精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

情報の評価

日本人は、マスコミから得られる情報を「正しい情報」と鵜呑みにする傾向が強いです。同じニュースでも、報道側の視点が変わるだけで、全く異なった情報に加工されてしまいます。そのフィルターの存在に気付かず、何でもそのまま受け止めてしまっています。
 
同じデータを分析しても、政府や御用学者からすると「大した問題ではない」となり、別の学者からすると「非常に危険」となります。データの隠蔽や、情報を評価する能力の欠如は、まったく逆の結論を導き出してしまうことがあります。
 
たとえば、無茶苦茶な投薬で自分の患者を悪化させながら、それを「病気の悪化」ととらえる精神科医がいます。大半は確信犯でしょうが、恐ろしいことに本気でそう信じているような精神科医もいます。おそらく、そのように信じ込まないと自分が壊れてしまうのでしょう。
 
自殺対策にしても、データを正しく分析できないとこのようになってしまいます。


【滋賀】

県内自殺死亡者が急増 増加率全国2位で県、うつ病対策強化へ

中日新聞2011年6月28日
 昨年の県内自殺死亡者が2009年から29人増え308人となり、増加率10・4%は全国で2番目に高かった。うつ病患者による自殺が多く、県は関係団体でつくる県自殺対策連絡協議会に、うつ病対策調整部会を設けて対策を強化する。
 厚労省の集計(速報値)では、昨年の自殺死亡者数は全国で2万9524人となり、09年から1183人減少。36都道県で減った。一方、県では、人口10万人当たりの自殺死亡者数は09年で20・2人で全国で2番目に少なかったが、10年は22・2人に増加した。30、40代の自殺死亡者の増加が目立つ。
 県内で自殺した県外住民や外国人を含む警察庁の統計では、昨年の自殺死亡者356人のうち、108人がうつ病にかかっていた。これを受けて県は本年度、対策を強化。うつ病発症後の早い時期に精神科医の診察を受けてもらうため、一般診療科と精神科医の連携を強化する事業に900万円を充てた。
 県は23日に大津市内であった自殺対策連絡協議会協議会で、医師会や臨床心理士会などに事業を説明し協力を求めた。協議会のうつ病対策部会では、研修の企画や連絡調整を図り、各地域の医師会には精神科と一般診療科の連絡会議の設置を促す。
 同様の取り組みは大津市が既に導入済みで、2008年に精神科医と一般診療科医のネットワークを策定した。
 (曽布川剛)
 
うつ病にかかっていた=うつ病と診断され、治療を受けていたと捉えて間違いないでしょう。「うつ病患者による自殺が多く」という目の付け所はよかったのですが、その分析が不十分です。
 
おそらく、精神科医は「もっと早くに治療に来ていたら自殺は防げた」と主張し、滋賀県はそれを鵜呑みにしたのでしょう。私はこのセリフを聞き飽きましたよ。「不眠」の段階で早期に受診したのに、大量の薬を出された挙句悪化して自殺した患者の遺族に対してなぜこのような暴言を吐けるか不思議です。
 
なぜ治療を受けている人が自殺しているのか、という点にもっと疑問を抱くべきです。疑問があれば、それを分析しようとするはずです。どのような経緯で自殺に至ったのか。治療期間や投薬内容、そしてどの医療機関にかかっていたのかを分析したら、本当の自殺対策に必要な貴重なデータが出てくるはずです。
 
それを怠り、盗人に鍵を預けるようなことをしてしまっているのが、現在の自殺対策といえるでしょう。
 
報道にしても、やはりまだまだ記者の視点が甘く、問題の本当の原因にまで目をつけられていないようです。とはいえ、少しかするような報道も出てきています。
 
心療内科や精神科に行っても、感情を抑える薬を処方されて終わる例も少なくない。ある女性は渡される薬に依存するばかりで「つらさが解消されない」と訴えてきた。

 
問題が解消されないだけならマシですが、実際はもっとひどいことになっています。産後や育児中の不安や不調を「うつ病」と思い込まされて精神科に行く女性が急増しています。そのような母親が、治療を受けているにもかかわらず、突然子どもをメッタ刺しにしたり、マンション高層から投げ落としたりするような事件が絶えないのはなぜでしょうか?
 
