精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

タイトルにあるのは、私ではなく現役精神科医の言葉です。現場の精神科医は、製薬会社とずぶずぶの関係にある精神科医の権威筋の甘い言葉と現実のギャップに対して、日頃から疑問を抱いているのでしょう。
 
実は、多くの精神科医が問題に気づいてはいます。それを口に出したところで、即座の解決策があるわけではなく、自分の立場を危うくするだけなので言わなかっただけの話です。
 
しかし、時代は変わったようです。日本精神神経学会でも、現場の精神科医からついにこのような意見が飛び出しました。刺激が強かったのか、反響、反発は大きかったようですが、賛同する精神科医も多かったようです。その問題となった論文の一部を紹介します。興味ある方は、是非全文を読まれて下さい。
 
イメージ 1
 
 
 
さて、では誰が「うつ病は脳の病気」だと主張しているのでしょうか?実例を挙げましょう。イメージ 2
 
これは日経新聞2010年11月7日朝刊の記事です。つまり、現在でもうつ病は脳の病気だと主張しているのです。現役の精神科医であれば誰でも知っている名前です。その理由は、以下を見ればよ〜くわかります。
http://www.smilenavigator.jp/site/index.html

さて、どちらの精神科医がまともなことを述べているのでしょうか?
 
他にも製薬会社と関係の深い精神科医がたくさんいます。彼らが主導となり、今日もこんな催しが開催されています。
 
なぜ製薬会社主催のランチョンセミナーで、早期介入を推進するあの人が講演をするのでしょうか?
 
この人物は、国会に提出するための署名集めを先導しているキーマンです。患者や家族は、彼らがより良い精神医療を実現してくれるだろうという最後の希望を求め、必死に署名集めをしています。
 
患者や家族は、今まで散々精神科医や製薬会社の甘い言葉に騙されてきました。早期介入という言葉の裏に、どれだけの犠牲があるのかを知るべきでしょう。患者や家族は、一部の人々の利益誘導にまんまと利用されているのかもしれません。これ以上騙されないようにするためには、このような精神科医と製薬会社の関係を透明化するよう求めるべきです。

閉じる コメント(20)

顔アイコン

リンク先のタイトル付き一覧です。

製薬会社の広告として作られたサイトにウエシマはいつも登場しますね。
アルバイト料(?)いくらで名義貸しをしているんでしょうか。

-----
うつ病情報サイト | うつ病の治験にご協力ください。
http://www.utoo.jp/index.html

utsu.jp 〜うつ病と不安の病気の情報サイト〜
http://utsu.jp/index.html

ファイザー株式会社 - こころとからだの質問票(セルフチェック):うつ病(鬱病)の情報サイト こころのひまわり
http://www.cocoro-h.jp/depression/checksheet/selfcheck.html

このサイトについて | 統合失調症情報局 すまいるナビゲーター
http://www.smilenavigator.jp/site/index.html

2011/2/25(金) 午後 1:01 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

UTU-NET とは?
http://www.utu-net.com/commission/index.html

アステラス製薬|なるほど病気ガイド|うつ病
http://www.astellas.com/jp/health/healthcare/depression/index.html

サイトについて|SAD(社会不安障害・社交不安障害)総合情報サイトSAD?NET
http://www.sad-net.jp/about.html

心理教育・家族教室ネットワーク 第14回研究集会
http://www.k-con.co.jp/14jnpf.html

-----
こういう製薬会社の利益のために薬物の宣伝をする医師がトップクラスに君臨している業界。
薬害がいつ起こっても不思議ではないですね。

患者が薬漬けになればなるほど、製薬会社が儲かるのですもの。

2011/2/25(金) 午後 1:01 [ satoshi_3210 ]

ところでカミシマでしたっけ?

いっつもこいつの名前が覚えられない。

UCCのコーヒー屋とかぶるんですよね。

2011/2/25(金) 午後 2:49 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

で、どうやて治すの?

