精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

あってはならないこと

恐れていたことが起きています。

三歳児健診→発達障害者支援センター→精神科受診→向精神薬投与という筋書き通りのプロセスのことです。

発達障害者支援法の理念など最初から守られるはずがないと理解していましたが、いざ現実を見せられると改めて憤りを感じます。

発達が遅れているとか、落ち着きがないとか、寝付きが悪いとか、そんな些細なことを三歳児健診で指摘し、親を不安にさせて発達障害者支援センター等に送り込み、即精神科受診へとつなぐというやり方です。

そして、恐ろしいことに「広汎性発達障害」などという診断に対して、3歳児に抗精神病薬が投与されているのです!!!!!!!

私が知っている実例では、いきなりリスパダールとエビリファイの併用ということでした(3歳ですよ!!)

その医療機関では、小学校1年生に対して、リスパダール+エビリファイ+ストラテラ+インヴェガとか、信じ難い処方がされています。

さらに恐ろしいことは、その医療機関の院長が、岡山県で権威中の権威であるという事実です。児童相談所、発達障害者支援センター、県や市の審議会など、児童福祉や教育のあらゆる分野に影響力があります。さらには、県レベルにとどまらず、こういったところにまで名前を連ねています。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkou/bunka1/dai1/1gijiyousi.html

岡山県の母親、子どもたちが本当に心配です。

それに加えて、先日紹介したあの恐ろしい「医療ネグレクトにより児童の生命・身体に重大な影響のある場合の対応について」という通知がもうすぐにでも効力を発することになるのです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000023yot-att/2r98520000023yu5.pdf

つまり、3歳児に抗精神病薬を投与するような精神科医に不信感を抱いた母親がその治療を拒否しようものなら、児童相談所が乗り出し、「医療ネグレクト」と認定して親権を剥奪するという事態が起こり得るということなのです。正しい選択をした親が虐待者にされてしまうのです。

3歳児に抗精神病薬を平気で投与し、親にはリスクの説明もしないという精神科医の「権威」が日本に存在しています。本当に児童虐待をしているのは誰でしょうか?

岡山県で被害に遭われている方、是非ご連絡下さい。「権威」の実態を暴かないといけません。このモデルを全国的に許したら、完全に日本は「詰み」です。ただでさえ少子高齢化で子どもたちが貴重な時代です。

自国の経済問題を解消させ、相手国を破綻させる手段としてアヘンが使われた時代がありました。日本は歴史に学ばなければなりません。トヨタ叩き、不自然な円高、TPPなどの経済的抑圧と並行した精神医療包囲網と向精神薬大量消費・・・ここで手を打たないと、比喩ではなく本当に日本は終わります。

kebichan55@yahoo.co.jp

閉じる コメント(22)

顔アイコン

今晩は
そのDrは正気じゃぁ無いのじゃぁ無いのォー!
信じられ無いですね。
精神科医によって、精神病がドンドン作られて
行くのね。寒気を覚え慄然とします。
厚生労働省から天下りした製薬会社と精神科
と行政との三位一体の向精神薬産業・・・・・・
売らん哉の戦略に乗せられて前衛たる無知な
精神科医たち薬を捌き捲くる訳なのよね。
恐ろしい話ですね。犠牲になる子供たち、オロオロするばかりの無力な親たち、地獄絵図ですね。

2012/3/7(水) 午後 7:29 bug*nno*e

顔アイコン

ポチです。
転載しますね。

2012/3/7(水) 午後 7:30 bug*nno*e

顔アイコン

http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1179038C1027_1_24/
小児への投与
を見てください。
添付文書を読んでいないのでしょうか。

少子高齢化については、日本が余りに絶望的
(子供を作ったらかわいそう)なので、
あえて、子供を作らない人が増えているのでしょう。

2012/3/7(水) 午後 9:32 [ YUKINA ]

顔アイコン

転載させてください

2012/3/8(木) 午前 2:40 [ siodaihu9 ]

