精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

こころの「専門家」の皆様へ
 
正しい情報を正しく伝えていただくよう、心よりお願いします。

一連の原発問題でもうおわかりかと思います。情報の隠蔽や誤った情報の流布は、多くの悲劇や混乱を生み出します。そして、最終的にはその矛先が自分に戻ってくることになります。「想定外」という言葉は逃げ道にはなりません。専門家を名乗るのであれば、起こり得るリスクを予測し、その対策を講じなければなりません。特に、危険物を取り扱うのであれば、その責任は重大です。
 
さて、昨日のニュースですが、文部科学省などが小中学生向けに作製した原子力発電所に関する副読本に「もし地震が起きたとしても、放射性物質がもれないよう、がんじょうに作り、守られています」、「大きな津波がおそってきたとしても、発電所の機能がそこなわれないよう設計しています」という記述があったことが問題視されているようです。文部相も問題を認め、修正を決めたようです。
 
確かにこの記述は問題です。結果として事実に反することになってしまった認識の甘さが問題です。しかし、精神科領域においては、そのような認識の甘さレベルでは片付けられない、はるかに問題ある実態があります。既に事実と反していることが証明されているような明確な嘘が堂々と述べられているからです。
 
たとえば、厚生労働省科学研究費補助金によって作成され、学校に配布されている問題ある絵本があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/50757784.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/50766539.html
 
その他にも、国が推進する睡眠キャンペーンのHPでは、専門家による誤った情報が載っています。
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/suimin/qa.html
医師が処方する睡眠薬はベンゾジアゼピン系作動薬であり、耐性や依存性が出現しにくいなど副作用が少なく、より安全な薬です。(日本睡眠学会 内村理事)
ベンゾジアゼピンないしその作動薬に属する薬剤では、重篤な副作用は認められず・・・通常の用量なら、昔の薬剤のような強い依存性(飲みだすとやめられなくなる)は無い・・・(日本睡眠学会 井上理事)
 
ベンゾジアゼピン系の薬がどれだけ問題を引き起こしているのか、この精神科医たちが知らないはずがありません。その被害について敏感な英国で、是非同様の発言をしていただきたいものです。その分野でトップの精神科医がこうである以上、末端の精神科医はもっとひどいことになります。
 
たとえば、現在精神科医が被災地を巡回していますが、ある避難所にいる人から、現地の精神科医について情報が寄せられています。その避難所では、半数近くの人々が睡眠薬を出されているようです(高齢者が中心ですが、若い人もいます)。しかし、服用している人々に尋ねても、副作用について、精神科医から正しく説明を受けた形跡は見られません。それどころか、「軽い睡眠薬だから、一生飲み続けても安全だ」「絶対に飲むべきだ」などと言われて出されているようです。ここまで来ると押し売りに近い状態です。
 
出されている薬の添付文書を見ると「本剤の投与は、不眠症の原疾患を確定してから行うこと」「本剤の投与は継続投与を避け、短期間にとどめること」と書かれています。なぜ嘘をつくのでしょうか。それとも本当に知らないのでしょうか?
 
避難所生活における睡眠薬の危険性は以前に述べた通りです。
 
私のような素人ではなく、本来そのような現場にいる精神科医こそが知っておくべき情報であり、しかもそれを周囲に伝える責任があります。彼らが「安全」「軽い」としきりに勧める睡眠薬は、麻薬及び向精神薬取締法によって、厳重な管理が義務付けられている薬物であり、決してお気軽感覚で処方するものではありません。
 
中には、どうしても眠れないということで、本人が望んで睡眠薬を処方してもらう例もあるでしょう。しかし、不眠の原因が明らかであり、しかもむしろその不眠という反応が自然であるという状況に対し、嘘をついて睡眠薬を押し付ける形で処方するという行為は、「こころのケア」としてあるまじき行為です。

睡眠薬の安易な服用に関して警鐘を鳴らしている生理学者のコラムを最後に引用します。
イメージ 1
※静岡新聞社編集局調査部許諾済み

閉じる コメント(8)

いつも貴重な情報ありがとうございます。転載させていただきます。

2011/4/17(日) 午前 10:14 [ りょうた ] 返信する

ありえねえ!

女川は被害がもっともひどい場所のひとつだと思います。町の1/4の2000人がいきなり失われ、さらに2000件以上の家族は家を失っています

確かに見るかぎり、その被害の尋常なさ、は、想像を超えるショッキングな光景でした。言葉を失いました


が、子供たちは立ち直り元気に遊んでいて、大人もたがいに助け合い、みんな強く心を保っています。

仮設住宅設営の準備もすすんでいます

私が見たのはわずか数箇所の避難所ですが、睡眠薬が必要と思われるように悩んで眠れない人はいません。
(いたら私や仲間が声をかけて体がリラックスするやり方で助けてます)


精神科医がいれば「睡眠薬が必要な人」が増えて、精神科医がいなければ「睡眠薬が必要な人」はいなくなる。

それは単なる薬の押し売り屋にしか見えません。

被災者に対して依存ある危険な薬物をばらまく行為をしている精神科医がいる事を皆さん、よく覚えておいて欲しいです

2011/4/19(火) 午前 6:55 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

夢じゃないそうですよ。

「ストレスに効く薬」発明は夢じゃない - ネタりか
http://netallica.yahoo.co.jp/collect/mark/183256
2011/4/25 21:32

ネタとして笑えるような笑えないような。
苦い笑いしかでませんね。
これの開発費と開発された後にでる薬害被害のことを考えると。


SSRIも夢の抗うつ剤というふれこみでしたが
実際には自殺や他殺、銃乱射事件を誘発する薬物でした。

「発明は夢じゃない薬」っていうのを
実際の所、誰が開発しているかと問い詰めると
その答えは、精神科医であり、製薬会社であるということです。

『精神科医』と『製薬会社』の言うことですよ。
全面的に信頼できる人ばかりです か?

