精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

まずはニュースを見てみましょう。

退職教員:精神疾患940人 病気理由の半数…文科省
毎日新聞2011年7月28日 21時9分

 09年度にうつ病などの精神疾患を理由に退職した国公私立学校の教員が計940人に上っていたことが28日、文部科学省の調査で分かった。病気を理由にした退職者1893人の半数(49.7%)を占めている。精神疾患で退職した教員数が明らかになるのは初めてで、本格的な教員のメンタルヘルス対策が求められそうだ。

 公表されたのは10年度の学校教員統計調査の中間報告で、3年ごとに実施されている。
 精神疾患で休職する公立校の教員は年々増加し、09年度は5458人と病気休職者の6割以上を占めた。事態の深刻化を受け、文科省は今回の調査から病気退職者の中に精神疾患の項目を設けた。

 定年以外の理由で退職した教員の総数は3万4635人で、精神疾患を理由にした退職者は全体の2.7%。国公私立を合わせた校種別の内訳は、幼稚園229人▽小学校354人▽中学校194人▽高校120人▽大学38人▽短大5人。男女別では、男性306人(32.6%)に対し、女性が634人(67.4%)。高校を除く全ての校種で女性が男性を上回っている。

 文科省は調査結果について「経年変化を見ないと評価できない」とコメント。同省は、校務の効率化や教員の事務負担の軽減を進めるよう、都道府県教育委員会などに通知しているが、具体的なメンタルヘルスの対策は各教委に任されているのが現状だ。

 このほか、09年度の教員採用状況についても調査。公立学校に新卒で採用された人数は、小学校6403人▽中学校3009人▽高校1181人。これに対し、非常勤講師などから採用されたのは小学校6730人▽中学校4361人▽高校2546人−−で、一定の現場経験を積んでから採用される教員が多いことが分かった。【木村健二】

 ◇相談できる場を…教員のメンタルヘルスに詳しい伊藤美奈子・慶応大教授(臨床心理学)の話

 教員はまじめな努力家が多く、人に助けを求められず、うつ状態になりやすい傾向がある。子供だけでなく保護者の対応にも疲弊することがあり、教員が精神疾患を抱えてしまうと、指導を受ける子供にも影響して悪循環に陥る恐れがある。教員は一人だけで悩みを抱え込まず、学校の中にも外にも相談できる場があることが重要だ。教育行政側はサポート態勢を整備する必要がある。



予備知識なしにこのニュースを読んだ人は、おそらくこう考えるでしょう。

  確かに、最近の先生は大変よね。モンスターペアレントもいるし。
     ↓
  メンタルヘルス対策がしっかりしていないからこんなに精神疾患にかかって辞める教師が多いのね。
     ↓
  じゃあ、もっと精神科医を増やすとか、早く受診できる体制をとるとかちゃんとした対策をとらないと。

そして精神科医は言うのです。だからもっと予算クレクレと。(これが精神医療産業のビジネスモデルです)

はたして、それの観察は正しいのでしょうか。初めての統計で経年変化がわからないということですが、精神疾患で休職中の教職員が増え続けていることを考えてみましょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/52314128.html

最初の疑問は、その不自然なまでの増加です。環境の悪化によってストレスがたまり、精神疾患になると考えた場合、はたして10年そこそこでそこまで急速に職場環境が悪くなったのかという疑問が出てきます。不況の煽りを直接受ける中小・零細企業とは違い、少なくとも資金繰りや給与に係るストレスが低いはずの安定した教職員がです。

さらなる疑問は、精神科受診率も上がり、精神科で治療を受けている人が格段に増えているはずなのに、患者が減っていないということです。こう言うと精神科医は、「患者の増加は、罹患しながら気付いていなかった人が掘り起こされた結果だ」と反論してくるでしょう。しかし、もしも罹患率が一緒であるとしたら、治療を受けていなかった昔の教員の状態は、少なくとも治療を受けている現在の教員の状態より悪いはずではないでしょうか?それなのに、全体的な休職率もそのうち精神疾患による休職の割合も異常に増えているのはどういうことでしょうか。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2010/12/24/1300500_13.pdf

はたして、精神科医は患者を治しているのでしょうか。休職でとどまらず退職するまで悪化した教員が940人も出ているのはなぜでしょうか。

これらの疑問から、以下が導き出されます。
・精神疾患による休職(おそらく退職も)の急増は、精神疾患の自然増や職場環境悪化では説明できず、患者を増やしている別の要素がある
・治療を受けた教職員が治っていない
・精神医療による治療の介入が少ない時代の方が明らかに教職員のメンタルヘルス状態が良い

