精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

「発達障害」の幼児に向精神薬処方、専門医の3割に
2011年3月10日2:00
 
 自閉症や注意欠陥多動性障害(ADHD)といった「発達障害」がある小学校入学前の幼い子供に、精神安定剤や睡眠薬などの「向精神薬」を処方している専門医が3割に上ることが9日、厚生労働省研究班の調査で分かった。小学校低学年(1〜2年)まで含めると専門医の半数を超えた。子供を対象にした向精神薬処方の実態が明らかになるのは初めて。
 
 調査した国立精神・神経医療研究センター病院(東京都小平市)小児神経科の中川栄二医長は「神経伝達物質やホルモンの分泌に直接作用する薬もあるのに、幼いころから飲み続けた場合の精神や身体の成長への影響が検証されていない。知識の乏しい医師が処方する例もある」と懸念。製薬会社などと協力して安全性を早急に調査し、治療の指針を確立する必要があるとしている。
 
 昨秋、全国の小児神経専門医と日本児童青年精神医学会認定医計1155人を対象にアンケートを実施。回答した618人のうち、小学校入学前の子供に処方しているのは175人(28%)。小学校低学年まで含めると339人(55%)、高校生まで合わせると451人(73%)となった。
 
 治療の対象としている子供の症状(複数回答)は「興奮」が88%、「睡眠障害」78%、「衝動性」77%、「多動」73%、「自傷他害」67%。
 
 使用している向精神薬(複数回答)は、衝動的な行動や興奮を静める薬「リスペリドン」(88%)、注意力や集中力を高めるADHD治療薬「メチルフェニデート」(67%)、睡眠薬(59%)などだった。〔共同〕


子どもの薬漬けの実態は今まで明らかにされてきませんでした。3歳児に向精神薬が投与されたりするなど、ちらほらと断片の情報は入ってくるのですが、その全体像はわかりませんでした。予想はされていましたが、相当幼い子どもたちにまで向精神薬が投与されているようです。
 
さて、子どもを散々向精神薬漬けにしてきたアメリカはどうなっているのでしょうか?


“Brain shrinkage seen in those taking antipsychotic medications”
『抗精神病薬服用者に見られる脳の委縮』
Melissa Healy, Los Angeles Times
February 7, 2011
メリッサ・ヒーリー (Melissa Healy) - ロサンゼルス・タイムズ紙
2011年2月7日

 米国で急速に増加している抗精神病薬の投与が患者の脳の委縮に関連していることが新たな研究から判明し、こうした処方薬に対する新たな疑問がもたれている。
 
 この研究は14年にわたって行われ、新たに統合失調症と診断された患者の脳を定期的にスキャンし、全体積と脳の主構成部位を測定。調査を行ったアイオワ大学カーバー医学校 (University of Iowa’s Carver College of Medicine) の研究者らは、こうしたスキャンをそれぞれの被験者に年2回から5回行い、精神病患者、特に妄想的な思考、幻覚および認知障害のある統合失調症患者の脳が、正常な精神状態にある人に比べて小さいことが長期間認められる原因を追究。
 
 最も脳質量の減少が大きかったのは、「集中的」に抗精神病薬の薬物治療を受けた患者、つまり最も長期的かつ最大用量の投薬を受けた患者であることが判明。精神症状の重症度、違法薬物、アルコールなどの乱用度よりも抗精神病薬による薬物治療の「集中度」のほうが、はるかに強力な脳質量減少の予測因子であることを研究者は発見した。
 
 容積の減少は脳の随所に見られ、脳の異種領域や左右脳半球間の伝達経路を形成する結合"白質"、また脳葉のほとんどを構成する脳細胞の密集した塊である灰白質でも起きていた。
 
抗精神病薬の使用がますます若年化し、また不安やうつなど、今までは抗うつ薬が第一選択薬にはならなかったような幅広い精神科のトラブルに対して抗精神病薬が処方されることが増えている中、今回、「総合精神医学文書」に発表されたこの研究は真っ向から衝突するもの。
 
 「非定型」と呼ばれる新世代抗精神病薬の強力なマーケティングにより、抗精神病薬に分類されるこれら薬剤は米国の処方薬市場でベストセラーになっており、ヘルスケアと製薬市場の動向調査を行うIMS Healthによれば、2009年だけでも3003億ドルの売り上げをたたき出している。
 
より広い疾患に対する抗精神病薬処方の増加は、さらに多くの患者をこうした薬物に曝すことにつながる一方で、抗精神病薬は極度の代謝変化や体重増加にも関連するとされている。IMS Healthは、2009年に米国で非定型抗精神病薬が処方された件数が5200万件に上るとし、この種の薬が今日処方されている精神病治療薬の大部分を占めている。
 
 「抗精神病薬の使用が特に高齢者や子供にまで広がり、激増していることを考えれば、抗精神病薬による脳組織の減少の可能性を詳細に調べることは、精神疾患のある多くの患者のリスク・ベネフィット比を評価するうえで重要な意味を持つ」と、研究者らは語る。
(翻訳はいつものサイトから引用しました。いつもありがとうございます。問題あれば削除いたします)


早期介入を押し進める日本の精神科医の主張と比べて下さい。
 
子ども・青少年への向精神薬長期投与に対して、このような精神科医ははたして責任をとれるのでしょうか?

