精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

どうやらこの国の人々は、多くの命が失われたり、自分の日常生活が危険にさらされたりしない限り、自分が置かれている危機的状況に気付かないという傾向があるようです。
 
一連の原発問題では、起こり得る危機的状況について、「専門家」と呼ばれる人々があえてそれを無視し、対応を怠ってきた経緯が判明してきています。様々な危険性、問題点は既に指摘されていたのです。
 
確かに、反原発運動にはイデオロギーと結び付けられた側面があり、あまり人々が関わりたくなかった主題だったでしょう。しかし、イデオロギーはともかくとして、原発の危険性を指摘する声に耳を傾けず、その電力の恩恵だけは享受しておきながら、自分の生活が危機的状況にさらされるや、にわか反原発主義者となって東電や政府を糾弾するという姿勢はいかがなものでしょうか。
 
これは精神医療問題にもそっくりそのまま当てはまります。様々な問題点は、既に指摘されているのです。「専門家」と言われる人々が単にそれを無視しているだけなのです。そして、専門家の顔色をうかがう行政は、同様に見ないふりをし続けているだけなのです。その結果が、年間3万人の自殺者であり、年間1万6千人以上の精神科入院患者の死亡退院なのです。
 
このまま行けば、必ずどこかで緊急事態が引き起こされるでしょう。もはやその時に人々が精神医療の実態を知っても手遅れです。特に、今は震災に対する「こころのケア」という名目で、安易な投薬が横行しています。ほんの一瞬の睡眠やまやかしの安心と引き換えに、本当の心の健康が損なわれ、薬無しでは生きられないという人々がたくさん作り出されることでしょう。
 
何らかの危機が将来起きたとしたら、私は思わず「それ見たことか!」と言ってしまいそうです。しかし、それでは、あまりにも自分が無責任で無力だという証明にもなってしまいます。悪くなる状況を観察し、その原因について知っていながらも、それに対して十分な手を打つことができず、みすみす事態の悪化を許してしまうということだからです。それ見たことか!というのは、傍観者となってしまった自分に対する正当化の表れです。
 
少し例にたとえるとこういうことです。子どもが転落する危険のある場所で、その危険に気付かず遊んでいるのを目撃した場合、どれが正しい対処でしょうか?
①関わると面倒なので見なかったことにする
②とりあえず遠くから注意だけしておく。転落したら「それ見たことか!」と周囲にアピールする
③たとえ子どもからの反発が来たとしても、子どもにそこで遊ぶことを止めさせる
 
まあ、私が何を言いたいのかをご理解いただけるかと思います。これから多くの人々の未来が奪われていく様子を、何もせずにただ見ていくことだけはしたくないのです。家や家族、思い出をなくした人々が、ずさんな精神医療によってさらに傷つけられることを許してはおけないのです。
 
さて、精神科医による「こころのケア」がどの程度の物であるのか、皆さんにも衝撃の実態を知っていただきたいと思います。厚生労働省のHPで紹介されている、東北地方太平洋沖地震メンタルヘルス情報サイトでは、こころのケアに関するマニュアルやガイドラインが多数アップされています。
 
そのマニュアル類の多くを監修しているのは、金吉晴氏(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所成人保健研究部)です。実質、災害時のこころのケアという分野のトップです。そのトップである精神科医とは一体どのような人物でしょうか?復習してみましょう。
 
***********************
●患者暴行:カルテ改ざんの医師に賠償命令 東京地裁

国立精神・神経センター国府台病院(千葉県市川市)で心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療を受けた女性が、診察した医師に殴られ難聴になったとして、医師と国に約890万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は8日、約150万円の支払いを命じた。野山宏裁判長は「医師はカルテを改ざんしており、改ざん部分を根拠に『正当な治療行為だ』とする主張は信用できない」と述べた。

また、判決の中で、刑事裁判で行われているビデオリンク方式での女性の本人尋問が民事訴訟でも可能との異例の言及をした。法廷外の別室からモニターを通じ証言するこの方式は民事訴訟法に規定がなく、導入に向け法制審議会で審議中。女性の体調不良などで結果的に尋問は行われなかったが、この判断は法改正を先取りしたものとして注目される。

判決によると、女性は02年12月、治療中に気を失いそうになり、同センター精神保健研究所の金吉晴・成人精神保健部長に「たたいて下さい」と言ったところ、顔を殴られ難聴になった。金医師はセンターの内部調査後の03年4月、別の病名や症状をカルテに書き加えたが、女性側がコピーを持っており、改ざんが分かった。金医師は、池田小事件で児童をケアするなどPTSD治療の第一人者として知られる。【高倉友彰】

