精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

何からつっこんで良いのかわからない事件です。

自殺ほう助未遂で医師逮捕=交際の元患者軽傷−徳島

 交際していた元患者の女性(34)の自殺を手助けしようとしたとして、徳島県警徳島東署は20日、自殺ほう助未遂の疑いで、徳島市上八万町、医師橋本和典容疑者(53)を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
逮捕容疑は19日午後10時15分ごろ、経営するクリニック1階のらせん階段の手すりにロープを結び、自殺を決意した女性の首に通すなどした疑い。
同署によると、ロープが緩んで自殺は未遂に終わった。女性は首にあざが残ったが、命に別条はないという。女性が携帯電話で110番して発覚した。橋本容疑者は心療内科などのクリニックを経営し、女性は約10年前から通院していたという。(時事通信2011/08/20-12:50)


登場人物の背景から行動まで何から何まで意味不明です。

患者と交際している時点でまずアウトです。別に法律違反ではありませんが、精神科医や心理士という立場にある人が自分の患者(クライアント)と交際することはあり得ない話です。いくら恋愛は個人の自由だと言っても、権力関係にある両者にその論理は通用しません。何よりも、そのような関係が治療の障害・リスクになることは明白であり、患者の治療を最優先にする本物のプロフェッショナルであれば決してやることではありません。

とはいえ、この手のトラブルは絶えません。殺人や自殺に発展するケースも存在します。主治医という立場を利用して患者を自分に依存させるという手段で、複数の愛人患者を作っている精神科医も知っています。アホな精神科医であれば強制わいせつで逮捕されてしまいますが、卑劣で狡猾な精神科医であれば、法に触れることなく、しかも患者側に責任があるように見せかけて目的を達成します。

さて、事件に話を戻します。女性は10年前から通院していたということですが、10年も治療を受けて治っていないということです。10年かけた治療成果は「自殺を決意させた」ということです。

患者の行動以上に精神科医の行動がわかりません。自殺を手伝うにしても、わざわざ自分のクリニックの1階でさせる人がいるでしょうか?警察にも疑われますし、評判もガタ落ちになるでしょう。

女性が110番した理由もわかりません。わざわざ自殺を助けてくれようとしたのに?
氏んでやる→じゃあ氏ね。手伝ってやる→え?え?頃されるー!
の流れだったのかもしれません。無理心中崩れだったのかもしれません。このあたりは憶測に過ぎず、真相の解明が待たれます。。

ただ一つわかっているのは、この精神科医がまともな状態ではなかったということでしょう。患者に手を出すような精神科医にろくなのはいません。断言します。

主治医から告白されたり、ラブレターをもらったり、口説かれたり、関係を迫られたり、愛人にならないかと持ち掛けられたり、いきなり男性器を見せ付けられたり、気分が悪くなって横になっているところを添い寝されたりした場合、全力で逃げて下さい(驚くことにこれらは全て実例です)。そいつは「治療者」ではありません。どうシミュレーションしてもBAD END以外にありません。安全な場所に逃げたら、しかるべきところ(保健所、警察、弁護士、etc.)に通報を。こちらにもお知らせ下さい。
kebichan55@yahoo.co.jp

閉じる コメント(22)

顔アイコン


それと私も聞いた話ですが、米国では精神科医・心理士が患者と治療契約が終了して2年間は、私的に会った場合は、罰則が規程されているそうです。もちろん治療中に私的に会うことも禁じられています。米国の全ての州でそうなのかはわかりませんし、どのような法令にそう書かれているかはわかりません。ただ、日本でもそのような形で法令で彼ら彼女らを縛らない限り、この手の犯罪に近い行為は無くならないでしょう。それと治療者と患者の関係になり信頼関係が結ばれるると患者側が大人であっても不思議な心理状態に陥りました。冷静な判断は無くなりましたね。思い出すだけでもおぞましい記憶です。