ここで、精神医療の本質を理解すれば、見事に符号が一致します。

患者が増えた理由は、そもそもあいまいな診断基準が、マーケティングの需要によって、さらに科学的根拠なく拡大解釈(=捏造)されるようになっただけです。

治っていない理由は、日本の精神医療が依存・偏重している薬物治療にあります。薬物治療は根本治療ではなく、それどころか最近は逆に精神疾患の主な原因となっていることすら明らかになっています。それに加え、一向に改善されない多剤大量処方は、ますます患者の状態を悪化させています。

メンタルヘルス対策の一番の失敗は、メンタルヘルス=精神医療と考えることです。残念ながら、お役人さんにはその発想しかありません。本来、メンタルヘルス(精神保健、心の健康)はもっと広い意味を持っています。悩みを聞いてくれる人が近くにいることは、メンタルヘルスが大きく向上されます。それは家族でも友人でも、近所のおばさんでも、定年退職した元教員でもいいのです。ところが、現在のメンタルヘルス対策は、精神科医につなぐルートを構築することになっています。

あえて言いますが、精神医療は、メンタルヘルスを悪化させている最大の要因です。精神医療の専門家が言うところの「適切な」治療にすら疑問が生じているというのに、実際に日本で行われている精神科治療はそこにすら至らない「不適切な」治療ばかりです。多剤大量処方、除外診断の欠如、医薬品添付文書の無視、薬理学の無視・・・挙げればきりがありません。

もうそろそろ、精神科医=メンタルヘルスの専門家という妄想を抱くのは止めましょう。それは妄想です。FBIが自分をマークしているとか、TVでタレントが自分に向けて悪口を言っているという以上の妄想です。早期介入を推進する精神科医は、中学生の15、6%に妄想など精神病様体験があるなどと主張していますが、早期介入を推進したり、それをメンタルヘルスの解決策として頼ろうとしたりしている人は100%なのです。ですから、まずは中学生や教職員ではなく、自分たちを治療して下さい。

閉じる コメント(12)

顔アイコン

心の病気を薬で治ると考える方が異常ですね。

2011/7/29(金) 午前 8:40 水無瀬より

何百億、何千億、もしくはそれ以上の金を積み、広告宣伝し続ければ、その異常な嘘をほとんどの人が信じてしまうという大衆洗脳の実例でしょうね。

ブログ読者数からすると精神医療の大衆洗脳が解けた方が数百人いるようです。

さて、日本は世界一の精神医療大国から変われるのでしょうか。

2011/7/29(金) 午前 10:42 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

本音を言えって言われても...本音を言ったらアルバイトだって解雇されます。
「読者」がいっぱいいても、発言はできない国なのです。 賛成でも反対でも、どちらでもなくても、いいたいことはあるけど、言えない。ほかの、チャットみたいなおしゃべりのほうが安心なのよ(汗)

2011/7/29(金) 午前 11:34 [ - ]

顔アイコン

この深刻な問題の難しさは、人質事件に共通していると思います。人質は犯人を怖いと思っていても、憎いと思っていても、救出されなければ、犯人にすがって生きるしか、生き残るすべがありません。そして、この問題で専門家とされる人々のほぼ全てが救出隊ではなく、犯人の側にいるところが、とても恐ろしい構造です。被害者も加害者も第三者もなかなか気がつけないくらい巧妙なところが、さらに問題を複雑にしています。

デイヴィッド・ヒーリーやバザーリアのような専門家が欧米では既にこの問題について鋭く気づいて、傷つきながらも行動して変わってきているのですが、日本ではまだまだ辛抱でしょうか。自分も行動したいです。

2011/7/29(金) 午後 0:50 [ fum*ki*aito ]

顔アイコン

何でもいいから教員を減らしたいがために、精神疾患だという事にしているのでしょう。

闘った人は自殺に追い詰めるための道が待っているというわけで。

これがバレないようにするために、精神科医は働いている訳であってウソに嘘が重なっている状況ですね。もういい加減にしてほしいのですが、国家犯罪の歯車にならざるを得ない立場の人ばかりなので何を行っても無駄なのです。

2011/7/29(金) 午後 1:58 [ kim ]

顔アイコン

たった1年間で、940人も退職しているんですね。
人数が多くて、驚きました。
勤務年数によって、休職できる期間は違ってくると思いますが、
有害無益な治療を何年間も受け続けているうちに、休職期間が
終了し、退職せざるを得なくなった人も多いでしょうね。
長期間の薬物服用により、知能や記憶力が低下したり、体調も
悪化している人も多いと思うので、再就職もままならず、いずれ
自殺に至る人も少なくないと思います。
こういった有害無益な治療に莫大な医療費が使われているなんて
馬鹿馬鹿しいことですよね。

