精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

日本精神神経学会が、以下のような緊急声明を発表しました。
http://www.jspn.or.jp/info/2011_03_11info/info/2011_04_20jspnkinkyuuseimei.pdf
 
東日本大震災被災地における調査・研究に関する緊急声明文
 この度の東日本大震災によって被災されました皆様に、お見舞いを申し上げますとともに、亡くなられた方々へのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 被災地の皆様は大変な思いを持ちながら、復興に向けて懸命のご努力をされていることと存じます。日本精神神経学会と致しましても、「災害対策本部」を発足させ、被災地の精神医療支援に必要な情報を収集し、精神医療関連諸団体から派遣される「精神医療支援チーム」の後方支援活動を実施しております。
 「精神医療支援チーム」は、被災者の方々が現在、どの様な心身の状態でおられるかを確認し、心身の健康を保つための方策と、心の健康が既に損なわれていると判断された方々には適切な治療方法を、各被災者の方々の実情にあわせて提供するお手伝いをしております。
 一方、「心の状態に関する調査・研究」といった形で、精神的に傷つき、心身ともに疲弊しておられる被災者の方々を対象として、配慮を欠いた面談やアンケートによる「心の状態に関する調査・研究」が行われている実態があります。
 人を対象とした全ての「調査・研究」は、「疫学研究に関する倫理指針」、「臨床研究に関する倫理指針」等の政府省庁が定めた倫理指針に則り、倫理委員会によって、その倫理性や研究としての科学性に関して審議の上で承認を受け、承認内容に則して実施する必要があります。ところが、被災地で行われているこのような調査・研究の中には、この様な倫理的配慮がなされておらず、また、調査対象となった各被災者の方々に援助も提供しないものがあります。
 過酷な状況下におかれている被災者の方々は、「心の状態に関する調査・研究」の対象となった結果、一層の精神的負担を負い、傷ついた心の回復が遅れる、あるいは新たな心の傷を負うことが危惧されます。また、配慮を欠いた「調査・研究」が行われたために、被災者の方々が心を閉ざし、本来必要な「精神医療支援チーム」の活動にも支障が生じております。
 日本精神神経学会は、被災者の方々に不適切な精神的負担を強いる、倫理的配慮を欠いた調査・研究は、人道・倫理に反するものであり、強く抗議の意を表明するとともに、即刻の中止を求めます。また、人を対象とした全ての調査・研究に関し、政府が策定した倫理指針に則り実施されることを改めて確認させて頂きます。
平成23年4月20日 社団法人 日本精神神経学会
理事長 鹿島 晴雄
 
こころのケアを隠れ蓑とした、被災者を良い研究・実験材料としている精神医療・心理学関係者が少なからずいるということなのでしょう。これはとんでもないことです。今回ばかりは日本精神神経学会の声明に一理あります。
 
私からすると、以下のニュースで取り上げられている調査こそ著しく人道・倫理に反するものだと思いますがいかがでしょうか?学会として強く抗議の声を上げる対象にしていただきたいのですが、教育委員会を通せば大丈夫という問題で片付けられてしまうのでしょうか?
 
子供の「心の傷」調査へ 岩手県教委
2011.4.13 19:35 (産経Web)
 岩手県教育委員会は、東日本大震災で被災した子供の心をケアする態勢を構築するため、県内すべての小中高校計635校の子どもを対象に、精神的な被害に関する実態調査を始める。
 県教委によると、被災した子供たちの中には、地震や津波のショックから「眠れない」「イライラする」などの症状を訴えたり、長引く避難所生活でストレスを抱えたりしているケースがあるという。
 学校再開から1週間をめどに、生徒と児童の健康に関するアンケートを実施。結果を踏まえ、カウンセラーらが面談して心身の状態を聞き取り「心の傷」の程度を見極め、医療機関に相談するなど対応を決める。
 また、県内の臨床心理士6人でつくる「こころのサポートチーム」を中心に、県教委や県精神保健福祉センターなどが連携。チームは5月以降、学校を巡回訪問してカウンセリングにあたる。

現実を全く見ていない行政機関の妄想と思い上がり、形式主義もここまで来ると有害です。専門家につなげることが目的のようですが、彼らは本当に「こころのケア」ができるのでしょうか?
 
災害に遭った人が示す「正常な反応」が、うつ病やPTSD等と「精神病」にすりかえられ、不必要な投薬によって本物の精神病が作られてしまう事例は、阪神大震災でいやというほど知らされています。(参考:キャリアブレイン2011年4月6日の記事で、今回被災地入りした精神科医がこのように述べています:「支援者が注意すべきは、『精神科の患者を増やすために行くのではない』ということです。阪神大震災では、ケアに入ったチームが薬をどんどん処方したために、『薬がないと不安だ』という精神科の患者が大幅に増加しました。」)
 
ましてや、直接の被災地ではない内陸部の子どもたちまでこのアンケートの餌食になり、精神科へのニーズの掘り起こしがされるのですから、これ以上に人道・倫理に反する調査はないと思います。
 
また、調査や研究もそうですが、それ以上に気になるのは「治療」です。被災者の方々に不適切な精神的負担を強いる、倫理的配慮を欠いた「治療」が、派遣された精神科医によってなされている点を、学会として取り上げていただきたいです。少なくとも「軽い薬」「一生飲んでも安心」などと嘘をついて向精神薬を出すことだけは止めさせて下さい。
 
そして、震災から約50日経った今、警戒しないといけないのがこの動きです。
http://www.komei.or.jp/news/detail/20110416_5003
 