2011/8/23(火) 午後 4:29 [ atem ] 返信する

顔アイコン

女に同情の余地はない。もちろん医者が患者と付き合うのは精神科医として失格。身体科ではよく芸能人と医者が結婚とか聞くが、「精神」科ですから。常識的に考えて記事の通りBAD ENDすることは目に見えているし、精神障害者であっても「相手の人生を全て壊す=医者人生を自分のせいでブチ壊す」恐れを抱くのが普通と思う。実際に自分もそう思い、決別しているわけで、この女が「被害者」と言われる必要性を同じ女性のワタシは全く感じない。むしろ医者の方が被害者じゃないかとさえ思える。往々にしてワタシ達精神障害者は大変な過去を持っているし、治療関係にラポールの構築が欠かせないのは無学のワタシでも判ること。治療者が同情的に感じてしまうのは確かに治療者の内面の成熟の甘さと思うが、そもそもこの女性も10年も精神障害やってれば、そういう部分の冷静さもある程度構築されていくのが普通と思う。「病気」としては良くなっていなくても、人間性が全く発達しないわけではない。知的障害のある人でも発達の「遅れ」があっても発達「しないわけではない」。まして自分で自殺を頼んでおいて、通報するとは、よほど狂っているとしか思えない。

2011/8/24(水) 午後 3:04 [ - ] 返信する

顔アイコン

大体想像して見てほしい。精神科医に限らず、大抵の医者は理系男子でがりがり勉強してきたわけだ。いくら医者が体力仕事とはいえ、メンヘラの自分と添い遂げるために医者という、今まで時間も労力も金も費やしてきた仕事を辞めさせて、一体そのあとどうやって稼いでいくのか?どうやって二人の生活をしろと?片や自分はメンヘラなのだろう?彼ら医者に肉体労働をしろと?そんなことさせてみろ。「お前のせいで・・・」って言われるに決まってる。結局この女は自分の身勝手さで他人の人生を奪った気がしてならない。当然この医者自身が医者として不適応だったことも否めなかろう。

2011/8/24(水) 午後 3:09 [ - ] 返信する

顔アイコン

先の投稿者さんは文面から察するに男性の患者さんであり、女医に迫られたように見えるのだが、ご自身のトラウマ体験とこの体験が同一の背景で起きた事件だと捉えないほうが健全と思う。もちろんここにはワタシ個人の体験も切り離してみる必要があると思う。だがどうだろう?実際によく聞く話なのだが、大抵患者の方から身を引くとか、医者との話し合いの中で仕切り直しするとか、或いは医者の方から身を引くとか、実際にはそういう健全なケースの方が多いと思われる。すなわち、やはりこれは「精神科医に多い」とか「精神科医は狂ってる(むしろ激しく同意w)」とか或いは逆に「女のボダに多い」という一般論ではくくれない問題の気がする。一般論としてはこういう事態にならずに解決する方が事例として多いと思うので。実際に聴いてきた数としては。

2011/8/24(水) 午後 3:15 [ - ] 返信する

顔アイコン

まぁ、精神療法による患者と主治医の関係によって両者の心理状態が一般的な考え方でどうなるかを理解しない上では、知らない人からみたら何が起こっているかわからないでしょう。なので議論するつもりも無いのでもう書きません。どのような数を聴いてきたかは知りませんがね。まぁ、ここに書き込めば色々な意見を言う人が出てくるので、書けば書いたなりに様々な理論や考え方が出てきてそこには稚拙な考え方も出てくるのは止むを得ませんがね。

2011/8/24(水) 午後 4:17 [ atem ] 返信する

一般的でいいのなら、こういう話を時々ききます。
依存薬物に関係する性の被害というのは、薬物に女性を依存させて、薬物で自分の言う事を聞かせるようにしておいてから、薬物を与えないぞ、などと男性が脅して、女性を性欲のはけ口として利用する。というもの。

ヤクザや売人や精神科医によくみられる風景です。

何人かの患者を都合のよい愛人として囲っている精神科医など、ちらほらと噂が届きますが、一般的な話だと思いますよ。

売人が悪いか、売人から買うほうが悪いかというと、比較にならないほど売人の方が悪いと思いますが、どうでしょうか。裁判がたくさんおきて売人が裁かれていけば、司法の判断も決まってくるでしょうね。

2011/8/24(水) 午後 6:00 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

いやだわぁshu*ich*r*ud*day*2 さん。稚拙だなんて♪
なんて褒め言葉(*´ω`*)
18年も患者をやっていると、脳みそが溶けるんですよ(ΦωΦ)フフフ…

