精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

現代精神医療は、EBMEvidence-Based Medicine: 根拠に基づいた医療)ではなく、MBM (Marketing-Based Medicine: マーケティングに基づいた医療)と揶揄されています。その問題あるMBMの流れが日本で本格的に始まったのは、1999年のことです。
 
業界関係者が厚生省に圧力をかけた結果、1999年には治験広告が解禁となりました。そして、治験者公募という名目で、実際には受診を促進させる広告を出すようになったのです。以下のデータを見れば、いかにうつ病キャンペーンに力が入れられたのかよくわかるでしょう。
 
そして、ますますそのMBMの流れが加速されていっているようです。
 
なぜマスコミが本当のことを報道できないのかという疑問についても、広告代理店やスポンサーとの関係という視点から見たら、その答えが自ずと出てくるでしょう。
 
広告によって受診患者数が増えたとしても、その結果患者が救われるというのであれば、私は何も文句はいいません。精神科を受診し、あの例の治験広告に出てくるような「笑顔」になった患者を見たことがありますか?一瞬だけなら救われたような気持ちになった人なら多くいるかもしれません。そのような見せ掛けでなく、長期的に人生が回復した人はどれだけいるでしょうか?
 
このような「お医者さんに相談だ」的広告の問題点については、こちらを改めて参考にして下さい。
 
不幸なことに、日本の精神医療は最悪な方向に向かっています。隔離収容、多剤大量処方、ベンゾ依存といった、世界に類をみない患者抑圧型の精神医療の古い型を残しながら、さらに欧米式のMBMを取り入れたのです。
 
さらに悲惨なことに、オーストラリアの予防精神医学やアウトリーチまで取り入れようとしています。これらを混ぜたらどんな化学反応が起きるでしょうか?向精神薬のちゃんぽん以上に、相互にその危険性を増強し合うことになるのは間違いないでしょう。
 
これは大惨事です。気付いている人は少ないでしょうが、本当に大惨事なんです。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

原発事故以来、東電・国が一体となった大手メディア(電通)による国民への「洗脳」が明らかになり、そのプロパガンダはもはや犯罪のレベルにあります。

『オーストラリアの予防精神医学やアウトリーチ』につても、DSM-IV (精神疾患の分類と診断の手引)の編集委員長を務めた精神科医、Allen Frances 氏自らが、「「早期介入」− オーストラリアの無謀な人体実験、有益どころか有害な予防」というタイトルでこうした早期介入支援を「ドンキホーテのごときである」と厳しく非難し、マクゴーリとやり合っている様子を海外メディアは報じていますが、日本の精神医療従事者や厚労省・文科省はどの程度知っているのでしょう。
www.psychologytoday.com/blog/dsm5-in-distress/201105/australias-reckless-experiment-in-early-intervention

少なくともこうした事実を報じ、正面から議論する態度がなければ、もうこの国は終わりでしょうね。

2011/6/16(木) 午後 4:29 [ myu ]

顔アイコン

ほとんどの人が危険性は認識してます。ガーデニングに使う化学肥料を買いにいったら、だめですと言われて、代わりに農薬を買わされました。

2011/6/16(木) 午後 5:51 [ yukanrider ]

顔アイコン

電通ですか・・・気がつかなかったです。一昨日発行の、ほぼ内部向け資料。よく見つけられましたね。電通は広告収入により生計を立てている。製薬会社から広告料を引き出すために、広告を出す電通自身が、これだけ研究しているんですね。すっかり人々が信じてしまうわけです。本当にEBMではなくて、MBMですねえ。いやいや。

2011/6/16(木) 午後 7:34 [ fum*ki*aito ]

顔アイコン

トピックとはそれてしまいますが、電通の背後にはCIAがいます。

そしてそのCIAを操るものの姿が見えれば、精神医療の本質が垣間見えるかもしれません。

日本の、世界の社会システム全体を蝕むものですね。

www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/633.html
www.asyura2.com/09/senkyo69/msg/805.html

lmgtfy.com/?q=site%3Awww.asyura2.com+%E9%9B%BB%E9%80%9A+CIA

2011/6/16(木) 午後 8:12 [ myu ]

顔アイコン

myu さん
全文は長いので、ざっと拝見しましたが、結局、私には下記のように見えました。
アメリカ社会の影響が背景に見えます・・・
お金の流れも読み取れます・・・
確かに阿修羅さんの書かれていることに一定の信憑性はあるように感じます。

大きいなあ・・・
でも、ちょっと大きすぎるのは、かえって取り組みづらいと私は思いました。
先ずはkebichanさんのおかげで、電通という日本の最大手の広告企業に辿り着いたことはとっても収穫だと思います。

できるところ、やれるところ、小さいところからでも、取り組みたいです。
先ずは自分と家族の命からといったところですが・・・

2011/6/16(木) 午後 10:33 [ fum*ki*aito ]

顔アイコン

もう一つ
私達が大切にすべきことは、あいまいなことを避け、できるだけ具体的な根拠に基づいて考えることではないかと思うのです。

精神医学は実はとてもあいまいでした。よくよく確かめると根拠がはっきりしていませんでした。私は、そこが問題だと思います。何故あいまいなのに、それが正しいと信じ込まれてきたのか。そこは、とてもよく考えなければいけないと思います。飛躍しないように注意しなければいけません。わからないことは、わからないとはっきり立ち返ったほうがいいと思います。これが真実にたどりつくための正しい方法だと思います。この大きな問題の解決にも、地道で時間がかかりますが、できるだけ具体的な議論が必要ではないかと思います。そうすれば、道は拓けてくるのではないかと思います。そうしていくことがとても大切だと思います。

2011/6/16(木) 午後 10:58 [ fum*ki*aito ]

顔アイコン

> fum*ki*aito さん

私も「少なくともこうした事実を報じ、正面から議論する」ことの必要性を感じていますが、それを阻害する大きな力があるということです。

またそうした力を排除できたとしても、「わからないこと」を認め、時間をかけて具体的に議論を重ねることで真実にたどり着ける可能性があるのは、純粋な科学の場合でしょう。

果たして精神医学は、"医学"と呼べるほど"科学的根拠”に基づくものなのか・・・。

そのあたりの議論ですね。

でもあまり気にしないでください。

「トピックとはそれて」いますから。

2011/6/17(金) 午前 0:44 [ myu ]

いつも貴重な情報をありがとうございます。
転載させていただきます。

2011/6/20(月) 午前 5:15 [ りょうた ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事