精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

本日、障害者虐待防止法が成立されました。


<障害者虐待防止法成立>発見者に通報義務づけ

毎日新聞 6月17日(金)12時9分配信
 議員立法による「障害者虐待防止法」が17日午前、参院本会議で全会一致で可決・成立した。家庭や施設、勤務先で虐待を発見した人に通報を義務づけ、自治体などに調査や保護を求める内容。埋もれやすい被害の発見と救済に乗り出す法的根拠となる。

 同法は虐待の定義を身体的虐待▽性的虐待▽心理的虐待▽放置▽経済的虐待−−の五つに分類。「家庭内」の親など養護者、「施設内」の職員、「職場」の上司など使用者による虐待を通報対象とした。通報者は守秘義務違反に問われないと規定。通報を受けた自治体は安全確認や保護、施設や会社への指導や処分、後見人を付けるための家庭裁判所への審判請求などを行う。

 家庭内の虐待の通報先は市町村で、被害者の生命や身体に重大な危険が生じる恐れがある場合、市町村職員は家族の許可がなくても自宅へ立ち入り調査できる。施設については通報先の市町村から報告を受けた都道府県が監督権限に基づき調査し指導、虐待の状況や対応を公表する。職場での虐待は通報先を市町村か都道府県とし、報告を受けた労働局が調査・指導にあたり実態などを公表する。

 対応窓口として全自治体に、家族の相談や支援にあたる「市町村虐待防止センター」と、関係機関の調整も行う「都道府県権利擁護センター」を置く。国と自治体は虐待を受けた障害者の自立を支援するほか、市町村は専門的な知識や経験を持つ職員の確保に努める。学校や病院での虐待は通報の対象外。付則で3年後をめどに見直しを図る。施行は12年10月1日。【野倉恵】


 
喜んではいけませんよ。名称に騙されてはいけませんよ。
 
なぜならば、精神病院内での虐待は対象外だからです!!!!
 
何のための法律ですか?最も頻繁に虐待が起きている場所が対象外ですか?
 
まあ、なんと言うか・・・放射能がダダ漏れしている原発はとりあえず放置し、他の原発の安全性を高める対策を講じるようなもんですよ。あんこの無いアンパンみたいなもんですよ。
 
しかもこの手の「虐待防止法」は、精神科医と組まれることで、逆に大変危険なものになり得ます。それは児童虐待防止法で明らかです。虐待の被害者(あるいは虚偽の通報によるでっちあげられた被害者)は、精神科医の監視下におかれ、被害者や加害者(虚偽の通報による冤罪もあり得る)に半ば強制的な精神科治療が施されます。
 
まあ、せっかく成立したのですから、可能な限りそれを利用しましょう。事実、施設内での虐待も深刻な問題であり、それをなくさないといけません。施設内において、管理しやすくするための向精神薬漬けは虐待です。
 
実は、あまり知られていないことですが、省令により、知的障害者更生施設の職員配置の基準が定められており、「更生施設の医師は、精神科の診療に相当の経験を有する者でなければならない。」と明記されています。そのような施設の職員から、嘱託医である精神科医のひどい実態が報告されています。
 
言うならば、これらの施設も、入所者を身体拘束や薬でおとなしくさせる高齢者施設も、精神病院の延長線上にあります。この法律では、雑兵にダメージを与えることができるでしょうが、本丸に切り込むことはできません。
 
隔離収容、薬漬け、虐待という基本的問題すら、このように処理がまだまだなところに、MBMや早期介入の大きな波が押し寄せてきています。それでも前に進まなくてはいけません。今回の法律制定も前進と捉え、一つずつ問題を解決していきましょう。

閉じる コメント(9)

顔アイコン

この法律、どんなに待ち焦がれていたことか。毎日新聞では数日前から取り上げていて、一面以外に解説記事も載せています。知的障害者への虐待は本当に多い。どうしてもなかなか根絶できない。病院と学校が除かれたことは残念でしたが、これも、3年後に是非盛り込まれて欲しいです。この問題には僕も本当に命をかけてきました。長年の多くの方の苦労の末に大きな達成が得られてきていると思います。次は是非、日本の精神科医療にも大きなメスが入っていくことを願わざるを得ません。

2011/6/17(金) 午後 8:17 [ fum*ki*aito ]

顔アイコン

「アウトリーチ」を謳うイギリス、そしてアメリカでも、「国に奪われる子供たち」という問題が最近大きなニュースになっています。

子供に処方される向精神薬の危険性に気づき、子供に薬を与えなかったところ、それが虐待にあたるニグレクト(ここで言う「放置」)であると、ソーシャルワーカーらが警察などに通報。
結果、親権の剥奪にまで発展する事件です。

