精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

発達障害に関する誤解

今、維新の会による条例案が物議を醸しています。
http://osakanet.web.fc2.com/kateikyoiku.html#4

ここでこの条例案についての賛否は論じません。関心があるのは、「わが国の伝統的子育てによって発達障害は予防、防止できるものであり、こうした子育ての知恵を学習する機会を親およびこれから親になる人に提供する」という項目に対する人々の反応です。

昔からそうですが、子育てで発達障害は治る、食事改善でADHDは治る、添加物がADHDの原因、などという論調に対して物凄く反応する人々がいます。いわく、発達障害は先天的な脳の障害であるから、そのような原因探しは不毛であるばかりか親を追い詰めることになるというものです。

ここに大きな誤解と混乱を見ることができます。

そもそも、発達障害とはなんぞや?

誰もその正しい答えを持っていないのです。定義すら誰も言えないのです。教育現場と医学現場でも定義が異なります。しかもその定義が正しいのかすら誰も知らないのです。混乱は必至です。

精神科医は発達障害のことを、先天的な脳の機能障害であると言います。そして、愛情不足によって発達障害になることはないと断じています。では、逆に精神科医に問い詰めたいことがあります。

今、「発達障害」と診断されている子どもが、100%先天的な脳障害だと証明できるのですか?
愛情不足や生活環境によって発達障害様の行動を呈している子どもたちはしっかりとその診断から除外されているのですか?

これに対して自信を持って答えられる精神科医など誰もいません。

発達障害は、精神科医が勝手に定めた行動のチェックリストによって判別されます。これらのチェックリストに当てはまる行動が、もしかしたら本当に脳の先天的な異常によって引き起こされているものもあるかもしれません。しかし、それ以外の要因で引き起こされているものをどうやって除外しているのでしょうか?

シンプルな論理はこうです。
①「発達障害」と呼ばれる行動を示す人々の中には、以下の人々が含まれる
A.先天的な脳の異常
B.愛情不足、虐待など子育ての問題
C.その他人間関係の問題
D.電磁波、シックハウス、低周波音などの環境汚染
E.服用している薬の副作用
F.食生活の問題(ジャンクフード、添加物、砂糖の取り過ぎなど)
G.栄養吸収を阻害する何らかの身体的要因(腸の問題など)
H.アレルギー
I.血糖値の異常
J.甲状腺の問題
K.中耳炎
L.化学物質過敏症
M.その他の身体的要因
N.教育上の問題(理解できない言葉、理解の段階の飛び越しなど)
その他にも列挙したらきりがない

②精神科医が「発達障害」と言う場合、Aのみを想定しているが、Aとそれ以外を判別する診断技術がない。したがって、発達障害と診断されている人々の中には、A以外も相当数含まれる(もしかしたらAは存在せず、B以下の集合体の可能性すらある)。そもそも発達障害はAであるという科学的根拠すらない。

③子育ての工夫、環境の改善、食生活の改善、身体的問題の治療などにより、「発達障害」と診断されていた子どもたちが良くなる、治るという事例が観察される。

④その成果を発表すると、精神科医やその信奉者から、「そもそも発達障害とは先天的な脳の障害だからそんなことはあり得ない、うんたらかんたら・・・」と尋常ではない非難を浴びる

結論:発達障害の定義、概念自体が虚構であり、それによって多くの人々が振り回されている

誤解のないように言っておきますが、発達障害など存在しないので発達障害など甘えだと切り捨てたいわけではありません。支援が必要な人は存在します。しかし、それには発達障害という精神医学的概念など不要ということです。教育問題による問題行動であれば教育的なアプローチを、環境的要因があれば環境改善を、身体的要因があるのなら適切な(精神医学的ではない)医学的アプローチを、対人問題を抱えるのであれば対人スキルやコミュニケーションスキルの教育で対応すればいいだけの話です。わざわざ将来に影響するようなスティグマを与える必要もありません。

そもそも、行動から病名を診断するという精神医学的アプローチが誤りであり、それによって不必要に「発達障害」にさせられている人々が多く存在すること自体が悲劇です。ましてや、先天的な脳の障害という誤った診立てにより、本当の原因に対するアプローチではなく、単に環境に順応させるための投薬をされているという異常な事態に誰も気付かないことがおかしいのです。

発達障害という不安産業は、周囲の目を気にする日本という社会で空前のブームを引き起こしています。二次障害を防ぐため、本人の自己肯定力を高めるため、などと一見もっともらしい言葉を使い、子どもたちは投薬させられています。でもそれって本当に本人のためですか?

誤診の可能性がある(本当は100%?)のに、そのような除外診断的アプローチは一切バイパスし、子どもの健康や発達に重大な影響を及ぼす劇薬を、あたかも本人のためのように飲ませるというのは虐待以外の何物でもないと思えるのですがいかがでしょうか?