顔アイコン

すでに数年前から乳幼児への精神科薬投与が問題になってるオーストラリア。
日本が『メンタルヘルス政策』の手本とする国ですが、その「若者のメンタルヘルス法案」に盛り込まれた内容は、

● たとえ18歳未満であっても、「十分に大人である」と精神科医が判断すれば、親の承諾なく子供の同意だけで「不妊手術」を施すことができる。「不妊手術」を施した事後報告だけが義務。それも親ではなく主任精神科医に届けられるのみ。 [Pages: 135 & 136]

● 12歳の子供であっても、「十分に大人である」と精神科医が判断すれば、親の承諾なくとも子供の同意だけで電気ショックや精神外科手術を施すことができる。[Pages: 108, 109, 110, 197, 198, 199, 213]

間もなく日本も?
まさに「狂気」

www.mentalhealth.wa.gov.au/Libraries/pdf_docs/Discussion_Draft_for_Mental_Health_Bill_2011_v3.sflb.ashx
(豪政府資料)

2012/3/8(木) 午前 4:24 [ myu ]

顔アイコン

どんどん酷くなる、なんとかしないと!
悲惨な情報が増えてきてる

2012/3/8(木) 午前 7:27 [ 部長 ]

顔アイコン

オーストラリアでは、精神科医は人権剥奪や親権剥奪自由に行うことができるような様子ですね。ひどい話ですよ。まさに狂気。

myuさん、いつもするどくニュースを知らせていただき、ありがとうございます。

黒澤さん
悲惨な情報が増えてきているのは、情報が表に出てくるようになってきているからであって、それはよい兆候かもしれません。
隠されていてどこにも出てこないけど、悲惨だったという事例はやまほどあると思います。

犯罪が暴かれてきて精神科医たちが追い詰められて、慌てふためき、さらに狂気に陥っている事は見えてきます。そろそろ犯罪者として隔離収容するような流れに持っていきたいものです。

2012/3/8(木) 午前 9:28 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

初めまして。。

とてもためになるお話ありがとうございます
転載させて頂きます♪
失礼します<m(__)m>

2012/3/10(土) 午前 1:39 [ - ]

顔アイコン

狂気の精神医療。三歳児のどこを診て精神異常と断定したのだろうか。この子の脳は薬で犯されて異常な形で成長してしまうかもしれない。(ようやく自我が芽生えて)しっかりした頃はもう何パーセントか自分ではなくなってる?

2012/3/10(土) 午後 9:34 [ reta ]

顔アイコン

美容室の店主刺殺容疑で男逮捕 兵庫県伊丹市
2012/3/11 08:15 徳島新聞

兵庫県伊丹市の美容室「ゆみ美容室」で10日、店を経営する小林直子さん(75)が刺殺された事件で伊丹署は11日、殺人容疑で無職の男(28)を逮捕した。容疑を認めている。

伊丹署によると、男は向精神薬を多用したことによる薬物性精神疾患で昨年10月から入院し今月8日に退院したばかりだった。

男の責任能力について慎重に調べている。

男は昨年3月ごろまで伊丹市に住んでおり、現在は同県尼崎市に移った。

店の近くには男が自宅から乗ってきたとみられる自転車が置いてあった。

捜査関係者によると男は「約1年前に髪を染めようとして断られたので刺した」と話している。

2012/3/11(日) 午後 6:03 [ うさぎ ]

顔アイコン

>伊丹署によると、男は向精神薬を多用したことによる薬物性精神疾患で昨年10月から入院し今月8日に退院したばかりだった。

薬物性精神疾患と書いてあってびっくりしました。
新聞記事でこういった指摘をしてくれることは、今まで
なかったですよね。。。

2012/3/11(日) 午後 6:09 [ うさぎ ]

