精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

地震から一週間

あの大地震から一週間が経ちました。多くの命が失われ、その被害の全貌すら把握できないという大惨事になりました。被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。
 
この一週間は思うところが多々ありました。
 
まずは地震に関してです。各地で地震が続き不安が広がっていますが、一方で良いニュースもあります。何か自分にできることはないかという人々の善意が全国に広がっていることです。
 
阪神大震災を経験した時、私は多くの人々の善意に触れることができました。当時、人間なんて自分勝手な奴らばかりだと斜に構えて世間を見ていた自分にとって衝撃的なことでした。そして、多くの人々が本来善良であり、他人を助けたりという衝動を持っていることを身を持って理解しました。
 
一方で、善意だけではない一部の人々の姿を見たのもこの時でした。
 
この経験があり、私は人々の役に立つ仕事をしたいと強く思うようになりました。そして行き着いた答えは、科学者になるということでした。当時、環境問題が話題となっていたこともあり、環境問題をクリアーするための科学技術を開発しようと、某大学でその分野の専攻をしました。
 
しかしそこでも人生を変える大きな衝撃を受けたのです。放射性廃棄物処理に関する講義で、この分野でトップであるはずの教授が、安全に処分する技術はないとさらっと発言したのです。教授が言うには、見切り発車だということでした。つまり、原発を操業すれば高度な処分能力が必要な廃棄物が出ることはわかっているが、とりあえずどこかに保管していくうちに、それを安全に処分できる科学技術ができるだろうという楽観論の下で進められてるんだよ、ははは・・・ということでした。
 
まあ、この分野は調べれば調べるほど深い闇に嵌まり込むことがわかりました。利権、政官業の癒着構造、スポンサー依存のマスコミ体質、政治的イデオロギーを巻き込んだ運動など、色々な側面があり、問題の本質を覆い隠す虚飾もたくさんありましたが、深入りする前にシンプルに悟ったことがあります。それは、科学技術は政治やマーケティングによっていとも簡単に歪められるということです。
 
そこで行き詰まりました。いくら環境問題を解決する科学技術を開発しても、それを使う人間やその社会が変わらなければ、本質の問題は何も解決できないことに気付きました。そこで、人間の心を扱うとされる精神医学や心理学に関心を持ったのですが、そこでもっと衝撃を受けることになったのでした。
 
とにかく、これら一連の経験から悟ったことです。
①世の中の大半の人々は本質的に善良であり、善意を持って他人を助けることに関心がある
②ごく一部に、そのような人々の善意を利用し、食い物にする人がいる
③世の中には、②のような人々が流す正しくない情報で溢れていて、大衆は真実を知らない
 
今回の大震災は、図らずともこの日本社会の構図をさらけ出すことになりました。原発問題も、精神医療問題も類似した構図です。原発も、人々に正しい情報を提供し合意を形成して推進してきたのであれば、これほどの問題にはならなかったでしょう。しかし、「原子力発電はクリーンエネルギー」と電力会社がCMで流してきたことを考えると、早い話市民には正しい情報が知らされていないのです。睡眠キャンペーンやうつは心の風邪キャンペーン、SSRIは安全キャンペーンと同じ胡散臭さと不誠実さがそこにあります。
 
副作用のない薬も魔法の薬も存在しません。それを採用するかどうかは最終的には本人の判断ですが、判断に必要な情報すら与えられていないのが今の日本国民だということです。その判断が自分自身の命や未来の世代にまで影響を及ぼすとしてもです。
 
とはいえ、今はそのような批判をしていても仕方がありません。こういう時だからこそ、①のような人々が一体となり、日本を建て直す大きな流れを作り出すことが必要です。
 
私自身も、微力な後方支援ではありますが、震災直後から避難所で日々被災者のケアをしている方々と連絡を取り、彼らに人的・物的支援が届けられるよう、全力で手配しているところです。人と人がつながりを持ち、多くの善意が集まることで、適当な病名をつけて投薬するだけのような誤った「心のケア」が浸透することを防止できるでしょう。
 
私自身は復興する神戸の街を見てきましたので、必ず今回の大災害も乗り越えることができると信じています。
 
皆さんにもできることはあります。それは、落ち着くことです。続く余震や放射能問題で、人々の不安は極限まで来ています。不安や恐怖は伝播します。その結果としてパニックや集団ヒステリーにもなります。ですから、たとえ周囲がパニックになったとしても冷静に行動するようにして下さい。直接の被災地でない地域にとって、今一番危険なのは、放射能ではなく、パニックやヒステリーです。
 
一人ひとりが冷静になること。これだけでも大きな助けとなります。買占めなどは一種のパニックの徴候です。冷静な行動を示すことで、周囲の人々も正気さを取り戻します。秩序と冷静さこそが、復興への近道です。冷静に、しかしハートは熱く行動していきましょう。