2011/4/26(火) 午後 11:28 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

本当の実態は、なかなか世間では知られませんね。

製薬会社のマーケティング部門は嘘を隠すために毎年すごい
予算を費やしているからでしょう。

でも、もうばれてきています。

ファイザー禁煙補助薬『チャンピックス』で意識喪失、難聴、自殺…「重篤副作用」全米最悪の実態:MyNewsJapan
http://www.mynewsjapan.com/reports/1408


以前、うちのブログではこんな記事も載せました。

禁煙のための薬、ザイバンは、実はウェルブトリンという抗うつ剤です。 - 精神医学は医学じゃないです[合法麻薬販売産業です] - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/satoshi_3210/27696871.html

2011/4/27(水) 午前 0:01 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

Wellbutrinですね。カナダ人の友人が10年以上飲んでます。

とってもいいお薬だと信じきっていて、私の言葉に全く耳を傾けません。メジャーなど、他の薬は危険だと認識してますが、自分が飲んでいるWellbutrinは良い薬だと信じてます。脳内物質の不均衡を正してくれる、とこれまた精神科医がでっち上げたセオリーを信じきってます。

折角断薬してもまた飲み始める人もいますし。薬飲んでる人には、何をいくら言ってもダメみたいで、もうご勝手にどうぞ、と言いたくなります。

2011/4/27(水) 午後 9:40 [ いちにさん ] 返信する

顔アイコン

せっかく助けようとしてアドバイスしたのに、耳を傾けてもらないのは心苦しいですね。
お気持ちはよくわかります。
裏切られるようなそんな感覚に陥りますよね。

依存性の薬物とはそういうものなんです。
自分の取っている薬は正しいもの。そう信じなければ薬はとらないのですから。
正当化せずにはおれないのですよ。

自分の思考が薬物に支配されていると、自分では気がつきにくいのですから
それは残念ですが、出来る限りの事をして後は割り切りが必要です。

依存性薬物はそういうものだと割り切った上で
それでも、強く薬物にNOと言い続ける必要があります。
そこが知った者が背負う責任です。

薬物で奪われた人生も、異常で突発的な自殺願望他殺願望も、
「自分が飲んでいる薬だけは正しいんだ」と思う正当化も
すべてをひっくるめて、精神医療を絶滅させれば終わる悲しみです。

終わらせましょう。

2011/4/28(木) 午前 1:27 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

精神科領域では、
残念ながら殆どの病気は思い込みです。特にうつ病、人格障害ではそう感じます。病気だということを思いこんでいるか、何らかのメリットがあるのでしょう。
しかし、マイナスを思いこんでいるため、自己否定・ネガティブ思考・悪循環の中での他者否定・悪循環の中での社会否定を繰り返し、烙印を押し押され、性格も行動も悪い方へ変化していきます。
重要なのは、「病気という前提に疑問をもつ」という方向性であり、自分を病人だと考える人間は失敗する確率が高まること。心理業界全体が商売であり、病人と思いこませ烙印を押すことにより潤っている状況を客観的にみることが必要です。心理学は重箱の隅をつつく様な神経質な分析手法で、あれを考えていたら誰でも疲れて理論ばかりの石頭になり思いこんで生きて行くのが大変になるでしょう。

2011/4/28(木) 午前 11:29 [ tw*iligh*t ] 返信する

顔アイコン

kebichanさんはすごい。

自分が何年も服用してきて本当に具合が悪くなってからようやく、一生懸命調べて、ヒーリーさんの「抗うつ薬の功罪」をじっくり読んで、たどりついたことが、とってもわかりやすく既に書いてある。

気がつかないでいたことも既に書いてある。でも専門家の嘘を見破るのは患者にとってそう簡単なことではやっぱりないですね。僕は7年も服用してきたけれど、最近幸い嘘に気がつけた。それは本当に良かったけれども、症状はとても重いです。仕事にとうてい行ける状態では無い強く入院を勧めると別の医師に言われた。躁うつ病も統合失調症も疑われた。最初の診断はうつ病だったのに。

幸い、とても良い臨床心理士の方に出会えました。8ヶ月も毎週1時間半も僕の話を聞いてくれて、僕の心の傷は言えました。だからベンゾジアゼピンの常用量依存に気がつけた。

でも離脱症状は50日で治る方が少ない。何年もかかるか、治らない場合だって聞く。知られていないから本当はよくわからない。治す医者も日本ではなかなか見つけられない。

常葉まり子「向精神薬の減薬・断薬メンタルサポートハンドブック」お勧めです

2011/6/11(土) 午前 6:38 [ fum*ki*aito ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事