2011/2/25(金) 午後 6:06 [ いぬどっぐ8864 ]

動画に全部のってるよ。

2011/2/25(金) 午後 7:15 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

今まで、散々SSRIと言う精神薬を処方されて、結局、全部を飲むのを止めたら、「死にたい」という意識は、無くなりました。
いったい、何の為の薬物だったのでしょうかね。
身体が動けない状態でも、別に「うつ」になる訳でもありませんでした。デプロメールを飲んでいる時の方が、かなりの「うつ状態」でした。
上手く騙されていたんですね。

2011/2/25(金) 午後 8:23 [ TOMOKA ]

顔アイコン

今、私の主人が、デプロメールは必要な薬だと言いますが、患者に上手く信じ込ますんですね。
他の精神薬しかり・・・。
私の場合、急な断薬ではありましたが、色んな面に於いて、思考力が、出てきました。
全く、精神薬は、全て恐ろしい薬物です。
実感・・・。

2011/2/25(金) 午後 8:36 [ TOMOKA ]

顔アイコン

多種多ダイの末、45kgだった体重が80kg近くまで。肥えてしまい、それに伴い、酷い便秘に悩まされていたのが、今は、嘘の様に無くなりました。
色んな面に於いて、精神薬は、患者を苦しめます。
しかし、現在、精神薬を自宅で、断薬するのは、とても危険です。
私の場合は、たまたま、医療機関で抜く事が出来たのですが・・。
早く、こういった方の専門のリハビリ施設が出来るといいと思います。

2011/2/25(金) 午後 9:12 [ TOMOKA ]

たくさんの方が、減薬断薬して元気を回復していらっしゃるようですね。

多くの方が、本当に多くの方が、心から依存薬物からの離脱を望めば、
需要供給の関係から
依存薬物離脱支援センターも、たくさんできるでしょう。

その前に、依存薬物は飲み続ければどうなるのかを知り、本当にやめたいと決める必要もありますし

それよりなにより、依存中毒薬物を「それを飲めば楽になりますよ」
と勧めてる金の亡者たちをどうにかしないといけません。

誰かが必死の思いで、10人の依存患者のケアをして薬物から抜けさせたとしても、その間に100人依存患者が増えれば、世界は依存薬蔓延で潰れます。

まずは精神医療によって薬物依存になる人をゼロに近づけましょう。


麻薬・覚醒剤・精神医療、絶対反対です。

2011/2/25(金) 午後 11:17 [ satoshi_3210 ]

けびちゃんさん お久しぶりです。
遂に真実を明かす精神科医が登場したんですね。
今日も貴重な記事をありがとうございます。
多くの人に知ってもらいたいので転載させていただきますね。
宜しくお願いします。

2011/2/26(土) 午前 9:13 [ - ]

顔アイコン

TOMOKAさん、

こんばんは、はじめまして。
多剤併用の薬害被害者のかおと申します。
5ヶ月間寝たきりで死ぬかと思いました。

>私の場合は、たまたま、医療機関で抜く事が出来たのですが・・。

どちらの医療機関か教えていただくことはできますか?私のブログにコメを残していただければ幸いです。
私の友人がもう半年以上も離脱に苦しんでいます。

2011/3/1(火) 午後 10:08 [ いちにさん ]

顔アイコン

>かおさんへ
しばらくコメントがなかったので心配しておりました。
私も昨年まで、悪徳な心療内科の精神科医により、ジェイゾロフトやデプロメール、パキシルなど、その他に、ベゲタミンA、などなど、他にもありとあらゆる精神薬をこれでもか、というほど処方されていました。
数えてみると、19種類、31錠もありました。
その上にアルコールが加わっていたので、それは、異常というしかありませんでした。
その結果、自覚症状のないまま、マンションの3階から飛び降りたというのです。その事は、いまだに、記憶がありません。
のちに、ある医師が、「飛び降りちゃうんだもの・・・。」と言われた時は、「え、誰が飛び降りたの?」と訳がまったく分かりませんでした。

2011/3/2(水) 午後 6:46 [ TOMOKA ]

顔アイコン

<つづき
多分、今でも、多くの人は、私が、すごい「うつ状態」で自殺をしょうとしたのだと、思われていることでしょう。
私があれだけの精神薬を飲まされていて、正常な判断能力など出来る訳があるはずもありません。
私が何故、たまたま、とコメントしたのかと言いますと、本当にたまたまな、出来事で、「救命救急センター」の医療機関で、そこの、整形外科の医師に、どれだけの精神薬を飲んでいたのかを家族の者が伝えたからです。