閉じる コメント(22)

顔アイコン

被災者の方々は使用はやむをえないかもしれませんが、
眠剤は超短時間型・短時間型は
短い時間でシャープに効くのでやめにくい眠剤といえます。
以下、Wikiからのコビーです。

短時間だから、弱く安全というのは一概に言えません。
(短時間に効果発現というのは強いです。)

超短時間作用型
トリアゾラム - 商品名ハルシオンなど、ベンゾジアゼピン系
ゾピクロン - 商品名アモバン、シクロピロロン系
酒石酸ゾルピデム - 商品名マイスリー、イミダゾピリジン系
短時間作用型
エチゾラム(商品名:デパス、エチカームなど。チエノジアゼピン系)
ブロチゾラム(商品名:レンドルミンなど。チエノジアゼピン系)
ロルメタゼパム(商品名:エバミール、ロラメット。ベンゾジアゼピン系)

2011/3/18(金) 午後 9:08 [ tw*iligh*t ] 返信する

顔アイコン

化学物質の眠りと言うのは、最初はすっきりとしており、コントロールもたやすいのですが、段々と効かなくなっていきます。
自然の眠りというのは、不効率で波があり、あまりスカッとはいかないものです。

薬をやめたらどうなるか・・・・・たぶん不便になるでしょう。この薬を便利と感じる人がやめられなくなっています。
薬の特徴を理解して使用してください。

2011/3/18(金) 午後 9:08 [ tw*iligh*t ] 返信する

被災地では救援物資の強奪 http://n.m.livedoor.com/f/c/5424479

できるだけ早く救援物資を届けてあげてほしいです。

2011/3/18(金) 午後 11:10 [ sakurai ] 返信する

救援物資をはやく届けたいので、マイクロバスを貸してくれたりする方はおられませんか?

2011/3/20(日) 午後 9:27 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

福島の双葉病院って精神科病院だったんですね。
ひどい話です。

http://netallica.yahoo.co.jp/collect/mark/176078

2011/3/23(水) 午後 10:07 [ han*ko*147 ] 返信する

ここ数日で、どんどん精神医療が支援という名の下に、被災地に依存薬物をもたらしているニュースが入ってきていますね。

精神科の配る薬で、人生が破滅させられる程ひどい目にあう方は、将来を全て含めると、被災地域で数千人は下らなく、きっと数万人に上るでしょう。

将来、多数の方の人生の喜びと、多数の方の魂が、薬物によって奪われる事に対して、事前に黙祷を捧げておこうと思います。

精神医療の危険性に気がつけなかった被災者が、、放射能の害よりも明らかに有害な化学物質に身体内部がさらされる事、

残念でなりません。

むざむざ、数万もの人を助けられず見殺しになるような感覚です。

被災地域の方々、申し訳ないです

2011/3/25(金) 午後 8:29 [ satoshi_3210 ] 返信する

アバター

今回の地震で、スーパーの戸棚に物がなくなりわが社では生産運送におおわらわです。とても忙しく残業も。突然の特需です。そこで、支援物資と募金を送ることになりました。複雑な気持ちですが現実です。一生懸命働くことが支援にもつながると思っています。はやい復旧を願っています。

2011/3/31(木) 午前 11:02 [ 白い船 ] 返信する

広告業のほうは企業の自粛で、かなり痛い商売になっているようです。

業種によっていろいろあると思いますが、商売を行う事は社会の活性化になくてはならない事です。
儲けがあり必要さがあるなら、そこにエネルギーをかけるために、資金が流れるのは当たり前。

どんどんいい仕事をして、いいものを作り出して、日本を復興させましょう。

頑張ってください。


ビジネスでやってはいけないのは、依存薬で患者を薬物依存にさせて、治さず薬代だけ奪うという不当なやり方です。

人をしあわせにして儲けるのには、何の問題はありませんが、人を破滅させ、破滅させた人が多いほど精神医療が儲かるという、依存薬物ビジネスは、いけません。

2011/3/31(木) 午後 7:15 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

阪神大震災後の中井さんたちの功罪が気になります。
功がないわけではないでしょうけど。
はっきりいって、自己宣伝過剰、手前味噌過ぎでしたね。

彼の本を見ると、そもそも精神医療、とくに薬物は殆どの場合、
必要なかったという事がわかります。
そもそも精神科医や薬物は、あまり必要ではないし、
役に立たないと言うべきでした。

精神科医や薬物が阪神大震災をきっかけに、PTSDに役に立つという
間違った認識を広めてしまい、ここ10余年の精神医療過誤、抗精神薬害蔓延、
自殺増加をもたらしてしまったことは、皆さんご存知の通りですね。
精神科医は被災地に行って欲しくないです。

但し、悲観すべきことばかりではないと思います。
被災者や周囲の、薬物なんかでPTSDが良くなるわけない、
心の救いが得られるわけないだろっ!
精神科医、向精神薬はいらない!
という声も上がるのではないでしょうか。

2011/3/31(木) 午後 7:31 [ ops*jp ] 返信する

PTSDだから精神医療を受診しなさいと勧める人は、たぶん50万人くらいは軽くいますよ。

精神医療の危険を知る人は、100人いますか?