アメリカでは、母親が銃を所持(許可証保有)していたため、SWATまで出動したという事件もあります。

子供に向精神薬を与えることをためらっただけで、映画のようにSWATチームがドアをけ破って突入してきたわけです。

その背後にあるのは、やはりソーシャルワーカー・精神科医・そして施設の利権です。
医療ロンダリング、患者ロンダリング・・・

「本当の悪魔は背後にナイフを隠し持って笑顔で近づいてくる− by kebichan」

統制国家・警察国家への流れでしょうか。

2011/6/17(金) 午後 9:41 [ myu ]

顔アイコン

予測された展開ですね。 場所を移して、もっと酷い虐待が行われるだけのことです。経験するまで気づかないし、虐待する側は慣れすぎて、無自覚になってしまうのかもしれません。

2011/6/18(土) 午前 5:58 [ - ]

顔アイコン

向精神薬の薬漬けによる虐待が一番多い、精神病院は対象外って余りにおかしすぎ。引き離された親子の事例では実は冤罪虐待が殆どで、更には児童養護施設側に《虐待加算》なるものががっぽり入る仕組みになっている中、先に精神医療側に入る《虐待加算》を廃止すべきです。
更には児童精神科医による犯罪が多すぎる中、全部の児童相談所に児童精神科医が配置されている現実、又、措置されている多くの子供達や実親達が向精神薬の薬漬けになっている事実が解決されていないままでの、今回の法改正は余りに危険なものですねえ。
このニュース《医療》や《治療》という言葉を《向精神薬という麻薬漬け》という言葉に置き換えた方が事実が伝わり易いですかねえ
↓↓
改正法の活用で、虐待された子を養護施設などが保護した場合、親権を停止させ親子をいったん引き離した上で、施設などが仲介して親子関係の修復を支援することができる。必要な治療を受けさせない「医療ネグレクト」の場合でも、親権停止中に治療を施すことが可能になる。また、親権者のいない子供の法定代理人となる未成年後見人も、必要な場合には複数選任できるようになる。毎日新聞2011年5月2

2011/6/19(日) 午前 2:52 [ kar*me*o*uni* ]

顔アイコン

さすがに今はないと思いますが、1980年代ごろまでは、単科の精神科病院で薬漬けになって、虐待を受け続け、命を失っていった人はたくさんいました。今でも、病院の敷地に慰安室があるとしたら、悲しいことです。一生をあんなところで終えるのはあまりに屈辱的でひどすぎます・・・
http://blog.goo.ne.jp/iko2010

2011/7/7(木) 午後 3:35 [ - ]

けびちゃんさん こんにちは

精神科が無いのがおかしいと私も思いました。
他の親が子を虐待しているのを通報するのは良い案だと思います。
しかし、精神病院内で看護しが行っている虐待は除外していますね、事件にもなっているのに、一番監視し、改善してほしい課題です。
元を正すと、誤診によって処方されたら悪化するに決まってます、そんな簡単なことが出来ていないのです。
それによって沢山の薬剤被害者が出ており、その薬がゆえに殺人などが起こっているかもしれないことを検証もせず
早期発見、早期介入など飛んでもない。
単なる患者掘り起こしビジネスだと思います。

2011/7/25(月) 午前 11:03 [ - ]

つづき

統合失調は100人に一人という統計がありますが、今や誰でもトウシツの薬を飲まされ、飲まされることによって統合失調様の症状で悩み苦しむ人が激増している現状です。
つまり、医者によって病気は作られているといっても過言ではありません。
また、タイミングを見て減薬出来る医者が居ないこと。
そして医者の気分で根拠無く、急に薬を変えることによって患者は悪化します。
少しずつ減薬することにより良くなったケースを見かけます。もともとが誤診なら薬を外せば良くなるのは当然ですね。
離脱症状など、医者は頭で判っていても体感をしていません、患者がどれ程苦しい状況になるのか知らないのです。
実際、医者自身が薬の副作用を知るべく飲むことを進めたいですね。
多罪大量処方がどれだけ危険なものか身をもって知ってもらいたいです。
記事とてもよく書けていました。
ポチ☆

2011/7/25(月) 午前 11:04 [ - ]

顔アイコン

ある電力会社のお偉いさん自身が被爆者で、その子供と結婚したばかりにおこった悲劇・・。放射能の恐怖は、何年たってもおこります。広島での原爆によっての被爆の悲劇は、過去のものでは決してありません。自分自身が苦しまないと分からないことかもしれませんが・・・。

2011/7/31(日) 午後 2:56 [ TOMOKA ]

顔アイコン

原発が原爆に変わるという悲劇は、スイッチひとつで起こり得ます。戦後に生まれたあたしたちは無関心でいすぎたのかもしれません。 アメリカも、ソ連も、中国も、欧州も、そのほか多くの国が実験をしています。お互いけん制しあっている状態です。 でも何かのきっかけで均衡が崩れたとき、また同じ悲劇が起こるかもしれません。いつかは、起きるでしょう。精神医学も、人の命をむごたらしく破壊する手段のひとつです。暴走を食い止めるのは、ひとりひとりの良心しかないのだと思います。 人の命を大切にするこころです。

2011/7/31(日) 午後 4:55 [ - ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事