閉じる コメント(14)

顔アイコン

共同通信からの情報なので各社で見れますね。

「幼児に向精神薬処方」が3割 発達障害で専門医 - 中国新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CO2011030901000988_Science.html

「幼児に向精神薬処方」が3割/発達障害で専門医 | 全国ニュース | 四国新聞社
http://www.shikoku-np.co.jp/national/main/article.aspx?id=20110310000014

茨城新聞ニュース「幼児に向精神薬処方」が3割 発達障害で専門医
http://www.ibaraki-np.co.jp/zenkoku/detaile.php?f_page=top&f_file=CN2011030901000990.1.N.20110310T020208.xml

2011/3/10(木) 午後 0:42 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

「幼児に向精神薬処方」が3割 発達障害で専門医 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011030901000990.html

「発達障害」の幼児に向精神薬処方、専門医の3割に :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/life/news/article/g=96958A9C93819695E2EBE2E1E28DE2EBE2E1E0E2E3E39180EAE2E2E2;da=96958A88889DE2E0E3EAEAE7E6E2E0E3E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2

3003億ドルというと、20兆円ですか…
依存薬物は儲かりますね。

製薬会社にとっては、金のために悪魔に魂を売り渡してもいい金額ですよね。

2011/3/10(木) 午後 0:42 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

怪しいNPOの紹介です。有名な児童精神科医や心の専門家が名を連ねています。子育てに関する支援は、なぜか「心の専門家」に丸投げです。だから何も変わらないのだと思いました。

特定非営利法人 「遊びとしつけ」推進会
http://www.asobitoshitsuke.or.jp/index.html

おもちゃ・子育てアドバイザー養成講座 講師・役員プロフィール
http://www.asobitoshitsuke.or.jp/profile.html

2011/3/10(木) 午後 4:26 [ - ] 返信する

顔アイコン

本当に風向き変わってきましたね。

しかし、メチルフェニデート(コンサータ)もリスペドリンを幼児に随分使っているんですね。ため息も出ません。

ところで、そろそろ、厚労省の自殺対策PTが、30万件の処方データベースの分析結果を発表する時期です。そちらも注目です。

2011/3/10(木) 午後 5:46 [ strjoy ] 返信する

顔アイコン

向精神薬 / ワードBOX / 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/word/6079/8031
中枢神経系に働き掛け、精神機能に影響を及ぼす薬剤の総称。抗精神病薬や抗うつ薬、抗不安薬(精神安定剤)、睡眠薬などがある。精神科のほか、内科や小児科などさまざまな診療科で処方されている。医師の不適切な大量処方やインターネットを通じた売買による乱用が社会問題化。過剰服用が自殺につながる可能性があるといった研究結果もあり、厚生労働省が対策に乗り出している。
(2011年3月10日掲載)
-----

他にも、河北新報、中国新聞、デイリースポーツ、MSN産経が報じています。

2011/3/11(金) 午前 1:02 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

早生まれの子供達や1000グラム未満でうまれた『超低出生体重児(超未熟児)』は、すぐに「発達障害」とされてしまうと言います。早くうまれたのだから、普通に育つわけないのに。なんということでしょう。

発達検診は科学ではありません。それなのに「発達障害」とされる子供が何割かいて、その後向精神薬をすすめられていた子供もいたでしょうね。

ところで、育てにくい子供の育児に悩んだ母親には、「母親の心のケア」が待っていて、これにも児童精神科医がかかわっているそうですね。

親子で薬漬けということですか。

そのうちに『薬害』になるはずですから、今すべきは「治療の指針を確立する」のではなく、情報公開をして責任をとることでしょうね。

2011/3/11(金) 午前 7:58 [ - ] 返信する

向精神薬の長期投与での薬害に関して、過去の薬害エイズなどと全く異なるのは、依存中毒化させて健康被害をもたらせばもたらす程、金儲けできるシステムがあり、一部のグローバルな製薬会社の売上の過半がその売上で成り立っているという事です。

薬害エイズでは、エイズをばらまくのは誰の目にも明確に悪だとわかりました。エイズをばらまいて金儲けした会社は存在しません。

向精神薬をばらまくのは明確に悪だとは気がつきにくく、高揚感をもたらす覚醒剤のような作用が「落ち込んだ人や問題児には必要だ。」という詭弁を利用してなるべく多くの人を自社製品の薬の依存患者にしたてた会社が成功するところに問題があります。

