する人達と受ける人達。
善良とか悪意とかを超えたような壮大なる人類の負の遺産?
もちろん、現実には善意であろうが悪意であろうが、やっている事は「精神病者」の範疇でしょうけど。
あまりにも悲しい人類全体の負の遺産。
これは癌治療や死の予防接種にも通じるようですが。

2011/2/15(火) 午後 0:40 [ tor**56 ]

顔アイコン

リタリンは、麻薬である事は、もう既に皆は、知っていたのですが・・
・。
私の診断名は、「神経症の抑うつ状態」というものでした。それによって、処方された薬は、デパスと、トリプタノールという薬でした。
トリプタノールという薬を調べると、とても恐ろしい事が書かれていました。それは、次の通りです。

2011/2/15(火) 午後 4:28 [ TOMOKA ]

顔アイコン

「トリプタノールは作用が強く、最強の抗鬱剤であるとも巷では言われており、その効き目は最強で、トリプタノールの副作用も抗鬱剤でもトップクラスだと
言われています。その一つが、抗コリン作用です。
抗鬱剤が、アセチルコリン受容体と結びついてしまうとどうなるのかというと、心臓の動きが抑制されて、胸が痛くなったり、内臓の筋肉の収縮を促すようになります。
とにもかくもトリプタノ^ルは、最強の抗鬱剤といっても過言ではなく、又、トリプタノールは、飲みすぎによって、死を招く事があります。それくらい怖い薬なのです。」と・・・。
私には、副作用の説明には、ただ、「多幸感がある。」としか言ってはいませんでした。
あまりに副作用に対して無知過ぎます。この薬のおかげで、大変な目にあってしまいました。

2011/2/15(火) 午後 5:41 [ TOMOKA ]

顔アイコン

たいへん残念な事ですが、大勢の人は、あまりに精神医療に対して無知すぎます。

精神科にかかる限り、どの薬だって安心などできません。

精神病そのものが薬物によって作られているという事実を知りましょう。


精神科で処方される薬の個々の知識よりも、
その危険な薬がなぜ患者に処方されているのか、

どこの誰が何のためにそんな薬物を配っているのだろうか、という疑問を持って欲しいです。

その疑問の答えはみつかります。

2011/2/16(水) 午前 1:36 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

satoshiさんへ
私は、こんな理不尽な薬の処方の仕方は無いだろう、と思って、一時は裁判も考えて、あらゆる精神関係の機関に問い合わせたりもしましたが、その対応は、呆れる限りでした。まだ、読売新聞の大阪支店の方とは、話もちゃんとは聞いて貰えたのですが、でも、主人にも気力が無く、今となっては、まだ、若い20歳そこそこの娘と、泣き寝入りしていくしかありません。
まだ私の周りの人達は、常に、10種類前後の精神薬を飲まされており、いつ悲劇が起こるとも分かりません。
こんなのは、完全に医療とは、勿論言えませんし、悲しい限りです。

2011/2/18(金) 午後 3:53 [ TOMOKA ]

1度いって理解してもらえない相手には、2度いう必要がありますし、2度いってだめなら、3度言う必要があります。

どこであきらめるのかは、各人の自由ですが、私や他の大勢は何百回でも何千回でも、何万回でも言いつづけますよ。

真実を言えないほど、馬鹿げた事はありません。

真実だからこそ、あきらめずに伝えましょう。

だからこそ
精神医療のバカげた麻薬販売による金儲けを撲滅できるわけです。

依存中毒精神薬販売産業は潰しますが、個々の被害者の方が、どれくらい和解金を得られるかは、個々の被害者の方のがんばりにかかっていると思います。

泣き寝入りなどと思いこまず、チャンスを見極めて行動してください。

あと、応援よろしく。

2011/2/18(金) 午後 7:46 [ satoshi_3210 ]

一部の人にはよく知られていますが、「精神医療は医療ではなく犯罪行為」
という事が、大勢の人によくわかる内容で、NHKが報道してくれたようですね。

業界ぐるみの犯罪が少しでも減って欲しいです。

2011/2/25(金) 午前 8:42 [ satoshi_3210 ]

ひとこと転載させてください。

2014/5/19(月) 午後 11:41 [ lin*ur*49*62 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事