精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

このビジネスチャンスを逃すまいと、露骨なプロモーション戦略が始まりました。
 
この戦略のすごいところは、現地の被災者のみならず、救援者をターゲットにしているところです。今回は災害の規模が違いますので、全国から救援者がかけつけています。精神医療産業は、それを潜在的な大規模市場として目をつけたのです。
 
今回の大震災では、多くの企業が自分たちも業績悪化の被害に遭いながらも、寄付を始めとする様々な社会貢献活動をしています。中には、イメージ戦略を念頭にした、単なるアピールだけの企業もあったと思いますが、やはり助け合いの精神による純粋な動機によるものが多かったと思います。
 
しかし、どことは言いませんが、単なる企業アピール・宣伝という域を通り越しているものがあります。どことは言いませんけどね。
 
被災者や支援者は、自分たちが食い物にされているとは思わないかもしれません。しかし、阪神大震災の際に、精神科医による「こころのケア」という、一見すると支援のように見えるものが、実際に何をもたらしたのかを、今一度振り返るべきでしょう。
 
精神科医や向精神薬が、本当に人々のこころをケアしてくれるのでしょうか?そう信じたい気持ちはわかりますが、その前に是非実態を確かめることをおすすめします。ドラマに出てくるような、本当に人の心がわかり、人生の問題を解決してくれるような精神科医像を求めることが、どれほど非現実的なのかを身を持って理解した時には既に手遅れです。
 
このような誤った認識があるからでしょうか?被災地の知事が「精神安定剤を躊躇なく飲め」と職員に指示をしているという記事が、今日発売の週刊文春にあるようです。まだ記事を見ていませんが、見出しはこちら
 
岩手県 達増知事 職員に仰天メール「精神安定剤を躊躇なく飲め」
 
岩手県の方が宮城県よりも精神科医が入り込んでいるという印象をずっと持っていたのですが、これで少し納得しました。何が復興を遅らせるものなのか、邪魔するものなのかをしっかりと考える必要があります。

閉じる コメント(9)

顔アイコン

めちゃくちゃですね。

二次大戦で特攻する前にヒロポンを飲んでいったパイロットたちがいたそうですが、それを思い出しました。

なるほど、精神医療が好評な結果を出しているなんて聞いたことないから、他の地域ではあんまり入り込んでいないみたいですが、
精神科医と知事が協力関係にあるからうまく被災地に入り込んでいるんですね。被災者が薬漬けになる被害があることを思うと残念でなりません。

週刊文春の記事のタイトルもありえないけど、更にありえないのは、kebichanの更新頻度。

そろそろ本気かな。

>しかし、どことは言いませんが、単なる企業アピール・宣伝という域を通り越しているものがあります。どことは言いませんけどね。

じゃあ、うちのブログではどことはいいましょうか。
今度内緒で教えてもらおうっと。

2011/7/6(水) 午後 1:07 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

このkebichanさんの記事を読んで、僕はいてもたってもいられなくて、岩手県までお電話してしまいました。「被災された方々も支援されている方々もとても大変だと思いますが、心のケアで精神科医が訪れていますが、精神安定剤は実はひどく危険で、ベンゾジアゼピン依存症についてWikipedeiaで確認していただけますか」とお願いして、とても連日お疲れで、耐え難い状況で、とても大変だと思いますが、「上の者に伝えます」と、電話に出てくださった岩手県の方はとても丁寧に答えてくださいました。少しでも無事を祈ります。

2011/7/6(水) 午後 4:57 [ fum*ki*aito ] 返信する

顔アイコン

kebichanさんをとても尊敬しています。でも危険を負わせていたらすみません。
私のコメントがもしご迷惑でしたら、メールでもブログからのメッセージでも構いませんので、言ってください。kebichanさんだけに危険を負わせことはいけないと思いました。私も危険の一端を担いたいです。記事転載させてください。