2011/8/28(日) 午後 4:23 [ - ] 返信する

顔アイコン

ETH's Mathematikerさん

悪乗りしすぎたコメントを書いてしまいました。
すいません。

ETH's Mathematikerさんは、元op1さんですよね。
こんにちは。ご無沙汰してます。
お元気そうで何よりです。

ETH's Mathematikerさんはいつも精神医療問題についてすごく注意を向けてくれていて、それはとってもありがたいことです。

他の方にも、
薬のよい面、悪い面どちらにせよ、無関心ではなく関心をもってETH's Mathematikerさんのように意見を発信して欲しいです。

時々起きてしまう副作用被害者の心身の苦痛がなるべく起きないように、アシュトンマニュアルの翻訳によって楽に離脱できる人たちが増えて欲しいという気持ち、言葉とは裏腹に本当は他の人がよい状態になって欲しいという気持ちがこめられているとお見受けしました。

体たらく、といわれないように、がんばっていきたいものですね。

久しぶりにありがとう。

2011/8/29(月) 午前 9:21 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

ETH's Mathematikerはまごうことなくop1です。

>satoshiさん。

私は、向精神薬や精神医療で山積していることはよくわかっていて、憂れていることにはかわりはないのです。

ただ、私の悪癖でもあるのですが、何となく、揶揄したりする傾向が(見方を変えれば皮肉でもあるのですが)あり、過去にssatoshiっさん始め、他のかたにも揶揄めいたことをいってしまったのです。これで、satoshiさん他が、立腹するのもむべなるかなで、少々度が過ぎたかと反省しております。

ですが、これは信じていただきたいのですが、私は、精神医療はとても由々しき、早急になんとかすべきことが山積していると考えております。
おとつい昨日の言と矛盾するようですが、ベンゾジアゼピンは日本では多用しすぎです。

本来は、悲嘆に暮れたりというのは、人間として、成長してゆくために:不可欠なことでして。

いま、外出前で、あまり詳しくかきこめませんが、satoshiさんが、私へのコメント、大変嬉しかったです。

(続く)

2011/8/29(月) 午前 11:01 [ - ] 返信する

顔アイコン

(承前)

これからはいたずらに揶揄やあてこすりではなくて、是非、精神医療・精神医学、向精神薬はの冷静な、本質にせまる問題点等を、satoshiさんや他の方と、議論したいものです。

また、kebichanさんには、私が経験した向精神薬の状況をお話しして役立ててもらいたいです。

そして、これは始めて話すのですが、向精神薬が完全になくなるのはむりでしょうけれど、私は究極的には精神科はなくなるほうが有益だと思って降ります。

また、コメントやemailでじっくりかきます。

satoshiさん、私が、罵倒だけではなく、じつは、精神医療を真剣に考えていることを理解してくださり、ほんとにありがとう。
とても嬉しかったです。

これから、いろいろと掘り下げて、真摯に、有意義な議論ができるといいですね。

また書きます。
みんな、日々、快適に、よりよく生きるという点では、考えの差異を乗り越えて、必死なのですから。

これから、どうかよろしくお願いいたします!

lardschering@yanoo.co.jp

2011/8/29(月) 午前 11:04 [ - ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。よかったです。

意見が違うからって傷つけあわなくてもいいですよね。
しかも、そもそも、意見も違ってないような気がします。

私のブログもタイトルがタイトルで、ほんと申し訳ないところですが、op1さんのことを傷つけるような意図ではなく、
精神科医の方々へ処方の警告の意図から、言葉がきつくなってあおるような内容になってしまうこと、すいません。

また、私もエスカレートしたらチェックしてコメントなどください。

「向精神薬が完全になくなるのはむり」そうですよね。
少しずつ考えて、どうにかしていきましょう。

多くの人がこの問題をどうにかしたいと願っています。

「みんな、日々、快適に、よりよく生きるという点では、考えの差異を乗り越えて、必死なのですから。」
その通りです。

op1よりETH's Mathematikerの方がかっこいいと思いますよ。

とてもうれしいコメントありがとうございます。

2011/8/29(月) 午後 1:08 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

今日精神科を受診し、不正請求されました。

人前でプレゼンするのが苦手で、プレゼン前に内服する抗不安薬を処方してもらっています。

私は他科の医師なのですが、いつも請求額が大きく、不審に思い保険点数を調べてみました。そこで、1分程度の診察にも関わらず毎回精神科専門医療330点が加算されていました。先生にその事を言うと、「そんな事言う患者は初めて。じゃあ加算できるように5分この診察室にいなさい」というような訳の分からない逆切れをされした。
他の患者も同様に3〜4分程度で診察室から出てくるにも関わらず、同様の金額を請求されていました。
告発したいと思います。