私の大学の先輩も、休職期間が満了し、教員職を失いました。
せっかく国立大学を出たのに、薬にやられてしまっているので、
今後も社会復帰できそうにありません。

2011/7/29(金) 午後 9:48 [ うさぎ ]

顔アイコン

復興増税で、福島県に医療産業集積。
医薬品・医療ロボットなどの研究・製造拠点へ
という基本方針が盛り込まれた施策
閣議決定もなし、期間、増税対象も明記せずってどういうことでしょうか? こころのお医者さんたちがぞくぞくと現地へ向かっています。。。失業中の人が多いようです。

2011/7/30(土) 午前 11:12 [ - ]

顔アイコン

これはよい記事だと思いますね。。
私は前にも患者の方にも問題はあると書いて反発がありましたが。

誤解を恐れずに言えば、ある意味、患者は治りたくない。
具体的に言えば、自分の弱点、欠点、問題点は認めようとせず
治そうとしないが、苦しいのは嫌だ、何とかしてもらいたいと他者に依存する。

これは精神分析で言えば、抵抗・防衛ということになりますが、
その抵抗・防衛を克服するのが治療でもあるのに、患者はむしろ
自分を正当化したがる。
金やら権力目的の医者はむしろそれを肯定し、乗じてこれを強化する。
薬以前に患者も医者も反治療的という背景があっての、
向精神薬薬害問題だと思います。
社会が健康や幸福よりも、成果だの業績だの(敢えて言えば)下らないことを
最も価値があるかのように見せかけ、期待し要請するという背景もあるでしょう。

2011/7/30(土) 午前 11:36 [ ops*jp ]

顔アイコン

(続き)
私は子供の時でも騙されませんでした。
ホントに良くなりたかったし。ひねくれた子供であっても
やっぱり子供は素直だし。王様が裸だなんて自明です。

〇〇癲狂院→〇〇脳病院→〇〇精神病院と変わった歴史があります。
これはそれなりの医学的進歩があってのことでした。
すなわち、精神と(中枢)神経は不可分一体のものであることを前提に、
精神疾患と中枢神経疾患を切り分けたことが20世紀の精神医学上の
最大の進歩だったのですが、精神科医は精神病を理解できなかった、
しようとしなかったために20世紀終わり頃から、学問的退行が起こったわけです。

両者の症状は似てはいても、重なる所が全くないのですが、
精神科医はこれを見ても区別できません。
例えば手の震えといっても、両者は一目瞭然で異なります。
精神科医にとってはどっちもタダの振戦であるに過ぎないため、
元々の症状か薬の副作用かも区別できません。

2011/7/30(土) 午前 11:40 [ ops*jp ]

顔アイコン

(続き2)
学問は共有されないと進歩しませんが、大多数の精神科医は
学問の進歩についていけず、むしろ何の科学的根拠もなしに、
学問を否定し、科学を否定したわけです。

うつ病が脳の病気だというなら、むしろ〇〇脳病院と戻すべきです。

2011/7/30(土) 午前 11:41 [ ops*jp ]

顔アイコン

私はバカだったのかもしれませんが、7年前にひどい過労で、色々な症状が起きた時、私はうつ病の早期治療啓発広告を信じてしまいました。

当時それぐらい参ってはいたのですが、今思えば、参ってダウンして仕事ができなくなっていれば、3ヶ月くらいで自然と治っていたのだろうと思います。でも信じてしまって受診してしまったんですよ。ハミルトンうつ病評価尺度も、日本うつ病学会の野村総一郎も、親切な顔をしたメンタルクリニックの医師も。

よっちゃんさんの『だから、「うつ状態」というのは、ストレスで疲労した身体の自然な欲求なんだとぼくは思います。だから、身体の欲求に正直にしたがって、ただ休めばいいんです。』はすごおく、今にして思えば、とても正しいと思います。
http://yocchan-techno.at.webry.info/201008/article_1.html

でも、私は治りたかった。自分の弱点、欠点、問題点を一生懸命に探した。自分でも治そうとした。今も苦しいですが耐えています。何とかしてもらいたいと思っていないし、主体的に生きたいです。ただただ命を守りたいです。

2011/7/30(土) 午後 3:35 [ fum*ki*aito ]

顔アイコン

会社と闘う→精神疾患ということにされる→自殺
この王道は絶対に守らなければならないのでしょう。周囲の人にどんなに抗議をしても無駄でした。

教員は身分保障の枠組みがあるので、どうしてもリストラする場合には精神疾患ということにしなければならないのでしょう。自殺者を多く生み出しておきながら、周囲は見て見ぬふりをし そんな状況でありながら自殺対策のポスターが貼られていたりする。日本ってそんなひどい国なのでしょう。

2011/7/31(日) 午後 11:26 [ kim ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事