精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

「とりあえずお薬を出しておきます。ただし、この薬には有効性はありません。しかし副作用はあります。7割くらいに何らかの副作用が出現し、特に60〜100人あたり1人に自殺関連行動が引き起こされます。衝動性が高まって暴力事件を引き起こすこともあります。もちろん突然死することもあります。他の薬と相性が悪く、併用することで双方の副作用がひどく現れる危険性があります。安全性は確かめておらず、劇薬指定です。ちなみに1錠100円以上します。」
 
あなたは、このような説明をされてもこの薬を服用したいと思いますか?わざわざ金を払ってまで、効果がないのに命にかかわる副作用のリスクに身をさらしたいですか?
 
この薬とは、18歳未満のうつ病患者に対する抗うつ薬のことです。パキシルに関しては、既に赤枠赤字の警告欄でこのような記載があります。
「海外で実施した7〜18歳の大うつ病性障害患者を対象としたプラセボ対照試験において有効性が確認できなかったとの報告、また、自殺に関するリスクが増加するとの報告もあるので、本剤を18歳未満の大うつ病性障害患者に投与する際には適応を慎重に検討すること。」
 
もちろん、このような警告を完全に無視した投薬は普通になされています。全くそのような事実が知らされないまま、普通に18歳未満に投与されています。
 
18歳未満に限って言えば、もはやこれは薬ではありません。「本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮すること」とありますが、ベネフィットが見当たりません。こういうのは毒と呼ぶに相応しいでしょう。厚生労働省へ圧力をかけ、一時期禁忌扱いになっていた18歳未満への投与を解禁させた、日本児童青年精神医学会の罪は深いです。
 
さて、パキシル以外のSSRI以降の抗うつ薬についても、ようやく同様の注意喚起がなされるようになりそうです。厚生労働省は、来週中当たりに添付文書を改訂するでしょう。
 
このような動きに関連し、子どもへの向精神薬投与の有り方を問うイベントが開催されるようです。お知らせまで
イメージ 1

閉じる コメント(9)

顔アイコン

はじめまして、ポスターを転載します。私たちのブログで紹介させてもらいます。(ジジ)

2013/3/23(土) 午前 10:21 [ ゆにおん同愛会 ]

顔アイコン

こんにちは
転載させて下さい。宜しく。
ポチっと。

2013/3/23(土) 午後 0:59 bug*nno*e

顔アイコン

バキシルはSSRIの一種ですね。服用を続けると、攻撃性を超えて凶暴になります。その副作用を知って処方しているとすれば、医師の行為は殺人的です。

2013/3/23(土) 午後 4:07 [ - ]

現在は抗うつ薬だけでなく抗精神病薬もでたらめに使用されています。未成年者への向精神「毒」の使用を一律禁止すべきです。

2013/3/24(日) 午後 9:55 [ - ]

顔アイコン

「朝日新聞」というのは本当にデタラメなメディアですね。

「腰痛に抗うつ薬・抗不安薬が有効だ(と言われている)」と今日の一面記事。

製薬企業のフロントグループ学会と、同じく製薬企業のフロントグループ新聞社のコラボです。

こちら、すでに2008年にはニューヨークタイムズ紙にこういう記事が出ていました。

"Antidepressants Don’t Ease Back Pain"
(抗うつ薬は腰痛を和らげない)
well.blogs.nytimes.com/2008/02/04/antidepressants-dont-ease-back-pain/

例のコクランのレビューから明らかになったとのこと。
http://www.cochrane.org/reviews/en/ab001703.html

一方すでに明らかな抗うつ薬の有害反応・離脱症候群については一言も触れない朝日。
きわめて悪質なメディアです。

2013/3/25(月) 午前 2:13 [ myu ]

顔アイコン

メディアやマスコミは隠れた権力者に支配されていますから、朝日だけではないです。NHKのキャスターが世界の大事件の真相を調べたらタブーの領域に踏み込んでしまい、その後何故か?自殺しました。

あれは自殺では無いです。ベンジャミンフルフォードさんの本を読めば分かりますよ。カレルヴァンウオルフレンさんの本「誰が小沢一郎を殺すのか」の本を小沢さんが手にもって生放送で潔白無実を熱弁していたら、突然民放の生放送がいきなり画面がカットされ、違う画面に切り替わるという変な現象も起きましたし。

日本の記者よりも海外の記者の方がサムライ魂を持っているようです。

2013/3/26(火) 午後 4:16 [ higurasi ]

顔アイコン

myuさん、いつもありがとうございます。

朝日の記事はこちらのようですね。

朝日新聞デジタル:腰痛、推定2800万人 40〜60代の4割、悩む - テック&サイエンス
http://www.asahi.com/tech_science/update/0323/TKY201303230226.html

認知行動療法が推奨されているあたりは、
大野裕やその他の精神科医が新聞の裏に潜んでいるのがかなり見えてきますね。

ご存じない方にも伝えますが、
大野は認知行動療法の第一人者で、雅子様の主治医です。
日本を薬漬けにしていった主要な人物。

2013/3/27(水) 午後 0:57 [ satoshi_3210 ]

顔アイコン

人間を壊してしまう薬を投薬するなんて残酷そのものですよね。

2013/4/4(木) 午後 0:40 [ ショコラーデ ]

顔アイコン

嘘はイケマセン!

「お薬出しておきます」と病院・医者・看護婦・助手さんが言われたら、出されたものは「薬」です。

効用があろううとなかろうと、プラシーボ狙いの偽薬であろうと、薬は薬です。

嘘は本当に違憲よ!

2013/4/30(火) 午後 0:29 [ matibitottmatibitott ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事