顔アイコン

>男の責任能力について慎重に調べている。

男に薬物を処方した人物の責任能力についても慎重に調べて欲しいです。

2012/3/11(日) 午後 6:33 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

http://www.youtube.com/watch?v=V7-Zg3dczv0&feature=player_embedded

ANNの動画ニュースで、睡眠薬をタダで大量に入手して、それを転売
する生活保護受給者について取り上げていました。

早くここを改善してほしいです。

2012/3/20(火) 午後 5:16 [ うさぎ ]

顔アイコン

確かにショッキングですけど
細かい事情がわからないのに
一概に恐怖をあおってもしかたないのでは?
もう少し細かいことがわかれば、納得もしますが・・

2012/3/20(火) 午後 9:03 [ hiroto ]

細かいとこから何から何まで分かってるんですよ。

本当は恐怖じゃない事を恐怖とあおってるんなら、どれだけ安全でよいかと思いますが、

現実はそうじゃない。

32万人が精神病院に入院し、月産千数百人が自殺以外で、そこで亡くなる。薬害で。
見知らぬところで、そんな、地獄の様子が繰り広げられてるんですよね。この国では。

CCHR動画をみましょう。
この分野の有識者の多くが見ている情報です。

2012/3/20(火) 午後 11:58 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

動画少しみましたけど・・そういうことじゃなくて
3歳の子に対する投薬の是非を論じるなら
その子がどういう状態か?という話じゃないと
話にならないでしょ。薬をやめれば解決するわけじゃないのでは?

2012/3/21(水) 午後 11:29 [ hiroto ]

顔アイコン

この子が投薬しなければどうにもならない状態だった場合には投薬も一概に否定できないということをおっしゃりたいのだと思います。残念ながらこれは全くそのような状態ではなく、困っていることといえば単に「寝付きが悪い」ということでした。

しかし、たとえひどい状態であったとしても、初診時のリスパダールとエビリファイの併用は正当化されません。

むしろ専門職のgpd*t79*さんにお尋ねしたいのですが、小学生に対するリスパダール+エビリファイ+ストラテラ+インヴェガという処方を見て、どういう場合であればその投薬が肯定されると思われますか?

2012/3/22(木) 午前 0:12 [ kebichan55 ]

3歳の子の投薬の是非を、論じなければ理解出来ない段階の人は、あまりここの常連さんにはいないんですよ。

精神医療の関係者、もしくは、患者児童の保護者の方でしょうか。

まあ、いろんな方がいるので、いろんな視点がありますよね。
警鐘は鳴らされたので、後は受け取る側が気がつくか否か、自由でよいと思います。

2012/3/22(木) 午前 0:40 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

現在5歳の男の子がいますが、自閉症と診断されて奇声と多動があった男の子は、すぐにリスバ処方されました。3歳でした。神奈川県です。

長男、県立の児童精神科でコンサータを処方されました。副作用は、吐き気とか食欲不振くらいしかなく。

2年近くも服用し、前例も聞けぬまま、自己流での断薬をしました。誰からも断薬のアドバイスももらえないし、探してもわかりませんでした。

現在、断薬して5カ月。以前とは違う特性と、依然と変わらぬ我が子がいます。成長期の子供に2年にも及んで服用させたことを後悔しています。

2012/3/26(月) 午後 10:22 [ m ]

顔アイコン

gpd*t79* さんのおっしゃる意味ですが、、、、
私の目の前で3歳の子供のお友達がリスパ処方されました。確かに多動?自閉傾向?ですが、そんな病名をしらなければ、単なる元気な子供でしたよ。お母さんは大変だね〜という。
他にも、あまりおしゃべりをしない子で、高い処にやたらと登る子は多動と診断され、処方。
戦後教育の衰退は、ココでは論議の外ですが、教育の穴埋めを薬がしている、お母さんにも社会(コミュニティ)で子供を育てている安心感さえあれば、必要なかったくらいの状態でも!処方されている所が問題なんだと思いますよ。

うちの子、断薬はそれはそれは地獄の日々で。
今でもまるっきり元の我が子ではないですよ。失うものが大きすぎます。

2012/3/27(火) 午後 9:17 [ m ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事