2011/3/2(水) 午後 7:18 [ TOMOKA ]

顔アイコン

>その結果、急な断薬をされたのですが、その離脱症状は、「ずっと、叫びまくる、」とか、悪性症候群により、高熱がずっと続いていたり、とか、それは、生死を彷徨うほど大変な事であった訳です。
そんな事は、とても、家で出来る事では、ありませんでした。
常に、先端の高度な医療機器により、又、「救命救急センター」の訓練された医師の24時間体制でしか出来ない事だと思います。

2011/3/2(水) 午後 7:33 [ TOMOKA ]

顔アイコン

<つづき
精神状態もさる事ながら、はじめは、「月」とか「地球」とかの意味も分かりませんでした。それに、「好きなカレーは何?」と聞かれても、「好きな音楽は、何?」と聞かれても、思い浮かんだのは、「ビートルズ」しか浮かんできませんでしたから・・。
それから今までの長い記憶の出来事を考え続けました。
昔に起こったさまざまな事を理解するのには、やはり、一年ぐらいはかかりました。
今は、精神薬は、副作用止めとしては、一種類しか飲んでいませんが・・・。

2011/3/2(水) 午後 7:58 [ TOMOKA ]

顔アイコン

<つづき
最初は、「不眠」から始まった事ですが、今になって、何故あれだけの薬が必要だったのか、理解に苦します。
私がマイスリーを飲んでいた時、ちょっと暴れたので、リーマスを処方しようとしましたが、マイスリーの副作用を知っていましたから、断りました。例のごとく、またもや、リーマスを一ヶ月飲まないといけない、と言い続けていました。もうあほらしくて聞いてはおりません。

2011/3/2(水) 午後 8:15 [ TOMOKA ]

顔アイコン

>かおさんへ
あまり参考にはならなかったかもしれませんが、その人によって、個人差はあると思います。
離脱症状の苦しさは、本人にしか分かりません。
一年で治まる人もいれば、何年もかかる人もおられるでしょう。
私も一日単位で考えて生きています。
私の今の薬に対する解毒は、肝臓に良い物を出来るだけ取るように心がけています、それと、ビタミン類は、結構元気になります。
お互い頑張りましょうね。

2011/3/2(水) 午後 11:56 [ TOMOKA ]

顔アイコン

私も薬を止めました。
ノリトレンとリーマス。

でも、後遺症とか離脱症状は、具体的に「コレだ!」と思って生活はしていないですが、他の方はどうなのでしょう?

数ヶ月前に国会図書館で本を漁るように読みました。
あれも、これも、、副作用?って驚きましたが、私は少し考え方が強迫的であったり心配性だったりするので、生活の中で気づかないことまで知って気にするのは嫌だなと思います。

どうか、薬を急に減らすことのないように。皆様、徐々に段階を追ってください。それで、また病院送りにされないために。

2011/3/3(木) 午後 10:36 [ gir**_hi*hop*20 ]

顔アイコン

TOMOKAさん、

こんばんは。

非常に丁寧なご回答を頂きありがとうございました。とても参考になりました。確か昨日、辺コメを残したはずだと思うのですが、消えてしまったようです。ログを取っていないので内容は忘れてしまいました・・・。

私も思考力、記憶力の低下が酷く最近まで電車の乗り方さえ分からなくなっていました。今はその頃と比べれば回復していますが、まだ社会生活を送れるレベルでは無く一日単位で生きています。

食事は、生卵(全栄養食品)、刺身、納豆、フルーツなどを中心に、あとビタミン類、特にB6とB12を多めに摂っています。

頑張りましょう^^

2011/3/4(金) 午前 0:11 [ いちにさん ]

顔アイコン

今日、精神病院に行く機会がありました。診察のためではありませんが。院内の売店に入ったら、ちょうど入院患者さん達がお買い物の時間でした。向精神薬の正体をご存知の方なら状況がお分かりになると思いますが、例外なく全員動作が緩慢で、喋り辛そうでした。売店を出たところのベンチに座っていた男性は虚ろな目で一点を見上げ・・・痛々しすぎます。

2011/3/4(金) 午前 0:28 [ いちにさん ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事