精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

留置所看守が、拘留されている容疑者に対し、管理目的で過剰に睡眠薬を与えたことが問題になっているようです。精神病院では当たり前に行われていることですが・・・
 
さて、「睡眠薬」「睡眠導入剤」でニュース検索すると、ひどいニュースばかり出てきます。
−死亡乳児の尿から睡眠薬 大阪、寝かし付けるためか‎
−借用書奪おうと睡眠薬、飲まされた男性死傷事故‎‎
−警官のクルマが電柱衝突、事故前に酒と睡眠薬飲む‎
−睡眠薬飲ませ、少女にわいせつ=中学教諭を逮捕−DVD作製、被害99人か・警視庁
−ダル弟、薬で錯乱し女性ボコボコ…「子供さらう」脅迫メールも‎
−八幡西の薬物混入:男を傷害罪で起訴−−地検小倉支部 /福岡
終始こんな具合です。
 
こんな記事もありましたね。
これはあまりにもひどいですね。睡眠薬が乱処方されているのに、「睡眠薬はもはや常備薬に近い存在といえそうで医者の指示に従い、正しく飲用すれば副作用もなく、安心して利用できると専門家は口を揃える。」というあたりはもう滅茶苦茶です。
さて、ニュース検索からわかることは、「睡眠薬は犯罪に利用されやすい」ということです。そして、その背景にあるのは「入手しやすい」という事実です。
 
本当に簡単に手に入ります。精神科の門を叩き、眠れないと自己申告するだけで、検査もなく簡単に睡眠薬がもらえます。薬に対する説明はないか、あったとしても「安全」「副作用はほとんどない」という程度です。本当の危険性を知りながら嘘をつく医師と、不勉強(業務上怠慢)な医師こそが、この蔓延する薬物犯罪の根本原因とも言えます。
 
今や、患者の方が薬の副作用について良く知っています。本来しっかりと患者に説明しないといけない立場にある医師が本当に必要な情報を伝えないからです。そうなれば自分の身は自分で守るしかありません。
 
しかし、本当の情報を知ってしまったら困る人々がいます。睡眠薬の依存性や習慣性に関する情報を躍起になって否定する精神科医がいます。その分野で有名な某精神科医は、製薬会社が提供するHPで「近所のおばさんが不眠症の患者さんを苦しめる」という持論を展開しています。(検索してみて下さい)
 
彼は、「このホームページをご覧になっている不眠症で悩む患者さんたちは、相談に乗ってくれる先生、治療を受けている先生からの生活指導、服薬指導を必ず守って、不眠を解消しましょう。くれぐれも近所のおばさんの間違った話を信じて、とんでもない事にならないように!」と締めくくっています。
 
長期処方の危険性、常用量依存や離脱症状の問題を患者に伝えない精神科医と、正確ではないかもしれませんが本質的・直感的に正しい近所のおばさんのアドバイスと、どちらが本当に患者を苦しめているのでしょうか。古典的ギャグである「お前が言うな」ってやつですね。そのタイトルと締めの言葉を拝借しますね。
 
くれぐれも精神科医の間違った話を信じて、とんでもない事にならないように!

閉じる コメント(6)

顔アイコン

kebicanさんの記事とリンク先、検索してみて下さいというところ拝見しました。
ひどいですね。あいかわらず。常用量依存は1980年代には知られていたのに。製薬会社も精神科医も。どれだけ患者を向いていないのでしょう。

記事と関係ないのですが、オセッチさんから、いいことを教えていただきました。

「医薬品副作用被害救済制度」

早速、明日、問い合わせてみたいです。

医薬品医療機器総合機構
http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai.html
http://www.pmda.go.jp/contact.html

くすり相談窓口 03-3506-9457
救済制度相談窓口 0120-149-931

道が開けないかなと願っています。

2011/7/12(火) 午後 7:23 [ fum*ki*aito ] 返信する

1回や2回、10回くらいでは、道は開けないかもしれません。

でも、100回では、どうでしょうか、1000回では?

一人が何回言ってもダメかも知れません。ならば、10人なら?
いやいや、100人なら、もっと仲間増やして、1000人、10000人が、精神医療のひどさを他の人に伝えて抗議すれば、、、

何が起きるでしょうね。

他の人に伝えてください。
嘘つき専門家の声よりも、被害者の本当の声を他の精神医療薬害を知らない人に届けて、嘘つき専門家を黙らせましょう。

2011/7/13(水) 午後 2:52 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構へ問い合わせました
医薬品医療機器総合機構 健康被害救済制度
http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai.html

オセッチさんに教えていただいて医薬品医療機器総合機構の健康被害救済制度のくすり相談窓口(月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く) 午前9時から午後5時)03-3506-9457に電話しました。薬剤師の方が出てくださり相談しました。とても親切に聞いてくださり、ひどいと驚かれていました。

国民の皆様の声の「ご意見・ご要望送信フォーム」から、是非多くの国民の皆さんの声をあげてください。上にあげます。たくさんのご意見がある場合は、別のタイトルで何度でも送ってくださいと言ってくださいました。下記サイトから下記のように要望しました。皆さん是非、声をあげませんか。
http://www.pmda.go.jp/request.html

2011/7/13(水) 午後 5:13 [ fum*ki*aito ] 返信する

顔アイコン

ベンゾジアゼピン系睡眠薬・安定剤常用量依存による大規模で深刻な薬害

ベンゾジアゼピン系睡眠薬・安定剤の常用量依存による深刻な薬害が大規模に日本中で起きています。日本中で年間20億錠の睡眠薬が危険を知らされずに600万人に長期漫然と処方されています。欧米では既に1980年代には危険が知られ、2週間しか処方されていません。被害は極めて深刻でWikipediaの「ベンゾジアゼピン」、「ベンゾジアゼピン依存症」、「ベンゾジアゼピン離脱症候群」を是非見てください。薬害AIDSをはるかにしのぎます。どうか警鐘を鳴らしていただけませんでしょうか。

引用します。原文は下記を見てください。
http://ameblo.jp/brodybrody/entry-10736074674.html#cbox

2011/7/13(水) 午後 5:15 [ fum*ki*aito ] 返信する

顔アイコン

「平成15年度国立療養所菊池病院臨床研究部報告書」

「向精神薬を漸減・中止すること 認知行動療法の立場から - 鎮静剤、催眠剤または抗不安薬依存に対する動機付けと治療 -」原井宏明

表 2 ベンゾジアゼピンの功罪
医師にとっての有用性
医院経営への影響

常用量依存を起こすことにより,患者が受診を怠らないようになる

2011/7/13(水) 午後 5:16 [ fum*ki*aito ] 返信する

顔アイコン

これを読み、正直、本当に驚きました。どんなに少なくても、日本においても、平成15年頃には、常用量依存について、しっかりと認識した上で、公表されていたとは。この発見によって警鐘を鳴らして注意喚起されるのではなくて、病院経営に有用として逆に推奨までしているとは。これを書いた人も読んだ医師も人間としての正常な感覚があるのでしょうか。今はネットから削除されたそうです!証拠隠滅です。
よくぞ見つけてくださいました。これは日本の精神科医療の犯罪性の十分過ぎる証拠ではないですか。どう見ても。それも国立で堂々と。いったい、いつから日本の医師は知っていたのか。震えます。

(字数制限のため続けての投稿すみません。以上のように要望をあげました。たまごさんのBBSでも呼びかけました)

http://ameblo.jp/fumi-2011-05/
http://asp.atomicweb.co.jp/id/happyegg/bbs/

2011/7/13(水) 午後 5:19 [ fum*ki*aito ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事