精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

睡眠薬と肺塞栓症

あの地震から10日以上経ち、そろそろ精神科医らも動き始めました。
 
仮にも「心の専門家」を名乗るのであれば、本当の心のケアをして欲しいものです。被災者が望まないような心のケアの押し売りにならないよう、十分に注意していただきたいものです。
 
決して、誰にでも起こり得る症状に対して「不安障害」「PTSD」と安易に診断をつけたり、とりあえず感覚で向精神薬を出したりはしないようお願いします。精神科医を派遣する行政機関は、間違いなく善意でやっていることでしょう。しかし、その善意にも責任を持たないといけません。自分たちが派遣した精神科医が、現地で一体どんなことをしているのかをしっかりと確認して欲しいです。
 
今、避難所では睡眠薬が配られています。私は、睡眠薬を飲むなというわけではありませんし、現在服用している方をいたずらに不安に陥れるつもりもありません。しかし、以下は、是非関係者に知っていただきたい情報です。特に、睡眠薬を安易に配ることだけが「心のケア」と勘違いしている方には、頭に刻み込んでいただきたいことです。
 
日経メディカルオンライン 2007. 3. 26
能登地震被災者を「2次災害」から守れ
新潟大呼吸循環外科助手 榛沢和彦氏
(途中まで省略)
地震も2日目になると不眠を訴える方が多くなり、睡眠薬を希望される方も増えます。しかし、中越地震では、肺塞栓症で死亡した方のほとんどが睡眠薬を飲んでいたこと、血栓が1年後まで残っている方に睡眠薬を飲まれていた方が多かったのです。これは睡眠薬の服用で熟睡できることで、下肢の筋肉が弛緩し静脈拡張を引き起こすために血液うっ滞を起こすこと、さらに睡眠薬の効果で活動量の低下を招くためだと考えられます。したがって被災者の方にも、睡眠薬の使用で血栓の危険性が増えることを理解していただいた上で服用してもらうこと、この点にも十分に注意していただければと思います。

閉じる コメント(13)

顔アイコン

一つ気づいたのですが結局、精神安定剤に頼る人というのは、弱みに
付け込まれているんじゃないかと。それ以外に解決する手段を持たず。
そして耐える力が弱いから、薬にすがってしまう。薬がダメと分かっても、
それに代わる解決法がないと、結局は弱さに負けて頼ってしまう、麻薬や
アルコール依存と本質的に同じ気がしました。自分の意思が強い人は
そういう誘惑に耐えられますが、世の中強い人ばかりではありませんから。

2011/3/27(日) 午後 9:47 [ darasu ] 返信する

顔アイコン

その、苦しみ、悩み、わらをもすがろうとしている人に対して『依存薬物』を『医師が』『楽になりますよ』と、甘い誘惑をして配る。

そういう構造がありますね。

2011/3/27(日) 午後 10:43 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

震災、長引く避難生活…幼児たちにPTSDの恐れ ― スポニチ Sponichi Annex 社会
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/04/15/kiji/K20110415000632400.html

地震と津波、長引く避難生活に幼い子供たちの心が傷ついている。専門家は心的外傷後ストレス障害(PTSD)になる恐れがあるとして「言葉で十分表現できない子供には慎重なケアを」と指摘する。

「ゆめにじしんが」「こわい、こわい」。宮城県女川町の新妻たくとちゃん(3)は震災の3日目から、泣き叫びながら深夜の体育館を走りだすようになった。母久美さん(26)は救護室に相談し、睡眠薬をもらった。3月下旬に約1週間、体育館で診療に当たった鳥取大病院の生越智文医師は、3歳児の服用はあまり聞かないといい「周りに人が多く、慣れない環境だけに負担が大きいのだろう」と指摘する。
-----

2011/4/15(金) 午前 9:29 [ satoshi_3210 ] 返信する

精神科医、そして精神科医を信じる記者の流す情報は見事に嘘ばかりだね。

女川総合体育館でみてきたかぎりは、子供たちははしゃいで、大騒ぎで大人たちのまわりを擦り抜けて遊んでいました。

設置されたパソコンでゲームしてたりDS(乾電池でうごくの?)してたり。ボールでサッカーしたり、はしゃいでいるよ。

薬を売りたい精神科医に見せれば、そういう子供が「PTSDの可能性がある」となるんでしょうね。

子供を薬物漬けにして殺そうとたくらみ、それを日常業務として普通に淡々と行える精神科医たちを被災地に近づけないようにさせるために、

この「精神科医の犯罪を問う」blogを他の人に紹介しましょう。

2011/4/20(水) 午後 0:37 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

とりあえず、鳥取大病院の生越智文、という奴の名前は、子供に難癖つけて、薬を配る人間の名前だということを記憶しておくよ。

女川町と姉妹都市提携などしているのかどうかよくわかりませんが、徳島県の職員の方々がものすごたくさんいらっしゃっていて、日々、女川町の職員や被災地のみなさんを手助けしていました。すばらしいボランティア精神に感動させていただきました。