ヒントは十分に出ています。あとは、それを裏付けする本格的な調査が必要なだけです。市民は、利権の代弁者である御用学者や、それを鵜呑みにする政府の情報を鵜呑みにするのではなく、常に彼らの「立ち位置」を理解してその情報を評価し、正しい情報を得るための調査を要求すべきでしょう。
 
残念なことに、そうでもしないとこの世界は生き残れないのです。どうやら、自分が奴隷であったことに気付かずに一生を終えることができたお気楽な時代も終わったみたいですから。
 
 
ちなみに、御用学者と製薬企業がマスコミのスポンサーとなり、偏った情報を流す実例はこちらです。言わずとしれた、日本の精神医療業界最強の御用学者様がありがたいお話(患者ではなく、精神科医や製薬企業にですよ!)をされているようです。
 
その有名な御用学者様の情報です

閉じる コメント(3)

顔アイコン

私も最初はやる気のなさとイライラと軽い不眠だけでした。今から思えばただの過労でした。でも当時はおかしいと思って、当時のうつ病早期治療のキャンペーンを信じていたので、本当に早期に、近所の心療内科を受診してみようと思ったんです。うつ病と診断され、抗うつ薬と睡眠薬を処方されて、すぐに良くなったんですが、再発すると長引くから飲み続けてと言われて、信用して飲んできたんです。日本うつ病学会の当時の理事長の野村総一郎の「うつ病を治す」にもそのように書いてあって信じてきたんです。2年間は良かった。とても嬉しいことがあり喜んでいたら、躁転したと言われてパキシルやドラールが断薬され、直後から数年間とてもひどくなりました。気分安定剤やトリプタノールや睡眠薬等が増えました。激しい怒りの爆発。激しい抑うつ。強い自殺願望。激しい睡眠障害。本当にひどくなったんです。5年間ずっと苦しんできました。何で精神科医は、私のようにたくさんひどくなる患者に気がつかないのか、気づいていても切り捨てられるのか、本当に不思議です。本当に早く人々が気がついて欲しいと願っています

2011/6/28(火) 午後 1:16 [ fum*ki*aito ] 返信する

顔アイコン

ニューヨークタイムズの記事です。
www.nytimes.com/2011/06/25/world/asia/25myth.html?pagewanted=1&_r=2
ーーーーーー
「大変だ、大変だ、エネルギーがなくなっちゃうよー」と「不思議の国のアリス」のウサギに言われて、大騒ぎ。「でも大丈夫、原子力があるからね」とドゥドゥ・ロボット。「資源の乏しい国にはピタリだわ」とアリスちゃん・・・。

日本の原子力発電所PR展示場の一コマ。

安全広告には莫大な費用を投じるものの、事故対策ロボットを開発しながら、安全に懸念を抱かせるからと生産中止した技術大国日本。官僚主義の政府が安全といえば、それを信じる。それが日本人。

ーーーーーー

極悪非道な精神医療の中にあっても、その破壊力の大きさから、精神科医のバイブルとも称されるDSMの編集議長自身が「9割以上の誤診率。ほとんどが無用で有害な薬物治療を受ける」と自らのブログで警告されているのが精神科医療の「早期介入」です。
www.psychologytoday.com/blog/dsm5-in-distress

2011/6/28(火) 午後 4:00 [ myu ] 返信する

顔アイコン

つづき

kebichanさんも何度かブログに取り上げられた厚労省のホームページにある「障害者自立支援調査研究プロジェクト」の報告書には、このように記された一覧があります。

「メディアを通じた啓発活動
これまでに実施したメディアを通じた啓発内容を表1及び別添資料に示す。」

平成21年11月4 日 テレビ
NHK
シリーズ 統合失調症からの回復(1) 早期発見 早期支援

www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/cyousajigyou/jiritsushien_project/seika/research_09/dl/result/07-05a.pdf#search='エビリファイ、ARMS,服薬継続期間'

「隠された管理」、はたして本当の目的、その首謀者は一体誰でしょうね。

2011/6/28(火) 午後 4:00 [ myu ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事