……100人はいるかな。

その中で情報発信してる人は……片手で数えましょうか。片手じゃむりか。両手両足の指を使えば可能かな。


そしてその人数差の結果として、被災者の中の幾人かは精神医療を勧められ、その中の幾人かは将来薬漬け。
というシナリオは予想されます。

神様が登場して杖をふったら、いきなり、みんなが精神薬の害を知る。なんて事は起こらないでしょう。

残念ながら、希望なんてどこにもないと思います。

唯一のほんのわずかな精神医療の依存薬物蔓延に対する希望は、このブログを読んでいる人、みなさん、ひとりひとり、あなた自身がこのヤバイ実態を知っているという事です。

2011/3/31(木) 午後 8:31 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

う〜ん? 俺も情報発信しているけど。ではどうしたらいいかも。

薬でウツ病が良くなるわけない、向精神薬は危険って知ってる人は
私の周りには昔から多いです。
少なくとも、潜在的には多いと思うんですよね。

知人に向精神薬依存症の人もいるけど、さすがにわかってきたようです。
でも、止められないけど。

裸の王様と同じで。
子供が「王様は裸だ!」という前に、皆ヒソヒソは言ってたはずで。
そうじゃなきゃ、子供が言っても誰も相手にしない。
やっぱり、専門家じゃないと仲々言えないんですよね。
自分の経験や知ってる範囲でしか言えない。

2011/3/31(木) 午後 9:53 [ ops*jp ] 返信する

顔アイコン

でも、医療を動かすのは医者じゃなくて大衆です。今までもそうでした。
戦後の日本を見ても、変わるときには変わるんじゃないか、と思います。
にわか原発反対論者も増えているんじゃないかな?

PTSDだから精神医療を受診しなさいと勧める人は、もちろん
わかってて言うわけではないし、ホントに信じているわけではないのでは?
でも、精神医療過誤、抗精神薬害の問題を知ってる人は
知ってるから言うわけです。
もちろん、後者が増えるでしょうし、影響力も増えるでしょう。

このブログだって見てる人だって、決して少なくないのでは?
satosiさんの役割は決して小さくないはずですよ。
少なくともこれからは。

2011/3/31(木) 午後 9:53 [ ops*jp ] 返信する

50万人は「精神医療従事者」やその周辺でそれくらいの数、いそうですよ。

「よく知っている」と思いこんで、かなり積極的に薬物治療を勧めてくる人がそれくらいいそうです。

なにせ、精神医療の薬物売上を日々の稼ぎにしている職業人は、10万人前後はいますから、その家族を含めるとかなりです。

で。
毎日、よかれと思って向精神薬を取る人は320万人ほどです。確か。
日本の人口の2%を超えます。

過去1年以内に一度でも向精神薬をとったことのある人は、800万人と言われていて、これは日本人口の5%くらいなのかな。

大衆が、麻薬依存を求めている。というのが実態なようですよ。

一時的には気分がよくなる(人もいる)薬なのですから。
みんなの大好物。でしょう。

直接的に年間1万人ほどが薬物依存過剰摂取で死を向かえますが、300万人をこえる人が薬物による快楽をえるためには、その程度の犠牲はやむをえない。

そんな業界と日本の現状のどこかに、希望はあるのでしょうか。

2011/4/1(金) 午前 8:49 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

>一時的には気分がよくなる(人もいる)薬なのですから。
みんなの大好物。でしょう。

好きだから手放せなくなっているのは事実ですね。
私は長年睡眠薬依存に悩まされた訳ですが、当時医療者を「信用できる」と思っていました。ところが最終的に言われたのは「あなたの話には飽き飽きしている」「薬はあなたが欲しいというから出している」でした。彼らが私の事を考えて行動している、治療であると勘違いしていたので、衝撃を受けました。

被災者の方々が、他人の善意を勘違いして私のようにならない事を願っています。自分の判断で決断してください。
特に医療は、「利用する」という観点が大事です。
様々な弊害も考慮して決めてください。
人間は最初はともかく、最終的には善意だけで動くシロモノではありません。被災者の方々がつけ込まれ、悔しさと人間不信に陥るのではないかと心配しています。