2011/8/30(火) 午後 11:33 [ a02*05* ] 返信する

ひどいですね。
短時間診療がよくないという反省から、時間をかけた診察に対して報酬をだすという仕組みが業界の合意でつくられました。

それでもまだまだ5分では不十分な時間なのですが、それすら守らないとは、ひどい犯罪者です。

患者さんの話を聞く気などないのでしょう。短時間で多数の患者さんに薬物をなるべく多く渡せば儲かるでしょう。

犯罪者は犯罪がばれそうになると、怒りだします。

業界の最低限のルールもまもれない、犯罪者精神科医は告発してください。
他の患者さんのためです。

データ集めのためにケビチャンにも報告してあげてください。

2011/8/31(水) 午前 9:55 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

元タレントの島田紳助さん、暴力団関係者とのメールで「昨日は精神安定剤のんでねました」なんて送ってたらしい。

やっぱりおかしいね。
精神なんて安定してないじゃん。

2011/8/31(水) 午前 11:25 [ han*ko*147 ] 返信する

顔アイコン

myuさんやsatoshiさんが、以前から危険性を指摘してくれていた
禁煙薬チャンピックスによる意識障害のことが、今日の読売新聞に
載っていました。
↓ ↓
禁煙薬チャンピックス意識障害6件、交通事故も

厚生労働省は30日、国内初の経口禁煙補助薬バレニクリン酒石酸塩(商品名チャンピックス)の服用後に意識障害を起こした例が約3年間で6件発生し、うち3件は自動車を運転中だったと発表した。

同省は、製造販売元のファイザー(本社・東京)に対し、服用後は運転など危険を伴う機械操作を避けるよう「使用上の注意」への明記を指示した。

同薬は脳細胞のニコチン受容体に作用し、喫煙欲求を抑制する。
2008年5月に販売を開始、現在は年間約41万4000人が服用している。
6件の意識障害は40代〜70代の男女6人で、運転中だった3件は側溝に車が突っ込むなどの事故につながったという。

(2011年8月31日 読売新聞)

2011/8/31(水) 午後 5:15 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

今日医療係に電話しました。
証拠がないとあまり相手にされないかと思っていたら、とても真摯に対応してくださいました。監査などを行って、今後は不正請求がなくなれば、と思います。
330点を患者さんに連日のように不正請求していたら、それだけで月に数百万円のもうけになると思います。そしてその大半は国のお金です。
本当に許されません。人間くさってます。

2011/8/31(水) 午後 7:03 [ a02*05* ] 返信する

あまりにも儲かるので精神科心療内科クリニックは開業ラッシュですからね。
いまも拡大しているでしょう。
依存中毒麻薬覚醒剤ビジネスの広がりは早いものです。

チャンピックス飲んだ方が運転する車にひかれないように注意しようにも注意できませんね。アルコールのように取り締まり規制する事も無理。

相変わらず、精神科医は社会に害悪をもたらすばかりです。

最近、うろうろドクターさんのブログで精神医療問題をあつかってたので多くの人に伝えるために、コメント書いてます。
ご興味ある方は探してみてください。

精神科医の生態をよく知り、効率よく根こそぎにするために研究したい人には、是非。

2011/8/31(水) 午後 9:29 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

カウンセラーからきいた話です。

女性患者にリタリンを処方しまくって依存症にさせ、診察室で関係を強要している精神科医がいるそうです。

看護婦さんたちも暗黙の了解とか。
自分たちだってレイプされてしまうかもしれないのに、よくそんな恐ろしい職場に勤めてられますよね。

でも、このブログを見たら、そんな医者がごろごろいそうな気がしてきました。

2011/9/11(日) 午前 1:32 [ hot*am*s*pn ] 返信する

顔アイコン

精神科医と、製薬会社と、厚生省の繋がりを調べていただけないでしょうか?

2011/11/23(水) 午後 4:41 [ nlk*s*f ] 返信する

顔アイコン

精神科医が患者を殺し、自殺と診断されるケースがほとんどです。誰か詳細のほど、宜しくお願い致します。

2011/11/23(水) 午後 4:42 [ nlk*s*f ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事