つまり、水俣病やイタイイタイ病や薬害エイズの比較にならないほど、反対勢力がいて、正義がどこにあるか見えにくいわけです。

2011/3/11(金) 午前 8:52 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

松浦淳さんのブログ記事です。
是非読んでみてください。

◆また札幌医大精神科派遣先病院での殺人事件

http://plaza.rakuten.co.jp/atsushimatsuura/diary/201103100001/

2011/3/11(金) 午後 8:35 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

クローズアップ現代で薬一辺倒の医療のあり方が見直される報道がありましたが、
このブログは少なからず、そういった世の変化に貢献されているでしょうね。
お疲れ様でした。

2011/3/22(火) 午前 10:13 [ darasu ] 返信する

顔アイコン

時事ドットコム:情緒障害児施設を増設=入所長期化対応、機能拡充も−厚労省
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011032600203

厚生労働省は26日、軽い情緒障害の子どもを治療する「情緒障害児短期治療施設(情短施設)」の増設と機能拡充を進める方針を決めた。治療体制の充実とともに、入所期間の長期化などに対応するためで、各都道府県に最低1カ所設ける。また、児童養護施設の機能などを加える方向で検討している。
情短施設では、医師や心理療法士が子どもの治療や生活指導に当たる。2009年度末時点の全国の入所児数は1111人、職員総数は831人。施設数は昨年10月時点で全国37カ所。近年は虐待を受けて入所するケースが約7割を占めるほか、平均入所期間も2年4カ月と長くなる傾向にある。入所後もパニックで暴力を振るう子も多いという。

2011/3/27(日) 午後 11:02 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

このため、厚労省は政府の「子ども・子育てビジョン」に沿って14年度には各都道府県に最低1カ所の設置を目指す方針だ。また、情短施設に児童養護施設と里親家庭でうまく適応できない子どもを一時的に受け入れる機能を加えるほか、児童精神科の診療所併設を検討する。親の虐待や育児放棄などにより入所した子どもにも、きめ細かく対応できるようにする。(2011/03/26-15:10)
----------

つまり、情緒不安定の子たちには
覚醒剤を与えて、教育して、おとなしくしてしまえ。という様な政策が実施されるということですか。

地震のニュースに紛れて、厚労省もお見事な方針発表してきますね。
誰も注意をむけていないから反対もないと踏んだか。

ちなみにこの政策は、おそらく米国と同じような政策。
米国で同様の政策がとられている事は聞いています。

オバマ大統領は、向精神薬を売り上げて儲けまくっている製薬会社イーライリリーの元顧問弁護士。

厚生労働省の医療行政決定のために官僚として精神科医が雇われていると聞いてます。
製薬会社との金銭的なつながりがあるかどうか気になります

2011/3/27(日) 午後 11:07 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

昔は精神科医は心理療法に懐疑的であり、心理療法家は薬物投与の副作用を心配していました。現在は両者がタイアップしてビジネス拡大に邁進しています。

私は、心理療法家は他人の体験に偽善的に傍観するこずるい人間が多いと感じています。本来人間は「他人の体験」ではなく「自分自身の体験」に熱中するのが自然です。「他人の体験」を借りて「自分の体験の価値が高まった様な認識をしたい」人間は狡猾であさましい人間です。信用しても期待とは程遠いことでしょう。

2011/3/29(火) 午前 11:09 [ tw*iligh*t ] 返信する

顔アイコン

あなたはあなた、私は私、は一見冷たいと錯覚するかもしれませんが、特に邪心を含んでいる訳ではありません。「あなたの事を考えている」と近づいてくる人間の中には複雑な動機を抱えているパターンもあり、心理療法家の何割かは、この「特殊な動機」を元に「人間に対する『万能感・支配感』」を求める人間がいます。

心理療法家の行っている事は、元来人間が行うには無理が伴う面が多く、「自分はそんな事ができる様な人間ではない」と初めから宣言する方が誠実だと思える局面に多々遭遇してきました。

精神科の薬物も、心理療法家のカウンセリングも、理想を謳い文句にした無理のある医療なのです。

2011/3/29(火) 午前 11:09 [ tw*iligh*t ] 返信する

顔アイコン

以前にも書かせていただきましたが、横浜市もそうです。3歳から療育センターで処方されますよ。

幼稚園児の1割近くが飲んでいます。

そして、我が子の通う学校は、700人中60人が発達障害児です。あり得ません!!!そのうちの50人弱が何かしらの精神関係の薬を飲んでいます。
mokomoko

2012/9/6(木) 午後 4:06 [ 碧空〜あおぞら ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事