閉じる コメント(8)

顔アイコン

ケビちゃんシンポジウムおつかれ様です。ケビちゃんの言う通りです。私にも子供がいますが、発達検診は母親を不安にさせるだけだし、専門家は当てになりません。

ところで、シンポジウムにSさん出てきましたね。この記事を読んで、「救児の人々」という本の中でSさんが言っていたことを思います。

Sさんは発達障害か悩み、睡眠のリズムを整えるために一日何時間も寝かせる努力をされていたとおっしゃっていました。無謀のように思えますが、旦那様は研究者ですから、科学的根拠があるはずです。Sさんのお子さんは、Sさんご夫婦のもとに生まれなければ、間違いなく「障害者」にされていたと思います。そんなのおかしいですよね?

もうすぐ子供の日ですが、「障害者」にされてしまった子供達がいると思うと、ため息が出ます。

2012/5/3(木) 午後 1:34 [ - ]

顔アイコン

定義が曖昧なまま、その言葉だけが大きくなっていくのが日本の悪いところです。
発達障害の正しい定義などないように、経済問題でも「財政破たん」「通貨の信認」などなど、定義も知らない言葉が新聞をにぎわせています。
使う人たちにとって定義など意味をなさないのでしょう。かっこいいはやり言葉だから使っているにすぎません。そのことを理解しながらいろんな情報にアクセスすべきなのだと日本人は気づくべきです。

2012/5/3(木) 午後 2:01 [ 背番号21 ]

そう発達障害なんて病気は存在しないのです。他人と違った個性までを精神科医は病気という枠に押し込んだだけなのです。精神科にかかる必要もなければ、薬も飲む必要もないのです。

2012/5/4(金) 午前 0:47 [ aki ]

顔アイコン

リンク先の維新の会による条例案のところには
>(発達障害課の創設)
とありますね。

ということは、国際的に発達障害やらADHDやら、なんとかかんとか、
どうでもいい病名が全く何も根拠がないということ。

薬物による金儲けのために、子供を薬漬けにしてしまおうという意図を持った
一部の精神科医が蔓延させた児童精神病の定義自体がめちゃくちゃだということ、

その課に関わる人、創設しようとする人は、勉強していくということですよね。

嘘だらけの精神医学の真実が暴かれ、終わりを迎える日が近いですね。

そろそろカウントダウンをはじめましょうか。

2012/5/5(土) 午前 1:11 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

認知症も存在しませんか?

2012/5/14(月) 午後 11:49 [ ヒロ ]

顔アイコン

検索にかかり、初めて拝読させていただきました。
私自身、成人ですが、人生がうまくいかなくなり、困窮し、福祉事務所の相談から病院に掛かった時、発達障害と診断されました。ちょうど3年前でしょうか。
今は扶養されている立場で、病院からの対処法や社会復帰のために活動をしている最中ですが、発達障害ってはっきりしていないし、「障害」でも「疾病」でもないと思います。
薬は出されていない分、薬漬けにされることはないでしょうが、精神や神経で不安定な部分があり、いくつかの薬を試したりしてきました。
それでも、今もなお発達障害とされ、就職口も障害者としてでないと難しい社会認識になってしまいました。ブランクもあることながら、発達障害を受け入れないと、人間として認められない社会なのが現状です…

セカンドオピニオンとして発達障害であるのを否定した医師も降りましたが、どちらにせよ、どうにもならない状態です。

ブログ内用と関係性と見ると、私は人生の境遇に問題が有り、発達障害であると誤解されているように感じました。

2013/8/30(金) 午後 8:43 [ dua**ihad ]

精神医療の診断は、かなりあいまいな場合がありますし、時には非常にひどい目にあう場合もあります。

なぜこんなことになってしまったのか、と思われるかもしれません。CCHR、市民の人権擁護の会が出している動画をご覧になると、疑問にたいする答えみつかるでしょう。

検索してみつけて、ごらんになることを勧めます。

2013/8/31(土) 午後 6:52 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

発達障害は存在しませんと、当の提唱者が言っています↓
http://gigazine.net/news/20130529-adhd-is-made-by-industry/
それに、精神科医は脳外科医じゃありません。
そもそもそんな技能も知識も、国家資格も持ち合わせていない。

つまり、脳の医学的な検査を精神科医はできないってことです。

それで先天的な脳の疾患?笑わせるなって話です。
アルツハイマー(痴ほう症)は精神医学ではなく、
ちゃんと脳神経外科医が血液検査や脳のCTスキャンなどを撮って、
患者にその根拠を説明できます。

でも、発達障害は精神科医が診断します、それも問診だけで。
↓この動画の4分頃を見るといいです
http://www.youtube.com/watch?v=QOZSbK0ehGc

なのに、まるで医学的研究をしてきたかのように
発達障害を騙る。

それに騙される人達は、元々、自分達がそう言ってほしい、
障害であることが好都合だと思うからです。

2014/2/22(土) 午後 4:53 [ sof*ab*a* ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事