国府台病院の話  当方の主張が認められなかったことは遺憾。厚生労働省に報告して判決内容を十分検討し、今後の方針を決めたい。

毎日新聞 2006年11月8日 20時27分
***********************
●歌織被告鑑定医、過去にカルテ改ざん…夫バラバラ殺人 (夕刊フジ)

 セレブ妻の三橋歌織被告(33)の裁判で、鑑定を行ったPTSD(心的外傷後ストレス傷害)の権威で、国立精神・神経センター部長の金吉晴医師(49)が、患者への傷害行為をめぐる判決で、カルテの改竄(かいざん)を認定されていたことが分かった。金医師側は「今回の鑑定とは関係ない」としているが、鑑定の信頼性が問われかねないとの声もある。
 金医師は、国立精神・神経センター精神保健研究所成人精神保健部長を務め、PTSD治療の第一人者とされる。 歌織被告の公判では検察側の鑑定医として、「短期精神病性障害を発症し、行動制御能力を喪失していた」と報告。弁護側医師も「心神喪失」との鑑定結果を出しており、三橋被告は刑事責任を問われず無罪となる可能性も指摘されている。
 カルテ改竄が認定されたのは、同センター国府台病院(千葉県市川市)に勤務していた2002年12月、女性患者が治療中に突然、金医師から平手で顔を強打され、難聴などの傷害を負ったして損害賠償を求めて東京地裁に訴えた訴訟。
 06年11月の判決で地裁は傷害の事実を認めた上で、カルテの改竄を指摘。金医師と国に153万円の支払いを命じた。
 平手打ちについて、金医師側は「境界性人格障害の治療として限界設定をするため、左ほおをタッピングする療法を用いた」と主張していた。
 だが判決は、カルテ上の「境界性人格障害」との症状や「限界設定」「タッピングにて覚醒」といった治療法が女性の訴え後に追加記載されもので、「カルテ記載という有力な証拠があったようなウソの外観を作り出した疑いが強い」と認定。「通常の人なら改竄をする人物の供述の信用性は低いと判断する」とした。
 女性側は治療とは思えないわいせつ行為もあったと訴え、医師側はこれを否定していたが、カルテには女性に関し「抱きつきへの欲望」「誘惑的」などの追加記載も行われていた。
 これに対し、判決は「追加部分は被告の主張に沿う記述が大半で、極めて不自然」と批難。金医師側の「別の医師に引き継ぐ場合を考え、不足していた情報をあえて追加した」との反論にも、「補充が必要なら別途文書を作るべき。断片的な記載が多く、むしろ改竄前と同じような記載をして改竄が発覚しないよう工作した疑いが強い」と指弾した。
 この訴訟は双方控訴せず判決が確定。「改竄」が事実として認定された形となっている。関係者は「カルテまで改竄した医師だけに、ほかの裁判の鑑定結果でも信憑性を疑わざるを得ない」と疑問を呈する。
 金医師は本紙の取材に、「この件に関してはきちんんとお話しなければと考えていたが、私自身が答えると混乱する恐れもあり、代理人が代わってお答えする」と回答。 代理人の弁護士は「金医師は改竄の部分が納得できないと考えていたが、女性側にこれ以上負担をかけるのは忍びないと考え、控訴しなかった」とした上で「(三橋被告の)鑑定とはあくまで関係ない」と語った。
厚労省国立病院課は「改竄ではなく治療経緯を追記したもの」と判決で否定されたはずの弁明を繰り返し、問題はないとの認識を示した。
 三橋被告裁判で鑑定医に推薦した東京地検は「公判中の事件に関することであり、一切お答えできない」としている。

[夕刊フジ  2008年3月15日16時47分
***********************
このような信用ならない精神科医が、こころのケア分野のトップなのです。壮大な茶番ですが、信じ難いことにそれが現実なのです。マスコミの方、是非この問題を取り上げて下さい。
 
避難所で、精神科医によるこころのケアチームで被害を受けた方も是非ご連絡下さい。

閉じる コメント(11)

顔アイコン

日本人は優しすぎます。今回の東電原発事件も、経過的に見れば、壊れた人間集団による、弱いもの集団の虐殺事件です。従って徹底的に、罪は糾弾し、二度と起きないように、国民も総括すべきです。日本はいつも曖昧にに処理する。ドイツのように総括しない。足尾銅山事件、公害垂れ流し事件、国民生活を無視した戦争突入、敗戦、これみな政治行政と、国民の、あなた任せ、相互依存、馴れ合い、の結果です。流すべき時は血も流さねばなりません。今回も、東電、政府、行政、大手企業すべての責任は徹底的に追求しましょう。弱いものだけが、心を病み、虐殺される歴史を、これ以上繰り返してはなりません。

