精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト ]

共同通信が配信した記事の全文が見られるサイトがありました。
 
厚労省 効果疑問視、警告記載へ

 1999年以降に国内で承認された抗うつ薬は、18歳未満に投与した際の効果に疑問があるとして、厚生労働省が「投与は慎重に検討すること」との内容を添付文書の「警告」欄に記載するよう、製薬会社に近く指示する方針を固めたことが分かった。
 海外の試験で、18歳未満のうつ病患者に薬の有効性を確認できなかったのが主な理由。抗うつ薬には成長期の子どもを中心に、精神状態が不安定になり自殺の衝動が引き起こされる場合があるなど、副作用の問題が指摘されており、安易な処方を防ぐ狙いがある。
 一方で、現場の医師には「薬の効き目には個人差がある」として、投与の必要性を訴える意見もある。患者が急に服用をやめると、症状が悪化する危険もあり、関係学会は、不安がある場合は医師に相談することなどを呼び掛ける。
 対象は、99年以降に国内で承認された「新世代」と呼ばれる抗うつ薬7種類のうち、エスシタロプラムシュウ酸塩、塩酸セルトラリン、デュロキセチン塩酸塩、ミルタザピン、フルボキサミンマレイン酸塩、ミルナシプラン塩酸塩(いずれも一般名)の6種類。
 残るパロキセチン塩酸塩水和物は2006年以降、同様の記載がされている。
 これらの薬は製造販売の承認前に、大人を対象にした試験で有効性や安全性を確認。一方で低年齢層に絞った試験はしておらず、投与すべきかどうかは医師の判断に委ねられている。
 厚労省と独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」が海外の複数の試験結果を調査。本物と偽物の薬を明かさずに、投与したグループを比較すると、症状の改善度合いにほとんど差がなかった。偽物の薬を投与したケースでは、薬が本物で効果があると信じ込み、症状が改善する「プラセボ効果」が反映されている。
 「新世代」を含む抗うつ薬全般については、24歳以下の患者が自殺衝動を起こすリスクが高まるとの海外の研究データがある。厚労省は06年、注意を促すために、研究内容を薬の添付文書に加えるよう指示した。
 抗うつ薬 向精神薬の一種。脳内のセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質に作用し、主にうつ病患者に使われる。古くから用いられているタイプは口の渇きやふらつきなどの副作用が強い。
 日本で1999年以降に承認された「新世代」の薬は「SSRI」などと呼ばれ、副作用が比較的弱いとして症状が軽い患者にも投与が広がった。しかし、欧米の研究で若年層に対する自殺のリスクが判明。一部の医師による過剰投与も問題となり、厚生労働省や関係学会は適正な使用を呼び掛けている。
 
通常、このような添付文書改訂はひっそりと行われます。関心を持ったマスコミが報道しない限り、市民にその情報は伝わりません。今回、厚生労働省が発表する一足前に報道されたということは、それだけマスコミも注目しているということです。今回の注意喚起は、子どもへの過剰投与(いや、正確には不必要投与)への警鐘となることでしょう。
 
しかし
 
こんな警鐘で安易な処方が止まるようであればこんなに苦労なんかしておりません。処方が「禁忌」になってようやく少し減速するというレベルの問題なのです。多くの皆さんが勘違いされていると思いますが、「禁忌」あるいは「併用禁忌」という表示のある処方をしたとしても、医師には罰則があるわけではありません。診療報酬の審査に引っかかる可能性はありますが、それくらいです。専門的知識のある医師の裁量によって処方されたという大義名分があれば、禁忌の処方すら正当化されるのです。
 
・・・また、「男児の症状がどのようなものだったかは分からないが、かなり暴れるなど、手が付けられない状態であれば、医師の裁量として、親の同意を取ってセルトラリンとピモジドといった併用禁忌の組み合わせを使わざるを得ない場合もあるだろう」と同氏(宮尾益知氏)は推測する。

例の、ピモジトと塩酸セルトラリンという併用禁忌の処方をされていた男児が突然死した事件ですが、実際には同意どころか告知すらありませんでした。この処方をした児童精神科医は、知っていて処方したと主張しているようです。
 
上記のニュースで「一方で、現場の医師には『薬の効き目には個人差がある』として、投与の必要性を訴える意見もある。」とありますが、どうしても使いたいという意見が出るのであれば、少なくとも保険適応外で対応すべき問題です。なぜ有効性が確認できない治療に対して保険が使えるのですか?
 