それに比べて鳥取大病院というところは、女川町の方々に何をしているのでしょうか。

真実を見抜きましょう。

2011/4/20(水) 午後 0:46 [ satoshi_3210 ] 返信する

そろそろ、時期的に向精神薬の害を直接扱った製薬会社訴訟の嵐が吹き荒れませんかね。

機は熟してきていますよ。

製薬マネーを背景にした医療訴訟業界では、もう仕事が出来なくなるかもしれませんが、
正義を行う人として、歴史に名を残すことができるかもしれませんよ。

ネ。弁護士のみなみなさま。

大勢の人を本当に助けられる正義の人の登場を、俺はまっています。

製薬会社の向精神薬という依存中毒薬物のビジネスを食い止めましょう。

2011/4/22(金) 午後 1:08 [ satoshi_3210 ] 返信する

その報道は、どういった事件なのでしょうか?

処方薬が、それほど怖いという事は、他科では通常ありえませんが、安全だと偽って脳に致命的ダメージを与える危険な薬物を治療に使ってきた、精神科ならでわの事件かもしれませんね。

国にもぐりこんでいる精神科医たちの
「うつや、そううつや、被害妄想がひどいときは、覚醒剤を飲んで気分よくして忘れましょう」という、精神薬キャンペーンはいつ終わるのかと、思います。

2011/4/22(金) 午後 7:02 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

コーヒー牛乳に“睡眠薬”か 5人体調不良 | 日テレNEWS24
http://news24.jp/articles/2011/05/26/07183410.html

< 2011年5月26日 15:45 >
北九州市で25日、同級生の女児の家でコーヒー牛乳を飲んだ男児5人が体調不良を訴え、このうち4人から睡眠薬のようなものの陽性反応が出ていたことがわかった。

25日午後4時半頃、北九州市八幡西区の小学6年の女児の自宅で、遊びに来ていた同級生の男児5人がコーヒー牛乳を飲み、帰宅後に顔が赤くなるなどの体調不良を訴えた。診察を受けた病院で、4人から睡眠薬のようなものの陽性反応が出たという。5人はいずれも病院で手当てを受けているが、症状は軽く、命に別条はない。

警察は、女児の兄(23)から事情を聴くなどして、傷害事件とみて調べている。

2011/5/26(木) 午後 11:32 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

では、こちらも速報。

厚労省の検討する人も、全員が製薬会社と金銭的なつながりのある非常識な精神科医というわけではないので、正しいことを伝えれば正しく伝わる人も中にはいるので

睡眠薬に効果があったかなかったか、体験者の声を届けましょう。
-----
【厚労省】「睡眠薬の臨床評価方法」の改定案公表 : 薬事日報ウェブサイト
http://www.yakuji.co.jp/entry23299.html
2011年6月9日 (木)

厚生労働省は、「睡眠薬の臨床評価方法に関するガイドライン」の改訂案を公表した。現行ガイドラインが通知された1988年から、20年以上が経過しているため、新たな作用機序を持つ薬剤の登場や開発環境の変化などを踏まえ、不眠症に関連する効能・効果を取得しようとする「睡眠薬」について、現時点で妥当と考えられる臨床試験の計画、実施、評価の方法を示している。7月5日までパブリックコメントを募集する。

2011/6/10(金) 午後 7:57 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

睡眠薬にしてもそうですが、奈良県では、向精紳薬の取り扱いが厳しく、レンドルミンも1錠しか出しては貰えません。
ところが、私の住んでいる、兵庫県、つまり、嘗て、阪神、淡路の震災のあった地域では、かなり出鱈目な処方が、まかりとおっており、保険が適用されるのか、どんな薬でも、何錠でも出します。
奈良県の知り合いの精神科医の医師に色々聞いてみましたが、製薬会社の注意事項をきっちり守っており、余分に出しても、保険が適用できないので、絶対出さないそうです。
それらの事をある機関に文句を言った事があるのですが、そしたら、なんと、「他県に行け、」と言われました。

2011/6/11(土) 午後 7:12 [ TOMOKA ] 返信する

顔アイコン

追伸
ちなみに、奈良県の精神科医は、いつも「眠れなくても、目をつむっていればいいよ。」と言います。それに、診察時間は、患者が納得するまで、聞いてくれますので、私も嘗て、60分くらいは、いつも話を聞いてもらっていました。今は、行けませんが、それでも、時間があれば、電話でも聞いてもらえます。

2011/6/11(土) 午後 7:35 [ TOMOKA ] 返信する

顔アイコン

追伸2
それから、精紳安定剤など、向精神薬は、肝臓にも悪いし、思考力も低下する、とも言っておりました。

2011/6/11(土) 午後 7:43 [ TOMOKA ] 返信する

顔アイコン

余談ですが・・・。
メルトダウンからメルトスルーという現実に状況が変化しました。日本のほとんどのニュースでたいしたことがないように語られていますが、メルトスルーは、メルトダウンがいきつくところまでいった、ということです。メルトスルーしたというのは、圧力容器をつきぬけています。

2011/6/11(土) 午後 9:03 [ TOMOKA ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事