私は以前、kebichanさんにメールを送りましたが、私のメールアドレスはたまごさんの掲示板で見られます。「ふみ」と言います。何度か載せていただいています。下記でささやかなブログを書いています。

http://ameblo.jp/fumi-2011-05/

2011/7/6(水) 午後 6:09 [ fum*ki*aito ] 返信する

ふみさんの行動は、大変模範となるものと思います。クレーマーじゃないし適切ですよね。

一瞬で消えた松本大臣の事務所には何百件もの苦情電話があったそうです。
大臣は被災者を頃したわけではないのに、かなりの拒否反応です。マスコミの力ってすごいです。

一方、薬物依存の危険を知らない被災者に対して、不安を煽り、危険な精神系薬物を遠慮なく配る精神医療は、これから何人の被災者を破壊していくでしょうか。何百何千と苦情の電話があれば、
岩手の被災者は薬漬けになる危険が減りますが、そういう事にはなってない様子。

精神薬の正確な副作用情報を伝えずに、処方するというのは、犯罪に近い危険な行為です。
精神科医たちが、犯罪者かどうか、問いかけましょう。

ケビチャンを助けましょう。

2011/7/6(水) 午後 8:07 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

岩手知事、「事実と異なる」と週刊誌に抗議へ

岩手県は6日、今週発売の週刊誌に掲載された達増知事に関する記事について、「事実と異なることが多々あり、被災地復興に全力を挙げて取り組む知事を誹謗(ひぼう)中傷し、県政運営に多大な支障を生じる」として、正式に抗議する予定だと発表した。

県秘書広報室は「法律の専門家の助言も得て、週内にも公文書で抗議したい」と説明している。

記事は、達増知事が3月30日、全職員宛てのメッセージで「なかなか寝付けない状態が続くときは、どんどん医師に診てもらい、精神安定剤とか睡眠誘導剤を躊躇(ちゅうちょ)なく服用すべきです」と書いたことなどを報じている。

6日の県議会一般質問で嵯峨壱朗議員(自民)が真意を質問したのに対し、達増知事は「寝食を忘れた全身全霊の災害対策をしている県職員に、何か言葉をかけないといけないと思った」「県は、自殺対策でも、医師にかかることや医師の処方のもとで薬を飲むことは躊躇しないよう指導している。おかしいことのように誤解されることがあってはならない」と答弁した。

(2011年7月7日10時49分 読売新聞)

2011/7/7(木) 午後 6:03 [ うさぎ ] 返信する

残念なことに、精神科受診を推進すること、そのものが、岩手県のひどい政策にあたるわけですよ。

岩手県が被災者や職員たちに積極的に薬物を配るようにしています。

精神医療や精神薬の副作用に関して、無知のまま、受診を勧める事は職務怠慢といわれても当然です。

CCHR動画をみて、岩手県の被災者がどんな目にあうか、知りましょう。

そして学んだことや感じたことを他の人に伝えましょう。
いまこそ、岩手県の被災者と職員たちを、助けるのです。

2011/7/7(木) 午後 7:32 [ satoshi_3210 ] 返信する

精神医療について、無知でいることは、非常に危険な事です。

精神医療についての、全ての知識はCCHRの動画につまっています。

あなたは、CCHR動画の内容に賛成ですか?反対ですか?

たとえ内容に反対でも、精神医療業界で起きているトレンドを知らなければ、無知を指摘されて批判されるかもしれません。

まずは、しっかり見てから、賛成か反対かを決めましょう。

http://jp.cchr.org/
精神医療に関わる全員が必見の内容です。

2011/7/7(木) 午後 7:50 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

> 自殺対策でも、医師にかかることや医師の処方のもとで薬を飲むことは躊躇しない

いやいや、そもそもこの認識がおかしいのですね。
その「医師」と「薬」が大問題なわけですから。
一体何を抗議してるのでしょう。

知事がこれですから、他も推して知るべし。

現在、英米などでも問題となっているのは、処方薬物依存の問題。
前回kebichanさんが書いておられた「国際麻薬統制委員会」でも取り上げられていた問題ですね。

日本全体に言えることですが、これはもはや「常識の欠如」でしょう。

アメリカならまず間違いなく訴訟問題になりますね。

2011/7/8(金) 午前 0:01 [ myu ] 返信する

顔アイコン

精神科医療についてのいろんな記事を書いています。
有害、と判断されて消されてしまったら残念なのでリンクさせていただけないでしょうか?
http://blog.goo.ne.jp/iko2010

2011/7/9(土) 午前 8:48 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事