二重盲検試験を経ていない代替治療について、良くなった例があったとしても、それはあくまで個別のケースであってその治療法に科学的根拠が確かめられているわけではないという批判があります。薬物治療を推進し、代替療法を否定する精神科医が多用する批判のパターンです。確かにその通りですが、その批判は「投与の必要性」を訴える精神科医にこそ当てはまります。保険を使いたいのであれば、その個人の見解が臨床試験に勝るという科学的証拠を提示して下さい。
 
ちなみに、医薬品添付文書を無視する精神科医は、自分の見解が医薬品添付文書よりも優れていると本気で信じ込んでいます。その歪んだ自信のみが、あり得ない多剤大量処方等の投薬を正当化する唯一の根拠なのです。本当ですよ。

閉じる コメント(13)

顔アイコン

ありがとうございます、転載させていただきます

2013/3/26(火) 午前 1:49 [ siodaihu9 ] 返信する

顔アイコン

転載させていただきます。

2013/3/26(火) 午前 2:07 [ azu ] 返信する

顔アイコン

そうです。薬なんて効きません。だから臨床心理士による認知行動療法がいいのです。是非臨床心理士を国家資格化してください。医師に代わって治療できるような体制を作ってください。

2013/3/26(火) 午前 9:23 [ kom**hin200* ] 返信する

顔アイコン

今精神科の薬を服用している人には、は減薬のアドバイスをする人とサポーターが必要。
臨床心理士であろうと、国家資格を要求したり認知行動療法を押し付けたりする人は信じないでしょう。誰にも有効と証明されたわけではない。

臨床心理士もピンからキリまである。患者が集まって、話し合う場所をつくり、社会復帰の相談をボランティアで引き受けるくらいの覚悟が必要。

2013/3/26(火) 午後 0:29 [ - ] 返信する

顔アイコン

僕が最近知り合った40歳近い年齢の精神障がいの女性が30錠以上薬を飲んでいると言っていて驚きました。様々な症状があるからなのでしょうけど、もっと良い治療ってあると思うのですが。

2013/3/26(火) 午後 4:01 [ higurasi ] 返信する

「子供への向精神薬処方」「3剤併用」は薬剤師が処方拒否することを義務化すべきです。
薬漬け以外にできない精神障害精神科医は日干しにするべきです。

2013/3/26(火) 午後 6:27 [ - ] 返信する

顔アイコン

「臨床心理士の国家資格化で薬物を減らす動きをするべき」
と、善意から主張されている方の気持ちは、とても理解できます。人を助けたい気持ちにあふれているのでしょう。

「臨床心理士」という職業そのものが、精神科医の手先を増やすために作られた職業です。

ここの管理者さんも、常連さんも皆、心底から理解している事柄です。

「眠れない人がいたら早く精神科につなげよう。」というキャンペーンがあります。善意の気持ちでそれを行うと、眠れない人は精神科に連れていかれ睡眠薬漬けにされて患者の人生は破滅し、精神科は儲かる。そんな仕組みと似ています。

精神医療の事を深く理解せずに関わると、善意の行動が悪意に利用されます。


繰り返しておきます
「臨床心理士」という職業そのものが、精神科医の手先を増やすために作られた職業です。

2013/3/26(火) 午後 10:55 [ satoshi_3210 ] 返信する

顔アイコン

同様に抗精神病薬の効果も若者には疑問がありそうです。

"Review: evidence on the comparative effectiveness and adverse effects of antipsychotics in young people is limited"
(レビュー:若者における抗精神病薬の相対的有効性および副作用に関するエビデンスは限られたものでしかない)

Evid Based Mental Health 2012;15:3 79 Published Online First: 22 June 2012 doi:10.1136/ebmental-2012-100713
http://ebmh.bmj.com/content/early/2012/06/21/ebmental-2012-100713.short?g=w_ebmh_ahead_tab

2013/3/27(水) 午前 5:07 [ myu ] 返信する

顔アイコン

概要

1987年〜2011年までの24歳以下を対象とした抗精神病薬の研究をレビュー。その相対的な有効性、副作用を示すエビデンスに乏しく、研究の90パーセントに高いバイアス・リスクのあることが判明。また、副作用についても薬剤容量に十分な注意が払われておらず、十分なリスク評価をするには短すぎる試験期間の中央値(8週間)であった。OCD, PTSD, 拒食症については研究が存在しなかった。

2013/3/27(水) 午前 5:08 [ myu ] 返信する

顔アイコン

向精神薬に関しては、製薬会社も医療界も行政も
実に「犯罪的」です。共同共謀正犯ですね。同罪
で、曖昧模糊たる世界をアカデミズムの仮面を被り度し難い「魔境」を構築している。イイ加減な薬で、
イイ加減な治療、行政はイイ加減な精神医療行政
で、患者製造に協力し、この魔境構築に貢献して
いる。廃人を多造されるばかりだ。転載します。
ポチです。

2013/3/29(金) 午後 8:49 bug*nno*e 返信する

顔アイコン

人間を廃人にしてしまう薬を投薬するなんて残酷そのものです。

2013/4/4(木) 午後 0:38 [ ショコラーデ ] 返信する

顔アイコン

坑うつ剤でうつ病が治るわけない。薬や病院、医師の依存症にならないようにするのが普通の病院のだけど精神科だけは依存症にならせたがる。
そういえば20年くらい前は精神科なんて座敷牢の変わりにおかしくなった人を閉じ込めるのが主な仕事だった。かわってないか、、、。

2013/4/7(日) 午前 4:03 [ 今夜くらいが山だ ] 返信する

顔アイコン

転載させて頂きます。

2013/4/10(水) 午後 8:34 [ いっつ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事