2011/4/3(日) 午後 0:15 [ mugai1234 ] 返信する

顔アイコン

私は自分が精神医療のユーザーになって、動物以下の扱いを受けるまで精神医療について何も考えたことがありませんでした。精神科病院で行われていることは虐待を超えて拷問でした。いちばん厄介なのは自分は正義の味方、人助けをしていると信じている精神科医や医療従事者なのではないかと思います。

ところで、kebichanさんやsatoshiさんはどうして精神医療に関心を持つようになったのですか? 当事者ではなく、経験もないのに精神医療の実態がわかるのは不思議です。実際に経験して傷ついてきた人にしかわからないことがあると思うからです。
でも私はkebichanさんの活動に賛同し、協力したいと思っています。

2011/4/3(日) 午後 4:50 [ - ] 返信する

顔アイコン

補足ですが、私は数年前に訴えられたS医師の患者でした。私にとってS医師は、熱心で人権も配慮してくれた先生のひとりでした。だからあんな事件が起きたということが信じられませんでした。亡くなったS子さんには申し訳ないのですが今でもS医師のことは恨んでいません。もっとずっとひどい先生がいたということです。 いつだったか日本の精神医療が批判され、私の入院していた病院(練馬区O病院)にも外部からの監査が入ったことがあります。過食衝動がおさまらずほかの患者さんと一緒にひとつの保護室に入れられていた私は外に出され、承諾書のようなものを書かされました。監査が入った日には病室は綺麗に清掃されていて、看護婦さんもにこやかにふるまっていました。いろいろ文句をいう(病院側にとって)厄介な人は散歩に連れて行かれました。 そして監査が終わると私はまたもとの保護室に入れられました。 腸閉塞で飲食禁止だったことはたしかなのですが、そんな理由で身体拘束することが許されていいのでしょうか? 今も怒りが収まりません・・・

2011/4/3(日) 午後 5:04 [ - ] 返信する

はじめまして。セラセラと申します。今回の記事へのコメントではなく申し訳ありません。まずは自己紹介させてくださいませ。私の子供達は某大学病院でADHDとアスペルガーの合併型と約10年前に診断され、私自身もADHD、主人はアスペルガーと言われました。子供達は就学以来毎日数時間泣き叫ぶ生活が続き、やむなくアナフラニール投薬を開始しました。リタリンは副作用しか観察されず中止。4〜5年はストレスが緩和し小康状態でした。しかし、その後は上の子供が自殺願望、自慯、家庭内暴力が始まり、次々と薬が足されていきました。地獄のような数年間の後、現在は他の病院に入院し、薬を変更し様子を見ているところです。しかし、前述の症状が出る以前、担任からのひどい虐待を受けており、アナフラニールの副作用と断定仕切れません。しかし、副作用であったならば、地獄の数年間はなんだったのかと憤りがわきあがって来ます。私自身もうつ病になり通院中です。私の主治医は薬は最低限の処方ですし、自分で薬が強いと思ったら半量にしていいと言われ、処方をつねに足し算で考える方ではありません。でもこれまでの子供の主治医はつねに足し算の方だったの

2011/4/3(日) 午後 10:33 [ セラセラ ] 返信する

続きです。
足し算の方だったので、今ではそれが病状の悪化を招いたのでは…、無知ゆえに子供達を苦しめた責任は私にもあると思っています。こちらのサイトを拝見し大変勉強させていただき感謝しております。しかし今の私は少しの刺激でパニック状態になるなど、まだ断薬できる状態ではありません。幸い、足し算の医師ではありませんし、通院はもうしばらく続けるつもりです。
このサイトの主張は、本当に薬が必要な人にだけ最小限の処方にするべき、という事であり、すべての精神科薬を否定するものではないと解釈させていただいていますが、この解釈でよろしいでしょうか?
自分の事ばかり並べたててしまってすみません。今後も貴重な情報提供でぜひ勉強させていただきたいと思います。お忙しいと思いますがますますのご活躍をかげながら応援させていただきます。それにはまずはお体ご自愛くださいませ。では失礼いたします。

2011/4/3(日) 午後 10:56 [ セラセラ ] 返信する

顔アイコン

この記事に面白い主張がでています。被災地救援にいった精神科医の言葉です。
-----
「PTSD発症は過去の震災以上」 - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/33498.html
「東京都こころのケアチーム」として被災地支援に入った精神科医の菅原誠医師(都立中部総合精神保健福祉センター生活訓練科長)は、「被災者が泣ける場所もない」と指摘し、「心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症する恐れのある人は、過去の震災の比ではない」と危惧している。