2011/4/1(金) 午前 11:22 [ tw*iligh*t ] 返信する

顔アイコン

株関連では、建設・住宅等復興関連が期待されています。
諸外国の支援は原子力機密の情報入手ゆえの支援でもあります。
東京電力と国家の駆け引き、すべてが非常時での目論みを含んでいます。善意だけで営まれているものはありません。新聞・報道にもメディアの意図が見え隠れします。

医療は利用するものですから、薬に飲まれ、他人に利用されないようにしてください。一番怖いものは、人間です。

2011/4/1(金) 午前 11:36 [ tw*iligh*t ] 返信する

顔アイコン

もしも私が精神科医として被災地支援するとしたら....
/臾果瑤箘堕蟶泙砲禄殿腓壁作用として「依存性」があることを最初に話します。次に製薬会社の添付文書を1週間以内に読み、判断する事を勧めて(その人に出るとは限らないが、一種の使用承諾書なので)
∨椰佑どう判断するか決めてもらう。

もし心理療法家であれば
.哀蝓璽侫吋△砲茲螳化例も多い。PTSDの定義そのものの曖昧だし、介入により悪化する場合もある。人間が手助けできると考えるより、生命力が克服していく場合が多い。人間は多くの場合、無力であり、もし悪化すれば責任はとれない

△匹里茲Δ砲垢襪、患者自身に決めてもらう

上記のように行動します。
今の状態では、重要な情報が提供されておらず、実験・サンプルデータ習得を目論んでいるとしか考えられません。
正直に話せば、利益の見込みは減ります。隠蔽するのが、やりやすいのです。

緊急時である事を理由に、きめ細かい対応はなおざりにされ、提供者の都合のようように推し進められてしまうのです。

2011/4/1(金) 午後 2:56 [ tw*iligh*t ] 返信する

顔アイコン

少し前まで、「うつ病」は器質性のみの定義で、生涯治らない病気でした。加齢・劣悪環境では鬱になるのが当然とされ、「病気ではない」から、休養や栄養を取る事が最優先とされました。
気分が沈むのは高齢期には頻繁にみられます。若い時は稀です。
環境が悪いなら、簡単に薬に頼るのは長期的には悪影響となります。

利便性を求めて文明の利器に頼るのか、本人が決めるべきでしょう。現在規定されている「精神疾患」の何%かは病気とは呼べない物です。重篤な精神病とされている疾患(統合失調症・躁鬱病)以外なら、病気かどうか本人が判断するべきでしょう。

私は、医者の言う通りに服薬しなかった為、薬量を抑える事ができました。言う通りに服薬しても逆効果です。
医者を利用しながら、自分がどの程度頼る価値のあるものか、冷静に判断しましょう。精神科疾患の大部分は、単なる利便性追求ゆえの心理依存です。

2011/4/1(金) 午後 3:28 [ tw*iligh*t ] 返信する

顔アイコン

患者と医者の信頼関係なんて存在しない。唯、現状の治療に同感しているだけの話。

患者は裏で医師の悪口を言い、医者と看護者は診察外で患者の愚痴を言って憂さ晴らしをしている。医者も人間。相手を見ている。仕事とはそういうことである。

ー分は病気である(人格障害・発達障害・うつ・痴呆)
服薬してみようと思う
この判断に関して、医者に責任転嫁することなく自分で責任をとれるようにしてください。医療裁判で損害賠償は難しいですから、最初に熟慮する事が欠かせません。

2011/4/1(金) 午後 4:34 [ tw*iligh*t ] 返信する

現在の精神医学が、薬物を売る為に全てぐちゃぐちゃにねじ曲げられている。

と考えると、わかりやすいと思います。

まあ、最初から嘘っぱちの学問なので医療の仲間でもなんでもないですし、精神病なんて病気は医学ではないのですが、そんな事をいうと、みんな、理解できなくなるので、秘密にしておきます。

精神医学の理論からいうと、全人類は「麻薬足りない病」MTNDであり全ての子供は「覚醒剤とるべき病」KTBDでしょう。HBTD日々がつまらない病とかも捏造できますかね。

ね。精神科医の皆さん。
そんな定義になっている事は一般の人には内緒にしておきましょうね。

DSM5の、インターネット依存障害と、買い物中毒依存障害の売り込み具合はいかがでしょうか。

なんの薬物を売りたいのか、検討中ですか?

また、落ち度も罪のない一般の方々や子供たちが何人犠牲になることやら……

2011/4/1(金) 午後 6:05 [ satoshi_3210 ] 返信する

被災者のみなさんが、放射能の被害にあう前に、依存中毒薬物の被害にあう危険性が高い事は
Googleニュース検索で精神医学、と検索すればわかると思います。

復興の為にマンションを建てるビジネスは商売繁盛でよろしい事ですが、復興の為に覚醒剤がいるんでしょうか。

まさか戦後復興にヒロポンが必要だったなんて事はないですよね。

2011/4/1(金) 午後 6:17 [ satoshi_3210 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事