本人が望まないアウトリーチは、まさに押し売りそのものです。こころのケアや治療を押し売りされることほど迷惑な話はありません。アウトリーチが、精神医療ニーズの掘り起こしとして使われないよう、徹底して警戒しないといけません。
 
これから、精神医療による2次災害が本格的に被災者に襲い掛かります。子どもたちはアンケート調査やカウンセラーとの面接を強要され、結果によって精神科医につなげられます。たとえ被災者が拒んでも、精神科医は日々避難所に押しかけてきます。避難所生活から逃れても、アウトリーチという手法で生活圏内に土足で踏み込まれる可能性が生じます。
 
本来薬が不必要だった被災者が、精神科医が言うところの「こころのケア」を受けた結果、薬なしでは生きていけないとなった場合、一体誰がその責任を取るのでしょうか。いや、もしかしたらそのようにすることが狙いなのかもしれません。一部の精神科医にとっては、震災など売名やビジネスのチャンスに過ぎないようですから。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

わいせつ犯でも院長になれる職業の仲間が集まって、倫理を語り、

身内同士でつぶし合いですか。

良識派と、人体実験派の対立。
興味深いです。

50歩100歩という言葉が心に浮かびました。

2011/4/29(金) 午前 2:16 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

被災者を良い実験材料としている奴というのは、例えばこれとかでしょうか。
-----
東日本大震災:安易な復興ムードに警鐘−−精神科医・野田さん - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110420dde041040012000c.html
被災者支援について調査・提言している関西学院大学教授で精神科医の野田正彰さん(67)が15、16日、宮城県沿岸部に入り遺族や被災者の話を聞いて歩いた。東日本大震災では2度目の被災地入り。家族を失って1カ月が過ぎた遺族らと接した野田さんは「復興ばかりに重点を置いて『がんばろう』を繰り返せば、遺族の疎外感と喪失感は強まる。復興支援は一番つらい遺族の視点に立つべきだ」と安易な復興ムードに警鐘を鳴らす。
-----
関西学院大学は受かったけど行かなくてよかったです。
こんな教授がいるところを母校と呼びたくないです。

2011/4/29(金) 午前 11:49 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

主観に基づいた判定によって
弱った人に向精神薬という麻薬覚醒剤がくばられるという事例です。

岩手県は後々、依存患者増大。自殺者増大に苦しめられるでしょうね。


----------
東日本大震災:職員らに心のケアを 被災3県にチーム派遣 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110428k0000e040045000c.html

津波被害が大きかった岩手県宮古市田老地区で、国立病院機構琉球病院(沖縄県)と菊池病院(熊本県)の「こころのケアチーム」が、被災者の支援に当たっている行政職員や避難所運営者らの心のケアを続けている。既に100人以上が受診し、これまでに重症者はいなかったというが、ケアに当たる精神科医の大鶴卓さん(37)は「支援者は『支える』『助ける』といった意識が高い」と分析。私生活とのバランスを取るよう助言することもあるという。
・・・

2011/5/2(月) 午後 1:14 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

このニュースみてると、市民を守る警察官のうち何人かも、精神医療の薬物の犠牲になることがわかります。

精神医療の向精神薬の無料ばらまきは遠慮がないですね。

----------
警察官に精神的ケア 本県含む3県警対象
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110427_12

東日本大震災で捜索活動などに当たっている警察官らが、凄惨(せいさん)な現場で精神的ショック(惨事ストレス)を受けた恐れがあるとして、警察庁が来月から対策に乗り出すことが26日、分かった。同庁による職員への惨事ストレスケアは初めて。また防衛省・自衛隊も、派遣された自衛隊員を対象に、精神面での健康状態について活動終了後から定期的に確認する。

岩手県警は独自に、今月上旬、心的外傷後ストレス障害(PTSD)やうつ病の可能性を調べるため、精神科医と協力し作成したチェック票を非常勤を含む職員約2600人に配布した。ストレスが強いと判断された職員は臨床心理士の面談を行う予定だ。

2011/5/2(月) 午後 1:20 [ satoshi_3210 ] 返信する

第三文明に大野裕がでてるようです。

公明党は精神医療を推進する党なのでしょうか。


精神医療の事実が明らかになり、例の動画が支持者に渡った時に支持を失うかもしれないですが、大丈夫なんでしょうか。

2011/5/3(火) 午後 9:03 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

東日本大震災:「心のケア」、2次被害懸念 トラブルも - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110507k0000m040082000c.html

「心のケアさ言う人たちが来てアンケート書かされた。俺ら実験台か?」。心のケアが叫ばれる東日本大震災の被災地で、駆け付けた支援者により、かえって被災者が心の傷をえぐられる2次被害が懸念されている。不自由な暮らしが長引き、支援され続けるもどかしさが募る中、被災者に負担をかけない「寄り添い方」が必要だと専門家は指摘する。

岩手自殺防止センター(盛岡市)代表、藤原敏博さん(58)=盛岡市=は4月下旬、岩手県陸前高田市の実家近くの避難所で、被災者の男性から怒りをぶつけられた。「俺ら実験台か?」「一体誰のためにやってるんだ?」。最近訪れた「専門家」が精神状態を調べようと、男性に質問を重ねたらしい。藤原さんは無関係とはいえ、被災者にわびつつ、ひたすら耳を傾けた。話し終えた男性は少しすっきりした顔に見えた。

2011/5/18(水) 午後 0:45 [ satoshi_3210 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事