支援者が注意すべきは、「精神科の患者を増やすために行くのではない」ということです。阪神大震災では、ケアに入ったチームが薬をどんどん処方したために、「薬がないと不安だ」という精神科の患者が大幅に増加しました。支援には、いつか終わりがある。その時、患者がいっぱいになってしまっていては、地元の医療者が困ります。薬の投与は最少の期間、最低限の量。重症者は、地域の医療機関につなげるということが重要です。

2011/4/7(木) 午前 1:50 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

キャリアブレインは記事がすぐ消えてしまうので、リンクを見たい人は早めにどーぞ。
精神科医が被災地にいって薬配る以外の何もできないのに、「患者を増やすためではない」とは、

精神科医は嘘つきですな。

この記事の人は東京の「心のケア」チームということは、カルテ書き換えして証拠捏造してセクハラした、裁判所から公式に信用置けないといわれた人間のクズとも呼べるくらいの、金吉晴の部下なんでしょうか。

なぜこんなクズを心のケア担当にしておくのでしょう。いますぐやめさせるべきでしょう。

彼1人がクズなだけではなく、精神医療全体がゴミくず程度にしか社会の役に立たないから、彼1人くらい放置していてもいいという理論ですかね。

2011/4/7(木) 午前 1:50 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

初めまして、りゅうさんといいます。
いつもブログを興味深く読んでいます。
あとは”精神医療の真実”というブログなども読んでいるのですが、数々の人たちの体験談はあまりに凄惨で悲しく、胸を痛めるものがあります。
恐怖というある絶対的な感情は他者に伝達することが困難なのですが、精神医療が人々に与えた恐怖はあまりに大きく、この問題をなおざりにして人間は先に進めないと感じています。
私はkebichan55さんのような方たちは、事情を知っている人たちだと考えています。
これから日本の社会が健全化、復興していくに当たり、欠くことのできない視点と助言を持っている人たちだと。
私自身は、精神科の頸木にもう14年も繋がれたままの人間です。
けれど私はささやかですが、みなさんの主張を支持することをここに記しておきたいと思います。
それでは。

2011/4/9(土) 午後 9:06 [ りゅうさん ] 返信する

大多数の人のために、この恐怖の産業を撲滅しなければなりませんね。

一部の精神科医や製薬産業の儲けのために、患者が副作用に苦しむ構造をなくしましょう。

人類はロボトミーを廃止しました。電気ショックはまだです。脳に作用する薬物治療もまだ廃止されていません。

だからこそ
今度は死を生み出している産業、精神医学全体そのものを廃止する時期にきました。

思いを行動につなげるために、他の人に伝えてください。

2011/4/12(火) 午前 8:42 [ satoshi_3210 ] 返信する

もうそろそろ終わりにしましょう。

麻薬覚醒剤ビジネスは、遠い海外の国の話だと思っていましたよね。

でも、知らないうちに、日本が世界の第一級の麻薬覚醒剤ビジネスの犠牲者になっていた。

その事にあなたは気がついてしまいました。

しらなければよかったですか?
知らなければ悪に対して怒る気持ちも、犠牲になった人を悲しむ気持ちも生まれずに平和に過ごせたかもしれませんね。

でも、知ってしまった。


そして、有識者と呼ばれる人たちがみんな続々と知りはじめています。

2011/4/13(水) 午後 6:01 [ satoshi_3210 ] 返信する

世界には麻薬の売人という、金のためなら人の命を売ってしまう職業があります。
白衣を着ていても、それは日本にもいいます。

あなたは何ができるでしょうか。
あまりにも邪悪な業界です。

海外では、麻薬ビジネスを取り締まる警官は、金儲けしてる奴らから撃ち殺されるのは普通。

だから、邪悪に対して何も手を打てない人も多くいます。


日本の麻薬覚醒剤ビジネスを取り締まろうとしても、撃ち殺される事はないようです。今のところは。私や他の人が証拠です。よかった。

そして、日本では、
このビジネスを終わらせるために、
「心の病を売り込む」DVDと「致命的な誤り」DVDと「巨利をむさぼる」DVDと「死を生み出す産業」DVDがあり、
それは幸いにも、ネットで全てみることができます。

動画を自分で見て、そして、他の人に見せるために様々な媒体で伝えてください。

仲間を増やしましょう。

悪意に満ちた薬物ビジネスを止めさせましょう。

あなたの善意の声から、精神医療の薬物ビジネスの終わりが、はじまります。

善意のリンクをお願いします

2011/4/13(水) 午後 6:16 [ satoshi_3210 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事